危険 物 乙 4 過去 問。 危険物乙4の過去問(物理・化学)「引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性」問.10

危険物取扱者乙4の過去問は入手可能?解説PDFや試験問題についても解説!

危険 物 乙 4 過去 問

危険物取扱者試験の対策には過去問が必須 危険物取扱者試験の対策は、過去問を使って勉強することが効果的です。 ここでは、過去問の演習が大切な理由と、過去問を使って勉強する際のコツを紹介します。 なぜ過去問演習は大切なのか まず、危険物取扱者試験の過去問演習がいかに大切かを紹介します。 危険物取扱者試験で出題される問題は、 過去に出題された問題が再び出題されることがあります。 過去問演習を行うことで、 危険物取扱試験に出題される問題の傾向をつかむことができます。 更に危険物取扱者試験の過去問演習を解くことで、自分の苦手な箇所に気づくことができ、そこを重点的に復習することで効率的に勉強ができます。 過去問演習は、本番と同じ形式で問題を解くことができ、危険物取扱者試験本番の練習ができるため、 試験当日も自信を持って問題に取り組むことができます。 過去問を解く際のコツ 続いては、危険物取扱者試験の過去問を解く際に、試験対策として効果的な方法を紹介します。 危険物取扱者試験の試験問題は、試験当日に試験会場から持ち出すことができません。 危険物取扱者試験の過去問の具体的な入手方法は、後ほど紹介します。 危険物取扱者試験の過去問を解く前に、テキストなどを使って、危険物取扱者試験に出題される試験範囲の内容を一通り学習し、テキストなどに記載されている問題を使って演習を繰り返し行い、知識を定着させましょう。 危険物取扱者試験に必要な知識をテキストなどを使い定着させた後、危険物取扱者試験の 過去問に取り掛かりましょう。 また、危険物取扱者試験に必要な知識の定着を行うと共に、並行して 計算問題の演習も行いましょう。 危険物取扱者試験に役立つサイト・講座 危険物取扱者試験は、「消防試験研究センター」が開催しており、「 消防試験研究センター」の公式ホームページから、危険物取扱者試験の概要などの情報を入手することが可能です。 このように、危険物取扱者試験を受ける際に役立つサイトや講座が多数存在します。 その中でも、危険物取扱者試験に役立つおすすめのサイトと講座を紹介します。 過去問題が掲載されているサイト 危険物取扱者試験の過去問を無料で掲載しているサイトもありますが、「消防試験研究センター」が認めている公式のサイトではないものもあり、 掲載されている情報が正しいと言い切ることができません。 危険物取扱者試験の対策を行う際は、あくまでも テキストや講座をメインに勉強をして、その後、過去問を解き、自分の実力を確認するようにしましょう。 続いては、危険物取扱者試験の過去問が掲載されているサイトを紹介します。 消防試験研究センター 「 消防試験研究センター」は、先ほども紹介しましたが、 危険物取扱者試験を実施している公式機関です。 危険物取扱者試験の過去問は、「消防試験研究センター」の公式ホームページに一部抜粋されて掲載されています。 「消防試験研究センター」の公式ホームページから、「」のページに甲種試験、乙種第4種試験、乙種第1から6類試験、丙種試験の4つのカテゴリーに分けられていて、PDF形式で閲覧できるようになっています。 なお、「消防試験研究センター」の公式ホームページに掲載されている過去問は、解答が付いていますが、解説はないので、解答を見て理解できない場合は、テキストなどで確認しましょう。 ぜんせきweb 乙4模擬試験お試し版 続いて紹介する、危険物取扱者試験の過去問が掲載されているサイトは、「ぜんせきweb 乙4模擬試験お試し版」です。 このサイトは、危険物取扱者の 乙種第4類の試験を本番と同じ形式で受験することができます。 危険物取扱者試験の過去3年分の問題から、ランダムで出題され、結果が採点されます。 「ぜんせきweb 乙4模擬試験お試し版」は、 解説がついているので、勉強しやすいサイトになっています。 更に、ぜんせきwebの会員になることで、会費を支払う必要がありますが、多くの過去問を解くことができます。 消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト 続いて紹介する、危険物取扱者試験の過去問が掲載されているサイトは、「消防設備士・危険物取扱者の過去問、想定問題サイト」です。 このサイトは、危険物取扱者試験の全ての区分の過去問が揃っており、区分別に問題演習を行うことができます。 