下町ロケット9話。 下町ロケット シーズン1 第9話 あらすじ ネタバレ

日曜劇場『下町ロケット・ヤタガラス』第9話、日本の農家のために佃製製作所は?

下町ロケット9話

キャスト [ ] つくだ製作所と航平の家族 [ ] 佃航平 演 - つくだ製作所社長。 宇宙科学開発機構の元研究員。 江原春樹 演 - つくだ製作所 営業部 係長。 若手社員のリーダー格。 真野賢作 演 - つくだ製作所 技術部。 航平の方針に強く反発。 山崎光彦 演 - つくだ製作所 技術開発部 部長。 津野薫 演 - つくだ製作所 営業部 部長。 殿村直弘 演 - つくだ製作所 経理部 部長。 銀行からの出向。 田辺篤 演 - つくだ製作所の顧問弁護士。 特許裁判には不慣れ。 佃利菜 演 - 航平の一人娘。 航平に反発し、家を出て母親の下に行く。 佃和枝 演 - 航平の母親。 利菜を育てた。 帝国重工 [ ] 鈴木智美 演 - 帝国重工 広報部。 江原の恋人。 富山敬治 演 - 帝国重工 宇宙航空部 主任。 水原本部長の腹心。 浅木誠一 演 - 帝国重工の技術者。 誠実で実直。 つくだ製作所の優秀さを素直に認める。 田村 演 - (第4話) 帝国重工 社員。 水原重治 演 - 帝国重工 宇宙航空部 本部長。 藤間秀樹 演 - 帝国重工 社長。 財前道生 演 - 帝国重工 宇宙航空部 部長。 父親が町工場を経営していた。 宇宙科学開発機構 [ ] 本木孝 演 - 宇宙科学開発機構 研究員。 航平の元同僚。 大場一義 演 - () 宇宙科学開発機構 教授。 和泉沙耶 演 - 宇宙科学開発機構 研究員。 航平の元妻。 ナカシマ精機 [ ] 三田公康 演 - ナカシマ精機 法務担当マネージャー。 財前の後輩。 大川京一 演 - 大川総合法律事務所 代表。 ナカシマ精機 顧問弁護士。 神谷のかつての上司。 その他 [ ] 神谷涼子 演 - 神谷法律事務所弁護士。 航平の元妻・沙耶の同級生。 原作では男性の神谷修一に相当する。 財前冬美 演 - 財前の妻。 心臓が悪い。 一刻も早く「夫のロケット」を見たいと願う。 岩崎 演 - 神谷が大川事務所にいた時に倒産に追い込んだ会社の社長。 裁判官 演 - ナカシマ精機とつくだ製作所の間で行なわれた裁判を担当。 須田 演 - 企業投資会社バースパートナーズ。 本木の紹介で航平につくだ製作所売却を持ちかける。 根木節生 演 - 白水銀行 大森支店長。 つくだ製作所への融資を渋る。 テレビリポーター 演 - 羽田沙織 スタッフ [ ]• 原作 - 『下町ロケット』(刊)• 監督 - 、• 脚本 -• プロデューサー - 、• 音楽 -• エンディングテーマ - 「」()• 撮影 -• 照明 - 宮尾康史• 録音 - 重松健太郎• 編集 - 石川浩通• 美術 - 乙竹恭慶• 衣裳 - 冨樫理英、工藤あずさ• 制作協力 -• 協力 -• 製作著作 - 放送日程 [ ] 放送回 放送日 監督 第1話 2011年8月21日 鈴木浩介 第2話 8月28日 第3話 9月 04日 水谷俊之 第4話 9月11日 最終話 9月18日 鈴木浩介 原作との相違点 [ ]• 原作では神谷・坂井法律事務所の神谷弁護士は男性だが、ドラマでは女性に変更されている。 神谷弁護士が佃航平と知り合う経緯が原作と異なる。 原作では元妻・沙耶に紹介されて航平と知り合うが、ドラマでは第1回口頭弁論に参加した際、田辺弁護士が顧問を辞めさせられたという噂を頼りに、つくだ製作所まで出向いて売り込みに来た事で航平と知り合う。 帝国重工社長・藤間の読み方が異なる。 原作は「 とうま」だが、WOWOW版 では「 ふじま」。 注釈 [ ].

