トゲキッス 弱点保険。 【ポケモン ソード&シールド】弱点保険トゲキッスの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ドータクン育成論 : トゲキッスを後投げから起点にする!アタッカードータクン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トゲキッス 弱点保険

前置き HABCDSやランク補正などの用語を使います。 いじっぱりHAという表記はいじっぱりのポケモンの体力と攻撃に努力値252振りという意味です。 トゲキッスについて かなり高い耐久・耐性と特殊種族値を持っている強すぎるポケモンの一角。 S1ではダイマックス弱点保険アタッカーが流行り、S2以降は電磁波持ちなどの対策のためラム持ちが多く見られるようになりました。 いずれにしてもダイマックスからの全抜き狙いの運用を重視している人は多いのではないでしょうか。 ダイジェット強いですからね。 今回の育成論ではダイマックスはすれど単体での全抜きは見ていない型を紹介します。 この型の方針 ダイジェットによりSを上昇させ、できるだけダイマックス中に弱点保険を発動させてAとCを同時に上げます。 積んだステータスをバトンタッチで持ち越していきます。 からやぶポットデスとの差別化要素について 一つはダイマックスによりフィールドを晴れ、グラスフィールド、ミストフィールドなどを付加することで後続に有利な展開を作って行けます。 またもう一つとして、からやぶポットデスの場合だと物理がかなり紙耐久なので 1. 白いハーブを持たせた場合はポットデス自体の耐久力次第で一撃落ち 2. タスキポットデスの場合は耐久が下がったバトンタッチ先が一撃落ち の可能性があります。 壁貼りや、バトンタッチ先での持ち物調整など事前準備がいくつか必要です。 対してトゲキッスの場合は、高耐久による安定した積みと、耐久ダウンがないためにバトンタッチ先に複数の選択肢を持つことができます。 最後に、ポットデスの場合は挑発されたりすると困ります。 トゲキッスに挑発打ってくる人はあんまりいない気がします。 大丈夫です。 一方で AやCは弱点を突いて貰わないと上昇しないわけで、その点については注意が必要です。 「運用について 駄文 」の項目で注意事項について説明しようと思いましたが諦めました。 代わりに駄文が置いてあります。 特性・努力値・持ち物• 特性 ダイマックス前提なので強運のみ 急所確率12. 持ち物 弱点保険のみ 対戦相手からすればこれで落とせるだろうと踏んだ攻撃でも、このトゲキッスなら耐え切ることが多いでふ。 そこからの弱点保険切り返し。 バトンタッチのためだけではなく、通常のトゲキッスでは倒せない相手を倒すというメリットも付いてきます。 そのため、耐久にほぼ全振りをお勧めします。 この点で、トゲキッスは特殊耐久が高く確定3発以上の耐久は元から持っているため、防御特化に振っています。 臆病サザンドラダイスチル確定3、ロトムの10万ボルト確定3など ここまで振ると、はりきり珠アイアントダイスチルまで確定耐えします。 ちなみにそのパターンは弱点保険が発動するのでダイジェットによって確定1というのもありがたいです。 ほぼ勝ちムーブ。 技構成• こちらは基本的に入れておきたいが、晴れが後続の邪魔になることもあるので一長一短。 この技を抜く場合は努力値調整を考え直しましょう。 ドリュウズターゲットな調整なので 苦手なポケモンについてのダメージ計算 使用サイト ダメージ計算はパーセンテージで表記します。 こちらはダイマックスする前提での計算になります。 相手がダイマックスした場合の与ダメージは半減して計算してください。 VSドリュウズ 陽気AS、H4振り ・与ダメージ ダイジェット 33. 5〜110. 4〜75. 8〜54. いじっぱりドリュウズ:ダイロック いわなだれ 〜39. VSラプラス 控え目HC ・与ダメージ ダイジェット 37. 9〜44. 2〜55. 5〜46. ダイソウゲンは相手の弱点保険をギュイーンさせる可能性があります。 キョダイセンリツを打たれた場合は弱点保険が発動しているので等倍計算です。 強運につき、オーロラベールを貫通する可能性があります。 が、技の枠と耐久力とのバランスを考えるとパーティー次第ということになります。 VSバンギラス いじっぱりHA ・与えるダメージ ダイナックル 52. 1〜61. 無理です。 総括 世の中にたくさんいるムリムリなポケモンに対面した時はとりあえずダイウォールです。 弱点保険発動してくれたらうれしいな。 後続おすすめ• ウオノラゴン タイプが強いです。 耐久もそこそこあって一発は耐えやすいので、バトンタッチはかなり繋がります。 サイコファングとかいう壁破壊も強いです。 仮にトゲキッスの弱点保険が発動しなくとも、S2上昇さえ引き継げば先制攻撃で高火力が期待できます。 一方でミミッキュ、コオリッポやタスキ持ちに弱く、またバトンする時にフリーズドライでやられないように注意しましょう。 