ルノー トゥインゴ s。 【ルノー新型トゥインゴ】5速MT「トゥインゴ S」日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

ルノー、RRレイアウト+5速MTの新型「トゥインゴ S」

ルノー トゥインゴ s

Renault・B4D 2月3日に日本仕様が発表されたルノー・トゥインゴS。 単なるMT仕様かと思ったらエンジンが変更されていた。 果たして何が載せられているのか。 ルノー・ジャポンはマニアの心をよくわかっていて、時折「そうなんだよ、ありがとう」というクルマを急に輸入する。 今回のトゥインゴSもまさにそんなクルマで、「自然吸気1. しかし日々新車情報に慣れた身、「はいはいMT仕様ね」なんて思っているにとどまっていたのだが、そうしたら「なんか登場時のNAエンジンと数字が違う」と編集長Devilが言うではないか。 そんなことあるかいなと調べてみると、自分が把握していたH4D型と全然スペックが異なっていた。 排気量999cc/内径72. 3mmというのが慣れ親しんだH4D型の数値。 それが997cc/71. 0mmに変わっていた。 型式はB4D。 完全にノーマークのエンジンである。 H4D:排気量999cc 内径72. 3mm B4D:排気量997cc 内径71. 0mm B型と聞いてまず考えたのが日産/三菱自が軽自動車用として搭載するBR06型である。 あのエンジンもルノーBR08型の内径を縮小して仕立てた659ccエンジンで、62. 2mm。 これをベースに仕立てたものかと想像した。 BR08型自体はルノー/日産が新興国向けに仕立てたエンジンで2013年の発表。 そう考えると「新エンジン」というよりは新バリエーションという意味合いが強くなる。 しかしもう少し調べてみると、どうやらこのB4D型エンジンはルノー以前にルーマニア・ダチアブランドですでに搭載されているエンジンのようで、2016年のダチア・サンデロに搭載されたのが初出の模様。 当時のリリースを見るとルノーから新たに供給を受けた旨が記されている。 とはいうもののダチアブランドの各車はFFであるはずで、トゥインゴのフォーマットに合わせ込むには相当の力技が発揮されたはず。 そのように考えればもはや新エンジンといって差し支えないだろう。 SCe73あるいはSCe75のペットネームが与えられている。 最大トルクもH4Dの91Nmに対して95Nmと増強された。

