小指 ぶつけ た 痛い。 足の小指をぶつけて痛みや腫れがあったら骨折してるの?

【医師に聞いた】小指が痛い!考えられる原因は?

小指 ぶつけ た 痛い

タンスの角に小指をぶつけた! そんな時は、飛び上がるほど痛いですよね。 周りに友達でもいようものならこちらは痛くてたまらないのにドジだな~とゲラゲラ笑われ、少し殺意すら湧いてくるくらいだと思います。 、、、とこのように激痛の笑い話としてよくあるネタですが、これ案外シャレにならないかもしれません。 打撲程度だったならば、冷したり、湿布をして収まるので問題ありません。 しかしながら、もし骨折していたら笑い話では済まされません。 足の指は細い骨が多く骨折しやすいのです。 そこで今回はタンスにぶつけた、ぶつけていないに関わらず、足の指に痛みが出た場合に、骨折を簡単に確認する方法についてお伝えします。 タンスに指をぶつけた話をしたので、小指だけのように感じられるかもしれませんが、他の指でも同じですよ。 ではご覧ください。 発熱は骨折の可能性大。 解熱剤は使わない 意外と思うかもしれませんが、骨折かの確認で非常に大切なことになります。 骨折すると、骨が折れるだけでなく骨の破片などが様々な部位に散らばります。 これはそのまま放っておくとよくないので組織に吸収されるのですが、その時に発熱を起こすのです。 ちなみにこの発熱ですが、解熱薬を利用して直さない方がいいです。 無理に解熱をしてしまうと、破片などが放置され、最悪免疫反応を起こしてしまい炎症になってしまいます。 もちろん解熱鎮痛剤もだめです。 解熱鎮痛剤を飲まないほど痛いのならば、すぐに病院に行ってください。 発熱はだいたい数日でおさまります。 強い腫れも骨折のサイン。 皮膚が伸びているような腫れ方が特徴 骨折の場合には腫れが出てきます。 普通に打ちつけただけではそこまで強い腫れはでません。 しかしながら骨折の場合は強い腫れがでることが多く、放っておくと反対側の足と比べて2倍以上になっていたという方もいらっしゃいます。 さらに腫れが長く続くことも多く、何日間も腫れが続くようなら骨折を疑う必要があります。 また、皮膚が伸びているように感じられる腫れ方も、骨折の特徴です。 反対の足との違いもチェック 腫れでも少し触れましたが、反対側の足と比べて違いがあったら骨折の疑いがあります。 指がすこし曲がっている気がする。 指が太くなっている気がする。 指が短くなっている。 指がでこぼこしている。 こんな症状が見られたら、骨折している可能性があります。 この方法は安全な方法で、しかもわかりやすいので、オススメな方法です。 指を開いたり閉じたりしてみる。 ただし無茶は厳禁 比較的有効な方法です。 足の指を開いたり閉じたりしてみてください。 このときに痛みが出たり、変な音がしたら骨折している可能性があります。 なにもしないと痛みがでなくても、開いたり閉じたりすると痛みが出てくる場合も多々あります。 