胸椎 圧迫 骨折 治療 期間。 圧迫骨折の際の安静期間について

圧迫骨折の治療法を調べた!いつまでも治らないあなたの為に

胸椎 圧迫 骨折 治療 期間

こんにちわ。 腰痛治療家で理学療法士の平林です。 高齢者に多い骨折の代名詞として、 【圧迫骨折(あっぱくこっせつ)】というのがあります。 あなたは、圧迫骨折というのを聞いた事がありますか? きっと、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 で、【圧迫骨折】というのはちょっとやっかいでして。 そのまま放置しておくと、腰が丸まってしまい、背骨が丸まったおばあちゃんのように背骨が変形してしまう可能性があります。 背骨が丸まったまま変形してしまうと、背筋を『ピンッ』と伸ばす良い姿勢が一生できなくなってしまいます。 あなたは、このままでいいと思いますか? 一生、姿勢が丸まってしまう状態なんて・・・どうでしょうか? 考えただけで、嫌だなぁ・・・と思いますよね。 想像したくないことでしょう。 で、 圧迫骨折というのは、日常的に姿勢が悪くなってしまったことにより生じてしまいます。 丸まった姿勢によって、背骨が曲がってしまい変形してしまうのです。 結果、背骨が潰れて、骨に亀裂が入ってしまう。 といった流れが圧迫骨折なんです。 なので、圧迫骨折は姿勢が悪くなってしまった高齢者に多くなる。 ということが言えるのです。 でも、 圧迫骨折になってしまったからといって痛みが治らない。 というわけではありません。 圧迫骨折の痛みは治す(軽減)事ができるのです。 そこで、今回は、 【圧迫骨折と高齢者の治療】 について話したいと思います。 高齢者の圧迫骨折で気を付けたい事• 骨粗鬆症は圧迫骨折になりやすいのか?• 圧迫骨折は、骨が治らないのか? といった、3つの観点を含めて伝えたいと思います。 今回の記事を最後まで読んで、圧迫骨折の高齢者の治療について理解していただき、あなたの悩みの解決のお手伝いができたらうれしく思います。 それでは、本日もよろしくお願いいたします。 1 高齢者の圧迫骨折の治療で気をつけたい事。 高齢者に多い、圧迫骨折。 この治療で気をつけたいことはどういったことなのでしょうか? 圧迫骨折になってしまうと、治療としては、コルセットによる装具治療と薬物療法が優先的に行われると思います。 薬によって炎症が静まるのを待つ感じになります。 その際に痛みがなくなってきたから、薬を飲むのをやめてしまった。 途中で服用するのをやめてしまう方も多くいるでしょう。 それはそれで、いいかもしれません。 しかし、 お医者さんも意図があって、薬を処方しているので飲み切る努力は必要だと思います。 また、 日常生活上でも、重い荷物をもたないようにするとか、同じ姿勢をとらないようにするなど。 日常生活で気をつける点が多くあります。 あとは、 運動療法といった、リハビリなども有効なので積極的にリハビリに努めるのがいいでしょう。 個人的には、それをおススメしたいなあと思います。 1-1 症状の進行予防をする 圧迫骨折の症状の進行予防としては、姿勢の改善が一番になります。 悪い姿勢が習慣化してしまうことが、圧迫骨折の要素として挙げられるので。 良い姿勢を意識する。 というのが進行予防の為に役にたつ事です。 また、 コルセットや投薬治療も併用していきます。 コルセットは、強制的に体を良い姿勢に固めるので、一時有効でしょう。 しかし、 長期間使用してしまうと、体の柔軟性が失われてしまうので、後に腰に痛みを呈してしまう可能性が大きくなるでしょう。 なので、 コルセットの使用には、注意をしてほしと思います。 また、投薬についても、腰の痛みに合わせて飲むのがいいでしょう。 これらの事を、頭の片隅に置いてほしいと思います。 1-2 痛みの軽減 大前提に、【痛みの軽減】を図ります。 どのようにしたら、痛みが軽減するのか?を考えることです。 薬をのんで、一時楽に感じるケースは多いでしょう。 しかし、 薬を飲むことで痛みは軽減されるのですが、軽減したからといって根本の原因が治った。 