赤ちゃん 名前 決め方。 赤ちゃんの名前の決め方は?人気の名前・名付けで注意したいこととは

完全無料の子供の名前決め・名付け支援サイト「 赤ちゃん命名ガイド」

赤ちゃん 名前 決め方

子供の名前の付け方の注意点の1番目は、漢字の意味を把握したうえで名付けるということです。 名前の響きや呼びやすさを重視して名付ける場合、その名前に合う漢字表記を後から探すということはよくあります。 ひらがなは思いついているけど、それに合った漢字がないから、当て字として使えそうな漢字を選ぶという人は少なくありません。 このような名付け方をした場合、親が子供に託そうとする願いとはちぐはぐな漢字を付けてしまうことがあるので注意が必要です。 例えば、愛情に満ちた子になった欲しいという願いを込めて「みちる」という名前をつけようと思ったものの「満」という名前は直接的だという理由で「未散」という名付けをした場合などは、名付けに込めた意味と漢字の意味がちぐはぐになってしまいますので注意が必要です。 今後、次男などの2番目の子供が生まれた時に、最初の子供とのつながりがある名付け方をすることで兄弟間や家族のつながりが強くなるイメージを持たせることができます。 例えば、音楽が好きな家庭の場合には「音」という漢字を名付けの際に入れるといった名前の付け方が人気です。 第一子には奏音(かなと)と名付けて、次男には春音(はると)と名付けるなど、次男以降の子供が産まれた際の名付け方をイメージすると兄弟に一体感のある名前が付けられます。 以下の記事では男女兼用で使える名前について紹介しているので、第二子、第三子が男の子であっても女の子であっても役立つ内容となっています。 今後のために役立ててください。 子供の名前の付け方の3番目は、画数を意識して名付けるというものです。 姓名判断を頼りに名前の画数を意識して名付けることで、より運の良い人生を送ってもらえるような名前を付けることができます。 長い人生を生きていくうえでは、運を味方につけることが重要で、幸運に恵まれることで充実な人生を送れると考えられます。 特に女の子の場合は、自分で人生を切り拓いていくというイメージよりも、家族やパートナー、周囲の人とのつながりによって幸せな人生を送れるかどうかが大きく左右されると言われています。 そのため、画数を意識した名付けをする人が少なくありません。 以下のサイトでは女の子の名前に良いとされる画数が詳しく紹介されているので合わせてご覧ください。 自然のイメージは赤ちゃんにとって、自分らしく自然に生きていって欲しいという願いや、自然の持つ大らかさなどを持った人間に成長して欲しいといった願いが込められます。 例えば、海や空といった漢字を名前に付けることで自然の持つ大らかなイメージを子供に託すことができます。 他にも太陽や風といった漢字を使うことで、自然の偉大なイメージを子供に託すことができることから人気の名付け方です。 自然のイメージから名付ける場合は、子供がありのままの自分に自信を持って生きていった欲しいと願う人もいます。 そんな自己肯定感を持った子供は、自分なりの幸せを見つけられることにつながると言われています。 自己肯定感を持った子供に育てる方法は以下のサイトで詳しく紹介されているので参考になさってください。 理想のイメージから連想するという名付け方は、親の願いをダイレクトに込めた名付け方であることから人気があります。 太陽のように明るい子に育って欲しい場合には「陽太」(ひなた)と名付けたり、幸せな人生を送ってほしいと願う場合には「幸人」(ゆきと)と名付けるなど、両親の願いを込めた名前の付け方にすることで、子供に対する愛情を込めることができます。 明るい子供や幸せになれる子供は、長所を伸ばせるよう褒めながら育てることが重要であると言われています。 褒めて育てることで子供は自己肯定感を持てるようになって家庭の雰囲気も明るくなり、幸せな日々を送れると考える人もいます。 褒めることで能力を育む方法は以下のサイトで紹介されているのでお役立てください。 赤ちゃんが生まれてから名前を付けるまでに時間がかかってしまい14日を過ぎてしまう場合は、念のため提出先の役所に連絡しておくと良いでしょう。 子供の名前の付け方を把握してより良い名前をつけましょう 子供の名前の付け方は様々ですが、子供に幸せな人生を歩んでほしいという願いは同じですので、より愛情を感じられる名前を付けてあげましょう。 赤ちゃんが生まれると夫婦関係は変わっていくと言われています。 赤ちゃんがいるかどうかで夫婦関係は二極化する傾向があると言われているので、今後の参考のために以下の記事もご覧ください。 夫婦関係を円満にして居心地の良い家庭環境を作ることはより良い子育てに重要であると言われています。

