指 ブツブツ かゆい。 Vol.41 指に湿疹ができて、かゆくてたまりません。【40歳からのからだ塾WEB版】

これって水虫?足にできたぶつぶつがかゆい!

指 ブツブツ かゆい

こんにちは。 ライターの及川です。 数日前、手首の痛みがひどくペットボトルの蓋も開けられない状態になり、整形外科を受診しました。 「中年に起こるテニス肘(ひじの腱鞘炎のこと)」との診断(中年!? と言われてちょっと悲しい気持ちに……)。 原因は、手の使い過ぎです。 普段当たり前のように使っている場所が思うように使えなくなると、途端に不便を感じますね。 大事に使わねばと痛感しました。 医師から効果的なストレッチなども教えてもらって、快方に向かっています。 また改めて、このコーナーで詳しく紹介できたらと思っています。 さて、今回は手湿疹の症状と対処法です。 指に水疱ができる、かぶれる、とてもかゆいなどの症状を繰り返すときは、この病気かもしれません。 皮膚科医の石黒直子さんに、セルフケアのコツや治療法について聞きました。 クロワッサンの誌面でも同じテーマをとりあげていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 文・及川夕子 イラストレーション・小迎裕美子 手がかぶれたり、水ぶくれができて、クリームを塗ってもなかなか治らない……。 そんなときは、手湿疹の可能性があります。 「手湿疹は、主婦湿疹とも呼ばれ、水仕事をよくする主婦や洗剤などをよく使う美容師などに多い症状です。 出産後に悪化する女性が多いのですが、最近は出産の高齢化に伴って、20代のみならず40代後半から症状が始まる女性もみられるようになってきました」と、皮膚科医の石黒直子さん。 原因は、「水や洗剤などにより手の皮膚表面の油分が奪われるため、角層の脱落によって水分が保持できなくなるから」だそうです。 一度コンディションが悪くなると、皮膚が刺激に弱くなり炎症や湿疹、かゆみなどの症状が繰り返し起こるようになります。 水仕事をする頻度によって重症化し、びらんといって皮膚が向けたり切れたりして痛みが出ることも。 また、アトピー性皮膚炎など、もともと外的刺激に敏感な皮膚の人では、手湿疹ができやすい傾向にあるとか。 手湿疹(主婦湿疹)の症状 では、手湿疹の症状で困ったとき、どのような対処法があるのでしょう。 【皮膚科受診の目安】 手指が赤くなったり、ブツブツができるような段階になると、保湿ケアをしてもなかなか治りません。 早めに皮膚科を受診しましょう。 治療では、炎症の程度にあったステロイド外用薬が処方されます。 1日2回程度使いますが、夜は寝る前に塗り、綿の手袋をすると効果的です。 症状に合わせて、保湿剤やアレルギー薬の内服が処方される場合もあります。 【欠かせないホームケア】 「手湿疹は予防がとても大切です」と石黒さん。 ホームケアでするべきことは、刺激からの防御と保湿ケアの2点。 「手湿疹は手を使っていると悪化しますが、夏休みやお正月休みなどでしばらく水仕事を休むとよくなる人が多いのです。 とはいえ、水仕事から完全に離れるのは難しいでしょう。 手袋をして洗い物をする、手を洗ったらハンドクリームをこまめに塗るなど、工夫して過ごしましょう」(石黒さん).

