キングダム サジ。 映画『キングダム』の気になるキャスティング……王騎は? 楊端和は!? 結果的に大正解だった!!

キングダム「羌瘣のゾクッの理由は?」

キングダム サジ

『キングダム』は、驚きの展開に圧倒されて、ページをめくる手が止まらず、泣いている暇が無かったんですよね。 (次の展開!次の展開と急いでページをめくれない) ここは…こんなに良いシーンだったのか…。 素晴らしいライティングのなか、登場人物の目から涙がこぼれ落ちる瞬間に感動しました。 映像だとその瞬間をつぶさに見ることが出来る。 これぞ映像ならではの醍醐味! 目の前で展開される名シーンの数々は、充分わかっているつもりでいたキングダムの魅力を、更に深めてくれたような気がします。 バジオウ、タジフ、ランカイのファンは多少物足りなさを感じるでしょうが テーマを漂と信の絆に絞りこんだところにブレが無く 追加されたシーンは、後半の伏線やテーマに繋がり、 残念ながらカットされた要素やシーンは、カットする事でテーマを際立たせていました。 ケレン味溢れるアクションが最高で、イケメン二人が抱き合うシーンはそれだけで尊い(ー人ー) 雄大な景色と重厚な音楽からは、改めてキングダムが持つ歴史絵巻のスケールの大きさを感じて鳥肌が立つほど。 益々キングダムの世界に惚れる映画でした。 だいたい、漫画として既に完成されている作品を別の媒体で焼き直す事自体が愚の骨頂であり、まんま再現出来る訳がない。 所詮は二次創作なのだから、そこに映画として語りたいテーマや、映画ならではの表現、映画にしか出来ない事が詰まっていないと意味が無い。 ・フクロウ テンちゃんの可愛さは無理なのでは? ・異様さとコミカルな一面を持つムタは、どんな扱いになるのか? ・王騎は普通にカッコイイ将軍になってしまうのでは?? 結論としては、どれも納得のいく仕上がりでした! とくに橋本環奈ちゃんは、もはや二次元には欠かせない存在。 こうきたか!! 確かにこれなら、イケメン鑑賞目当ての女子も引かずに見られそう。 実際、漫画のコマは時間を自由自在に操れるので、物語から横道にズレるコマを映像に取り込むのは難しい。 例えばシリアスなキャラが、一コマだけ突然三頭身になってツッコミを入れても、次のコマでは何事も無かったかのようにストーリーの本筋に戻る事ができる。 これが漫画の凄いところで、読者も物語の間に差し込まれたコマであることを理解して読み進んでいる。 映像だと、ツッコミを入れている時間が経過するので、そこから本筋へ戻すのは一苦労。 やれなくもないが、そこに労力をかけても仕方ない。 そこは映画らしく、映画の魅力で勝負してきた感じでした。 王騎は…ご自身でご確認ください。

