グランメゾン東京 フル。 日曜劇場「グランメゾン東京」|最終回のあらすじネタバレ感想【三つ星獲得!】

日曜劇場『グランメゾン東京』|TBSテレビ

グランメゾン東京 フル

「グランメゾン東京」 第11話(最終回)のあらすじ ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。 突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。 一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 その矢先、ついにある事件が起きてしまう… そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。 果たして「グランメゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!? 「グランメゾン東京」|第11話ネタバレ それではグランメゾン東京第11話最終回のネタバレです。 丹後シェフの誠実さに江藤救われる! 江藤:どうして? 丹後:柿谷から連絡もらったんです。 江藤:私を笑いに来たんですか? 丹後:全部、失くしたときの気持ちは俺も知ってる。 パリで失敗したとき、誰もいなくなったガラーンとした店に、あなたが来てくれたときのことを今でも覚えてる。 今度は、俺が救ってやる! 江藤:丹後シェフ・・・ 江藤にgakuを追い出された丹後が、江藤を救うために戻ってきました。 辛いときに救われた恩を忘れず、本当に困ったときに助けにきてくれた丹後シェフは、本当にカッコよかったです! 丹後シェフのおかげで江藤も心を入れかえ、誠実な対応をするようになりましたね。 誠実さは人の心に届き、人の心までも変える!ことを教えてもらえました。 倫子、魚料理完成!『はたのロティ・ノアゼットワンショア』 相沢:意識を吹っ飛ばされるような迫力がある! 京野:倫子さん、あなた本当にすごい料理人です! 尾花は、感激の涙を浮かべていました。 倫子シェフが自分で考え、自分で作った魚料理のメニューが仲間たちに認められた瞬間でした。 ・・・がまだ尾花は倫子にOKは出していません。 尾花の言葉に心を動かされたリンダは・・・ あとマジでヤバかったと感じたところその1、リンダさんと尾花さんの絡み、これ海外ドラマやん?!?!?!ってくらいオシャレすぎ2人ともクールすぎばりヤバすぎたし無理すぎ完全に木村拓哉しか出来ひんやつありがとう — ヌヌヌ子 nnnnnnnunu リンダ:私は自分の舌に嘘をついてことは一度もない。 尾花:だったら、もう一度食べに来いよ! リンダ:行かない! 尾花:逃げんなよ。 怖いんだろ! リンダ:何言ってんの。 尾花:うちの料理食べんの。 今までで最高! その感動を味わいたくてフーディたちは世界中を旅する。 でも、少しずつハードルが上がっていって、いつの日か何を食べても心が動かなくなってんだろう!自分のベストを超えられなくなってる。 もう一度、経験したくないか?あの興奮を?美食を極めたリンダが人生で最高のフルコースを出す!だから、頼むリンダ。 リンダ:あなたこそ、随分必死ね。 尾花の説得で、リンダがグランメゾン東京のフルコースを食べてくれましたね。 そして、ミシュランの調査員にも来てもらうことができました。 審査をうけることができて本当に良かったです! グランメゾン東京のフルコースに感動の涙!? グランメゾン東京三ツ星を獲得するために開発したメニューを食べたリンダ。 遠くをみつめながら流した涙はとても美しかったです。 リンダの人生で最高のフルコースに出会えた喜びと、今後の自分の未来をみつめて流した涙だったのでしょうか? 倫子の「グランメゾン東京のフルコースは旅をしてでも、食べる価値があるでしょうか?」という問いかけに「ある」と答えたリンダがとても印象的でした。 三ツ星獲得の瞬間.

次の

グランメゾン東京4話の動画を無料でフル視聴する方法!パンドラは?