次の

指が痒い!ブツブツが解消した私の方法

指 ブツブツ かゆい

手の指が痒い人集合! 痒いといっても色々なタイプがありますが、 今回の話題は 手の指に小さなブツブツができるタイプです。 ブツブツを指でつまんで潰したら透明な液が出るアレです。 液が出切ったら痒いのもある程度治まるんだけど、 次から次に新しいブツブツが出てきて潰しても潰してもキリがないし、 今度は皮膚が傷つくもんで、痛くなってくるんですよね~。 私もこの「汗疱」に何年も悩まされてきたのですが、 ようやく原因らしきものを突き止めて完治することができました! 今回は指の痒みを治そうと奮闘する私の道のりと、 思いがけず 完治させた方法を紹介しますので、どうぞお付き合いくださいませ。 スポンサーリンク 前置き 解決策が分かったなら、さっさと発表してくれという声が聞こえてきそうですが、 なにぶん長年悩んできて色々やってきたもので、 先に私の試行錯誤の道のりを先に書きたいと思います。 でもかなり一般的な習慣が原因だったので、 同じ原因の人も一定数はおられると思います。 ご多分に漏れず、ネットで解決策を探し回りましたよ。 その中で試してきたことを書きたいと思います。 もしかしたら後で出てくる私の解決索よりも、 こちらがビンゴの方もおられるかもしれません。 まあネットで検索したらすぐに出てくる方法なので、すでにご存知かもですが・・・。 洗剤 真っ先に出てくるのは 洗剤が合っていないっていう話ですね。 まあ直接手につけるものなので、容疑者候補の筆頭です。 「主婦湿疹」という呼び方はこれが元になってるんでしょうね。 自然派の洗剤に替えるとか、石鹸に替えるとか言われてます。 ですが私は洗剤などたまにしか使わないし、 そのたまにが原因なんだとしても、右手だけに汗疱ができるのはおかしい! 洗剤が原因なら左手にもできるはずだ。 だけど念の為に洗い物は家族にまかせて、 一切洗剤を触らない生活をしばらくやってみました。 シャンプー 次に試したのがシャンプー犯人説。 シャンプーに含まれる化学物質か何かが、 頭を洗う時に指に付着して症状が出るという説。 更に恐ろしいことにシャンプーが 頭皮から体内に取り込まれて、指から発症するという説。 「 経皮毒」というそうです。 ありえそうな話です。 というわけで、シャンプーを変えました。 それまで使ってたのは美容院で扱っている商品で、 市販のものよりは成分は良いはずだったのですが中止。 自然派シャンプーなどにも手を出さず、 もっぱら石鹸・塩でシャンプー・お湯のみでシャンプー。 ビオチンが不足してるので、サプリを飲めば良いとからしいです。 皮膚科で薬をもらって塗れば改善するという話。 確かに良くなりますが、 薬なんて汗疱の原因を放置して症状だけにアプローチする対処療法。 根本解決にはなりません。 原因が判明した今となって改めて考えてみると、 薬で症状を抑え続けるなんてなおさらイマイチです。 お待ちかね、原因と対策 どうも汗疱という症状、洗剤とかの外的要因ではなく、 体の内側に原因がある気がします。 体内にある何かが、 手の皮膚を破って外に出ようとしてる感じなんですよね。 なので水疱をつぶして汁を外に出したら、痒み自体は収まりますし。 「汗疱」という文字の通り、 それは「汗」だという説が主流なんですが、どうも違う気が・・・。 中から出ようとしてるということは、 食べ物が原因なのかな~という気はしていたんだけど、 どの食べ物かを突き止めるのは至難の業。 添加物とか言われても今どき避ける事は難しいし、特定など雲をつかむような話。 何をしても改善しないのでほとんど諦めていたのですが、 偶然犯人に気が付きました。 私の場合、犯人は「 お米」でした! そう、毎日のように食べているアレです。 私は健康マニアなので、あれこれ食生活を試行錯誤しています。 そして炭水化物制限というものがマイブームだったりするのですが、 これはお米を極力食べないようにするんです。 そしてお米を食べない生活をしばらく続けると、 汗疱が消えた上に、新しくできたりもしなくなりました。 その後またお米生活に戻ったりして 色々データを取れたのですが、やはりお米がかなり怪しいです。 特に 玄米! 