ビデオオプション 死亡事故。 飛び石で車に傷がついた!飛ばしてきた相手に損害賠償を請求できる?【自動車Webマガジン】

オプション2の元編集長事故死の件

ビデオオプション 死亡事故

概要 [ ] 姉妹誌の『』が最新パーツや各社デモカーを大々的に取り上げているのに対し、同じ姉妹紙の『』と並び、などのユーザー目線での特集が主立っているところが特徴である。 OPTとは違い、実車を表紙にしている。 なお2008年1月号からは背景に風の色使いが用いられている。 記事の内容としてはOPTと同じくパーツ特集が主だが、それに並ぶほどの扱いを受けているのがDIY特集である。 ステッカーの施行や内装チューンから、大がかりなものではエアロやボンネット交換にも及ぶ。 いずれも編集部員が実際に体験し、それから記事が構成されるスタイルなので、説得力があるとの評価を得ている [ ]。 また、チューニングの合法化にも積極的で、法規が厳しくなる中、どのようにすればチューニングカーが車検に通るのか特集する機会も多い。 2006年度からはぽつぽつとやもクローズアップされるようになり脚光を浴びている。 また痛車に関しては取材するだけにとどまらず、2010年後半からにかけてとのコラボマシン 、 を制作している。 また、そのほかにも同誌では「OPT2耐久レース」なるものを主催している。 前半から続いている由緒あるレースで、OPT2創設者の「マサ・サイトー」ことが「ユーザー目線で楽しめるレースを作ろう」ということで「OPT2カップ」を立ち上げ、それが徐々にからにシフトしていく形で今日まで継続されてきた。 今では全国で行なわれる程に規模が拡大したが、初期に確立された独自のピットインシステムなどは現在も変わっていない。 2015年1月号をもって休刊した。 編集スタッフ [ ] 現在のメンバー [ ] ヨッチィー 現編集長(四代目)。 2008年7月号から在籍。 ダイボ 編集部員。 愛車は()。 オータ 編集部員。 愛車は()。 ミキティ 編集部員。 愛車は()。 前愛車の()がエンジンブロー になったのを機にS2000に乗り換えた。 グッチ 編集部員。 2008年8月号から在籍。 過去に在籍したメンバー [ ] マサ・サイトー 初代編集長。 しかし、谷田部自動車研究所での最高速トライ中に事故 により、35歳の若さで死亡した。 ロン編 二代目編集長。 愛車は。 カジ編 … 加地伸康 三代目編集長。 愛車は()。 独自のボサボサ頭がトレードマーク。 ディーズクラブでも数少ないでもある。 カヲル 編集部員。 愛車はイエローので、RE雨宮の外装が特徴。 ちなみに規制緩和前に構造変更していたらしく、車検証どおりにセッティングすると最低地上高が8cmになった。 ホエゾーNEO 旧Option編集部員。 Option在籍時代からのDIY大好き人間。 一時期少し席を外しただけで「車全バラにしてるぜ」などの事を他編集部員から言われていたほど。 ウエポンB … 上野剛夫(うえの たけお) 編集部員。 愛車は。 2008年1月号期にOPTから異動した。 リコ … 櫛田RIKO(くしだ りこ) 副編集長。 愛車は()。 Optionファミリー唯一の女性編集者である。 結婚を機に2008年2月号付でを発表したが 、読者広場のスピンアウト倶楽部では残留を発表している。 前には()にも乗っていた経歴があり、が製作した『』にも出演した。 レギュラーコーナー [ ] 読者参加型 [ ] スピンアウト倶楽部(すぴんあうとくらぶ) … チュー(原かおる)&リコ&ミッポ(池田美穂) 読者のための投稿コーナー。 「 仲間と出会えるパーキングエリア」をコンセプトに展開している。 体験談や自慢話、ゾロ目自慢コーナー 、さらにチームメンバー募集やパーツ売買コーナーも網羅しているところはOPTのものとほぼ共通しているが、OPT2版ではそれに加えてボーイorガールフレンド募集コーナーも設けられている。 また、チューナー4人による「4サイクルズ」の面々によるチューニング相談コーナーもある。 コラム型 [ ] 関西発の走り屋日記 まいど~、シャークですわ!! 2006年においてシリーズチャンピオンドライバーとなったRE雨宮レーシングワークスドライバーのの持ちコラム。 コラムと言うよりは日記に近く、井入選手の身のまわりで起こったさまざまな出来事が関西弁交じりでつづられている。 また、2006年ではコラム上で優勝発表も行なったりしていた。 世界に広がる日本車チューン Mr. コヤマの海外出張報告書 様々なハードチューニングカーを世に送り出すゴッドハンド、代表取締役兼メカニックのの持ちコラム。 こちらもコラムと言うよりは海外での様々な出来事をつづる報告書になっている。 また下段のほうには、これまで訪問した国名がビッシリと刻まれている。 稲田大二郎のアメリカンレポート!! 飽くなき探究心でチューニング界発展のために尽力している兼名誉顧問のの持ちコラム。 」というネーミングだったが、最近になって稲田がアメリカに行く機会が多くなったのを機に、2008年1月号掲載分からフルモデルチェンジを計ったもの。 「日本とアメリカのチューニングの架け橋」になるべく奮闘する稲田の熱き思いがつづられている。 若手チューナーが対象ということで35才定年制が取られ、メンバーの入れ替わりも多数ある。 脚注 [ ] [].

