ちょ っ きんず。 ちょきんぎょコーナー

まんぽこりんの使い方

ちょ っ きんず

ブシロードは本日(2020年3月26日),新作スマホアプリ 「クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! 本作は,立体的に再現されたカスカベの街を舞台に,ダッシュするしんちゃんを操作してクリアを目指す 縦型のランアクションゲームだ。 配信を記念して,3月27日から4月2日までの期間中,ゲーム内アイテム 「きんのたま」を,毎日30個プレゼントすることが決定。 きんのたま30個につき1回,コスプレやおうえんおともが獲得できる「ガチャ」にチャレンジ可能だ。 また,4月24日から公開予定の「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」とのコラボレーションの実施も発表されている。 本コラボではコスプレ「らくがきしんちゃん」の配布のほか,映画のキャラクターが「コスプレ」 や「おうえんおとも」,ゲーム内の「ミッション」などに登場予定とのことだ。 しんちゃんの大人気ランゲーム 「カスカベランナー」がパワーアップして登場! 「クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z」 配信開始! 株式会社ブシロード(本社:東京都中野区、代表取締役社長:橋本義賢)は、大人気アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材とした、新作スマートフォン向けゲーム『クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z』とは? 『クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z』は、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」を題材にした、片手で遊べる縦型のランアクションゲームです。 それぞれApp StoreおよびGoogle Playストアより無料でダウンロード頂けます。 (アプリ内課金あり) 立体的に表現されたカスカベの街をダッシュするしんちゃんを上下左右に操作し、いろんな障害物をよけながら、しんちゃんの大好きなお菓子「チョコビ」をゲットしていきます。 指一本のかんたんなフリック操作でしんちゃんを動かすことができるので、大人から子供まで幅広い年齢の方にお楽しみいただけます。 ゲーム内では、いろいろな「コスプレ」をしたしんちゃんや、しんちゃんの走りをサポートする「おうえんおとも」としてアニメでおなじみの野原一家や、カザマくん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんなどをゲットすることができます。 「コスプレ」と「おうえんおとも」は、それぞれゲームを有利にすすめるための「スキル」を持ち、ゲームの目的に合わせて変えて楽しむことができます。 コスプレとおうえんおともはゲーム内アイテムの「きんのたま」を使用してまわせる「ガチャ」か、ゲームで走るたびに得られる「メダル」で交換できる「バーゲン」などで手に入れることができます。 またゲーム内ではステキなごほうびがもらえる「ミッション」も実施。 ミッションでは「スコア達成」や「ファイヤーモード突入」など、さまざまなお題が出されるので、コスプレやおうえんおとものスキルを駆使してクリアを目指します。 本コラボではコスプレ「らくがきしんちゃん」の配布を予定、その他にもコラボの「コスプレ」や「おうえんおとも」の登場はもちろん、ゲーム内の「ミッション」でも映画のキャラクターが登場予定で、映画の世界観をゲームでもお楽しみいただける内容となっておりますので、コラボ開始までぜひゲームをプレイしてお待ちください。 内容・仕様は実際と異る場合があります。

次の

きんちゃんファミリーヤップーン来訪

ちょ っ きんず

ブシロードは本日(2020年3月26日),新作スマホアプリ 「クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! 本作は,立体的に再現されたカスカベの街を舞台に,ダッシュするしんちゃんを操作してクリアを目指す 縦型のランアクションゲームだ。 配信を記念して,3月27日から4月2日までの期間中,ゲーム内アイテム 「きんのたま」を,毎日30個プレゼントすることが決定。 きんのたま30個につき1回,コスプレやおうえんおともが獲得できる「ガチャ」にチャレンジ可能だ。 また,4月24日から公開予定の「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」とのコラボレーションの実施も発表されている。 本コラボではコスプレ「らくがきしんちゃん」の配布のほか,映画のキャラクターが「コスプレ」 や「おうえんおとも」,ゲーム内の「ミッション」などに登場予定とのことだ。 しんちゃんの大人気ランゲーム 「カスカベランナー」がパワーアップして登場! 「クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z」 配信開始! 株式会社ブシロード(本社:東京都中野区、代表取締役社長:橋本義賢)は、大人気アニメ「クレヨンしんちゃん」を題材とした、新作スマートフォン向けゲーム『クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z』とは? 『クレヨンしんちゃん ちょ〜嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z』は、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」を題材にした、片手で遊べる縦型のランアクションゲームです。 それぞれApp StoreおよびGoogle Playストアより無料でダウンロード頂けます。 (アプリ内課金あり) 立体的に表現されたカスカベの街をダッシュするしんちゃんを上下左右に操作し、いろんな障害物をよけながら、しんちゃんの大好きなお菓子「チョコビ」をゲットしていきます。 指一本のかんたんなフリック操作でしんちゃんを動かすことができるので、大人から子供まで幅広い年齢の方にお楽しみいただけます。 ゲーム内では、いろいろな「コスプレ」をしたしんちゃんや、しんちゃんの走りをサポートする「おうえんおとも」としてアニメでおなじみの野原一家や、カザマくん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんなどをゲットすることができます。 「コスプレ」と「おうえんおとも」は、それぞれゲームを有利にすすめるための「スキル」を持ち、ゲームの目的に合わせて変えて楽しむことができます。 コスプレとおうえんおともはゲーム内アイテムの「きんのたま」を使用してまわせる「ガチャ」か、ゲームで走るたびに得られる「メダル」で交換できる「バーゲン」などで手に入れることができます。 またゲーム内ではステキなごほうびがもらえる「ミッション」も実施。 ミッションでは「スコア達成」や「ファイヤーモード突入」など、さまざまなお題が出されるので、コスプレやおうえんおとものスキルを駆使してクリアを目指します。 本コラボではコスプレ「らくがきしんちゃん」の配布を予定、その他にもコラボの「コスプレ」や「おうえんおとも」の登場はもちろん、ゲーム内の「ミッション」でも映画のキャラクターが登場予定で、映画の世界観をゲームでもお楽しみいただける内容となっておりますので、コラボ開始までぜひゲームをプレイしてお待ちください。 内容・仕様は実際と異る場合があります。

