お 元気 です か 敬語。 敬語「息災」の意味と使い方、語源、類語、返事の仕方について解説

「お元気で」の意味と使い方、返事の仕方、敬語への言い換え、英語

お 元気 です か 敬語

ちまたでは「美しい日本語」「伝え方が9割」など、言葉に関するブックや書籍が売れています。 奥ゆかしく、使い方を一歩間違うと失礼にもあたる、日本語の難しい世界…。 SNSやチャット、メールなどで気軽に言葉を送れる時代なだけに「正しい日本語や敬語を身につける事」がビジネスマンの課題になっています。 「おかげさまで」は身の回りのものに感謝する気持ちを表す敬語 美しい日本語や敬語を自在にあやつるようになるためには、ベースとなる心意気を学んでおく事が大切です。 「おかげさまで」という敬語は「御陰様で」とも書き、仏教に由来する言葉となります。 仏さまのご加護のもと、身の回りのものに感謝する気持ちを表しているそうです。 日本に古くから伝わっている「感謝する気持ち」を忘れずにキラキラしたビジネスシーンを過ごしていきましょう。 「おかげさまで」は取引先・上司や同僚に対して感謝の気持ちを伝える言葉 打ち合わせやミーティングなどにも、知っておくと役立つ敬語のひとつに「おかげさまで」というフレーズがあります。 「おかげさまで」を文章の冒頭につける事によって「クライアントや取引先、上司や同僚に対しての感謝の気持ち」を伝える事ができます。 「営業成績が良かったとき」「企画や事業が成功したとき」「昇格したとき」「病から快復したとき」など、さまざまなシーンで用いる事ができます。 「おかげさまで」という言葉を使う時は感謝の気持ちを込めよう 「おかげさまで」という言葉は、相手に感謝の気持ちを伝える枕詞です。 そのため「おかげさまで」という敬語をプラスするときには、できるだけ相手の目を見て、丁寧な言葉で伝える事が大切です。 下向きで小さな声で何を話しているのか分からない態度だと、せっかくの枕詞も意味をなさないものになってしまいます。 言葉は生き物だということを念頭におき、ハキハキ話すように心掛けましょう。 「おかげさまで」という敬語に「感謝しております」の言葉を加えるとさらに丁寧に 取引先やクライアント、上司や仲間に対して、感謝の気持ちを伝える敬語が「おかげさまで」という言葉です。 枕詞として冒頭に使われる事が多いのですが、さらに相手に気持ちを伝えたい場合には「感謝しております」などの表現をプラスすると、さらに丁寧な印象に仕上がります。 具体的にどのような事に対して感謝しているのか、相手に伝える事によって、よりクリアに意思を伝える事ができます。 周囲の支援に感謝して気持ちを伝える事がビジネスでは重要 ロボット同士が仕事をするのではなく、人間同士がココロを通い合わせる事によって成り立つのが「仕事の流儀」です。 テキパキと仕事をこなしていくスキルも大切ですが、周りの人の支援に感謝して、その気持ちをシッカリ伝える事も、デキるビジネスマンのエッセンスです。 「おかげさまで」という敬語を上手に会話のなかに取り入れて、人間味あふれる感情ゆたかなビジネススキルを身に着けていきましょう。 「おかげさまで」という敬語を使う時は感謝の気持ちを言葉に込めよう 独りのチカラで進む事ができないビジネスの世界。 打ち合わせのときに「おかげさまで」という敬語を上手に組み込む事によって、周りのココロを適度に和ます事ができます。 日本古来、古くから使われている言葉である「おかげさまで敬語」をビジネスシーンにプラスして、「相手のココロを掴む」ミーティング力をさらに高めていきましょう。

次の

「お元気で何より」って言われますか?

お 元気 です か 敬語

逆に、もう会いたくない、と表現する意味もある「お元気で」は、今後の関係を一切断つという意思をも表した表現です。 面と向かって、「あなたとは今後一切お会いしません」などという方は少ないでしょう。 そんな時に「お元気で」という言葉を使えば、オブラートに包んだ優しい表現で、相手との決別を示すことができます。 相手との関係性や、その場の表現方法などから、言葉は違っても真意は伝わるでしょう。 そうはいっても、関係を全くなかったことに断ち切るというのは難しいものです。 その関係に他人が介入しているときなどは、尚更です。 そんな時も、相手に失礼な言い方ではなく、穏やかに気持ちを伝える方法として、「お元気で」という言葉は適当な意味を持った言葉です。 英語の表現では、「お元気で」の意味を考えます。 身体のことを思いやる表現なら、「Take care」という書き方がぴったりでしょう。 近しい方へ伝えるなら、「Take care! 」「Take care of yourseif!」という書き方が望ましいですが、どちらかというと上から目線の言い方になります。 敬語として、「お元気で」を丁寧な言い方で使えるのであれば、「I hope to see you all again sometimes」という表現がおすすめです。 これは、またいつか会おうね、という意味ですが、元気でいてね、という意味でも使えます。 同じような意味で、「Wish you well」「Hope you well」という言い方もあります。 これらは「お元気で」という表現を、わざわざ「望みます」「願います」といった改まった言い方にしているので、敬語の代わりとして使ってもいいでしょう。 「お元気で」の前向きな表現方法として、「All the best」「Good luck」という書き方があります。 この2つの表現は、近しくて、敬語を使う必要のない方に対して、「幸運を祈るよ」という意味を込めて使います。 これは、別れた相手の幸運や成功を望むという別れの挨拶の表現です。 また、「I hope to see you soon again」という書き方もおすすめです。 「I hope to see you all again sometimes」という表現をご紹介しましたが、all again sometimes(またいつか)をsoon(すぐ)に変えることで、一度お別れだけど、また再会しよう、という意思を感じさせます。 どちらとも「お元気で」という別れの挨拶を前向きに表現しています。 悲しい別れでないのであれば、こちらの表現方法を使うことをおすすめします。

次の

お元気 /文例・敬語の使い方・意味

お 元気 です か 敬語

A ベストアンサー 尊敬語とは、相手を敬う言葉です。 〉「お体にお気をつけて、いつまでも元気でいて下さい」 小学生ぐらいの孫が祖父母宛に出す手紙なら、この程度でも良いですが、他人の目上宛なら「尊敬語」には物足りません。 尊敬語 丁重語 一例 「ご健康にご留意なされて、末長くお元気にお過ごしくださいませ」 この例の、ご健康とは心身 体 全体を気遣う意味です。 ご留意なされては、気を付ける意味の丁重語です。 末長くは、いつまでもの丁重語です。 お過ごしは、暮らす 生活をおくる の丁重語です。 「くださいませ」は目上に「下」さいは無礼なので、「ください」と平仮名で書き表したほうが失礼に感じません。 「くださいませ」の「ませ」は「いらっしゃい」の丁重語「いらっしゃいませ」のように使います。 更に尊敬語を使うなら、「お健やかにお過ごしいただけますことをお祈り申し上げます」ぐらいになります。 この場合の「お健やか」は「お元気」の丁重語になります。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 」と言われました。 そこで、つい「かしこまりました。 わざわざお電話いただきありがとうございます。 」 と言ってしまったのですが、これって間違いですか?? あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、 「わざわざありがとうございます。 」と言ってしまいます。 これもおかしいですか? 電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

次の