東横 線 定期 券。 Suica、Pasmo定期の購入方法についてJR横浜線

通勤・通学定期券

東横 線 定期 券

(単位:円) 通勤定期旅客運賃 横浜 7,210 7,210 7,210 8,030 8,030 20,550 20,550 20,550 22,890 22,890 38,940 38,940 38,940 43,370 43,370 新高島 7,210 7,210 7,210 8,030 20,550 20,550 20,550 22,890 38,940 38,940 38,940 43,370 みなと みらい 7,210 7,210 7,210 20,550 20,550 20,550 38,940 38,940 38,940 馬車道 7,210 7,210 20,550 20,550 38,940 38,940 日本大通り 7,210 20,550 38,940 元町・ 中華街 凡例 上段 1ヶ月 中段 3ヶ月 下段 6ヶ月 (単位:円) 通学定期旅客運賃 横浜 4,460 4,460 4,460 4,940 4,940 12,720 12,720 12,720 14,080 14,080 24,090 24,090 24,090 26,680 26,680 新高島 4,460 4,460 4,460 4,940 12,720 12,720 12,720 14,080 24,090 24,090 24,090 26,680 みなと みらい 4,460 4,460 4,460 12,720 12,720 12,720 24,090 24,090 24,090 馬車道 4,460 4,460 12,720 12,720 24,090 24,090 日本大通り 4,460 12,720 24,090 元町・ 中華街 凡例 上段 1ヶ月 中段 3ヶ月 下段 6ヶ月 連絡割引定期券(大人) 東急電鉄 株 との連絡定期券を1枚でご購入された場合は、次表の運賃を適用します。 東急電鉄 各路線の乗車料金は、 をご覧下さい。 区分 年齢 運賃 大人 12歳以上 13歳未満の小学生は小児 大人運賃 小児 6歳以上~12歳未満 6歳でも小学校入学前は幼児 大人運賃の半額 きっぷをご利用の場合は、10円未満の端数は切り上げ、ICカード乗車券をご利用の場合は、1円未満の端数は切り捨て 幼児 1歳以上~6歳未満 単独で乗車の場合は小児運賃を適用します。 なお、大人や小児が同伴する場合は、2名まで無料となります。 乳児 1歳未満 無賃 障がい者(身体障がい者、知的障がい者)とその介護者(1名)が乗車券の種類、乗車区間および有効期間の同じ乗車券を同時に購入し、共にご乗車になられる場合は、割引運賃を適用します。 第1種障がい者とその介護者の方は、普通乗車券、回数乗車券、定期乗車券(小児は除く)が5割引となります。 第2種障がい者とその介護者の方は、定期乗車券(障がい者の方が小児のみ)が5割引となります。 なお、10円未満のは数は、切り上げます。 発売の際、手帳(身体障害者手帳・療育手帳・愛の手帳等)の内容を確認させていただきます。 障がい者割引をご利用のお客様とその介護者の方がICカードをご利用の場合は、ご乗車の際に自動改札機にタッチしていただき、降りる駅では自動改札機にはタッチせず、改札窓口にて手帳とICカードをご呈示ください。 手帳の内容を確認し、ICカードから割引運賃を減額させていただきます。 ICカードは1人1枚ご用意ください。 乗継割引 みなとみらい線 新高島駅、みなとみらい駅、馬車道駅と次の各駅相互間を連絡乗車券またはICカード乗車券 定期券区間が含まれる場合を除く で乗車する場合の運賃は、大人20円 小児10円 の割引となります。 東急線 反町~白楽各駅• 京急線 神奈川~子安各駅および戸部、日ノ出町• 1枚のICカードでご利用ください。 連絡定期券割引 有効期間内である場合に限って、次の計算方法により払戻しします。 ただし、有効期間開始後7日以内に不要となった場合は、計算方法が異なりますので、係員にお尋ねください。 使用月数の1ヶ月未満のは数は、切り上げます。 定期券の区間変更・払戻しのお取扱いは、横浜駅の定期券うりばで行います。 みなとみらい線のご利用にあたっては、「旅客営業規則」等の運送約款が適用になります。 (2020年4月1日現在) 詳しくは下記リンクから、もしくは駅備え付けの約款をご覧ください。

