溶連菌 大人 原因。 溶連菌感染症は大人も注意!

溶連菌感染症は大人も注意!

溶連菌 大人 原因

2006年 北里大学大学院卒 2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任 2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業 早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。 『溶連菌感染症』は、子どもだけでなく、大人も感染・発症する病気です。 お子さんが感染・発症した場合、免疫力が弱っている場合、持病を持っている場合は、発症する可能性があります。 この記事では、大人の溶連菌感染症の原因や症状、治療などについて解説します。 溶連菌感染症は大人もかかる! 溶連菌感染症は、「溶連菌」という細菌に感染することによって発症する病気のことです。 ほとんどは、子どもが発症する病気ですが、持病を持っていたり妊娠中であったりなど、免疫力が低下している場合には 大人にも感染することがあります。 大人の溶連菌感染症の症状 おもな症状は「のどの痛み」「発熱」「発疹」 のどの痛み・発熱・発疹の3つが溶連菌感染症のおもな症状とされています。 発熱は40度近くなることもあり、注意が必要です。 また、発疹は、 胸部・腹部・手足などに赤くて小さいものができ、かゆみをともなうこともあります。 子供と大人の症状の特徴に大きな差はなく、ほとんど一緒です。 溶連菌感染症は、おもに「のど」から感染する 溶連菌は、おもに「のど」から感染して、『咽頭(いんとう)炎』や『扁桃(へんとう)炎』などを引き起こします。 長い間、のどの痛みがとれず、風邪のときよりも痛みがひどい場合は、溶連菌感染症が考えられます。 舌に異変!?「いちご舌」ってなに? 体だけでなく、舌にも舌が真っ赤になる 「いちご舌」といわれる発疹の症状が出ることもあります。 舌が赤くなるだけでなく、表面がいちごの表面と同じようにブツブツしてしまうことがあるでしょう。 その他の症状は? ほかにも、度合いによって、 頭痛・腹痛・倦怠感・食欲不振などの症状があらわれることもあります。 大人の感染で多いケースは? 大人が感染するのは、以下のケースが多いです。 ・お子さんが感染・発症した場合• ・持病を持っている場合• ・健康体でも一時的に疲れや体調不良で免疫力が低下している場合• ・妊娠中の場合 3. 溶連菌感染症の感染経路 おもに「せき」や「くしゃみ」によって感染! 子どもも大人も共通していますが、溶連菌を含んだ「せき」「くしゃみ」などのしぶきを吸い込むことで感染することが多いとされています。 いわゆる 「飛沫感染」です。 この中で、A群といわれる溶連菌は、食品中でも増殖します。 そのため、感染者の「せき」や「くしゃみ」、唾液が食べ物に触れることによって、他の人へ感染することがあります。 発症が確認できている人と、 同じ箸を使うのはひかえたほうがよいでしょう。 免疫力が低下していると「合併症」の可能性も 合併症として考えられる病気は? 合併症としておもに考えられるのは、肺炎・髄膜炎・敗血症などです。 『リウマチ熱』など、関節が炎症を起こすことも考えられるほか、血尿・むくみ・高血圧などの症状が出る『糸球体腎炎』も合併症として発症する恐れがあります。 リウマチ熱と糸球体腎炎は、重症化した場合、一生つき合っていく病気になりかねないため、じゅうぶんに注意が必要です。 合併症を防ぐにはどうしたらいい? 持病がある、もともと免疫力が低いなど、特例がある場合は、とくに気をつける必要があります。 しかし、溶連菌感染症だとわかった時点で正しく治療すれば、大事に至ることはありません。 大人が溶連菌感染症にかかったら。 対処法 1. 病院は何科を受診する? 溶連菌感染症はのどからの感染症なので、 『耳鼻いんこう科』を受診するようにしましょう。 しかし、耳鼻いんこう科が近くにない場合や急を要する場合は、近くの内科や総合病院でも診てもらえます。 場合によっては、病院を紹介してもらうこともできます。 気になることがあれば、まずは早いうちに病院を受診することが大切です。 溶連菌感染症の検査方法 まずは問診で、溶連菌感染症の症状が出ているかを確認します。 発症している可能性がある場合は、のどに溶連菌が存在しているかを検査する必要があります。 のどの表面から菌を摂取して調べる 綿棒でのどの表面から菌を摂取して調べる場合、15分前後で検査結果が出ます。 これは、溶連菌感染症のみの検査ですので、 ほかののどの病気や、細菌感染について調べることはできません。 採取した菌を育てて確認する検査(咽頭培養) 咽頭培養の検査も、のどの表面から菌を摂取することは同じですが、それを育てて確認するため、 溶連菌以外の細菌やウイルスも発見できます。 しかし、培養に時間が必要であるため、結果がでるまでに数日が必要です。 さらに、検査前に溶連菌の抗菌薬を服用していると、ほとんどの場合培養ができず、正確な診断にはなりません。 溶連菌感染症の治療 抗菌薬で治療をおこないます。 抗菌薬にはいくつか種類がありますが、医師の判断に従ってください。 特に、 確実に菌がなくなるまで服用を続けることが大切です。 途中で服用を止めてしまうと、症状が悪化することや、完治しないままになってしまうことがあります。 潜伏期間と治療にかかる期間。 治療期間 抗菌薬の種類や、症状、度合いによってもちがいますが、 治療期間は5日〜2週間程度だと考えてください。 決められた期間、抗菌薬をきちんと服用することが完治を早めます。 抗菌薬を飲んで丸1日経てば、人への感染力は失われるといわれています。 しかし、当人の症状が治らないことには仕事復帰はできません。 少なくとも発熱がおさまり、発疹が出ている場は、症状がやわらぐまでは待ちましょう。 のどの痛みは一番長引きやすいですが、1週間前後でおさまってくるでしょう。 まとめ 溶連菌感染症は、おもに子どもに感染・発症する病気ですが、大人でも発症する可能性はじゅうぶんにあります。 お子さんがいらっしゃる方・免疫力が弱っている方・持病を持っている方は日ごろから気をつけましょう。 おもな症状としては、「のどの痛み・発熱・発疹」が考えられますが、まれに重症化し合併症を引き起こすこともあります。 完治するまではきちんと抗菌薬を服用し、数日間は安静にすることが必要です。