グランメゾン東京 フル

』、 現在放送中の 『』『』『』『』などの人気ドラマに加え、 『』『ノーサイド・ゲーム』といった近年の話題作、 『』『水曜日のダウンタウン』などの人気バラエティ番組も見放題になっています。 そのうえParaviのような動画配信サービスは様々なデバイスに対応しているので 「テレビの前に座っていなくてもドラマが視聴できる」のも嬉しいポイント。 キッチンにタブレットを置いて料理を作りながらドラマを楽しんだり、 待ち時間の長いお店でも、スマホで番組を観ながら待てばあっという間に時間が過ぎたり、 様々な場所・タイミングで充実度の高い時間を過ごせることは間違いありません。 時間を有効に活用したい、テレビが観たいのにゆっくり観る時間がない人にこそ活用して欲しいサービスです。 ご安心ください。 いろんな端末で楽しみたい! Paraviは2018年4月からスタートした比較的新しい動画配信サービスです。 TBS・日本経済新聞社・テレビ東京・WOWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社が共同出資したプレミアム・プラットフォーム・ジャパン (PPJ) が運営しています。 Paraviのメリット・デメリット 以下はParaviのメリットをデメリットをまとめた表です。 衛星放送のWOWOWも運営に参加しているためWOWOWのオリジナルドラマも観ることができるのですが、このオリジナルドラマがおもしろくてクオリティの高いものが多くなっています。 また、WOWOWのドラマは 地上波のドラマではできないような重厚なテーマのドラマが多く見応えのあるものが多いといった特徴もあり、これも国内ドラマファンにParaviをおすすめしたいポイントの一つです。 ただし一方では、国内ドラマ以外のコンテンツが充実していない…などの弱点があるのも事実。 なので、 無料体験後パラビに継続して加入するかどうかは、 国内ドラマが好きかどうかで検討してみると良いかもしれません。 料理に人生をかけ、その才能でパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得する。 カリスマシェフともてはやされ自信が慢心に変わる一方で、どうしても三つ星に手が届かず、プレッシャーに苦しみ、壁にぶつかる。 そんな時、店である重大事件が起こり、店も仲間も全て失ってしまう…。 どん底まで落ちた彼だったが、ある女性シェフと出会い、もう一度シェフとして生き直そうと決意。 世界最高の三つ星レストランを作り上げることを目標とする。 そのために最高のスタッフを集めようとするが、かつての仲間に拒絶されたり、新しい才能の持ち主を見つけてもうまくいかなかったり… 空回りし衝突しながらも、再起することを諦めない。 他人に無理難題を突きつけ振り回しつつ自分もそれ以上を目指す、そんな彼の姿を見て、周囲の人々の態度も少しずつ変わっていく。 果たして彼は三つ星レストランの称号を得ることが出来るのか?木村はプロ級の料理の腕前を持つことでも知られる。 そのこだわりにも注目だ。 そして、木村が演じるシェフとともに三つ星を目指す女性シェフを演じるのは鈴木京香。 木村と鈴木は2007年放送の日曜劇場『華麗なる一族』以来12年ぶりのタッグとなる。 鈴木が演じるフランス料理のシェフは、何度も星に挑戦するも失敗。 料理人としての限界を感じ失意の底にいたが、木村演じるシェフと出会い 「星を取らせてやる」 と言われ、一緒にレストランを立ち上げることに。 彼からの無理難題に振り回されながらも、料理人としての彼を尊敬し、また、料理人としての自分自身を見つめなおしていく。 本作はフランス・パリの三つ星レストランでの撮影も予定している。 三つ星を獲得しているのは、パリでは9店のみ。 その希少な店舗で日本のテレビドラマを撮影するのは前例がなく、ミシュランガイドの協力で実現した。 ぜひお楽しみに。 (引用: 公式サイト) 『グランメゾン東京』登場人物・キャスト・相関図• 尾花 夏樹 おばな なつき … 木村拓哉• 早見 倫子 はやみ りんこ … 鈴木京香• 平古 祥平 ひらこ しょうへい … 玉森裕太 Kis-My-Ft2• 芹田 公一 せりた こういち … 寛 一 郎• 蛯名 美優 えびな みゆ … 朝倉あき• 松井 萌絵 まついもえ … 吉谷彩子• 峰岸 剛志 みねぎしつよし … 石丸幹二• 柿谷 光 かきたに ひかる … 大貫勇輔• 丹後 学 たんご まなぶ … 尾上菊之助• リンダ・ 真知子 まちこ・リシャール … 冨永 愛• 久住 栞奈 くずみ かんな … 中村アン• 江藤 不三男 えとう ふみお … 手塚とおる• 相沢 瓶人 あいざわ かめひと … 及川光博• 京野 陸太郎 きょうの りくたろう … 沢村一樹 『グランメゾン東京』全話あらすじネタバレまとめ [ 第1話 ]手長エビのエチュベ 10月20日 放送分 舞台はパリ。 フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。 彼女は、料理人としての人生をかけてフランスにきていた。 そんな中、ある一人の男と出会う。 聞けば、昔ランブロワジーで働いていたから好みが分かるというのだ。 その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく。 その男こそが、パリで二つ星を獲得し、三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。 しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。 その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中、再び尾花と出会う。 そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに、倫子は思わず涙をこぼした。 その時、尾花は倫子に突然、一緒に店をつくらないかと提案する。 (引用: 公式サイト) [ 第2話 ]ナスのプレッセ 10月27日 放送分 オープンに向けて準備を進める「グランメゾン東京」。 だが早速大きな壁にぶちあたっていた。 開店に必要な資金5000万を用意しなくてはいけなかったのだ。 倫子(鈴木京香)と京野(沢村一樹)は銀行にかけあうが、断られ続ける。 一方で、尾花(木村拓哉)はそんなことお構いなしにメニュー開発に没頭していた。 そんな彼らの動向を掴んだ「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)は冷笑するが、過去の尾花を知る丹後(尾上菊之助)だけは警戒を強めていた。 尾花たちは、次の作戦として、名声のある相沢(及川光博)に手を借りにいくが、シングルファザーで娘を育てていることもあり、オファーを断られてしまう。 窮地の中、京野はある秘策を思いつく。 それは、「gaku」の時に懇意にしていた城西信用金庫の融資担当・汐瀬(春風亭昇太)に相談すること。 それを聞いた尾花は汐瀬に最高の一品を作るから食べてくれと直談判する。 はたして汐瀬が納得する一皿はできるのか? (引用: 公式サイト) [ 第3話 ]鹿肉のロティとコンソメ 11月3日 放送分 尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)は、「グランメゾン東京」のメインディッシュになる肉料理に挑んでいた。 しかし、納得できる食材でメニューを作り出せずに悩んでいた。 そんな折、京野(沢村一樹)は、パリにいる編集長のリンダ(冨永愛)から参加店の選定を任されたというフードライター・栞奈(中村アン)の紹介で、農水省と世界的な人気雑誌「マリ・クレール ダイニング」のコラボ企画による鹿肉を使ったジビエ料理のコンクールにエントリーすることを決める。 最初は乗り気ではない尾花だったが、丹後(尾上菊之助)率いる「gaku」が参加することを聞き、やる気になる。 ついに直接対決か?と思われたが、「gaku」のオーナー・江藤(手塚とおる)が、メイン食材となる鹿の上質な部位であるロースを市場から買い占めてしまい、尾花たちは絶体絶命のピンチに陥る。 