もし強く打ちつけて、痛みがひかなければ、必ず確認してみてください。 ただし、1つ注意があります。 それは無理してはいけないということです。 痛みが強いにも関わらず無理やり開いたり閉じたりすると、骨折だった場合に悪化させます。 患部を軽く押してみて痣とは違う痛みは骨折の可能性 これもあまり強くは押さないようにしてください。 患部を押して痛みが出たときには骨折の疑いがあります。 ただ、打撲でも押せば痛みが出るので、そこまで有効な方法ではありません。 痣の部分を押したときの痛みと違うな、と思ったら骨折を考えるような感じです。 腫れや痛みが長く続くのは骨折を疑う 多少時間はかかりますが、ある意味一番確実な方法です。 骨折の場合、打撲に比べて明らかに長く痛みや腫れが続きます。 また腫れに関しては、腫れが強いことが多いです。 もし普段の2倍以上に腫れていたら、骨折の可能性がきわめて高いので迷わず病院に行ってください。 ここまで6つの方法をお伝えしました。 注意しなくてはならないのは、これらのどれにも当てはまらなくても、骨折していることがあるということです。 普通打撲の痛みであれば数日もあれば消えてくれます。 それなのに何日も痛みが続いたら、骨折を疑って病院にかかるのが一番安全です。 病院の先生はプロですし、レントゲンという方法もあります。 タンスの角に小指をぶつけて骨折した。 これだけなら笑い話です。 でもその後に、放っておいたら治らなくなった。 これがくっついてしまったら笑い事ではありません。 タンスに指をぶつけたら骨折してる可能性がそこそこあると思っておく そこでこの心構えが大切になってきます。 ぶつけてしまったことを恥ずかしがる必要はありません。 また、小さな子供がいる場合にも注意が必要です。 子供はうっかりぶつけることも多いですし、骨も折れやすいからです。 治療に関してはだいたい全治5週間くらいが一般的です。 さて、上記にあげた骨折までなら笑い話で済むかもしれません。 でもその後に、放っておいたら治らなくなった。 これがくっついてしまった、となったら笑い事では済まされませんよね。 ですので、きちんと早めに対応しましょう。 ちなみにタンスのように家具にぶつけて骨折する方は相当多いです。 病院によっては1日に2人は当たり前という病院もあるほどです。 激痛の代名詞だけあって、本当にたくさん起こっているのです。 普段から気をつけておきましょう。 まとめ 足の指が痛いとき、骨折したかどうかを自分で確かめるには ・発熱は骨折の可能性大。 解熱剤は使わない ・強い腫れも骨折のサイン。 皮膚が伸びているような腫れ方が特徴 ・反対の足との違いもチェック ・指を開いたり閉じたりしてみる。 ただし無茶は厳禁 ・患部を軽く押してみて痣とは違う痛みは骨折の可能性 ・腫れや痛みが長く続くのは骨折を疑う ・タンスに指をぶつけたら骨折してる可能性がそこそこあると思っておく.