パッチラゴン ウオノラゴンと近い感覚です。 命中不安はあれど、やはり技範囲が広いので助かります。 オノノクス 繋がれば強いです。 ミミッキュコオリッポの対策にもなるので。 ミミッキュのトリル発動が怖いんです。 シャンデラ 技範囲が強いです。 すり抜けだからラプラス対策にもなります。 弱点保険が発動していなくてもダイバーンの晴れで火力は出しやすいです。 トゲキッスとは岩について相性抜群が被っている点が痛く、バンギラスがとても重くなりがちです。 あとミミッキュ。 リザードン 晴れで凄まじい火力と技範囲が出る代わりにサンパワーでそのままいくうえにトゲキッスの弱点属性である岩電を持っているうえに紙耐久なので厳しいです。 やめておきましょう。 その他 好きなポケモン。 僕はドータクンが好きですがバトンタッチさせたことはありません。 運用について 駄文 この型について、「相手に抜群技打ってもらわないと話にならないのでは?」と思った方、正解です。 もちろん相手によっては「トゲキッスといえば弱点保険よりはラム持ち意識」だったり、トゲキッスのAS上昇が怖くない相手の構築だったり、抜群打つしかない局面だったり色々あって打ってくれることも多いです。 そういう勝ち方大好きです。 想定通りの勝ち方ですからね。 まぁ想定外に相手が抜群打ってくれない想定をすると、このトゲキッスは『安定してSを上昇させて後続に繋ぐ』ということが最大のメリットであって、『AC上昇はおまけ』みたいなものなのかもしれません。 それならば、「Sが上昇するだけじゃ後続の火力足りないだろ!相手のダイマックスどうするんだ」 という疑問が湧いてくると思います。 それに対する答えは、自分には以下の3つぐらいしか出せません。 相手にダイマックスされても一撃で沈めるような火力と範囲を持つ後続に繋ぐ、ついでに後続に有利なフィールドを作っておく、ダイナックル打っとく。 なんとかして相手に先にダイマックスを切ってもらう。 やっぱり相手になんとかして抜群技打ってもらう。 1は脳味噌が筋肉な人の考え方です。 だが、それがいい。 3についても先ほど説明した通り、ラム持ち意識だったりして相手の実力次第では弱点保険を使わせてくれることもあるでしょうし、逆に構築次第では壁貼り済みだったりとか裏にスカーフヒヒダルマがいるとかタスキ持ちがいるとかでトゲキッスの弱点保険が痛くないこともあるでしょう。 2についてもやはり同じことが言えて、やはりというか相手頼みです。 相手にそうさせたくなるようなパーティー構成にしてみたらどうでしょうか。 そんなものあるんでしょうかね。 もしかしたら相手の気持ちになって考えてパーティーを組んでみるというのが良いのかもしれません。 例えば壁貼られたらダイマックス切りたくないなぁ…とかそういう気持ちになりますよね。 おそらくそういうレベルの話です。 そこまで悟ると、相手のパーティーみて、 イケそうだと思ったら選出する、ダメだと思ったら選出しないのが一番な気がしてきました。 あ、当たり前か。 あとがき この育成論は2020年3月時点で書かれたものです。 流行のポケモン次第で型は変わってくると思うので、その時の環境に合わせて調整を考えましょう。 また近いうちにエキステンションパスで解禁されるポケモンで環境は激変するので、とりあえずこの育成論はこの環境で終わっておきます。 やはりネックになるのがからやぶバトンとの差別化と発動の安定性ですかね…。 弱点保険もちのトゲキッスもかなりメジャーなので警戒されると思います。 個人的にはダイマしたときに相手への負荷を大きくしたいので、壁貼りと合わせて耐久は最低限、特攻へ努力値を回したいですね。 弱点保険が安定しないのであれば、ウェポン数が減りますがわるだくみも選択できるので面白いと思います。 この型のよくないところ、弱点保険発動が前提の選出したのに弱点保険が発動しなかった、これはたまにあります。 でもそれは選出の失敗だと思うんですよ。 抜群打ってくれそうなパーティーだから選出しようとか、抜群打たれなさそうだからウオノラゴンで突破しようとか、色々と考えることはありますが、トゲキッスを選出しないというのも一つの答えですよね。 そういうわけで自分はこのトゲキッスを選出しないこともあり、それって人によるプレイング次第なので。 そういう中で弱点保険が発動する確率がいくらなのかってうまく表現できないのでお答えできません。 すみません。 一応そういうニュアンスを伝えるために「運用について 駄文 」を追加しましたが本物の駄文なので読む価値はないです。 ので、言われた時は少し困りました。 努力値振りについてはダイマックス技で積みまくりたいという思想なので、壁貼ってもらったら耐久力についてはオーバースペック気味だから特攻に回すのもいいですね。 選択肢は広がるような気がします。 壁貼り役とセットになったりとデメリットもあるとは思いますが、そこはパーティーごとに調整するべきなのかなと思います。 まぁそれは応用的な感じだと思うので基本の形としてはこのHB型の投稿でいいんじゃないかなと思ってます。