次の

【STREET TRIBE】環状族と呼ばれた男たち【関西地区/某周回スポット since 2014】

ビデオオプション 死亡事故

Contents• 事故多発!フォークリフトには危険が付き物 フォークリフトは、低速で走行する荷役自動車のため、安全に思えるかもしれません。 しかし、実際には事故が多発している危険な乗り物なのです。 フォークリフトによる事故が多発するのには理由があります。 フォークリフトは倉庫を中心に主に屋内で使用されます。 そのため、人の近くを走行することが多いからです。 そして 倉庫には荷物が多く置かれているため、荷物によってフォークリフトや人が死角にになりやすいことも事故が起きやすい理由になっています。 また、フォークリフトの運転者以外の作業者は、フォークリフトが低速移動のため、危険性を理解していない場合が多いです。 そのため、安全対策を怠りやすくなることも事故の要因と考えられます。 フォークリフトの安全対策 フォークリフトを安全に使用するためには、 事前の安全対策が非常に大切になります。 事前の安全対策をしっかり施すことで事故を事前に防ぎましょう。 免許を持つ人だけが運転する フォークリフトの運転には、フォークリフトの免許を持っている人だけです。 なのでフォークリフトの免許であるフォークリフト運転技能講習修了証を取得した人以外は運転してはいけないのです。 そして、 無免許でのフォークリフト運転には、労働安全衛生法による厳しい罰則もあるので絶対に無免許運転は止めましょう。 人の通路とフォークリフトの通路を分ける フォークリフトの事故で多いのが通行中の人との接触事故です。 低速走行のフォークリフトでも人と接触すると大けがの危険性が高いので特に注意が必要です。 この人とフォークリフトの接触事故は人の通路とフォークリフトの通路を分けることが大きな効果を発揮します。 テープを張るだけの簡単な対策でも大きな効果が得られますので、必ずフォークリフトと人の通路は分けるようにしましょう。 定期的にフォークリフトを点検に出す フォークリフトを安全に使用するためには定期的な点検が必要になります。 毎日の作業開始前の点検に加えて、定期的に専門家による検査も施しましょう。 フォークリフトには1年に1度の特定自主検査が義務付けられています。 この特定自主検査は、特定自主検査の資格を持った者しか施せないので、専門の業者に依頼して点検してもらいましょう。 また、特定自主検査を実施していない場合には、罰金の対象になりますので注意してください。 運転手は定期的に講習を受ける フォークリフトを安全に運転するには、運転手の安全への高い意識が求められます。 そのため、定期的に講習を受講させ事故事例や取り扱いなどを講習によって学びことが大切になります。 フォークリフトの操作性や安全対策は日々変化し続けています。 なのでフォークリフトの運転に慣れているベテランの運転手も定期的に講習を受けることが必要になります。 警告灯を使用する 工場や倉庫などの屋内では荷物が死角になりやすいため、フォークリフトに気が付かずに接触事故を起こす危険性が高いです。 