次の

まんぽこりん→ぱっきんちょに

ちょ っ きんず

半年前に来訪してくれた大学時代の に続き、 今回は、後輩のきんちゃんが家族旅行でリゾートに遊びに来てくれた。 きんちゃんは2年下の、サックスを担当していた後輩。 素直で裏表がなく、いわゆる 「天然」のキャラは 20年経った今もそのままだったが、 今や 「紀州のお母さん」として 立派に家族を 牛耳って支えており、 優しいご主人と素直な子供たちに囲まれ、 とーっても幸せそうだった。 初日は到着の飛行機が悪天候で2時間近く遅れ、 翌日はさらに100ミリを超える大雨にたたられ、 一時はどうなる事かと思ったのだが、 次の日からは天候も回復し、 動物園やワニ園、プール遊びに乗馬にアーチェリーと、 ヤップーンらしいホリディを楽しんでくれたようである。 名残惜しい最後の夜は、我が家も一緒にディナーに参加。 その夜は子供の教育から主婦の生活まで話が弾み、 楽しいディナータイムを過ごす事が出来た。 後半はきんちゃんのご主人が話のネタになり、 「ハワイ家族旅行前日に車に轢かれて骨折したが、 キャンセル料がもったいないと判断したきんちゃんが、 そのままご主人を参加させ、 ハワイでは熱を出して寝込んでいるご主人の横で家族は 心からバカンスを楽しんだ」 とか、 「父息子でびわこバレイにスキーツアーに行ったが、 帰りの集合時間に遅刻して添乗員に置き去りにされ、 当時幼稚園児の息子ちゃんにスキー用具をかつがせ 公共交通機関を乗り継ぎ、 深夜に和歌山までたどり着いた」 だの、 申し訳ないがそんな逸話に涙を流して笑いころげてしまった。 そこでおいらは、 「お母ちゃんも学生時代は『超ビビリ』で有名で、 応援団のくせに応援の太鼓がドーンと鳴る度に いつも10センチ程飛び上がって怖がり、それを 後列の団員が皆で笑っていた」 という話を披露し、お父ちゃんに援護射撃をしてあげた。 いやしかし、 卒業してから20年以上経った今でも、 こうして先輩を慕ってはるばる訪問してくれるなんて 本当に嬉しい限りである。 おいら達が入学した当時は、 吹奏楽部とはいえ応援団の組織の中に属していたので、 学年が1つ違うだけで気軽に話すことも出来ない 厳しい上下関係があり、 1回生にとって最上級生の4回生は まるで「神」のような存在だった。 しかしおいら達の学年が4回生になった時、 そんなのはもう時代遅れだという事で、 秩序は守りつつも、出来るだけオープンにしようと心がけ、 少しずつ上下関係の壁を取り払っていく事に成功した。 賛否両論はあったが、こうして先輩後輩の垣根なく その当時の部員同士が今でも 楽しい交流が出来ているという事を聞くたびに 非常に嬉しい気持ちになるものである。 場所柄、なかなか同窓会のようなイベントには 参加できないおいらであるが、 機会が持てたら、是非またみんなで集まって、 昔話に花を咲かせたいものである。 という事で、段取り宜しくね、きんちゃん。 こういう時だけ先輩風を吹かせるおいらであった。

次の