更に、1問答えるごとに解答と解説が表示されるため、効率的に勉強することができます。 このサイトは、問題を解くときの経過時間が表示されるので、 時間を意識して解くことができます。 乙4試験の過去問題・予想問題が掲載されているサイト 危険物取扱者試験を受ける多くの受験者は、 乙4と呼ばれる乙種第4類の階級を選択します。 そのため、乙4はガソリンスタンドや石油会社など、 仕事に活かせることが多い資格になっていて、人気が高くなっています。 そんな 乙4の過去問が載っているサイトを3つ紹介します。 まず、1つ目の乙4の問題が掲載されているサイトは、「危険物取扱者試験過去問題集[乙4]」です。 「危険物取扱者試験過去問題集[乙4]」のサイトは、乙4で出題されそうな 予想問題が多く掲載されており、解答と解説も付いています。 2つ目の乙4の問題が載っているサイトは、「過去問ドットコム」です。 「過去問ドットコム」も、乙4で 過去に出題された問題や試験に出題されそうな 予想問題が掲載されていて、問題の解答と解説が付いているサイトになっています。 このサイトは、乙4の過去問が掲載されており、過去問の解答と解説も付いています。 また、過去問だけでなく、乙4の 勉強方法も掲載されているので、勉強するときに参考にすることができます。 効率よく勉強するなら通信講座がおすすめ 危険物取扱者の資格を取得するために、 どのような勉強方法が良いか分からないなど、 独学での勉強に不安がある方や、短い期間で確実に合格したいという方は、 通信講座を受講することをおすすめします。 通信講座を受講することで、頻出問題を重点的に勉強できるように、通信講座のテキストに工夫を施されていたり、講義動画を視聴することで、 効率良く短期間で試験に必要な知識を習得することができます。 また、通勤時間や昼休みなどに通信講座の講義動画を見て勉強するなど、隙間時間を上手に利用して、短期間で危険物取扱者試験の合格を目指すことも可能です。 ユーキャンの通信講座が人気 危険部取扱者対策用の通信講座は各社から提供されていますが、その中でも定番とも言えるのが ユーキャンの危険物取扱者講座です。 ユーキャンは、初めて危険物取扱者の勉強を始める方でも理解しやすいテキストと、丁寧な添削指導が高い評判を得ています。 誰もが知っている通信講座ということで信頼度も抜群なので、危険物取扱者の資格を目指されている方は是非チェックしてみてください。 法令 基礎物理学・基礎化学 性質・火災予防・消火 指定数量の計算 物質三態 物質三態 保安講習 静電気 静電気 予防規程 物理変化および化学変化 物理変化および化学変化 定期点検 有機化合物 有機化合物 保安距離 燃焼原理 燃焼三要素 燃焼原理 燃焼三要素 給油取扱所基準 消火三要素 消火三要素 消火設備 消火設備 消火設備 運搬基準 移送基準 義務違反への措置 丙種の頻出項目 甲種と乙種が 五肢択一なのに比べ、 丙種は 四肢択一の解答方法なのに加えて、 問題数も甲種と乙種に比べて 少ないため、難易度が低いと思われがちです。 しかし、問題数が少ないため、 1つのミスが合否に響く可能性があり、注意が必要です。 丙種の試験の「 静電気」や「 引火点・発火点」に関する問題は、過去に出題された問題が そのまま出題される傾向があります。 危険物取扱者試験の勉強方法 続いては、危険物取扱者試験の勉強方法を紹介します。 テキストの選び方など、基本的なところから、暗記方法まで幅広く紹介します。 暗記のコツやモチベーションの維持は、危険物取扱者試験だけではなく、他の勉強をするときも使えるので、是非、参考にしてみて下さい。 テキストを選ぶ際の注意 危険物取扱者試験のの勉強を行うときは、 最新の出題傾向を反映させたテキストを選びましょう。 テキストが古いと、 試験に出題される問題の傾向が変わっている場合があるので、注意が必要です。 更に、危険物取扱者試験のテキストを選ぶ際は、解説が充実しており、 イラストや 表が入っている、分かりやすいものを選びましょう。 勉強する順番 まず、甲種と乙種の試験対策は、 物理や化学の分野を最初に勉強しまよう。 この分野は、高校の理科で学んだ内容や、日常生活での知識も活かせるため、復習として、知らなかった内容や勘違いしていた内容だけを学習しましょう。 また、危険物取扱者試験の試験範囲である 法令は、物化や性消の分野の内容を理解してから勉強しましょう。 物化や性消の分野は、暗記が多くなる範囲なので、 勉強時間をしっかりと確保する必要があります。 