次の

映画「キングダム」公式サイト

キングダム サジ

『キングダム』は、驚きの展開に圧倒されて、ページをめくる手が止まらず、泣いている暇が無かったんですよね。 (次の展開!次の展開と急いでページをめくれない) ここは…こんなに良いシーンだったのか…。 素晴らしいライティングのなか、登場人物の目から涙がこぼれ落ちる瞬間に感動しました。 映像だとその瞬間をつぶさに見ることが出来る。 これぞ映像ならではの醍醐味! 目の前で展開される名シーンの数々は、充分わかっているつもりでいたキングダムの魅力を、更に深めてくれたような気がします。 バジオウ、タジフ、ランカイのファンは多少物足りなさを感じるでしょうが テーマを漂と信の絆に絞りこんだところにブレが無く 追加されたシーンは、後半の伏線やテーマに繋がり、 残念ながらカットされた要素やシーンは、カットする事でテーマを際立たせていました。 ケレン味溢れるアクションが最高で、イケメン二人が抱き合うシーンはそれだけで尊い(ー人ー) 雄大な景色と重厚な音楽からは、改めてキングダムが持つ歴史絵巻のスケールの大きさを感じて鳥肌が立つほど。 益々キングダムの世界に惚れる映画でした。 だいたい、漫画として既に完成されている作品を別の媒体で焼き直す事自体が愚の骨頂であり、まんま再現出来る訳がない。 所詮は二次創作なのだから、そこに映画として語りたいテーマや、映画ならではの表現、映画にしか出来ない事が詰まっていないと意味が無い。 ・フクロウ テンちゃんの可愛さは無理なのでは? ・異様さとコミカルな一面を持つムタは、どんな扱いになるのか? ・王騎は普通にカッコイイ将軍になってしまうのでは?? 結論としては、どれも納得のいく仕上がりでした! とくに橋本環奈ちゃんは、もはや二次元には欠かせない存在。 こうきたか!! 確かにこれなら、イケメン鑑賞目当ての女子も引かずに見られそう。 実際、漫画のコマは時間を自由自在に操れるので、物語から横道にズレるコマを映像に取り込むのは難しい。 例えばシリアスなキャラが、一コマだけ突然三頭身になってツッコミを入れても、次のコマでは何事も無かったかのようにストーリーの本筋に戻る事ができる。 これが漫画の凄いところで、読者も物語の間に差し込まれたコマであることを理解して読み進んでいる。 映像だと、ツッコミを入れている時間が経過するので、そこから本筋へ戻すのは一苦労。 やれなくもないが、そこに労力をかけても仕方ない。 そこは映画らしく、映画の魅力で勝負してきた感じでした。 王騎は…ご自身でご確認ください。

次の

映画『キングダム』の気になるキャスティング……王騎は? 楊端和は!? 結果的に大正解だった!!

キングダム サジ

俳優・山崎賢人が主演を務める映画『キングダム』がきょう30日までの公開42日間で、動員370万人、興行収入50億円を突破したことがわかった。 今年公開された実写邦画では1位となる大ヒットで、アメリカ、カナダ、ドイツ、韓国、台湾など海外でも放映が決定。 6月20日に最も早い公開を迎えるシンガポールに山崎が駆けつけ、公開記念としてプレミアムイベントに参加した。 現地時間27日に行われたイベントにはシンガポールのほか、中国やマレーシアなどからもメディアが訪れ、山崎は演じた信について 「天下の大将軍を目指してまっすぐ突き進みます。 その姿勢にとても共感しますし、僕も自分の信じた道をまっすぐに進んでいきたい」と今後の目標を語った。 印象に残っているシーンについては「ありすぎて選べない」と悩みながらも 「(吉沢亮が演じた)漂との別れのシーンは、原先生とお話させていただいたときに『大事なシーンなので映画でも大事にしてくれたらうれしい』とおっしゃっていたので気合いを入れました」と明かした。 さらに「『キングダム』という大作で、自分の出せるものは全部だそうと思って撮影に参加させていただきました。 プロフェッショナルが集まる現場で、自分自身の代表作になればいいなと思っていたので、(作品への好評は)とてもうれしく思っています」 とヒットが続くことに感謝も述べた。 原作は2006年1月から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中で、コミックス54巻までの累計発行部数が4000万部を突破する人気作。 紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信(山崎)と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政(吉沢)の活躍を描いた物語。 yahoo. 70代の爺さんだが日本の大河ドラマが劣化。 昔の大河は良かったが今は見る気がしない。 最近は中国の華流ドラマや映画にはまっている。 キングダムの主人公は中国春秋戦国時代の英雄。 秦の始皇帝だが日本の漫画も中国に素材を求めて成功した訳だ。 始皇帝の先祖の女帝ミーユエを2度もDVDやBSで観賞しているし、中国には歴史的な素材が沢山ある。 日本の大河は戦国、幕末以外に素材が少ない。 というより飛鳥時代や平安時代、鎌倉時代、室町時代をやってもヒットしない。 それだけ歴史に感心がない階層が多いわけだが、中国の古代は人間味のある英雄がゴロゴロいるから面白い。 キングダムに限らず世界の英雄たちのドラマも映画やドラマに採用して欲しい。

次の