というわけではありません。 圧迫骨折の痛みが一時的に感じなくなった。 ということだけです。 なので、 一番は、コルセットや投薬に頼るのではなく、姿勢の意識や運動をして、痛みを改善させるのがいいでしょう。 是非、意識してみてください。 1-3 圧迫骨折からの不安の除去 圧迫骨折になってしまうと、不安を感じてしまうでしょう。 私の痛みは治るのかなぁ・・・• 圧迫骨折って、良くなるの?• 背骨が曲がってしまうのが進行してしまうのではないか・・・ などなど。 このように感じるのではないでしょうか? この不安感を除去するためにも、無理をするのはやめて、治療に専念しましょう。 骨折したばかりはやはり痛みが伴います。 しかし、 コルセットや投薬、リハビリをすることによって、痛みが徐々に軽減していくでしょう。 痛みが良くなったからといって無理に動くことはしないで方がいいでしょう。 少しづつ、動くのを増やしてみてください。 圧迫骨折の不安を取り除くためには、 『圧迫骨折の痛みは自然と時間が経てば消えるよ。 (良くなるよ)』 理解してもらうことだと思うのです。 なので、 圧迫骨折は、それほど怖がる必要はない。 ということを頭の片隅に置いてほしいなと思う次第です。 2 骨粗鬆症だと圧迫骨折になりやすいのか では、高齢者に多いということは、骨粗鬆症だと、圧迫骨折になりやすいのでしょうか? 骨粗しょう症だから、圧迫骨折になるということはありませんが、原因の一つに骨粗しょう症があげられます。 やはり、 転倒して、背骨の湾曲によっての骨折というのは、骨密度が低下しているとやはりなりやすい部分というのは多いです。 骨粗しょう症を改善することによって、転倒や衝撃による圧迫骨折を防ぐことが出来るでしょう。 骨粗しょう症だと圧迫骨折になりやすいと言われることに関しても、高齢者に骨粗しょう症の症状が多く見られます。 やはり骨密度がスカスカになってしまうと、衝撃に耐えられなかったりするので、骨粗しょう症の状態で圧迫骨折してしまうということもあるのです。 なので、 骨粗鬆症は圧迫骨折のリスクも高めてしまう。 ということが言えるでしょう。 しかし、 骨粗鬆症だからといって、不安になる必要はありません。 骨粗鬆症って、ほとんどの高齢者が診断される症状だと言えます。 なので、 当たり前の症状である。 と思っていいと思います。 3 圧迫骨折だと、骨は治らないのか? 圧迫骨折になってしまったら、骨は治らないのでしょうか? 腰の骨の骨折なんて、聞くと、治らないのではないかと心配してしまいますよね。 しかし、 圧迫骨折も骨折のうちの一つなので治ります。 直ぐに治るということはありませんが、治療をすれば、徐々に治っていきます。 痛みも軽減していきます。 ただ気をつけなければならないのは、高齢者に多いので、気づいたら、圧迫骨折していたなんてケースもあるのです。 高齢者になればなるほど、腰が傷んだりということもあります。 そのままほっておいて生活してしまう場合もあるでしょう。 なので、 少しでも腰に違和感を感じたら、病院を受診するのもいいかもしれません。 4 まとめ 高齢者に多く、なかなか気づきにくいのが圧迫骨折です。 ただ、骨折なので、適切な治療を受ければ治ります。 その治療を邪魔しないように、圧迫骨折になってしまったら、 決して無理はしないように、早めに感知する道を選ぶようにしましょう。 また、 高齢者になってくると転倒しやすくなったりするので、転倒にも気をつけましょう。 腰は体でも大事な部分なので、 骨折してしまうことによって生活に支障をきたしてしまいます。 不自由な生活をうけないためにも日常から腰周りの筋肉を鍛えたり、骨粗しょう症にならないような生活を心がけましょう。 日常生活で、圧迫骨折のリスクを下げるような努力をすることが大事になると思うのです。 是非、あなたにも取り組んでほしいなぁと思う次第です。 今回の話もあなたの役に立てばうれしく思います。 本日も最後までありがとうございました。

次の

「圧迫骨折」と「破裂骨折」の違いとは?入院期間や完治までの期間に差は?