問題演習を繰り返す 危険物取扱者の試験対策だけでなく、学習全般に言えることですが、学んだ内容や知識を定着させるには、内容を理解して覚える「 インプット」と知識を活かして問題を解く「 アウトプット」の両方が必要です。 テキストなどを使い、ある程度「インプット」をしたら問題を解くことで「アウトプット」を行います。 そして、間違えた箇所をテキストに戻って、再び覚え直すといった「インプット」を行い、復習することで知識を定着させることができます。 一度覚えても、数日経つと忘れていることが良くあるため、「インプット」と「アウトプット」を 何度も意識的に繰り返し、完全に知識が定着するまで行うことが大切です。 暗記のコツ 暗記を行う際は、テキストの文章を読むだけでなく、 図にしてまとめることで理解しやすくなります。 また、 語呂合わせを使うことで、普通に覚えるよりも、たくさんのことを早く覚えられ、暗記しやすくなります。 自分で図や語呂合わせを作るのが苦手な方は、初めから図や語呂合わせが載ったテキストを選ぶとよいでしょう。 文字を繰り返し書いて覚えたり、声に出して読んだり、テキストにラインを引いたりと暗記しやすい方法も人それぞれです。 是非、自分が暗記しやすい方法を見つけてみて下さい。 モチベーションの維持 勉強が辛くなった時は、 資格取得のメリットを考えましょう。 危険物取扱者の資格を取得することで、 就職や転職で有利になったり、資格手当がついたり、昇給しやすいなどのメリットがあります。 更に、乙種の第1類から第6類の中で、1つでも資格を保有していれば、乙種の他の類を受験する際に、 試験科目が一部免除されるといったメリットも存在します。 また、資格を取得しよう思った きっかけを思い出すことで、勉強へのモチベーションを維持することができます。 最後までモチベーションを下げずに、勉強を続けられるように、強い気持ちを持って資格取得を目指しましょう。

次の

危険物乙4の過去問(物理・化学)「引火点・燃焼範囲・発火点・物質の危険性」問.10

危険 物 乙 4 過去 問

この記事はこんな人におすすめ• 危険物乙4に興味がある人• 危険物乙4を受験しようと考えている人• 難易度や勉強方法について知りたい人 危険物取扱者乙種4類(通称:危険物乙4)を独学で勉強して受験しました。 危険物とは縁もゆかりもない初心者で、前知識も全くない初学者でした。 記憶力に自信がなくなりつつあるアラフィフおやじですが、一発合格することができました。 無事合格することが出来ましたので、危険物乙4とはどのような資格なのか、どんな勉強をしたのか、そして試験の難しさはどうだったのかを紹介したいと思います。 また、合格後の注意点も紹介しています。 危険物乙4を受験しようと考えている人、これから勉強を始める人はぜひ参考にしてください。 わたしたちの日常生活に関連が深いガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体を取扱、管理、保守するための資格です。 少し詳しく危険物取扱者という資格を説明します。 危険物取扱者は国家資格 危険物取扱者とは、名前のとおり危険物を取り扱うための資格です。 そして、危険物取扱者は国の法律に基づいた資格、つまり国家資格です。 危険物取扱者は、必置資格というものになり、法的な需要がある資格です。 消防法により、一定数量以上の危険物を貯蔵したり取り扱う施設は必ず危険物取扱者を置かなければいけません。 化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設で一定以上の危険物を貯蔵したり取り扱ったりする場合は危険物取扱者を置くことが義務付けられています。 危険物取扱者は大きく3種ある 危険物取扱者の資格は大きく甲種、乙種、丙種の3種に分かれています。 甲種~全種類の危険物の取扱、管理、保守の立ち合いができます。 乙種~危険物の種類によって細かく第1類~第6類まで分けられており、取得した類で決められた危険物のみ取り扱い、管理、立ち合いができます。 丙種~第4類の危険物のうちの決められた種類のもののみ(ガソリン、灯油、エタノール等)取り扱いだけができる資格です。 <危険物取扱者の分類> 資格の種類 扱うことのできる危険物 甲種 全種類の危険物 乙種 第1類 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体 第2類 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体 第3類 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質 第4類 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体 第5類 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質 第6類 過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体 丙種 ガソリン、灯油、軽油、重油など 危険物取扱者乙種第4類は第4類の危険物に対して取り扱い、管理、立ち合いができる資格になります。 何に役立つ資格なのか• 社内でのスキルアップや手当・給与の増額• ビルメンテナンス業への就職や転職• ガソリンスタンドへの就職・アルバイト• 定年退職後の就職に有利 第4類の対象となる危険物はガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体で、わたしたちの日常生活に密着したものが多く含まれています。 これらの危険物は幅広い業種で取り扱いがあります。 例えばガソリンスタンドや化学工場、印刷工場、塗料店などで使用、保管されています。 また一般工場でもエタノールなどは多く使用されています。 危険物を使用しているだけでなく実際に製造している施設や一定数量以上保管している施設も有資格者を設置しなければいけません。 また、タンクローリーなどで運送する場合も有資格者の同乗が必要となります(実際はドライバーが有資格者であることがほとんど)。 なので就職においては非常に需要が多い資格になります。 多くの企業で資格手当を支給するなどして有資格者を優遇しています。 また、ビルメンテナンス業の募集要件には危険物乙4は必ず含まれています。 ビルメンテナンス業界を目ざす人には必須の資格となります。 セルフのガソリンスタンドでは監視員として危険物乙4の有資格者を設置する必要があります。 セルフのガソリンスタンドの監視員は基本的にはボタンを押すだけの楽な仕事になりますので、シニア世代の募集も多くあります。 危険物取扱者乙種4類は活躍する場面が多く、求人も豊富にあります。 なおかつ給料のアップにもつながるため、非常に人気の高い資格です。 わたしが危険物乙4を受けた理由は定年後の就職に役立ちそうだからです。 また、もし不幸にもリストラや倒産で職を失うことになった場合に次の就職先が決まるまで、つなぎのバイトがすぐ見つかる可能性が高く、就職自体に有利だと考えたからでもあります。 もしものときに役立つかもしれない 安心・安全のための資格、人生の保険的な資格と言えます。 危険物乙4を手早く知るための裏ワザ 危険物取扱者乙4の魅力を手っ取り早く知りたいなら、ユーキャンへ無料資料請求して届いた資料を読むのがおすすめです。 実際に資料請求してみると、合格体験記や取得メリットなどを分かりやすくまとめたパンフレットが届きましたよ。 無料資料請求なので、もちろんコストはゼロです。 勧誘の電話などは一切ありませんでした。 試験案内はインターネット上でも閲覧可能です。 そして受験の申し込みもインターネット上で「電子申請」できます。 受験申し込みは郵便または電子申請が可能ですが、圧倒的に「電子申請」が楽です。 インターネットでの「電子申請」はから行えます。 受験地 どの都道府県でも受験することが可能です。 会社や学校で特に指定がなければ、都合の良い日程で受験可能な場所で受験できます。 日程はから確認できます。 但し、合格後の免状の交付の際に手数料を「収入証紙」で払わなければならない道府県があります。 他府県だと「収入証紙」が入手しにくい場合もありますので、事前に調べておいた方がいいかもしれません。 ちなみにわたしは大阪府に住んでいますが奈良県で受験しました。 ちょっと面倒ですが、「収入証紙」は現金書留にて郵送で購入しました。 受験料 受験料は4,600円です。 非課税なので消費税は不要です。 試験内容 試験はマークシート方式です。 解答は5択です。 つまり5つの選択肢の中から正解の1つを選ぶ方式です。 試験時間は120分になります。 危険物乙4の科目は大きく3つに分かれています。 物理学および化学( 物理・化学または 物化などと略されます)• 危険物の性質とその火災予防および消火の方法( 性質・消火または 性消などと略されます)• 危険物に関する法令( 法令などと略されます) 問題数は合計35問です。 各科目ごとの内訳は以下のようになっています。 物理・化学:10問• 性質・消火:10問• 苦手科目を作らないようにまんべんなく知識を頭に入れる勉強が必要です。 