白米の場合は大量に食べると若干の汗疱が出てくるし、 適量だと出ないか、ちょっと出るくらいなのですが、 玄米を常食すると、少量でもテキメンに出てきます。 なので普段からお米を食べるのは避けて、 食べる時は白米を適量ということにしてから、 汗疱は全然出なくなりました。 アナタも汗疱にお困りでしたら、試してみられても良いかと思います。 特にややこしくはないですしね。 スポンサーリンク なぜ、お米で汗疱が出るのか? でも何故お米で汗疱が出るんでしょう? ここからその理由の仮説を立ててみたいと思います。 あくまでも仮説なので、話半分です。 仮説1:米に付着している有害物質 こちらの仮説は、お米もしくは胚芽とかに 農薬やら土の中の重金属やら人体に好ましくない何らかの物質が 入っていて、ご飯を食べることでそれを体内に取り込んだ結果、 その異物を体外に排出しようとして、汗疱の汁として症状が現れるということですね。 白米より玄米が症状が激しいということは、 胚芽部分にその物質は多く含まれてるということで、 白米にもうっすらと含まれているということでしょうか。 このケースの対策としては、 米を購入する産地を変えるということになります。 私も大昔から汗疱が出ていたわけではなく、 ある時から出だしましましたからね。 それが今の米に替えてからかどうかは覚えてないんですが・・・。 無農薬有機栽培の良さそうな農家から購入してるのですが、 農薬とかではなく、その土地特有の何かかもしれません。 まあ、対策としてはお米を食べなくするのがてっとり早いのですが、 原因をハッキリさせたいので近いうちにまた別の農家で米を買ってみて、 汗疱が出るかどうか検証してみようと思います。 仮説2:米のもつエネルギーによる体内毒素の排出 こちらの説は、米自体が毒というわけではなく、 もともと体内にある添加物やらの毒素が、 お米を食べることによって、お米のもつパワー(生命力かなんか)のおかげで 外に排出されようとした結果、汗疱として現れるという説です。 若干トンデモ理論ですが、可能性はある気はしています。 白米より玄米の方がそのエネルギーが強いので、 汗疱の症状が激しいということになります。 こちらの説が正しいとしたら、 汗疱で出てくるあの液体は、 体内毒素の排出なので、あの症状は止めない方がよく、 自然に止まるまで、すなわち体内毒素を出しきって空っぽになるまで、 お米を食べ続けて出しきってしまうのが正解ということになります。 むしろ玄米を食べてブツブツをじゃんじゃん出そうということですが、 なかなか実験するのは勇気がいりますね。 私なりの結果 以上の2つの仮説を立てたわけですが、 仮説を立てて以来、多少の日にちが過ぎまして、 私なりの結論が出たので書こうと思います。 私にはどうやら「仮説2」が当てはまったようです。 汗疱は 体の中の毒素が米のエネルギーのために排出されているという見方ですね。 まだ米の購入先を変えていないのですが、 日々汗疱を潰して汁を出す作業を繰り返していたところ、 だんだん汗疱の数が減っていき、何日かに1回出る程度になり、 ついに出なくなりました。 お米は食べ続けているので、お米自体に問題があるわけではないようです。 きっと、体の中の汗疱が担当する毒素が出尽くしたのかと思います。 これまでお米だなんだと騒いできましたが、 こうなると結局は体内毒素こそが真の汗疱の原因で、 治すためには 汗疱をジャンジャン出して、出し尽くすしかないということになります。 さらにいうと、その毒ってなんだという話で、 それを体内に入れなければ良いんだけど、 それを突き止めるところまではたどり着けません・・・。 どちらにせよ薬で汗疱を止めるというのは、もってのほか。 お米はその毒素排出を加速させるサポート役ということですね。 私の経験的に、お米を食べるのをやめた時には汗疱が止まりましたが、 それよりもお米をしっかり食べて汗疱を出しまくって、 出なくなるまで汗疱を潰して汁を出し尽くす方がベターなのではと思います。 そうなるまでに、かなり汗疱を潰して汁を出しました。 汁の総容量どのくらいだったのだろう・・・。 今はきっと 綺麗なカラダになったんだと信じて、終わりにします。