次の

溶連菌繰り返す子ども原因は?対処法は?大人がなったら?

溶連菌 大人 原因

お子さんたちの病気で「溶連菌」という病名をよく耳にすることがありますよね。 一般的には冬と春から初夏にかけて2つのピークがあるといわれていますが、他の時期にも感染しないことはないので1年中気を付ける必要がある病気です。 では溶連菌は「かぜ」ですか? 答えはYESの時とNOの時があります。 どうしてでしょう。 それは溶連菌ではなく「かぜ」という言葉の方に理由があります。 「かぜ」を教科書的な病名のかぜ症候群という意味で使えば、ウイルス性の上気道炎ということになり、細菌である溶連菌感染症ではないということになります。 しかし、皆さん(医者もそうかもしれませんが)が使っている「かぜ」という言葉は のどが痛くて鼻水が出て、咳が出て、熱が出てというように原因・病名というより症状を表して使っていることが多いですね。 このような意味での「かぜ」であれば、溶連菌も「かぜ」の一つに含まれるということになります。 実はこの「かぜ」という意味を整理して使うことが治療に関係してきます。 「かぜ」の治療に抗生物質を使うことの賛否を言われるようになってきました。 「かぜには抗生物質は効かない」という場合の「かぜ」はどちらの意味でしょう? この場合、 「かぜ」はウイルス性の病気なので抗生物質は効かない という意味で使われています。 でも「かぜに抗生物質が効いた」という経験や話を聞いたこともあると思います。 この場合はどうでしょう? もし、この「かぜ」という意味が溶連菌も含めての意味であれば抗生物質が効いたのは十分理解できますね。 溶連菌の健康保菌者??? それではノドが痛くなった場合の原因としての溶連菌はどれぐらい考えるのでしょう? 扁桃炎のうち溶連菌が原因であるのは大人で10%前後、子どもで15~30%ぐらいといわれています。 ノドが痛くなるのは扁桃炎以外でも咽頭炎、喉頭炎などありますので、もっと低い可能性ということになります。 また、溶連菌の特長として健康保菌者と考えがあります。 健康保菌者とは「溶連菌がいているのに症状が出ていない人」のとこをです。 インフルエンザやアデノウイルス感染症の場合には考え方ですね。 この健康保菌者は15~30%ぐらいいるとされています。 ですので、溶連菌の検査が陽性になっても、もしかしたら原因は別にあるかもしれない場合があるのです。 溶連菌感染症の症状は? ではどんな症状があれば溶連菌を疑うのでしょうか? 代表的な症状は38度以上の急な発熱、ノドの痛みです。 3歳未満ではあまり熱はあがらないと言われています。 そして1~2日してから体や手足に発疹が出てきたり(猩紅熱)、舌にブツブツが出てきたり(イチゴ舌)します。 腹痛や首のリンパが腫れたりすることもあります。 反対に 鼻水や咳はあまり出ないのも溶連菌の特長です。 しかし、子どもの場合は元々、鼻水や咳が出ているときに溶連菌のにかかる時も多くありますので注意が必要です。 また、周りに溶連菌の感染者がいれば、もちろん疑わないといけません。 潜伏期は2-4日と言われていますので、感染者と接触してからの日数も参考になります。 以上の症状と周囲の状況で、まずは疑います。 次にノドの発赤、特に扁桃に白い膿がついていれば、疑いがさらに強くなりますので迅速検査で診断をしましょう。 溶連菌の迅速検査 ご存知の人も多いと思いますが、綿棒でノドの菌をこすり取って行います。 