次の

赤ちゃんの名前の決め方は?人気の名前・名付けで注意したいこととは

赤ちゃん 名前 決め方

Contents• STEP1 候補を出す まずは、たくさんの名前候補を出しましょう。 そして、思いついた名前は必ずノートや携帯などに一覧としてメモしておきます。 もしかしたら、「子どもができたら、絶対この名前を付けたい!」と決めていた方もいるでしょう。 それでも、普段から 気になった名前や、ひらめいた名前は忘れずにメモをしておくのが良いです。 妊娠中に良い出来事や思い出が作られたり、逆に不安になる出来事が起こるかもしれません。 その度にお母さんは妊娠するまでとは違う、いろいろな感情を持ちます。 そしてついに出産し、赤ちゃんに出会えた時の感動は経験した人にしかわからないでしょう。 そんな気持ちの変化に合わせて、赤ちゃんの名前のイメージも変わっていくものです。 名前の候補の出し方もいろいろあります。 音の響き、声に出したときの呼び名から入る人もいれば、好きな漢字、使いたい漢字から候補を広げる人もいます。 文字数から漢字一文字の名前にしたい、ひらがなで三文字の名前にしたい、などの希望があるパパママもいるでしょう。 近年人気なのはイメージから名前を決める方法です。 例えば、強くてたくましい男の子に育ってほしいので「剛生」「鉄也」「逞」「雄大」などの名前。 例えば、海を連想させるような名前の女の子、と思えば「明海」「沙帆」「波瑠美」「帆乃香」など。 あかネムでも、イメージを重視した名前例を特集しています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 他にも、漢和辞典や国語辞典を活用して、漢字や言葉の意味をたくさん調べ、そこから名前が浮かぶ場合もあります。 名前辞典は、とにかくたくさんの名前の候補を見てみたいとき重宝します。 ピンとくる名前があるかもしれません。 参考記事: この 名前の候補を出す段階では、難しいことは考えず、 自由にたくさん発想しましょう。 STEP2 候補を絞る スポンサーリンク 候補を自由に出したら、そこから候補の数を絞っていきます。 オススメは、赤ちゃんが生まれる予定日までに、できれば 3つくらいまでに絞っておくことです。 赤ちゃんが生まれてから出生届を出すまでの期間は14日間。 これまでに、名前を一つに決めなくてはならないからです。 出産してからはママの身体も疲れていますし、ものすごく忙しい日々が始まります。 旦那さんとゆっくり名前の相談をすることも、ままならない場合が多いです。 さらに、産後のホルモンバランスの急激な変化で、涙もろくなったり逆にハイテンションになったり。 冷静に物事を考えらるのは難しいと思っている方が良いでしょう。 そんな状態で名前の候補が絞りきれていないと、結構たいへんです。 さて、STEP1の段階ではプラスのイメージで、あれもこれもと自由に候補を出しますが、 絞る段階であるSTEP2は、 消去法を使います。 読みやすさや書きやすさ、名字とのバランス、姓名判断を重視するなら名前の画数、などいろいろなチェックポイントがあります。 詳細なチェックポイントは別の記事で紹介します。 様々な角度からチェックした上で、気に入った名前を実際に紙に書き出してみましょう。 名字と合わせて、 漢字で縦書き・横書きの両方で必ず書いてみます。 