胸椎 圧迫 骨折 治療 期間

背骨についておさらい。 それぞれ、 ・頸椎(けいつい):7個 ・胸椎(きょうつい):12個 ・腰椎(ようつい):5個 ・仙椎(せんつい):5個 ・尾椎(びつい):3~6個 と呼ばれています。 脊椎圧迫骨折の好発部位とその原因 好発部位 脊椎圧迫骨折の好発部位は、 第12胸椎〜第1腰椎の移行部が最も多いです。 次いで第7〜8胸椎が多く、第2〜5腰椎と続きます。 骨折の原因 脊椎骨折の原因には、 ・骨折のきっかけがある場合 ・骨折のきっかけがない場合 があります。 圧迫骨折の原因がある場合 骨折に至る原因には、 ・直達骨折(じきたつこっせつ) ・介達骨折(かいたつこっせつ) の2つがあります。 直達骨折とは・・・ 直接、骨折部分を打ち付けた場合に起こる骨折のことをいいます。 例えば、 転倒して腰を打ち付けたり、交通事故などで起こるものが直達骨折にあたります。 直達骨折の場合は、棘突起(きょくとっき)の骨折や脊髄損傷(せきずいそんしょう:神経の損傷のことをいう)を伴うほどの重症な骨折もあります。 介達骨折とは・・・ 「ドスン!」と尻もちをつくことで、脊椎に垂直方向への軸圧(じくあつ)が加わる骨折のことをいいます。 高齢者の場合では、圧倒的に介達骨折が多いです。 骨粗鬆症を伴っている場合には、椅子に腰掛けただけ、腰を捻っただけでも骨折してしまうことがあります。 圧迫骨折の原因がない場合 骨粗鬆症で骨が脆くなっているために、明らかな外傷(原因)がないのに骨折している場合があります。 高齢者では、きっかけなく骨折している場合もよくあります。 なぜか腰が痛く、病院に診察に行くと、「圧迫骨折をしている。 」と診断されることもしばしばあります。 本人も気づかないくらいの外力で骨折しており、腰の重圧感などのはっきりしない症状として現れます。 高齢者で背中が前のめりに曲がっている人を見かけることは多いと思いますが、これは脊椎が過度に後湾(円背)しているためです。 こういった高齢者では、過去に多椎体の骨折を呈していることが多いです。 スポンサーリンク 脊椎圧迫骨折の痛みはいつまで続くの? 脊椎圧迫骨折の症状としては、腰の激痛です。 急性期の場合には、ベッドの上で寝返ったり、ベッドから起き上がるだけでもかなりの疼痛が走ります。 骨折当初は少し動くだけでも激痛が走り、 1〜2週間くらいは動けないくらいの痛みがあります。 そのため、安静臥床を余儀なくされるのですが、徐々に痛みは軽減していきます。 骨折から1ヵ月ほど経つと、痛みはかなりマシになっています。 といいますのも、骨が強くなってくる仮骨形成(かこつけいせい)の時期が1ヵ月であるため、それに伴って痛みも軽減していくと考えられます。 参考記事) 脊椎圧迫骨折の治療 脊椎圧迫骨折の治療には、外科的治療と保存的治療があります。 外科的治療 従来は脊椎固定術で骨同士を固定する手術が主流でしたが、最近ではBKP(Baiion Kyphoplasty)を行う病院も増えています。 BKPとは、重度の椎体骨折や保存治療後の偽関節(骨がくっつかなかった)に対して行われている手術です。 椎体内に風船のついた器具を挿入し、風船を膨らませた後にセメント(短時間で固まる)を注入します。 BKPは平成24年から保険適応となった手術です。 保存的治療 脊椎圧迫骨折の約90%は、保存的治療を行います。 保存的治療では、安静とコルセットでの患部固定が主な方法となります。 コルセットはいつまで着けていればいいの? 脊椎圧迫骨折後、保存療法を選択する場合、上の写真のような コルセットと呼ばれる体幹装具が処方されます。 仮骨形成が最低でも1ヵ月と考えれば、コルセットの着用時期は 最低でも1ヵ月以上ということになります。 仮骨といっても、完全に骨癒合しているわけではありませんので、 コルセット着用期間は一般的に1~3ヵ月と言われています。 もちろん、骨折の状態や骨癒合の状態にもよりますので、医師の指示に従いコルセット除去の時期を決定していきます。 特に過度の脊柱後湾で手術をしている場合には、半年間の着用との指示を受ける場合もあります。 コルセットを着けていても注意しておきたい動きは? コルセットを着けていても骨に対して弱い動きがありますので、簡単に解説します。 コルセットはお辞儀をする動き(脊柱屈曲)や背中を反り返る動き(脊柱伸展)、体幹を横に倒す(脊柱側屈)方向への動きを制限しています。 しかし、体幹を捻る (回旋方向)へは動きはほとんど制限していません。 なので、脊椎と骨盤の分離した動きは避けるべきです。 寝返りや後ろを振り返るなどの動きでは、 脊柱と骨盤を一本の柱のようなイメージで身体全体を回旋させます。 また、 ドスンと椅子に座る場合も危険です。 骨に対して垂直への軸圧が加わり、再骨折を起こす可能性があります。 手術をしていれば患部の固定性は強いのですが、その前後の骨が折れてしまうこともあります。 なので、慌てずゆっくりと腰かけることを意識しましょう。 関連記事).