このような接触事故を予防するには、フォークリフトに警告灯を付けるのが効果的です。 警告灯が光っていると荷物の死角からもフォークリフトの場所を把握することができます。 フォークリフトがどこを走っているのかを把握できていると接触事故を事前に防げます。 積載量を守る フォークリフトは、持てる最大積載量が決まっています。 この許容荷重を超える重要の荷物を乗せて走行すると事故の危険性が高まります。 フォークリフトの積載量は、フォークリフトに取り付けられている銘板に表示されています。 表示されている最大荷重範囲に抑えておけば、安全に運転できます。 フォークリフトの安全対策を怠ったときの事故例 フォークリフトの運転は安全対策を怠ると様々な事故の原因になります。 ここでは実際にあったフォークリフトの事故例を紹介していきます。 荷崩れが原因の事故 荷崩れが原因の事故は、フォークリフトに積み上げた荷物が落下し人にぶつかる事故です。 このような荷崩れが原因の事故が起こるのは、フォークリフトに荷物を乗せすぎたことが大きな原因になっています。 なので、フォークリフトの積載量を守ることで予防できます。 また、 フォークリフトのスピードの出しすぎも荷崩れにつながります。 荷崩れが原因の事故を予防するためには、フォークリフトのスピードの出しすぎにも注意してください。 転倒事故 フォークリフトは、転倒してしまうと運転手がフォークリフトの下敷きになってしまう可能性が高いため大変危険です。 フォークリフトが転倒する原因は、タイヤがすり減りすぎて溝が無くなっていたことがあげられます。 すり減って溝の無くなったタイヤでは、カーブを安全に曲がり切るのが難しくなるからです。 タイヤのすり減りは、定期的なフォークリフトの点検を施していれば、確実に防ぐことができます。 人との接触事故 フォークリフトと人との接触事故はよく見られる事故です。 フォークリフトは3キロ程度の低速で走行していても大怪我の事故になるので要注意です。 人との接触事故が起こる原因には、フォークリフトと人の通路が分かれていなかったこと、フォークリフトが死角によって見えなかったことがあげられます。 これらを予防するには、フォークリフトと人の通路を分けること、フォークリフトに警告灯を付けることが効果的です。 パレットからの落下事故 フォークリフトのパレットに人を乗せて作業をおこなう際には落下事故の危険性があります。 本来フォークリフトは人を乗せて作業する用途の作業車ではないので、パレットに乗っての作業は大変危険です。 なのでフォークリフトのパレット上での作業の場合は、事前に十分な安全教育が必要になります。 まとめ フォークリフトの安全対策と実際に起きた事故について紹介しました。 安全対策は、どれも運転前に施せるものばかりです。 そして紹介した事故例は、事前に安全対策を施していれば防げていた可能性が高いです。 フォークリフトを安全に運転するには事前の安全対策が重要なのです。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の