次の

下町ロケット

下町ロケット9話

その中で【下町ロケット】が9話連続の二けた視聴率キープとなりました。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区) 北海道地区の視聴率は14. 9% 北海道地区の【下町ロケット】9話の視聴率は、 14. (視聴率はビデオリサーチ調べ、札幌地区) 【下町ロケット】9話のネタバレあらすじ 農業機械の展示会『アグリジャパン』という公の場で、醜態を晒してしまった帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」。 信用回復のため原因究明に奔走する的場(神田正輝)や奥沢(福澤朗)たちは、最初から自分たちの落ち度の可能性は認めず、野木(森崎博之)の自動走行制御システムに問題があったと結論づける。 しかも、その原因を究明するにあたり、開発コードをよこせと無理難題をふっかけてきて……。 そんな時、親友である野木から窮地の知らせを聞いた佃(阿部寛)は怒りに震え、財前(吉川晃司)にある提案をする。 tbs. 原因は帝国重工か、野木教授(森崎博之)にあるのか…。 財前(吉川晃司)が佃の案を藤間社長(杉良太郎)に進言。 佃製作所製エンジンとトランスミッションによる無人トラクターのテストをすることになる。 佃(阿部寛)たちの走行テストスタート! 佃たちのトラクターは成功。 野木のシステムではないことが証明された、はずだった…。 しかし的場(神田正輝)や奥沢(福澤朗)は認めない。 財前は佃に調べてもらうよう要請するが的場が拒否。 藤間が現れ、うちのトランスミッションに問題ないならば堂々と検証の協力をしろと命じる。 しかし奥沢がうろたえる。 本当は帝国重工のミスかもしれない、奥沢はそう思っていた…。 藤間は「(奥沢の)製造部は降りろ」と命令。 「自分たちが世の中の中心と思っている連中に新規事業ができるわけがない!」 帝国重工のミス発見! 佃たちが調査したところ、不具合が見つかった。 野木のせいではないと分かりひと安心だ。 一方、帝国重工の利菜(土屋太鳳)は新型エンジンのバルブ採用をかけて、佃製作所と親子対決に。 全ての数値で上回った佃製作所… 佃「残念ながら、正式採用が決定したぞ!」 利菜(土屋太鳳)の心配は… 利菜は、佃製作所の跡取り問題にも悩み始めていた。 そんな中、財前から無人農業ロボットへの協力を要請される。 しかし、それはデモンストレーション対決で笑い者にされた側・大企業側につくということだ。 利菜は母・沙耶(真矢ミキ)と会食。 莉奈は甘えがあったかも、と漏らす。 失敗しても佃の跡取り娘だからそっちで活躍できると同僚に言われたことも気にしていた。 沙耶は「パパがいい技術者になれた秘訣は人の何倍も失敗してきたから」とアドバイスした。 佃航平の利菜への想い… 土手で夜空を見上げていた佃。 利菜が通りかかる。 佃「やりたいことやればいい。 お前が信じる道をいけばいいんだ。 そうすれば幸せになれると俺は信じてる。 1歩ずつ。 焦らずにな」 利菜も横になり夜空を見上げた。 【下町ロケット】9話の感想 #下町ロケット(2018. 09,21時~22時)で話題の、いいね・リツイートが多いツイートは? 藤間さん…見事なお裁き — スニボウ shin0112bow 「恥を知れ」 「自分たちが世の中の中心だと思ってる連中に新規事業は出来ない」 そして、非を認めて相手に頭を下げる。 背中の桜吹雪の刺青を見せるシーンが印象的な往年の時代劇「遠山金四郎」の金さんを彷彿とさせます。 ほかに父と娘の戦いも見どころの第9話。 ラスト、娘を応援しているという佃航平の親心もほっこりさせます。 次回は最終回前の第10話。 12月16日(日)21時~22時09分の15分拡大放送です。 お楽しみに! 関連リンク:.