次の

湿疹(皮膚炎) │ 皮膚症状一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア

指 ブツブツ かゆい

今回の流れ• 手の甲にかゆみのあるぶつぶつができるのはなぜ? 手の甲にかゆみのあるぶつぶつができる仕組みはどうなっているのでしょうか? 体には免疫システムというものがあります。 体の中に異物が入ってくると、 免疫システムが異物を敵と判断して攻撃をするのです。 この免疫システムの働きが強すぎると、アレルギー反応としてぶつぶつやかゆみがでてしまうのです。 手の甲にかゆみのあるぶつぶつができる原因とは それでは、手の甲にかゆみのあるぶつぶつができるのはどうしてなのでしょうか? 日常生活で考えられる、かゆみのあるぶつぶつの原因について解説します。 ・水仕事をよくする ・暖房・冷房で乾燥した部屋にいることが多い ・手を洗ったあと、自然乾燥している ・刺激の強い石鹸・シャンプーなどを使っている ・ストレスがたまっている ・汗をかきやすい これら6つが手の甲にかゆみのあるぶつぶつができる大きな原因となります。 乾燥や、刺激、ストレス、どれも日常生活の中でよくあることですね。 手の甲にかゆみのあるぶつぶつができる病気 それでは、この手の甲にかゆみのあるぶつぶつができるのはどのような病気の可能性があるのでしょうか…。 考えられる病気について解説していきます。 手湿疹 日々、家事をする主婦や、シャンプーをする美容師さんやトリマーさんなど、水仕事をする人に多い手湿疹は慢性湿疹とも呼ばれます。 水仕事をすることで、 皮膚の表面の油分がなくなり皮膚のバリア機能が減ってしまうことで刺激を受けやすくなり、湿疹ができてしまうのです。 かゆみが強く水疱ができることもあります。 漏脂性湿疹 若い人に起こりやすい湿疹で、夏に起こりやすいのが特徴です。 脂質や糖質の取り過ぎで、 ホルモンバランスが乱れることが原因だと考えられます。 皮脂が多くなることで刺激を受けて湿疹ができてしまうのです。 皮脂欠乏性湿疹 漏脂性湿疹とは逆に、 脂が足りないことでおこる湿疹です。 乾燥が原因なので、長風呂で脂を奪ってしまう、熱いお湯を使う、エアコンで乾燥した部屋に長くいるなど 肌を乾燥させないように気をつけましょう。 アトピー性皮膚炎 皮膚のバリア機能が弱く、アレルギー体質の人がなりやすいアトピー性皮膚炎、湿疹とかゆみがでる病気で薬を使うと良くなることもあります。 しかし、多くの場合、 良くなったり悪くなったりを繰り返してしまうのが特徴です。 皮膚への刺激が原因になることが多いので、いつも清潔にして保湿を心がけることが大切です。 アレルギー性皮膚炎の場合は病院を受診し薬を処方してもらってください。 汗疱性湿疹 見た目は水虫に似ていますが、汗疱という病気が悪化したものです。 汗疱とは汗をかきやすい人が、 汗が全て皮膚から出切らずに皮膚の下に溜まってしまう病気です。 この汗疱が破れて湿疹になったのが汗疱性湿疹です。 痛みとかゆみがあらわれます。 日光アレルギー 日光にあたることで湿疹ができる日光アレルギー。 もちろん手の甲にも出ることがあります。 赤くなってぶつぶつが出る、 時には腫れることもあります。 大人になって急に日光アレルギーになる人もいるので、日光を浴び過ぎないようにしましょう。 日焼け止めを使うのはもちろんですが日傘や手袋で肌を守ることが大切です。 自律神経の病気 ストレスがたまると血行が悪くなってしまい、 栄養が体の末端まで行き届かなくなってしまいます。 そ のため手の皮膚が栄養不足になり、湿疹ができてしまうことがあります。 