次の

圧迫骨折完治までの治療期間

胸椎 圧迫 骨折 治療 期間

脳神経外科の病気:胸腰椎椎体骨折(圧迫骨折)• 骨粗鬆症が原因で軽い尻餅でも骨折 骨粗鬆症という全身の骨の強度が低下する病気がもとになります。 高齢の女性に多く、尻餅や転倒などの軽いけがでも骨折を起こします。 手足の骨の骨折と違ってポキッと折れるのではなく、つぶれるタイプの骨折です。 けがをしていなくても日常生活のなかで「いつの間にか骨折」をしていることもあります。 胸椎や腰椎の椎体骨折が発生すると、背中や腰に強い痛みを生じます。 この痛みは寝起きや立ち上がりなど姿勢を変えるときに強く、安静に寝ていると軽減します。 多くの患者さんは数カ月間で骨癒合して治りますが、椎体の変形がある程度起こり、背中が曲がったり身長が縮みます。 椎体が極端に潰れると骨片が脊柱管に突出して神経を圧迫し、下肢の疼痛やしびれ、筋力低下を引き起こし歩行困難となることもあります。 コルセット装着で骨癒合に期待 椎体骨折の治療はコルセットを装着して骨折部の安静を図り、骨癒合を期待することです。 疼痛が強い場合には鎮痛剤を使用します。 骨癒合だけ考えると安静臥床がいいのですが、長期間の安静臥床は筋萎縮を招いて歩行困難となるので、早期にリハビリテーションを併用して離床と歩行の訓練を行います。 骨粗鬆症は骨折を起こした骨だけが弱くなっているのではなく、全身の骨が弱くなっており、骨折の再発防止には、骨粗鬆症自体の治療も大切です。 食事や運動、内服などの治療があり、注射で骨を強化する治療もあります。 コルセットや薬剤、リハビリテーションなどでも効果がでず、疼痛が長期化する場合には手術療法を検討します。 最近ではバルーン併用経皮的椎体形成術といって、骨折でつぶれた椎体の中にバルーン(風船)を入れて潰れた椎体の形を整復しセメントを注入する治療も行われています。 下肢の運動麻痺や排尿障害などの神経障害がある場合は、金属スクリューを使用した脊椎固定術が必要ですが、高齢者では複雑な合併症をかかえていることも多く、手術法は一概には決められません。

次の