次の

他鉄道会社から東京メトロ線をご利用のお客様へ

東横 線 定期 券

現状では先にも書いた通り、 石神井公園から副都心線・東横線経由で菊名までは購入できます。 ですので、分けるのは菊名がよいでしょう。 だぶるーと定期券は西武と東京メトロの間でのみ発売で、 東急までまたがって買えません。 また石神井公園~渋谷をだぶるーと定期券にすると、 ひと月の定期代が約2千6百円ほど高くなります。 ちなみに私は今、西武線から有楽町線方面へ通勤していますが、 だぶるーと定期券にしようとしたものの同じ様に高くなり、 そこまで払ってまで利用する価値もないので、 西武線池袋~練馬を利用する場合は、チャージや回数券を使っています。 ----- 西武池袋沿線在住です。 後で帰ったら確認しますが できれば夜まで待って戴ければ幸いです 、 西武~小竹向原経由東京メトロ~東急は、一枚で購入できるはずです。 直通運転が開始されたら、渋谷での改札がなくなります。 ですので、渋谷で区切るのはナンセンス。 ですので「菊名」で分割し、 JR側の定期は磁気定期にするのが妥当だと思います。 両方ともPASMOとSuicaのICカード定期だと、 菊名の連絡改札はスムーズに抜けられません。 実際その経路で途中に改札があるのは菊名だけですからね。 ところで、回答者のshirleylsixtyさんへ。 経路について回答されていますが、ちゃんと調べて回答しているのでしょうか。 nyakyana0215さんご提示の経路は、約1時間20分、通勤1ヶ月27,220円、 副都心線と東横線が乗り入れるようになれば乗換1回。 所沢や八王子を回ると、約1時間50分、通勤1ヶ月35,560円、乗換4回。 おまけに逆方向は本数や接続も悪くなります。 どう考えてもこの区間の通勤利用で八王子経由だなんてありえません。 何でもかんでも思いつきで回答しない方が良いと思います。

次の

他鉄道会社から東京メトロ線をご利用のお客様へ

東横 線 定期 券

Suica、Pasmo定期の購入方法についてJR横浜線-東急東横線-東急目黒線-東京メトロ南北線 通勤定期の買い方について、アドバイス頂ければ幸いです。 現在、JR横浜線小机から、飯田橋まで通勤しております。 通勤経路は 『小机』-JR横浜線-『菊名』-東急東横線-『日吉』-東急目黒線-『目黒』-東京メトロ南北線-『飯田橋』 です。 現在、小机~日吉までのSuicaと日吉~飯田橋までのPasmoを使用しておりますが、 日吉での乗り換えが東急線同士なので改札無し(隣のホーム)、目黒からの南北線も 目黒線からの直通相互乗り入れであるため、実質乗り換えはありません。 そのため、降車の際に使用する定期に入場記録が無い為、都度、駅係員のいる改札を探し、 乗車の際に使用した定期から入場記録を消してもらい、切符か入場券のようなものをもらい、 それを改札にとおして、改札を出なくてはなりません。 この毎回の手間を無くす、定期の買い方がございましたら、お知恵をお貸しください。 補足最寄の小机駅の定期を発行している券売機で、操作したのですが、降車駅として 南北線の飯田橋を選択することができませんでした。 そのため、購入できるところまで買って、残りをPasmo定期として購入しました。 mygencomさんのご提供いただいたリンクを拝見すると確かに買えそうですが、 以前、Suicaでは2社以上の連絡定期は買えないと駅員さんに 言われたことがあったのですが、改良されたのでしょうか。 その経路は1枚の連絡定期券にできますけど。 PDFの8です。 そもそも東急東横線でも東急目黒線でも同じ東急ですから、通しで定期運賃を計算できるはずで、途中の日吉で分ける理由がよく分かりませんが... まあ、それは置いといて。 JR東日本のみどりの窓口(または黒い券売機・指定席券売機)または東京メトロの定期券売り場(または定期券自動券売機)でどうぞ。 JR東日本ではSuica定期券、東京メトロではPASMO定期券にできます。 東急は中間ですので、購入できません。 両方の定期券が切れるタイミングで切り替えるのがよろしいかと。 タイム(デイ)ラグがある場合は、回数券やチャージでしのぐしかないでしょう。 ホームページに記載されている情報が間違っているならそちらの方が問題です。 JRに限らず、駅員はルールをよく知らない(3社以上の連絡定期券は基本できないなどと思い込んでいる)場合があるので、まずは小机駅のみどりの窓口で聞いてみてください。 今、ネットde定期のサイトを(経由を日吉として)検索したら、問題なくおっしゃる経路が出ました。 これで申し込めば、アホな駅員がなんと言おうと、スムーズに購入できます。

次の