危険物乙4の合格率と難易度 合格率は約30%と低いです。 ただし合格する気のない受験生も多くいるため、全体的な合格率が下がってしまう傾向にあります。 ひねった問題や難問奇問はほとんどありません。 解答は選択式で、6割正解すれば良いので、試験であまり出来なかったなあと思っても意外と合格してたりします。 問題内容は暗記あるのみで対応できるものばかりです。 なのでまじめに勉強すれば合格する確率はかなりアップします。 逆に、勉強しなければまず合格できない資格と言えます。 3人に1人しか合格しない難易度の高い資格に感じますがこの合格率の低さには理由があります。 合格率の低さを生み出している原因について説明します。 まず、危険物乙4は年齢や学歴の制限などなくだれでも受けることが出来る資格だということ。 そして、学校や職場で強制的に受けさせられている受験生が多くいるということが低い合格率の原因になります。 要するに、勉強する気がない人や合格する気がない人が多数受験しているということです。 実際わたしが受験した会場には若い学生のような受験生が多くいました。 合格率の低さに不安になる必要はありません。 危険物乙4はしっかり勉強すれば必ず合格できる資格です。 なぜ危険物乙4の合格率は低いのか?理由はコチラの記事をどうぞ 危険物乙4の勉強法 危険物乙4は独学で合格できる資格です。 わたしも市販のテキストを購入しての独学でした。 仕事は危険物とは全く無縁、予備知識はゼロの状態での学習でしたが無事一発合格することが出来ました。 資格の勉強法 資格の勉強で大切なことは2つです。 テキストを何度もくり返し読む• 過去問題や実践的な問題をたくさん解く これが資格の勉強の王道にして近道です。 「分かる」ということは知っていることと知らないことを 「分ける」ということだ、と学生時代の先生から聞いたことがあります。 知らないことや理解できていないことが分かれば、それを集中的に勉強すれば知っていることが増えます。 知っていることが増えれば、試験で高得点を取ることができ、合格に近づくことになります。 テキストを何度も読み過去問題をたくさん解いて、理解できていない部分がどこなのか明確にしましょう。 そして理解できていない部分をしっかりと勉強して、知っている部分を増やしましょう。 テキストの選び方 危険物乙4のテキストはたくさん出ています。 実際に本屋に行って実物を見て自分に合ったものを購入するのが良いでしょう。 テキストを選ぶ時に3つ注意点があります。 次のようなテキストを選ぶのがおすすめです。 簡単で何度もくり返し読めそうなもの• 暗記に役立つ語呂合わせが紹介されているもの• 問題が多く掲載されているもの 危険物乙4は暗記あるのみの資格です。 そのためには何度も繰り返しテキストを読むことが必要です。 自分に合わない難しい文章の本やページ数が多すぎて読み通せないものは避けましょう。 できるだけ効率よく暗記できるように語呂合わせが紹介されているテキストを選びましょう。 語呂合わせは最強の暗記方法です。 また、紹介されている語呂合わせを自分なりにアレンジするとより覚えやすくなることもありますよ。 理解できていない部分がどこなのか明確にするためには問題を解いてみることが近道です。 なので問題がしっかり掲載されているテキストを選びましょう。 わたしが購入したテキストです。 ページ数も多くありませんし、語呂合わせものっています。 練習問題や実践問題も豊富でおすすめです。 本来は定価858円のテキストです。 ) Amazonの情報を掲載しています 具体的な勉強法 理解を深めるためにくり返しが必要 勉強法は非常にシンプルです。 わたしの使用したテキスト『チャレンジライセンス 乙種4類危険物取扱者テキスト』は、科目ごとに「物理・化学」「性質・消火」「法令」の3篇からなっています。 そしてその3篇がさらにいくつかの章に細かく別れた構成です。 各章末には「実践問題」があります。 章ごとに勉強を進め「実践問題」を解きます。 そして、間違えた理解できていない部分を復習します。 各編の最後には「総合問題」が用意されていますので、各編を終えたら「総合問題」で科目ごとの理解度をチェックします。 ここでも間違えた問題の部分を復習します。 そしてテキストの最後には「模擬試験問題」がありますので全体的な理解度をチェックすることができます。 間違えた部分、理解が足りない部分を再度学習し直します。 テキスト末尾の「模擬試験問題」は3回分あるので、以上の勉強を3回繰り返すことができます。 