当院の検査キットなら約5分で検査結果が出る簡単なものです。 Tの所に赤いラインが出れば陽性です(ちなみにCの青いラインは検査がきちんとできていることを意味します) ここでも注意点が実はあります。 それは溶連菌の死骸である死菌でも陽性になることがあるのです。 また、先ほどの健康保菌者も陽性になります。 ということは検査が陽性になっても原因ではないかもしれないということなのです。 ここで重要になってくるのが、症状とノドなどの所見になってきます。 やはり疑わしい症状や所見あって、検査が陽性になれば非常に溶連菌感染症である可能性が高くなります。 反対に熱はあるけど、ノドは痛くなかったりノドが赤くなかったりすれば溶連菌が原因ではないかもしれません。 とはいえ検査で陽性になった場合、溶連菌が原因である可能性は十分に考えなければなりませんので、治療を開始いたします。 溶連菌の治療は 溶連菌は細菌であるので、抗生物質がよく効く感染症になります。 ペニシリン系の抗生物質を使うことが多く、セフェム系の抗生物質も有効であるとされています。 また、ペニシリンンのアレルギーがある人のはマクロライド系の抗生物質を使用します。 割にどんな抗生物質も効果があるということになります。 しかし、耐性菌の出現のことを考えると多くの抗生物質を使うことは良くないとされていますので、当院ではアレルギーなどの問題がなければペニシリンを使用しています。 ペニシリンの投与は10日間が推奨されています。 少し長めの期間で、この投与期間も様々な意見がありますが、大きな問題がなければ最後まで飲み切りましょう。 ほとんどの場合、飲み始めて1~2日で解熱しますので、治療を開始後24時間経過して解熱していれば通園・通学が可能になります。 完全な除菌を目指して、症状が無くなっても最後まで薬は飲みましょう。 しかし、1-2日しても解熱しない場合があります。 これはもしかして溶連菌が原因ではないかもしれません。 ですので、当院では3-4日後に一度再診をして効果を認められれば、最後まで飲み切るようにしてもらっています。 溶連菌に尿検査は必要??? 「溶連菌にかかったら、治った後に尿検査をしましょう」と以前は当院でも尿検査を行っていましたが、最近は行っていません。 元々、尿検査の意味は溶連菌の合併症である急性糸球体腎炎の早期発見が目的でした。 ではどれぐらいの確率で溶連菌後糸球体腎炎が発症するのでしょうか?正確な報告はありませんが、小児人口10万人当たり数人とされています。 ようするに現在ではかなり稀な合併症と言えるのです。 また、検査のタイミングも難しいと考えられています。 一般的には治癒後2~3週間後に尿検査を行うのですが、残念ながらその後に発症した場合には発見につながらないことになってしまいます。 ということは何回も行わなくてはならないのです。 以上のことから尿検査の意義が低くなったとして当院では行っておりません。 しかし、急性糸球体腎炎は低い確率ではありますが合併症になりますので、 血尿などの茶色い尿が出ないか、むくんだりして体重が増えたりしないか、などを小児の場合は1か月ほどは注意しておいてください。 もう一つの溶連菌感染症に有名な合併症がリウマチ熱です。 こちらも年間の発症数が10例以下という非常な稀な状況になっています。 ですので、現在はよほどのことがない限り経過観察する状況です。 溶連菌感染症の経過をまとめてみました。