OPTION2

ビデオオプション 死亡事故

概要 [ ] 姉妹誌の『』が最新パーツや各社デモカーを大々的に取り上げているのに対し、同じ姉妹紙の『』と並び、などのユーザー目線での特集が主立っているところが特徴である。 OPTとは違い、実車を表紙にしている。 なお2008年1月号からは背景に風の色使いが用いられている。 記事の内容としてはOPTと同じくパーツ特集が主だが、それに並ぶほどの扱いを受けているのがDIY特集である。 ステッカーの施行や内装チューンから、大がかりなものではエアロやボンネット交換にも及ぶ。 いずれも編集部員が実際に体験し、それから記事が構成されるスタイルなので、説得力があるとの評価を得ている [ ]。 また、チューニングの合法化にも積極的で、法規が厳しくなる中、どのようにすればチューニングカーが車検に通るのか特集する機会も多い。 2006年度からはぽつぽつとやもクローズアップされるようになり脚光を浴びている。 また痛車に関しては取材するだけにとどまらず、2010年後半からにかけてとのコラボマシン 、 を制作している。 また、そのほかにも同誌では「OPT2耐久レース」なるものを主催している。 前半から続いている由緒あるレースで、OPT2創設者の「マサ・サイトー」ことが「ユーザー目線で楽しめるレースを作ろう」ということで「OPT2カップ」を立ち上げ、それが徐々にからにシフトしていく形で今日まで継続されてきた。 今では全国で行なわれる程に規模が拡大したが、初期に確立された独自のピットインシステムなどは現在も変わっていない。 2015年1月号をもって休刊した。 編集スタッフ [ ] 現在のメンバー [ ] ヨッチィー 現編集長(四代目)。 2008年7月号から在籍。 ダイボ 編集部員。 愛車は()。 オータ 編集部員。 愛車は()。 ミキティ 編集部員。 愛車は()。 前愛車の()がエンジンブロー になったのを機にS2000に乗り換えた。 グッチ 編集部員。 2008年8月号から在籍。 過去に在籍したメンバー [ ] マサ・サイトー 初代編集長。 しかし、谷田部自動車研究所での最高速トライ中に事故 により、35歳の若さで死亡した。 ロン編 二代目編集長。 愛車は。 カジ編 … 加地伸康 三代目編集長。 愛車は()。 独自のボサボサ頭がトレードマーク。 ディーズクラブでも数少ないでもある。 カヲル 編集部員。 愛車はイエローので、RE雨宮の外装が特徴。 ちなみに規制緩和前に構造変更していたらしく、車検証どおりにセッティングすると最低地上高が8cmになった。 ホエゾーNEO 旧Option編集部員。 Option在籍時代からのDIY大好き人間。 一時期少し席を外しただけで「車全バラにしてるぜ」などの事を他編集部員から言われていたほど。 ウエポンB … 上野剛夫(うえの たけお) 編集部員。 愛車は。 2008年1月号期にOPTから異動した。 リコ … 櫛田RIKO(くしだ りこ) 副編集長。 愛車は()。 Optionファミリー唯一の女性編集者である。 結婚を機に2008年2月号付でを発表したが 、読者広場のスピンアウト倶楽部では残留を発表している。 前には()にも乗っていた経歴があり、が製作した『』にも出演した。 レギュラーコーナー [ ] 読者参加型 [ ] スピンアウト倶楽部(すぴんあうとくらぶ) … チュー(原かおる)&リコ&ミッポ(池田美穂) 読者のための投稿コーナー。 「 仲間と出会えるパーキングエリア」をコンセプトに展開している。 体験談や自慢話、ゾロ目自慢コーナー 、さらにチームメンバー募集やパーツ売買コーナーも網羅しているところはOPTのものとほぼ共通しているが、OPT2版ではそれに加えてボーイorガールフレンド募集コーナーも設けられている。 また、チューナー4人による「4サイクルズ」の面々によるチューニング相談コーナーもある。 コラム型 [ ] 関西発の走り屋日記 まいど~、シャークですわ!! 2006年においてシリーズチャンピオンドライバーとなったRE雨宮レーシングワークスドライバーのの持ちコラム。 コラムと言うよりは日記に近く、井入選手の身のまわりで起こったさまざまな出来事が関西弁交じりでつづられている。 また、2006年ではコラム上で優勝発表も行なったりしていた。 世界に広がる日本車チューン Mr. コヤマの海外出張報告書 様々なハードチューニングカーを世に送り出すゴッドハンド、代表取締役兼メカニックのの持ちコラム。 こちらもコラムと言うよりは海外での様々な出来事をつづる報告書になっている。 また下段のほうには、これまで訪問した国名がビッシリと刻まれている。 稲田大二郎のアメリカンレポート!! 飽くなき探究心でチューニング界発展のために尽力している兼名誉顧問のの持ちコラム。 」というネーミングだったが、最近になって稲田がアメリカに行く機会が多くなったのを機に、2008年1月号掲載分からフルモデルチェンジを計ったもの。 「日本とアメリカのチューニングの架け橋」になるべく奮闘する稲田の熱き思いがつづられている。 若手チューナーが対象ということで35才定年制が取られ、メンバーの入れ替わりも多数ある。 脚注 [ ] [].

次の