次の

指が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

小指 ぶつけ た 痛い

〚ああ痛い!〛と唸る程、柱の角やタンスに足の指をぶつけた時や、玄関のドアが足の指に当たっ時など、とんでもなく痛くなる事がありますね。 ついうっかりしていて、でもそんな時がたまにやってきます。 痛いだけではなく、腫れてきたり、打撲なのか、それとも骨折をしているのか、ヒビが入ってしまったのか、どうなっているのかが分かりません。 そんな時はこのまま痛みが治まるまで待っていれば良いのか、病院へ行った方が良いのか迷ってしまいますが、応急処置も含めて、私の経験も含めてお話していきまでの、参考にして頂けたらと思います。 症状の見分け方、骨折、ヒビ、打撲のどれ? まずはそれぞれの症状で、どのタイプかの見分け方です! 骨折しているかの見分け方 骨折しているかの見分け方ですが、これが一番気になるところです。 「骨折の症状?」は骨が分離するかそれに近い状態になった時で、 ぶつけた後には激痛が走ります。 そして直ぐに腫れあがってきますね。 ズッキンズッキンから始まり、患部からの発熱もあります。 1時間もすれば左右比べると1. 5倍位には腫れてきます。 痛みは最低3時間位は続いてしまいますよ。。。。 しかし、 ヒビが入ったときのように、痛みが何日もは続きません。 暫くすると落ち着いてきます。 ただ、腫れは左右くらべて倍とはいかなくても随分と腫れてきます。 青あざや内出血は1週間は続いてしまうでしょう。 骨折、ヒビ、打撲それぞれの見分け方や症状の変化をお伝えしましたが、 なかなか病院に行けない場合もありますよね。 直ぐに治れば良いのですが、打撲でも やはり腫れも引かないでずっと痛い場合もあります。 ぶつけて痛みがあるようなら、 腫れる前に直ぐ冷やすと、血管を収縮できて、腫れや内出血をなるべく少なくできます。 氷の入ったバケツや、湿布、保冷板などが良いですね。 タオルをあててから、その上にアイス板を置いてください。 そして、 安静にして、患部は動かさない、負担をかけないが一番です。 一応のこの応急処置をすることで、最悪の事態は避けられますが、それでも腫れや痛みが治まらない場合は、やはり病院で診断を受ける方が安心ですね。 応急処置には冷やすのが良いと医師に教えてもらい、ぶつけたり、ものを落として痛いと思ったら、アイスノンなどで冷やすようにしています。 骨折やヒビの場合の治療 診断を受けて骨折かヒビとわかっても、直ぐ何かの治療をするのではなく、• ギブス• テーピング などでしっかり固定して、安静にして骨がくっつくのを待ちます。 ギブスをすることで患部が床に直接触れないようになります。 無防備な足は更にぶつけたりしてしまいます。 ギブスも強力でしっかりしているタイプだと、歩いてもズレがこないので良いですよ。 骨がくっついてから(通常一か月)してから、やっと整骨院で患部の筋肉や筋などのリハビリを受けられます。 骨折すると直ぐに何かしないといけないと思いますが、• ヒビが入ってから、一か月は骨がくっつくのを待って、 それからリハビリをする という事でした。 またなるべく安静にするようにと言われました。 日本整形外科学会の「骨折の治癒期間」について引用です。 しかし、条件を整えないと、骨はつきません。 また、折れた部位や折れ方によって骨のつきやすさに差があります。 一般に、骨折部のズレが小さく、骨折部の動きが少なく、骨折部に元気な細胞が多ければ、骨折はつきやすいです。 この原則は手術する場合もしない場合も当てはまります。 中略 治療方法や骨癒合までの期間は、折れ方によって千差万別ですので、ここには書ききれません。 引用先 気を抜いていなくても転んだりすると、いとも簡単にヒビや打撲になってしまいます。 「激痛」がなければ、打撲という場合が多いようですね。 骨折やヒビになれば激痛があり、すぐに腫れてきます。 また骨折をしたり、ヒビが入った後にリハビリをしないことで、その後の治りに影響が出たりしますし、数年後に古傷が傷む場合もあります。 しばらくして落ち着いてから、しっくりこないと病院で診断を受けてリハビリを受けるのが、長い目でみると時間の短縮になると思います。 管理人は手首にヒビが入り、直ぐにリハビリに行かずに、治るまでの期間をむやみに伸ばす結果にしてしまいました。 なんとなく「しっくりしない~」とおかしいと感じるの方がいれば、それは自分の体を、ご自身が一番敏感に感じていると思いますので、時間を作って整骨院へ相談に行ってはいかがでしょうか? 参考にして頂ければ幸いです。 meringuefine.