次の

下町ロケット2 動画(9話)無料視聴はpandoraやdailymotionよりココ【2018ヤタガラス編】

下町ロケット9話

その中で【下町ロケット】が9話連続の二けた視聴率キープとなりました。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区) 北海道地区の視聴率は14. 9% 北海道地区の【下町ロケット】9話の視聴率は、 14. (視聴率はビデオリサーチ調べ、札幌地区) 【下町ロケット】9話のネタバレあらすじ 農業機械の展示会『アグリジャパン』という公の場で、醜態を晒してしまった帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」。 信用回復のため原因究明に奔走する的場(神田正輝)や奥沢(福澤朗)たちは、最初から自分たちの落ち度の可能性は認めず、野木(森崎博之)の自動走行制御システムに問題があったと結論づける。 しかも、その原因を究明するにあたり、開発コードをよこせと無理難題をふっかけてきて……。 そんな時、親友である野木から窮地の知らせを聞いた佃(阿部寛)は怒りに震え、財前(吉川晃司)にある提案をする。 tbs. 原因は帝国重工か、野木教授(森崎博之)にあるのか…。 財前(吉川晃司)が佃の案を藤間社長(杉良太郎)に進言。 佃製作所製エンジンとトランスミッションによる無人トラクターのテストをすることになる。 佃(阿部寛)たちの走行テストスタート! 佃たちのトラクターは成功。 野木のシステムではないことが証明された、はずだった…。 しかし的場(神田正輝)や奥沢(福澤朗)は認めない。 財前は佃に調べてもらうよう要請するが的場が拒否。 藤間が現れ、うちのトランスミッションに問題ないならば堂々と検証の協力をしろと命じる。 しかし奥沢がうろたえる。 本当は帝国重工のミスかもしれない、奥沢はそう思っていた…。 藤間は「(奥沢の)製造部は降りろ」と命令。 「自分たちが世の中の中心と思っている連中に新規事業ができるわけがない!」 帝国重工のミス発見! 佃たちが調査したところ、不具合が見つかった。 野木のせいではないと分かりひと安心だ。 一方、帝国重工の利菜(土屋太鳳)は新型エンジンのバルブ採用をかけて、佃製作所と親子対決に。 全ての数値で上回った佃製作所… 佃「残念ながら、正式採用が決定したぞ!」 利菜(土屋太鳳)の心配は… 利菜は、佃製作所の跡取り問題にも悩み始めていた。 そんな中、財前から無人農業ロボットへの協力を要請される。 しかし、それはデモンストレーション対決で笑い者にされた側・大企業側につくということだ。 利菜は母・沙耶(真矢ミキ)と会食。 莉奈は甘えがあったかも、と漏らす。 失敗しても佃の跡取り娘だからそっちで活躍できると同僚に言われたことも気にしていた。 沙耶は「パパがいい技術者になれた秘訣は人の何倍も失敗してきたから」とアドバイスした。 佃航平の利菜への想い… 土手で夜空を見上げていた佃。 利菜が通りかかる。 佃「やりたいことやればいい。 お前が信じる道をいけばいいんだ。 そうすれば幸せになれると俺は信じてる。 1歩ずつ。 焦らずにな」 利菜も横になり夜空を見上げた。 【下町ロケット】9話の感想 #下町ロケット(2018. 09,21時~22時)で話題の、いいね・リツイートが多いツイートは? 藤間さん…見事なお裁き — スニボウ shin0112bow 「恥を知れ」 「自分たちが世の中の中心だと思ってる連中に新規事業は出来ない」 そして、非を認めて相手に頭を下げる。 背中の桜吹雪の刺青を見せるシーンが印象的な往年の時代劇「遠山金四郎」の金さんを彷彿とさせます。 ほかに父と娘の戦いも見どころの第9話。 ラスト、娘を応援しているという佃航平の親心もほっこりさせます。 次回は最終回前の第10話。 12月16日(日)21時~22時09分の15分拡大放送です。 お楽しみに! 関連リンク:.

次の