次の

ルノーの「トゥインゴS」が笑っちゃうほど理解不能!ポルシェ「911」と真逆の方向性

ルノー トゥインゴ s

ルノーが、ブランドのエントリー「トゥインゴ(TWINGO)」の新モデルを発表しました。 乗りやすさと走りにこだわったルノー新型トゥインゴについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。 7kgm)と5速MTを組み合わせ搭載。 これにより車重は950kgとなり、これまでラインナップされていた「トゥインゴ EDC」の1020kg、「トゥインゴEDCキャンバストップ」の1040kgより軽快な走りを楽しむことができるように。 また、燃費値も「トゥインゴ EDC」のWLTCモード値16. その他、トゥインゴSは装備に、専用15インチホイールカバー、ミラーリング機能により7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスできる「EASY LINK(イージーリンク)」を搭載。 ボディカラーはベースモデルと同じく5色を用意。 価格は179万円とされ、トゥインゴのエントリーモデルとなっています。 限定車「トゥインゴ・ルコックスポルティフ」を設定。 新デザインを採用した「トゥインゴキャンバストップ」を設定。 新設計されたエクステリアデザインを採用• ボディカラーに新色を設定• Apple CarPlay、Android Autoに対応した新しいインフォテイメントシステムを採用• スマート「フォーフォー」とプラットフォームを共有し、駆動方式をFFからRRに変更• 3ドアから5ドアに変更• 3mを実現• トランスミッションに、5速MT、6速EDC(エフィシエント・デュアルクラッチ)をラインナップし軽快な走りに• オープンループの「トゥインゴキャンバストップ」を設定 ルノー・トゥインゴは、ブランドのスーパーコンパクトとしてラインナップされ、そのデザインや軽快な走りが人気になっています。 現行モデルは2019年8月に最新のデザインを採用するなど、ビッグマイナーチェンジが行われています。 フロントバンパーサイドから取り入れた空気がフロントのタイヤハウス内を通過することで、空気抵抗が低減されています。 新設計されたヘッドライトにはC字型LEDが採用され、デイタイムランニングライトのほか、ターンシグナルとしても機能するようになっています。 サイドでは、左リアフェンダーにRRレイアウトを採用するエンジンルームに空気を供給するエアインテークが追加されました。 リアはバンパーにクロームアクセントを採用し、エアアウトレット状のデザインを廃することでシンプル化。 ワイパーのすぐ下のガラステールゲートにはハンドルを追加することで、使い勝手もアップされています。 前モデルでは、1ラインのグリルや大きな開口部を持つバンパーなどにより軽快さがイメージできるようになっていましたが、新型トゥインゴでは都市部での乗りやすさで選ぶ幅広いユーザーに向けてスタイルが変更されています。 ジョンマンゴー• ブルードラジェ• ヴェールピスタッシュ• ブランクリスタル• ルージュフラムメタリック【オプション】 ルノー新型トゥインゴには、全5色のボディカラーが設定されています。 このうちジョンマンゴーは新色、ルージュフラムメタリックは4万円高のオプションカラーとなっています。 限定車は、スポーツウェアなどで有名なフランス「ルコックスポルティフ」とのコラボレーション第2弾として制作。 第1弾で好評だった外装色「ブラン クオーツM」と、シックな色合いの「グリ リュネールM」の2色をボディカラーにラインナップしています。 これらのボディカラーに専用サイドストライプデカール、ルージュドアミラー、専用16インチアロイホイールなどのスポーティなアイテムを採用。 装備には、前席シートヒーター、バックソナー+リアカメラ、4スピーカー+サブウーファーなどが搭載されています。 新型トゥインゴ・ルコックスポルティフは、2020年1月30日から3月4日まで予約を受け付け。 販売台数はボディカラー各色100台、合計200台の限定、価格は214万円となっています。 ホイールベース:2490mm• 車重:1020kg(1Lエンジン&5速MTは950kg)• 上位モデルのルーテシアから450mm短縮した全長が特徴になっています。 このサイズは、全長3400mm以下とされている軽自動車より若干大きいですが、取り回しが重視されたコンパクトサイズになっています。 新型トゥインゴではタイヤが車体端となるようにホイールベースを広げることで、広い室内空間を確保しています。 新装備!ルノー新型トゥインゴの内装(インテリア)デザイン ルノー新型トゥインゴの内装は、新しい装備やデザインにより魅力がアップされました。 インテリアは、ブラン(白)のインテリアとライトグレーのシートで統一。 インパネにはスマートフォンのミラーリング機能「EASY LINK」機能を持つ7インチタッチスクリーンを装備。 EASY LINKは「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応し、スマホの各種機能を使うことができるほか、「Siri」や「Googleアシスタント」を利用した音声操作にも対応しています。 新型トゥインゴではその他、センターコンソールにポケットタイプの収納スペースを加え、USBポート(2か所)とAUX入力端子も採用。 「ECOモードスイッチ」「ストップ&スタート機能OFFスイッチ」もレイアウトして使い勝手がアップされています。 室内サイズは車体設計を煮詰めることで最大限拡大され、後席の足元空間やラゲッジ容量を大きく確保。 後席だけでなく助手席もシートアレンジに対応することで、長尺の荷物を積載することもできるようになっています。 7kgm トランスミッション:5速MT• 【トゥインゴEDC】 直列3気筒0. 8kgm トランスミッション:6速EDC(デュアルクラッチ)• 駆動方式:RR ルノー新型トゥインゴには、1Lガソリンと0. 9Lターボエンジンが設定されています。 9Lターボエンジンは、排気量をダウンしながらも効率の良いターボを組み合わせることで、低回転域から力強い走りを発揮。 リアにエンジンを搭載し駆動するRRレイアウトにより、後部を沈めグリップ力をあげる独特の乗り味に。 トランスミッションは、1Lエンジンに5速MT、0. 9Lターボエンジンには瞬時に変速を完了する6速デュアルクラッチ式が採用され、キビキビとした走りを楽しむことができるようになっています。 ルノー・トゥインゴを試乗動画でチェック! ルノー・トゥインゴは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。 軽快な走りや使い勝手の良さが、高く評価されています。 パワートレイン:電気モーター• 最高出力:82ps• 最大トルク:16. 3kgm• バッテリー:22kWhリチウムイオンバッテリー• 航続距離:180km• 充電時間 ・230Vソケット:約4時間 ・22kW急速充電器:約60分(80%まで) ルノー新型トゥインゴには、完全電動パワートレインを搭載する「トゥインゴZE」の設定が発表されています。 新型トゥインゴZEは、「ZE」が「ゼロエミッション」を表し、22kWhのバッテリーを搭載することにより、航続距離は180kmを確保。 充電時間は、230Vのソケットで満充電まで約4時間、22kWの急速充電器で80%まで約60分とされ使いやすくなっています。 新型トゥインゴZEは2020年後半の発売が予定され、電動化をすすめるルノーの新しいラインナップとなります。 1Lガソリン:19. 9Lターボ:16. 出力を高めた0. 9Lターボエンジンでも16. 新機能!ルノー新型トゥインゴの安全装備は? ルノー新型トゥインゴの安全装備には、新機能が追加されました。 システムには、フロントカメラにより車両前方の白線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合にアラーム音で注意を促す「車線逸脱警報(LDW)」を新採用。 また、走行中にタイヤ空気圧が低下するとメーターパネル内の点灯でドライバーに異常を知らせる「タイヤ空気圧警報」も装着することで安全性を向上。 システムにはその他、坂道での後退を防ぐ「ヒルスタートアシスト」や、バックソナーセンサーも装着。 運転席&助手席エアバッグに加え、前席頭部保護機能付のサイドエアバッグも標準装備されています。 トゥインゴ EDC(0. トゥインゴキャンバストップ(0. オープンモデルのトゥインゴキャンバストップも、210万6000円とアップ幅が抑えられ、選択しやすくなっています。 ZEN MT:171万円• INTENS:189万円• INTENSキャンバストップ:199万円• GT(MT):229万円• GT(EDC):239万円 ルノー新型トゥインゴの発売日は? マイナーチェンジしたルノー新型トゥインゴは、2019年3月に開催されたジュネーブモーターショーに出展され、日本でベースモデルが2019年8月22日、キャンバストップが12月5日、5速MTを採用するトゥインゴSが2020年2月3日に発売されました。 ルノーは、エントリーモデルの新型トゥインゴの質感を引き上げることで、幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。 初代と2007年に発売された2代目共に、フロントにエンジンを搭載したFFレイアウトの3ドアのみがラインナップされました。 しかし、本国で2014年、日本で2016年に登場した3代目の現行モデルは、RRレイアウトの5ドアモデルのみに変更。 現行モデルの開発はルノーが打ち出した計画にメルセデスが賛同したため、メルセデス・ベンツ傘下のスーパーコンパクトブランドであるスマートの「フォーツー」「フォーフォー」と基礎を共有。 ルノーが主導し、ルノー製の直列3気筒エンジンが搭載されています。 RRレイアウトの採用により、前モデルと比較して全長を100mm短縮しながらも室内長を130mm延長され、スーパーコンパクトモデルの使い勝手をアップしたことで人気モデルになっています。 新型ルノー・トゥインゴについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