そんな中、相沢(及川光博)から、伝説のジビエ猟師・峰岸(石丸幹二)の存在を聞かされた尾花と倫子。 上質な肉を求め、早速彼のもとへと向かうが、頑固な職人の峰岸に門前払いされてしまう。 「gaku」とは雲泥の差の食材を使い、どう料理を作るか…尾花は必死に向き合う。 しかし、迫り来る期日…ついにコンクールの日を迎えてしまう。 不利な状況でも「グランメゾン東京」は「gaku」に勝つことができるのか!? (引用: 公式サイト) [ 第4話 ]モンブランアマファソン 11月10日 放送分 いよいよプレオープンを迎えることになったグランメゾン東京。 だがそこに急遽、「マリ・クレール ダイニング」の編集長・リンダ(冨永愛)がくることに。 彼女は世界的にも名声が高く、彼女の評価一つで店の今後が決まってしまうほどの影響力があった。 やる気を燃やす尾花(木村拓哉)に対し、緊張と不安が高まる倫子(鈴木京香)。 そんな中、尾花は突然、デザートを作り直すと言い出す。 コースの最後を締め括るデザートはとても重要で、リンダを納得させるためには完璧なものを目指さなくてはいけない。 さっそく尾花と京野(沢村一樹)は、祥平(玉森裕太)の働くホテルに向かう。 そこで尾花がスカウトしたのは、萌絵(吉谷彩子)だった。 萌絵はさっそく試作品を作るが、尾花と倫子は却下する。 萌絵と尾花はそれぞれ栗を使ったデザートを作り、どちらがおいしいか対決することに。 その話を聞いた祥平は、萌絵のデザート作りを手伝う…。 刻々と近づくプレオープン。 尾花たちはリンダが認めるデザートを完成させることができるのか? そしてグランメゾン東京は無事オープンを迎えることができるのか!? (引用: 公式サイト) [ 第5話 ]アッシパルマンティエ 11月17日 放送分 3年前のナッツ混入事件について、リンダ(冨永愛)が書いた記事がもとで、記者からの直撃取材を受ける尾花(木村拓哉)と倫子(鈴木京香)。 記事は、尾花の過去についても大々的に書かれて、炎上してしまう。 そして、ついに迎えた『グランメゾン東京』オープン当日。 しかし、前日までいっぱいだった予約はすべてキャンセルという最悪の滑り出しに。 オープンして、すぐに閉店の危機。 そんな中、尾花は余った食材でフードフェスに出店することを提案する。 店に人が来ないのであれば、自ら外に売り出しにいくことで、お客さん誘導に繋げようと考えたのだ。 そして、そこに強力な助っ人が加わった。 祥平(玉森裕太)だ。 祥平は、美優(朝倉あき)の父・西堂(岩下尚史)から、「グランメゾン東京」に融資した際のことを咎められたこともあり、尾花のもとを訪ねていたのだ。 全員で、力を合わせてフェスに向けた料理開発に挑む。 はたして、尾花たちは失った信用を取り戻し、顧客を獲得することが出来るのか…?! (引用: 公式サイト) [ 第6話 ]鰆のロースト 水晶文旦のソース 11月24日 放送分 祥平(玉森裕太)が丹後(尾上菊之助)のいるgakuに入ったことを知り、戸惑う京野(沢村一樹)と相沢(及川光博)。 しかし、尾花(木村拓哉)は強力なライバルの出現を楽しんでいるかのようだった。 そんな中、今年度のトップレストラン50の表彰式が東京で行われることに決定。 その頃、丹後と祥平も魚料理の新メニューに取り組んでいた。 一方、グランメゾン東京のスタッフに栞奈(中村アン)が志願し加わることに。 着々とチームが出来上がる中、江藤(手塚とおる)から金を受け取って内部情報を流していた芹田(寛 一 郎)はただ一人、取り残された気持ちになっていた。 いつまでも料理を作らせてもらえない怒りから、芹田は店を辞めると告げる。 暗雲漂う中、グランメゾン東京は、果たして新メニューを完成させることができるのか!? (引用: 公式サイト) [ 第7話 ]ガレットシャンピニオン 12月1日 放送分 ついに幕を開けたトップレストラン50の発表セレモニー。 相沢(及川光博)は並々ならぬ覚悟で迎えていた。 というのも、発表の一週間前に、失踪していた妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が突然『グランメゾン東京』を訪れ、娘のアメリー(マノン)をパリに連れて帰ると言い出したのだ。 