あわてる の 語源。 あわてる

あわてる【慌てる/周章てる】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

あわてる の 語源

【あわてる 語源】 あわてるは、漢字で「慌てる」と書きます。 また、こう書いても「周章てる」、あわてると読みます。 大いに慌てふためくことを、周章狼狽 しゅうしょうろうばい と言います。 しかし、これらの字は、後にあてられたものなのです。 あわてるは、古くは「あわつ」といって、現在と同じ、「あわてる、うろたえる」といった意味で源氏物語にも登場します。 では、この「あわ」とは何のことか? 大変驚いて慌てることを「あわを食う」といいますが、粟ではなく、泡です。 「あわを食う」は、「あわつ」から出来た言葉で、あわてるの「あわ」も、同じこの「泡」です。 泡立つとは、文字通り、泡が立つことです。 それがなぜ、あわてるになったのか? 人が溺れると、バタバタして水面に泡が立ちます。 その様子から、あわてうろたえることを、「あわたつ」 それを略して、「あわつ」となったとする説が有力です。 前回の「ことば検定プラス」.

次の

パニック

あわてる の 語源

【あわてる 語源】 あわてるは、漢字で「慌てる」と書きます。 また、こう書いても「周章てる」、あわてると読みます。 大いに慌てふためくことを、周章狼狽 しゅうしょうろうばい と言います。 しかし、これらの字は、後にあてられたものなのです。 あわてるは、古くは「あわつ」といって、現在と同じ、「あわてる、うろたえる」といった意味で源氏物語にも登場します。 では、この「あわ」とは何のことか? 大変驚いて慌てることを「あわを食う」といいますが、粟ではなく、泡です。 「あわを食う」は、「あわつ」から出来た言葉で、あわてるの「あわ」も、同じこの「泡」です。 泡立つとは、文字通り、泡が立つことです。 それがなぜ、あわてるになったのか? 人が溺れると、バタバタして水面に泡が立ちます。 その様子から、あわてうろたえることを、「あわたつ」 それを略して、「あわつ」となったとする説が有力です。 前回の「ことば検定プラス」.

次の

パニック

あわてる の 語源

【あわてる 語源】 あわてるは、漢字で「慌てる」と書きます。 また、こう書いても「周章てる」、あわてると読みます。 大いに慌てふためくことを、周章狼狽 しゅうしょうろうばい と言います。 しかし、これらの字は、後にあてられたものなのです。 あわてるは、古くは「あわつ」といって、現在と同じ、「あわてる、うろたえる」といった意味で源氏物語にも登場します。 では、この「あわ」とは何のことか? 大変驚いて慌てることを「あわを食う」といいますが、粟ではなく、泡です。 「あわを食う」は、「あわつ」から出来た言葉で、あわてるの「あわ」も、同じこの「泡」です。 泡立つとは、文字通り、泡が立つことです。 それがなぜ、あわてるになったのか? 人が溺れると、バタバタして水面に泡が立ちます。 その様子から、あわてうろたえることを、「あわたつ」 それを略して、「あわつ」となったとする説が有力です。 前回の「ことば検定プラス」.

次の