Renault Japon

ルノー トゥインゴ s

「パリが仕立てたコンパクトカー」と銘打つトゥインゴが初マイナーチェンジを敢行。 その内外装は従来型の魅力を受け継ぎつつ、細部を最新モードにアップデート。 さらに、実用的にして個性派というキャラクターには一層の磨きがかけられていた。 内外装は少しオトナなテイストをプラス! 上陸以来、日本ではフランス生まれであることをアピールする狙いから、パリとの繋がりが強調されてきた現行トゥインゴ。 実際、そのキャラクターは合理性が優先されるコンパクトカーの中にあってもエッジが立っていて、多くの人に「パリが仕立てた」という主張を実感させる出来映え。 さらに、ボディ形態が先代までの3ドアから使い勝手の良い5ドアとなったことで多様なニーズに対応。 かつてはニッチの典型だったが、いまや日本ではカングーと並ぶルノーの主力車種に成長している。 荷室下には、49度傾斜させた0. 9Lターボユニットが収まる。 その他、細かい部分では前述の変更に合わせてサイドストライプをドット柄にしたほか15インチのホイールも意匠をリニューアル。 また、スポーティなGT(こちらは従来型が現役を続行中)にならい左リアにエアインテークが装備されたことも、RR駆動の独自性を演出する意味では有効なアップデートといえそうだ。 一方、ホワイト系の明るい色調でまとめられたインテリアでは新採用となる7インチタッチパネルが目を引く。 当然スマホとの連携が可能で、タッチパネルから各種機能にアクセスできるほか音声による操作もできる。 接続はブルートゥースだけでなく、新デザインのセンターコンソールに追加された2つのUSBポートからも可能、という具合に細部の使い勝手もしっかり煮詰められた。 走りに関わる部分は、車線逸脱警報とタイヤ空気圧警報が装備された以外に公式なアナウンスはない。 パワートレインは、0. 9Lの3気筒ターボ+6速DCTの組み合わせで、従来型と比較すると参考値というパワーが2ps上がっている程度。 車重は従来型の上級グレードであるインテンス比で10kg増加したが、動力性能は相変わらず必要にして十分というところだ。 以前試乗した印象からすると、試乗車はDCTの制御やアクセル操作に対するレスポンスが多少だがマイルドになった感がある。 その結果、たとえば低速で這い回るような場面では扱いやすさが向上する一方、コンパクトカーらしい歯切れの良い感覚は少しだけ薄まった。 とはいえ、本来の役どころを思えば試乗車の味付けが正解であることは明らかだろう。

次の