アメリーを引き止める条件は、グランメゾン東京がトップ10を超えること。 尾花(木村拓哉)も気合が入っていた。 なぜなら、10位はかつてエスコフィユが獲得した最高ランクだったからだ。 そんな中、尾花は、相沢のためにあることを思いつく。 一方、丹後(尾上菊之助)と祥平(玉森裕太)も日本トップを取るために、力を尽くしていた。 こうして、それぞれの料理人が想いを込めて挑んだ戦いに、いよいよ決着の瞬間が訪れようとしていた。 壇上のリンダ(冨永愛)によって次々と読み上げられていくランキング。 果たして『グランメゾン東京』の順位は?! (引用: 公式サイト) [ 第8話 ]ビーフシチュー 12月8日 放送分 京野(沢村一樹)が、倫子(鈴木京香)に告白した翌日、尾花(木村拓哉)が音信不通になってしまう。 周りの心配をよそに、夕方に戻ってきた尾花が連れてきたのは、彼の料理の師匠・潮卓(木場勝己)だった。 彼の娘の凪子(伊藤歩)に頼まれ、退院する潮を迎えに行っていたのだという。 尾花は、潮に店の料理を食べてもらおうとするが、ほとんど手をつけず途中で怒って帰ってしまう。 帰り際に、一番の問題は京野にある、とだけ言い残して…。 倫子たちは原因を探るべく潮の店に行く。 そこでお店定番のビーフシチューの美味しさに衝撃を受ける。 そんな中、尾花は潮の様子に異変を感じ…… (引用: 公式サイト) [ 第9話 ]白子のポッシェ 12月15日 放送分 栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。 そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書にある違和感を抱く。 一方、ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。 倫子(鈴木京香)は、コース料理をリニューアルすることを決める。 同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。 その頃、「gaku」で働く祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてくる。 3年前のアレルギー事件について、真犯人を見つけたという。 そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれてしまう…。 (引用: 公式サイト) [ 第10話 ]キジバトのドゥミ・アンクルート 12月22日 放送分 尾花(木村拓哉)はリンダ(冨永愛)の告発によって「gaku」を去ることになった祥平(玉森裕太)を「グランメゾン東京」に誘う。 店に迷惑がかかるからと断る祥平だったが、京野をはじめとした店のメンバーは、ある方法を思いつく。 一方、丹後(尾上菊之助)は、まもなく始まるミシュランの審査のプレッシャーからメニュー開発に行き詰まる。 そんな丹後を見て、江藤(手塚とおる)はある計画を推し進めるのだった。 それぞれの店で大きな変化を迎える中で、迫るミシュランの審査。 着々と新メニュー開発に取り組む尾花は、ある大きな決断を下す! はたして三つ星を取れるメニューは完成するのか!? (引用: 公式サイト) [ 第11話 最終話 ]マグロ 12月29日 放送分 ミシュランの審査が近づき、「グランメゾン東京」の新メニュー開発は大詰めを迎えていた。 口論した末に、尾花は「スーシェフを辞める」と告げるのだった…。 突然の発言に動揺する中、倫子も魚料理を作り、美味しい方をメニューに加えようと提案する。 一方、丹後(尾上菊之助)がいなくなった「gaku」は、新しいシェフ・結月(馬場徹)の傍若無人な振る舞いで店はボロボロになっていた。 その矢先、ついにある事件が起きてしまう… そして、いよいよ運命のミシュランの審査が始まる。 果たして「グランメゾン東京」は、三つ星を獲得する事はできるのか!? (引用: 公式サイト) 『グランメゾン東京』主題歌情報.