次の

溶連菌感染症で大人の症状。感染原因と治療法。仕事を休む期間

溶連菌 大人 原因

皮膚にも発疹が現れるのですが、感染して間もない場合には 発疹が出ない場合もありますので要注意です。 このために大人が感染すると風邪と間違えられてしまい、 溶連菌感染症の効果の高い薬である抗生剤を処方されないで 長引いてしまう場合もあるのです。 綿棒で喉の浸出液を拭い検査をすると 溶連菌感染症にかかっているかどうかハッキリと分かるのですが、 風邪と診断された場合にこの検査を行おうという病院はないでしょう。 そのままにしていると急性糸球体腎炎という病気になってしまい、 血尿が出てしまう場合があるのです。 溶連菌感染症と診断された場合は 溶連菌感染症はそれほど怖い病気ではありません。 通常の場合、抗生剤を処方されますが、 この抗生剤が溶連菌感染症にはよく効くのです。 きちんと指示通りに飲み続ければ、2日くらいで熱が下がり喉の痛みも取れてきます。 ここで安心して処方された薬をやめてしまってはいけません。 溶連菌は体の中に潜んでいるため、 しっかりと処方された抗生剤を使って取り除く必要があるのです。 自己判断で薬をやめてしまうことが、 溶連菌感染症をきちんと治すことができずに長引かせてしまう原因になってしまうのです。 またキチンと直さなければ腎炎へと移行して、 血尿が出るようになってしまいます。 こうしたことを避けるためにも、溶連菌感染症と診断されたら 処方された抗生剤をきちんと処方してもらった日付だけきちんと飲み続けましょう。 溶連菌感染症から急性糸球体腎炎へ 腎臓は体の中の老廃物をろ過し体外へ排出するための臓器です。 溶連菌感染症から急性糸球体腎炎へと移行してしまう理由は、 溶連菌を含んだ老廃物が腎臓の網目に引っかかり、 この網目を破ってしまい血尿を出してしまうからです。 網目が詰まり老廃物を上手に処理することができなくなるので、 血尿だけでなくむくみや吐き気といった症状もあらわれます。 こうなってしまうともう抗生剤も効かなくなってしまい、 塩分を控えた食事を摂り安静にしている他なくなってしまいます。 下手をすると透析が必要になるかもしれません。 大人であるがゆえに溶連菌感染症と診断されずに、 こうした病気へ移行する前の溶連菌感染症の段階で、 きちんと治療する必要があるのです。 溶連菌感染症をきちんと治療する 溶連菌感染症は子供に多い病気ですが、大人も移ってしまう病気でもあります。 溶連菌感染症は処方された抗生剤をキチンといわれたとおりに 飲み続けることによって完治する病でもあります。 しかし、大人の場合は溶連菌感染症を風邪と診断されてしまう場合が多く、 必要な処置が行われずに他の病気に移行してしまう場合があります。 急性糸球体腎炎へ移行してしまった場合、 血尿やむくみ、頭痛などの症状が現れるようになります。 こうなってしまうと積極的な治療方法はなく、 食事の塩分を減らして血圧を下げ、安静にするほかないのです。 このまま慢性腎炎へと移行してしまう場合もありますので、 溶連菌感染症の段階でしっかりと治療しておく必要があるのです。 溶連菌に感染しないためには日頃からウイルス除菌を心がけましょう。

次の