次の

【ポケモン剣盾】弱点保険トゲキッス+壁オーロンゲの積み構築!運ゲーだけじゃない

トゲキッス 弱点保険

Contents• トゲキッス基本情報 トゲキッス 妖 飛 種族値 HP 85 攻撃 50 防御 95 特攻 120 特防 115 素早さ 80 特性 てんのめぐみ 技の追加効果の発生率が2倍になる。 はりきり 『こうげき』が1. 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 弱点技をくらって耐えるよう耐久を上げたいため、HPに努力値を252振り、あまりの4を特攻に振っています。 立ち回りとしては、基本的にダイマックス化し耐久を上げ、相手の抜群の攻撃を受け弱点保険により火力アップします。 またダイジェットにより素早さを上げ、全抜きを狙います。 トゲキッスで対処しづらい相手の場合、バトンタッチにより後続に能力変化を託し、バトン先のポケモンで全抜きを狙います。 具体的な立ち回りを以下にまとめていきます。 具体的な立ち回り 対水 その他 ロトム 流行っているウォッシュロトムと対面の場合を考えます。 トゲキッス の行動としては、退いて後続に交代するかダイマックスをするかです。 ダイマックスをすれば、眼鏡ロトムの10万ボルトを2発を76. 相手の読みミスで、トゲキッスの技が通る相手にボルチェンで交代された場合等はトゲキッスの攻撃ごり押しでも良いかもしれません。 ちなみに、ダイジェット+弱点保険発動後のダイフェアリーで、ダイマックスしてきたH4ロトムですら倒すことはできないので、ロトム相手に居座る際は注意しましょう。 対バンギラス バンギラスについて、弱点保険を持った型が流行っているそうなので、弱点保険バンギラスを想定します。 対面の場合、トゲキッスがダイマックス化してマジカルシャインを打ったとしても、6割程度しか入らず、相手がダイマックス化してきた場合は3割程度しかダメージを与えられません。 相手がダイマックスしてこようがしてこまいが、相手の弱点保険が発動し砂ダメ込みでストーンエッジでトゲキッスは一撃で倒れます。 また、相手の弱点保険を発動させないように、ダイジェット又はダイバーンを打ち、相手のダイロック 元ストーンエッジ を受け弱点保険を発動させた後、ダイフェアリーを打っても、ダイマックス化したバンギラスは倒せないので、基本的にバンギラスと対面したらダイマックせずに逃げます。 しかし、相手がすでにダイマックスを使っており、バンギラスがダイマックスできない場合は、ダイジェットorダイバーンからの相手の抜群の攻撃を耐え弱点保険を発動させ、その後のダイフェアリーで落ちるので、その場合は居座るのもありかと。 対面ではなく、相手の後ろにバンギラスがいると予測できて、交代出ししてくると考えられる場合は、ダイマックスしてまずダイジェット 砂ダメがきつい場合はダイバーン を打ちます。 次のターンにもダイジェットを打ち、相手のダイロックを受け ダメージは7割程度 弱点保険を発動させます。 そして、ダイマックス最後のターンにダイウォールを打ち、相手の攻撃を防ぎ、ダイマックス終了後、バトンタッチでバンギラスに強いアタッカーを繰り出します。 バンギラスがいる場合の立ち回りの一例としてはこんな感じですが、選出の時点で相手にバンギラスがいる場合は、トゲキッスは動きづらいため、選出するならバンギラスの対処法はしっかり考えておく必要がありそうです。 対ドリュウズ 対ドリュウズに関しては、耐久を上げていない型 H4A252補正無を想定 と上げている型 H252チョッキを想定A補正無 がよくいそうなので、その2パターンについて考えます。 トゲキッスより早く動くためには、素早さに補正を掛ける必要あり。 後者の場合、能力値上昇を後続に繋ぎたい場合と、トゲキッスが倒れても相手に大ダメージを与えておきたい場合の2通りの選択肢があります。 能力値上昇を後続に繋ぎたい場合は、ダイマックスと同時に、ダイウォールを打ちます。 次のターンに相手のアイアンヘッドを受け弱点保険を発動し、ダイジェットを打ちます。 このダイジェットのダメージの入り具合から、相手が耐久を上げている型か上げていない型かを判断します。 ダイジェットの追加効果で素早さがあがるため、次回からは相手より速く動けます。 耐久を上げていない型ならダイバーンで倒せるのでダイバーンを打ち、 耐久を上げている型の場合なら、ダイバーンでダメージを入れるだけいれて次の相手の攻撃でトゲキッスが倒れるか、ダイウォールを打ち、ダイマックス終了後バトンタッチで後続に繋ぎます。 2 32. 4 64. 7 37. 実際に使用した感想 育てたもののまだまだ実践であまり使えていないので、今後気づくことがあれば随時追加していきます。 Switch動画キャプチャ環境が整えば、いづれ動画も上げていこうかと。 まとめ 弱点保険トゲキッスの育成論について、具体的な立ち回りについて考察してきました。 紹介してきた立ち回りについてはダメージ計算から想定できる仮説で、実際にそういう場面に出会った訳ではないので、抜けてる観点があるかもしれません。 今後、実際に使用する中で気づき次第修正や追記をして行く予定です。 鵜呑みにせずあくまで参考程度に読んでもらえると嬉しいです。