次の

日曜劇場『グランメゾン東京』|TBSテレビ

グランメゾン東京 フル

VODとは、ビデオ・オン・デマンド Video On Demand の頭文字です。 視聴者が観たい時に、スマホなどモバイル端末やPCなどで、様々な映像コンテンツを視聴できるサービスです。 電子レンタルビデオとも言われています。 グランメゾン東京をParaviで無料視聴する 『グランメゾン東京』の動画を無料で視聴するためには、Paraviの 無料体験に申し込みます。 Paraviでは、初回登録に限り 2週間の無料体験を実施しています。 Paraviに会員登録後2週間は、月会費を無料( 月会費1,017円(税込))になり、見放題作品を何話でもみることができます。 財布からお金が出ていかないのに、好きな時間に好きな場所で、何度も見ることができるチャンスなんて、そうそうありません。 独占配信の動画が多く配信されている Paraviは、TBSやテレビ東京、WOWOWが運営しているVODなので、TBSやテレビ東京の新作や旧作のドラマが他のVODより多く配信されています。 最近では、TBSで放送されるドラマは、Paraviで独占配信されることがほとんどです。 『凪のお暇』や『Heaven? 極楽レストラン』なども独占配信の作品です。 無料期間中に解約したあと、再び登録したときには、すぐに課金されますので、ご注意ください。 無料の見逃し配信について VODは、地域を選ばずに、配信作品を見れるのでとても便利です。 ですが、登録する手間や会費が必要になります。 そんな手間をかけずに、すぐに見逃し動画を見れるのは、 TVerです。 TVerは民間テレビ放送が協力して、見逃し動画を配信しているサイトです。 ですから、TVerでは動画を安心して見ることができます。 ただTVerは 見逃し配信だけしか見れません。 見逃し配信は次の放送が始まるまでの配信です。 次回の放送が始まってしまうと、みることはできなくなります。 なので、TVerで見逃し配信を見たい方は、放送終了後から次回の放送開始までに必ず見てください。 TVerのリンクを置いておきますので、利用したい方はどうぞ。 違法動画サイトには気をつけて! ところで、最近ではPCやスマホで気軽に無料で動画が見れます。 Paraviは有料動画サイトなので、月額料金【1,017円(税込)】を払う必要があります。 見たいドラマだけだからと、無料動画投稿サイトで動画を探してしまう経験がある方は多いと思います。 無料動画投稿サイトは登録しなくても良いので、視聴するハードルも低いですよね。 ですが、無料動画投稿サイトにアップされているテレビで放送された作品は、 違法動画になります。 違法動画を見ることは、作品を作った人ではなく、アップロードした人に広告収入が入ることになります。 さらに、違法アップロードが野放しにされているサイトでは、コンピュータウイルスへの対応もきちんとしていない可能性が高いです。 端末がハッキングされたり、使えなくなってしまったり、個人情報が盗まれてしまうかもしれないです。 そうなると、 ウイルスに対応するために、 余計なお金や時間を使わなければ いけなくなるかもしれません。 グランメゾン東京とは ドラマ『 グランメゾン東京』は、 2019年10月20日21時からスタートした木村拓哉さん主演のドラマです。 オリジナルの脚本で、木村さんが演じるのは、天才シェフの尾花夏樹です。 ストーリーは、主人公の尾花夏樹と早見倫子の出会いから始まります。 尾花夏樹と早見倫子は、フレンチレストランとして、東京で初めて三星を取るレストランを作るため手を組みました。 この2人がそれぞれの夢を叶えるため、一緒にレストランを立ち上げ奮闘していきます。 そんな 大人の青春ストーリーです。 グランメゾン東京第9話あらすじ 栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。 そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書にある違和感を抱く。 一方、ミシュランの審査開始時期まであと1ヶ月。 倫子(鈴木京香)は、コース料理をリニューアルすることを決める。 同時に、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案し、栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。 その頃、「gaku」で働く祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が訪ねてくる。 3年前のアレルギー事件について、真犯人を見つけたという。 