大きく書いて、少し遠くから眺めてみたときの印象はどうでしょうか? そのときの印象で、候補から外すのか、それとも残すのかを決めて名前を絞り込んでいきましょう。 ここまで候補を絞れた段階で、できれば、両親・親戚や知人にみてもらいたいものです。 あくまでも参考意見として感想を聞くだけですが、第3者の冷静な視点というのも大切です。 「こんな読み間違いや聞き間違いがありそう」「こんなあだ名をつけらない?」など、パパママだけでは気づかなかった注意点が見つかるかもしれません。 感想を聞くときのポイントがあります。 』 のように、批判的な意見も積極的に教えてほしいというメッセージを伝えることです。 パパママが想いや願いを込めて一生懸命考えた名前。 たとえ候補の段階であっても、親しい間柄であればあるほど、あなたが考えた名前を非難するのはなかなか難しいものです。 生まれてくる子どもに苦労をさせたくないからこそ、悪いイメージも含めて感じたことを教えてほしい、という姿勢で聞いてみましょう。 ただ、両親や祖父母など世代の異なる人は、名前に対する感覚も違うものです。 これまでは名前には適さないとされていた漢字を使っていたり、変わった漢字の読ませ方をする名前でも、人気の名前ランキングで上位に入ったりします。 名付け方にも時代を反映した流行があることを踏まえると、 同世代の友人の意見が一番安心して聞けたりもします。 STEP3 一つに決める 最後の、赤ちゃんの名前を一つに決める段階です。 最後はインスピレーションです。 赤ちゃんが無事に生まれたら、赤ちゃんの顔を見て、決定しましょう。 これまで、妊婦健診のエコー写真やエコー動画で、赤ちゃんの顔を見てきたことでしょう。 そのお顔と、実際にお母さんのお腹から出てきた赤ちゃんのお顔は、だいぶ印象が違うものです。 出産の感動と、誕生の感動も相まって、これまでとは違うインスピレーションがあったりします。 赤ちゃんが生まれ、顔を見たときに名前が決まった、というパパママの話をよく聞きます。 別の名前にしようと思っていたのに、初めて赤ちゃんの顔を見たら別の名前が思い浮かんだ、というケースもあるのです。 赤ちゃんが生まれてすぐに決めなくては、と焦る必要もありません。 もし名前を一つに絞っていたとしても、生まれた赤ちゃんを見て「ちょっとイメージと違ったぞ?」というときは、これまでの候補リストを見直しましょう。 出産後は、抱っこしたり授乳したりオムツ替えをしたり。 赤ちゃんと触れ合う時間がたくさんあります。 提出まで14日間という時間があるのですから、インスピレーションが沸かなくてもじっくり悩んで考えて決めてあげてください。 名前の決め方は人それぞれ ここまで、名前の決め方を3段階に分けて紹介しましたが、名前の決め方は人それぞれです。 生まれてからも名前が決まらず、期限ギリギリまで悩んでようやく一つに決まったという方もいます。 赤ちゃんの名前を決めるまでに、本当にたくさんたくさん悩むと思います。 でも、「良い名前を付けてあげたい!」という気持ちであれこれ考えるのは、 今しかできません。 悩みながらも、ぜひ楽しんで名前を考えてみてください。 赤ちゃんが大きくなったら、名前の由来や決めるまでの出来事をお話してあげてくださいね。 子どもたちは愛情を感じ、嬉しく、幸せな気持ちになるはずです。 あなたの赤ちゃんにぴったりの素敵な名前がみつかりますように。

次の

【女の子の名前人気ランキング】文字数や珍しさ、響きがいい名前一覧&センスのいい名前の付け方をチェック!