次の

トゲキッス育成論 : ダイマバトン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

トゲキッス 弱点保険

5倍 0. 25倍 無効 解説 高い特攻と安定した耐久を持ち、技範囲にも秀でて素早さも低くないという 総合的に秀でた特殊アタッカー です。 その性能を活かして「じゃくてんほけん」や「わるだくみ」による特攻上昇からのダイマックスを利用して「ダイジェット」で素早さを上げて全抜きを狙うアタッカー型が多く見られます。 素の耐久が高いのでほとんど耐久に振らずともダイマックス状態であれば弱点は耐えますが、 物理且つ超高火力弱点の攻撃は耐えないので他の対応策を用意しておきましょう。 最後の枠は積む隙を作れるのであれば火力上昇が可能でダイマックス時にはダイウォールにもなる「わるだくみ」、より抜き性能を高めたい場合は自分の構築や環境に合わせてサブウエポンを採用するのがおすすめです。 ダイジェットを使用した際の 素早さ実値は217となり、最速ドラパルト 213 よりも速いので環境に居るほとんどのポケモンに先手を取れますが、ヒヒダルマやドリュウズなど「こだわりスカーフ」を持っている可能性のあるポケモンには注意して運用しましょう。 ダイマックスを使用せずともダメージを出しやすく、 他のダイマックスアタッカーとの併用も可能なので選出や立ち回りで柔軟に動かしやすいのが大きな特徴です。 急所率を上げるアイテムである「ピントレンズ」に加えて急所率が上昇する特性の「きょううん」によって50%の確率で急所に当たるようになっており、急所に当たった際は相手の「ひかりのかべ」や特防ランク上昇を無視してダメージを与えられるので 抜きエースとしても申し分ない性能となっています。 火力や耐久に割いた分ダイジェットを使用した際に抜ける相手が減っており、ドラパルトやエースバーンと言ったこちらにも安定したダメージを与えてくる可能性が高い相手には注意が必要です。 猛毒状態などの状態異常になると「たべのこし」の回復分が相殺されてしまうのでそれを防ぐ事が出来る「みがわり」や、トゲキッスに大きな打点を持たない相手に対して更に粘れる「ねがいごと」が有力な技候補ですが、ドラゴンタイプに圧力をかけるなどフェアリータイプとしての仕事は最低限こなしたいという場合は片方を削って「マジカルシャイン」を入れるのもおすすめです。 耐久型ポケモン相手や、トゲキッスよりも遅いポケモン、トゲキッスに安定したダメージを与えられないポケモンには滅法強く、こちらのHPが満タン且つみがわりが残った状態で突破する事も可能です。 状態異常などに頼るポケモンにはみがわり、そうでない相手にはでんじはという形で 初手の技はしっかりと使い分けて運用しましょう。 でんじはが無効になってしまう電気タイプや地面タイプ、みがわりを貫通して効果がある「のろい」や連続技、音技持ちのポケモンには十全に強みを発揮できないので注意が必要です。

次の