次の

足の小指がタンスの角に当たると痛いのはなぜ? 医師が回答

小指 ぶつけ た 痛い

目 次• たんすの角に足の指をぶつけて骨折 骨への影響を軽く自覚 検索して、たんすの角にぶつけた小指の腫れが引かない場合の実際として仕入れた情報は以下の通りだ。 ・それ骨折れてるかも ・少なくともヒビくらいは入ってる ・打撲かもしれないけど、骨折の場合が多い 私は応急処置について知りたかったのだが、ここで初めて「骨折」もしくは「ヒビ」と骨への影響の可能性を知った。 まじか。 いやまさか。 たんすで骨折豆知識 ネットではたんすに小指の足をぶつけて検索までするほどの症状が出ている人は打撲よりも骨折している人が多いっぽい。 とりあえず、氷水で冷やすのが一番という情報があったのでとにかく冷やしつづけた 引用元- 結局、この日は徹底的に冷やしたあと自宅にあった湿布を貼りきつめの靴下をはいて(固定のつもり)寝た。 痛みはひどくならず、腫れも若干は引いたように感じた。 記念としての受診 そして翌日。 引き続き腫れて痛みもあるが悪化は感じなかった。 歩くと左足をかばうような歩き方にはなってしまうが立つのも苦ではなかったし、何しろ湿布を貼ったままストッキングをはいた足で予定のパンプスがはけたのだ。 引用元- 完全に折れてます 笑顔がおだやかで会話の調子も楽しいおじさん先生によると ・折れてますね ・完全に折れてます ・見事に立て割れですね ・たんすの角に足をぶつけて骨折する人、多いんですよ ・今朝も1人、たんすじゃなくて椅子だけどぶつけたって人が来ましたよ。 60代の女性かな。 その人は小指の上のところを骨折してたけど、あなたのは指の付け根だね ということで、なにしろ「てきめんに折れてる」、「足の小指の骨は折れがち」ということが分かった。 引用元- 足の指が骨折したときの症状は? 骨折をすると、とてつもなく腫れ上がり骨折箇所が黒紫色に変色します。 痛みも激しく普通には歩けません。 ひびが入っていると、箇所に触れると 【ピキーンッ】と響く様な?痺れる様な?感覚の痛みが走ります。 何もしなくてもズキンズキンと痛み、天気が悪い日などは痛みが増します。 引用元- 折った直後はある程度の痛みくらいでなんともなかったのですが 夜になると指に熱を持ち、ぶっくり腫れてドクンドクンするような 痛みがあったと記憶しています。 ちなみに「この痛みはなんだか耐え難い痛みだぞ〜・・・」に近い痛みでした。 仮に折れているとなると折れた部分がずれたままになってしまい 骨がそのままかたまってしまう、みたいなことを言われたことが・・・ 骨を元の位置にもどしてかためて、また動かせるようにリハビリする、という 形で治すようになるかと思います。 引用元- 足の指の骨折と打撲の違いは? まず足の指をぶつけた時に これは骨折なのか打撲なのかを見極めるのはかなり難しいです。 普通骨折した場合は足が地面につけれないぐらい激痛だと言われています。 また紫色に内出血をして腫れ上がります。 それも短時間に。。。 打撲も痛みと内出血を伴いますが指が動いたり比較的痛みが弱いです。 ただ骨折したことがなければ比較ができないので これは骨折なのだろうか?と不安になりますよね。 完全に指の向きがおかしいようであればポッキと骨折している可能性が高いです。 指の先は少しなら動く、内出血がある、冷やしもなかなか腫れが引かないなど症状であればポキッと骨折していなくてもヒビは入っている可能性はあります。 引用元-足の指の骨折と打撲の違いは?応急処置は?放置すると? 今日わかったこと! 症状別見分け方 簡単な症状別の見分け方です。 ただし、ひび・打撲・脱臼は外傷だけでは判断でき兼ねる部分もあるので 整形外科でのレントゲン検査をお勧めします。 俗に言うヒビですね。 打撲だと思っていたけど3日たっても痛みが治まらず初めなかった内出血がいつのまにかできていたので病院に行きました。 レントゲンの結果、そう診断されました。 ホットプレートの耐熱ガラスの蓋を 足の甲に垂直に落としたこともあります。 絶対、骨折してると思いましたが 打撲だけでした。 ヒビは動かすことによって 隙間が開いていくそうです。 固定して動かさないようにしたほうがいいです。 足の甲ですよね。 そこらあたりはシーネで固定されます。 状態によってはギプス・・・かも。 痛みが続き腫れが引かないようなら レントゲンを撮ってもらったほうがいいと思いますよ。 基本、患部を冷やせば痛みが和らぎます。 症状の度合いや患部の場所にもよりますが、そえぎに使えるものは 座布団、タオル、傘、新聞紙、木などです。 引用元- まとめ 翌日も痛む場合は軽くみないで受診した方が良さそうですね。 twitterの反応 3年前に1週間だけF1に行ってしまった知人。 疲労骨折。

次の