ちなみにわたしは本文を通読2回、総合問題は1回、模擬試験問題の3回分はそれぞれ2回繰り返してやりました。 学習期間は約1か月半、土日祝の休日のみ2~3時間勉強しました。 合計約40時間ほどの勉強時間です。 学習スケジュールの注意点 学習スケジュールを計画する時の注意点が1つあります。 「法令」は分量が多く覚えるのに時間がかかるということです。 実際の試験でも「物理・化学」「性質・消火」はそれぞれ10問の出題ですが「法令」は15問あります。 問題が多いということは覚えなくてはいけない量も多いということです。 「法令」は「物理・化学」「性質・消火」を理解したうえで勉強するのが理解しやすいので、順番から言うとどうしても「法令」が最後になります。 なので 「法令」の勉強に十分な時間を使えるよう、余裕を持ったスケジュールが必要です。 わたしの場合、合計40時間の勉強時間の内訳で言うと「物理・化学」約13時間、「性質・消火」約7時間、「法令」約20時間という比率でした。 一発合格した独学勉強法を紹介した記事はコチラです。 危険物乙4の難化対策 危険物取扱者乙4の試験は年々難しくなっています。 紹介したテキストによる勉強のみで不安な場合は問題集をプラスしてください。 過去問を効率よく勉強できる問題集はコチラの記事をどうぞ。 勉強した経験から、過去問をするメリットを考えてみました。 危険物乙4、試験本番の感想 実際の試験は思った以上に難しく感じました。 テキストに載っていなかった内容も多くありました。 合格には各科目60点以上が必要ですが、試験結果には自信がありませんでした。 ギリギリ合格かなぁ、という感想でした。 さらに5択なのでしっかり勉強すれば正解を選ぶ確率はかなりアップします。 いまいちできなかったかな、と感じても意外と合格しているようですよ(もちろん、真面目に勉強した人に限りますが)。 危険物乙4、試験結果の通知 合否は消防試験研究センターのホームページにて確認できます。 わたしが受験した奈良県の場合は合否結果が掲載されるまで2週間程かかりました。 東京の中央試験センターで受験した場合は、掲示板にて当日発表があるようです。 試験結果の発表日や発表方法は各都道府県支部の「試験案内」にて確認してください。 合否については受験者全員に試験結果通知書というハガキが郵送されます。 わたしは無事合格でした。 正答率は法令86%、物理・化学90%、性質・消火100%です。 「思った以上にできなかった」と感じた割には十分すぎる正解率です。 これは、しっかり勉強すれば確実に合格するという証明になるかと思います。 危険物乙4、合格後の手続き 合格者は免状の交付手続きを行ってください。 免状の交付は強制ではありませんが、有資格者としての証明になりますので交付した方が良いでしょう。 また後々、危険物乙種の他の類を受験するのであれば、科目免除の手続きに免状のコピーが必要となります。 交付手続きの方法は各都道府県支部の「試験案内」にて確認してください。 交付手続きの申請先は 受験した各道府県の消防試験研究センタ一支部になります。 東京都の場合は、中央試験センターが申請先となります。 免状の交付手続き料は2,900円です。 科目免除で別の類に挑戦 無事に合格したら、危険物乙4を足掛かりに他の危険物取扱者の資格を取るのもいいでしょう。 乙種である類に合格すると別の類を受験する際に「物理・化学」と「法令」の科目が免除されます。 つまりは「性質・消火」のみを受験すれば良いということです。 勉強の負担が大幅に軽減されます。 ただし、科目免除を受けるためには免状のコピーが必要ですので、免除の交付をしておかなければいけません。 危険物乙種4類に合格したら、危険物乙種1類、2類、3類、5類、6類と他の類にもチャレンジしてみましょう。 わたしはまだチャレンジしていませんが、いずれやってみるつもりです。 10年後に更新がある 免状は10年後に更新があるので注意しなくてはいけません。 再受験の必要はありません。 写真を新しいものに変更する手続きです。 写真更新手続きの申請先は 居住地 、勤務地又は免状の交付を受けた道府県の消防試験研究センタ一支部になります。 交付を受けた道府県でなくても大丈夫ということですね。 東京都の場合は、中央試験センター又は東京都内の消防署(稲城市・島しょ地域を除きます。 )となるようです。 手数料は1,600円です。 10年後なんて忘れそうですが、いい方法があります。 スマホを使っているならgoogleカレンダーに登録しておきます。 10年後に通知してくれるように設定しておきましょう。 そうすれば、グーグルが倒産したりグーグルカレンダーがサービス終了にならない限り大丈夫です。