自律神経を整えるためには規則正しい生活が大事ですが、ひどくなるといろんな症状が出てきてしまうので、 心療内科を受診することをお勧めします。 糖尿病 糖尿病の症状は様々ですが、その中の1つに手の甲にぶつぶつとした湿疹とかゆみがでることがあります。 ま た、糖尿病の人は細菌に感染しやすく、湿疹ができやすくなります。 湿疹を治すことだけでなく 糖尿病の治療をしっかり行いしましょう。 内臓疾患 内臓の病気になると手の甲にかゆみのあるぶつぶつが出ることがあります。 手の甲だけでなく、 体のあちこちにできるのが特徴です。 病院で血液検査をすることで、どこが悪いのか特定することができますので、健康診断を毎年受けるなどしっかり体調管理をしましょう。 手の甲のぶつぶつといっても病気が原因のものからアレルギーや乾燥が原因の物まで様々です。 それぞれ対処法が違うので、間違った対処法をすると悪化してしまうことがあります。 病院を受診して 原因をしっかり特定することが大切です。 スポンサーリンク 手の甲にかゆみのあるぶつぶつが出た時の対処法 手の甲にかゆみのあるぶつぶつができる原因と考えられる病気について解説してきました。 最後に、病院に行くまでの対処法とぶつぶつができないようにするための、日頃から気をつけたいことについて解説していきます。 ゴム手袋を使う 普段から水仕事が多い人はお湯ではなく水を使うようにし、ゴム手袋をすることで刺激をさけ、 肌の乾燥を防ぐようにしましょう。 ゴム製品にアレルギーがある人はビニール手袋を使ったり、人工ゴムの手袋を使うことをお勧めします。 洗剤・石鹸・シャンプーを変える 洗剤・石鹸・シャンプーなどの刺激で湿疹がおこることがあるので、出来るだけ刺激の少ない 天然素材の物を使うようにしましょう。 洗濯は柔軟剤をできるだけ使わないようにする。 すすぎはしっかりとするなど 肌に優しい生活をするようにしましょう。 保湿をする 水仕事をした後やお風呂に入った後、外出の前後など肌が乾燥しないように、 保湿クリームやワセリンで保湿をしっかりするようにしましょう。 また寒い日の外出には、手袋をつけるなど乾燥をしないように心がけましょう。 アレルギー物質にさわらない 自分が何のアレルギーかがわかっているときはアレルギー物質をさけることが大切です。 ゴムアレルギーの人はゴム製品を触らない、金属アレルギーの人は金属製品を触らない、日光アレルギーの人は日傘や手袋を使って日光にあたらないようにするなど、 アレルギー物質に極力触れない生活を送るようにしましょう。 病院でパッチテストをしてもらえば、原因物質を特定することができます。 ストレスをためない ・ストレスをためない生活 ・暴飲暴食をしない ・適度な運動をしてゆっくり眠る 当たり前のようでなかなかできない、この規則正しい生活で心も体も健康にすることで 免疫機能が上がり手に湿疹ができるのを防いでくれます。 手の甲を水で洗う 手を清潔にするのはもちろんですが、手の甲を洗うことで、手についた刺激物やアレルギー物質を洗い流すことができます。 洗い過ぎは良くないので、優しく石鹸で洗ったらしっかり手を拭き、 保湿をするのを忘れないでください。 また冷やすことでかゆみを感じにくくなるので、水で洗うことはもちろん、氷などで冷やすのも効果的です。 これら6つの対処法でかゆい手の甲のぶつぶつをつくらない、できてしまった湿疹のかゆみを抑えるようにしましょう。 しかし、ぶつぶつがなかなか治らない、かゆみが強い場合は我慢せずに病院を受診しましょう。 スポンサーリンク.

次の