赤ちゃん 名前 決め方

この記事に書いてあること• 2004年に人名用漢字が488字追加されたことにより、漢字の組み合わせがしやすくなったためだと考えられます。 名前を実際に口に出してみると名前には呼びやすい音と呼びにくい音があります。 日本人には馴染みのある名前でも海外の方には呼びにくい名前もあり、国際社会に対応するため、海外の方でも呼びやすい名前やニックネームにした時に呼びやすいようにするなど時代に合わせた変化が起こっています。 近年、男の子のでは2015年まで7年連続で「はると」がトップで人気です。 「はる」という音は男女ともに人気があります。 「まさと」など「と」で終わる名前も男の子の名前として人気があります。 女の子では「めい」や「ゆい」といった優しい響きを感じる名前が人気です。 以前はママやパパなど家族の名前から1文字とってつけるというパターンが多かったですが、 最近は気に入った漢字を使うケースが増えています。 好きな漢字の読み方を変えて使う方法もあり、本来とは違う読み方をさせます。 漢字に制限はあっても読み方に制限はないため多様化しやすく、あまりに読めないために「キラキラネーム」と言われることもあります。 <名前に使える文字> 人名に使える文字は「常用漢字」「人名用漢字」「平仮名」「カタカナ」になります。 国が指定した漢字以外は戸籍に登録することができません。 過去には使えない漢字として人名漢字から削除されたり、意義を申し立てて追加されたりした例もありますが時間がかかります。 せっかくつけた名前の漢字が使えないといけませんので、しっかりと調べてから役所に提出をするようにしましょう。 男の子には「知的」「カッコいい」といったイメージが人気で「元気に飛び回る姿」を連想しやすい「翔」という感じが人気で「しょう」と読ませたり、「と」と読ませたりして使われます。 女の子には「華やか」や「優しい」といったイメージや「花」や「桜」「咲良」など植物を連想させる名前、春のような暖かい季節のイメージの名前などが人気があります。 スポンサーリンク その他の名前の決め方 「これも、あれもいいな」など悩んで、悩んで…もう困った! となるパパやママは多いことでしょう。 そんな時、今までと違う視点から見てみると決定打になることもあります。 <イニシャルで決める> 持ち物などイニシャル表記をすることもあります。 バランスのよいイニシャルや他の物を連想させるイニシャルはやめようなど参考にしてみてはどうでしょうか。 <偉人・有名人を参考に> 候補の名前と同じ有名人にはどんな人かを見てみましょう。 「この人のようになってほしい」と尊敬する人にあやかってみるとイメージがしやすいですね。 <姓名判断で決める> 名前を決める際、字画や漢字の組み合わせよって姓名判断をして決めることもあります。 「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」の5格に分けて吉凶を判断します。 出生届を出す 出生届とは、赤ちゃんを戸籍に入れる手続きとなります。 親の住民票のある役所で365日24時間いつでも受付をしてもらえますが、 赤ちゃんが産まれてきた日から14日以内に提出しなければいけません。 つまり、14日がリミットとなり、それまでに「よみがな」「漢字」の両方を決めなくてはいけないということになります。 スポンサーリンク 赤ちゃんの名前の決め方。 3つのポイントから考えよう! まとめ 赤ちゃんの名前の決め方について、説明しました。 名前は基本的に赤ちゃんが産まれてから死ぬまでの長い間ずっと使うことになります。 そんな名前だと思うと色々な思いがこみ上げてきてなかなか決められなくなります。 私も「これにしよう!」と決めていた名前でも「でも、やっぱり…」と考えてしまったり、姓名判断だと良くない結果だったと知ると「字画を増やした方がいいのではないか」と考え直したりしました。 でも、悩んで、悩んで考えた名前には愛着が沸きます。 名前の候補が決まってくるとお腹の中の赤ちゃんに「こんな名前はどうかな? 」「あれ、動いた!! 気に入ったのかな? 」なんて話しかけながら過ごすママも多いのではないでしょうか。 大切な名前ですが、ママやパパが頑張って考えて、愛情を持って読んでくれることが赤ちゃんにとっては一番うれしいことです。 考える時間も楽しんでくださいね。

次の