次の

危険物取扱者乙4「過去問題解説付き」合格への道 for Android

危険 物 乙 4 過去 問

【アプリ説明】 危険物取扱者(乙種4類)の合格するための過去問集アプリです。 しかもすべて解説つき! このアプリでは「基礎的な物理学及び基礎的な化学」分野に特化して効率的に学習することが出来ます。 資格は3種類あり、『甲種(こうしゅ)』、『乙種(おつしゅ)』、『丙種(へいしゅ)』に分けられます。 この中で最も人気のあるのが、このアプリで対象としている乙種第4類です。 各種の危険物取扱者の資格を取得しておけば 化学工場、燃料・塗料関係、印刷関係などの仕事に就くのに有利となるでしょう。 乙種の試験科目は ・「危険物に関する法令」 ・「基礎的な物理学及び基礎的な化学」 ・「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」 となっています。 一般的には「乙4」や「危険物乙4」と呼ばれています。 危険物乙4は国家試験ですが、比較的手軽に取得することができるので多くの人に人気があります。 1-1.危険物乙4とは引火性液体の取扱・管理できる資格です! 危険物取扱者乙種は全部で6種類ありますが、その4番目にあたる引火性液体の取扱・管理ができる資格です。 引火性液体にはガソリン・灯油・軽油・エタノール等が含まれており、このような液体を取扱う施設や工場のの管理をすることができます。 1-2.危険物乙4とは合格率が高く取得しやすい資格です! 危険物乙4は国家資格でありながら合格率の高い資格です。 試験は全て選択問題なので重要な語句や基本的な物理の公式、法令等を暗記しておけば誰でも合格することができます。 しっかり勉強しておけば一発合格も夢ではありません。 1-3.危険物乙4とは更にレベルの高い資格を取るために役立つ資格です! 危険物取扱者の資格で一番レベルの高い資格は「危険物取扱者甲種」です。 この資格を取得する為には、 ・大学で化学に関する単位・学位を取得する ・乙種資格を取得して実務経験を2年以上積む ・4種類以上の乙種資格を取得する これらのうちいずれかの条件を満たしていなければなりません。 ですから、比較的取得しやすい危険物乙4資格を取っておくことで、危険物取扱者として更なるレベルアップを目指しやすくなるのです。 危険物乙4が役立つ職業にはどのようなものがあるのでしょうか? 4種類ご紹介致しましょう。 ・ガソリンスタンド 危険物乙4が役立つ就職先として一番に挙げられるのはガソリンスタンドです。 危険物乙4資格保持者を優遇してくれるガソリンスタンドはたくさんあります。 危険物乙4を持っているとガソリンスタンドの管理をすることができます。 アルバイトとしてガソリンスタンドに務める場合にも危険物乙4を持っていると就職が有利になります。 ・タンクローリーの運転手 危険物乙4を持っているとタンクローリーの運転手として就職することができます。 主な業務は燃料になる液体を工場やスタンド、クリーニング事務所に運搬することです。 現在、原油は主要な燃料の一つなので景気に左右されることなく安定した仕事ができます。 年収が最低420万円という会社もあるので、比較的高い収入を見込める職業です。 ・ビルの管理業務 ビルの設備管理や分譲マンションのグランドマネージャー・アシスタントマネージャーとして働く時にも危険物取扱者の資格が必要になります。 求人によっても異なりますが危険物乙4資格を必須にしている管理会社もあるので、就職先を探す時に有利に働くことでしょう。 ・各種工場 様々な物を製造している工場でも危険物乙4資格は役立ちます。 薬品工場 金属精錬工場 メッキ工場 半導体製造工場 等で危険物取扱者の資格を役立てることができるでしょう。 工場では定期的に消防等の監査が入りますので、正しい危機管理意識を持った人材が求められています。 ですから、あなたの危険物乙4資格が役立つ可能性は十分にあるのです。 効率良く学習するために、分からない問題は考え込むのではなく、すぐ解答 解説 を確認して下さい。 試験の構成上、同じような知識問題が毎年出題されますので、解説を読んで解法や正しい選択肢を暗記するだけでも十分に効果があります。 一度解いて理解した問題も、必ず忘れてしまうものですから、いつでもどこでもちょっとした隙間時間に活用し、理解が深まるまでこのアプリに収録された問題を繰り返し演習して下さい。 ぜひご活用ください。 危険物乙4 法令編 危険物乙4 消火・性質編 皆様の合格をお祈り申し上げます。

次の