そんな中、「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、萌絵(吉谷彩子)が突然体調を崩し、病院に運ばれてしまう…。 【視聴後】グランメゾン東京あらすじ9話 3年前の事件は、平子祥平が犯人であることがリンダに知られた。 リンダは、平子祥平を業界から消すと宣言する。 尾花は京野の家に居候している。 だが、朝食はいままでのように倫子の家で、尾花、倫子、京野の3人で食べるのだった。 朝食の席で、京野がフードライターの栞菜が辞めることになったという。 栞菜の履歴書を見た尾花は何かに気づいた。 グランメゾン東京は、ミシュランの審査を迎えるにあたって、メニューを変えることにした。 尾花は、日本の食材を活かす料理を作ることにあたって、日本の良いワインを使いたいと考えた。 そして、栞菜によいワインを紹介してほしいと頼む。 そして、日本のワインの試飲会を開くことにした。 一方「gaku」の平子のもとに、フランス大使館員がやってきた。 3年前のアレルギー物質混入事件の犯人が平子だという情報があるとのことだった。 丹後は身を挺して平子をかばう。 グランメゾン東京で、試飲会の日、萌絵がノロウイルスのために倒れた。 栞菜はそのことをリンダに連絡する。 リンダはノロウイルスのことをグランメゾン東京が隠匿したとリークすれば評判は地に落ちると言う。 倫子の家に集まったグランメゾン東京のメンバーは、倫子がノロウイルスを混入したのではないかと疑い始める。 次の日栞菜が店に出ると、保健所に連絡し、厨房を消毒していた。 さらに、京野は見せに来たお客様全員を回って、お詫びをしていた。 尾花は、店が開けるようになるまでの間に、日本のワイナリーを案内してほしいと栞菜に頼む。 栞菜は喜々としてワイナリーを案内する。 気に入ったワインを紹介してもらった尾花と倫子は、ワインに合う前菜を作り始める。 そのころ祥平はリンダに呼び出され、自分が3年前の事件の犯人であることを告白する。 祥平は京野にそのことを連絡し、グランメゾン東京のスタッフの誰かがスパイみたいなことをしていると伝える。 京野は急いでグランメゾン東京に戻り、栞菜の父が3年前の事件の時の外務省の高官で、事件のために左遷されたことを謝る。 そのことで、グランメゾン東京のメンバーは、栞菜がノロウイルスを萌絵に持ったのではないかと言う。 すると、栞菜はそうだと答える。 みんなが責め、栞菜は恨みを言い、そして出ていこうとする。 すると、尾花が新作を完成させ、それを栞菜に試食させる。 栞菜は尾花の食事を食べ、ワインに合わないと酷評する。 そして、栞菜が尾花がワインを主役にした料理を提供するとわかってたと涙する。 京野は、栞菜が持ち込んだ生牡蠣からノロウイルスはなかったと報告する。 相沢と芹田は、疑ったことを謝る。 栞菜は自分を食べる料理にノロウイルスを混入し騒ぐつもりだったと言う。 倫子は、栞菜にグランメゾン東京のソムリエになってほしいと言う。 それを栞菜は受け入れる。 倫子の家で、倫子や尾花の4人で食事をしていると、京野は祥平の心配をする。 他方、「gaku」では、祥平のもとにフランス大使館員がやってきて、祥平を連れて行く。 祥平は素晴らしい料理を完成させていた。 それを食べて、丹後は悔し涙を流す。 後日、祥平はフランス料理を諦め、引っ越そうとするが、そこに尾花がやってくる。 そして、尾花は祥平に「グランメゾン」に来い」と言う。 — ときめき!ぺぱーみんとくらぶ tokipepaclub その時間はぜひ安全で安心なVODの一つの Paraviを利用してください。 Paraviには、無料視聴期間がありますので、ドラマを楽しみつつ、VODの使い勝手や自分にとって利用価値があるかなども確かめることができます。 自分の見たい作品の傾向も、無料視聴期間中にわかると思います。 1,017円(税込)分の価値があるのか確かめるチャンスです。 ぜひParaviの無料視聴体験に登録して、楽しんでください。 2019年秋ドラマ一覧 月曜日 ・ [フジテレビ] ・ハル [テレビ東京] ・ブラック校則 [日本テレビ] 火曜日 ・ [フジ・カンテレ] ・ [TBS] 水曜日 ・[日本テレビ] ・死役所 [テレビ東京] ・ [テレビ東京] ・相棒18 [テレビ朝日] 木曜日 ・ [フジテレビ] ・ [テレビ朝日] ・科捜研の女 [テレビ朝日] ・ [日本テレビ・読売テレビ] ・新米姉妹のふたりごはん [テレビ東京] 金曜日 ・ [TBS] ・ミスジコチョー [NHK総合] ・ [テレビ朝日] ・ [テレビ東京] ・ひとりキャンプで食って寝る [テレビ東京] 土曜日 ・ [日本テレビ] ・ [フジテレビ] ・大富豪同心 [NHK総合] ・赤ひげ2 [NHKBSプレミアム] 日曜日 ・ [TBS] ・ [日本テレビ] ・令和元年版怪談牡丹燈籠 [NHKBSプレミアム] 『グラントメゾン東京』出演者作品リンク 木村拓哉.

次の