チャーシュー レシピ 簡単 早い。 絶品おつまみ!! 作り置き必須チャーシュー人気レシピ10選

リュウジさんが教える、安い早いうまい!失敗知らずのやみつきバズレシピ

チャーシュー レシピ 簡単 早い

チャーシューの作り方って、難しいと思っていませんか? 実はチャーシューを自作するのは、レシピなんていらないくらい簡単です。 でも本当に美味しいんですよ?) 大勝軒のレシピの良いところは 塊の豚肉だったら、好きな部位を使ってOKな作り方ということ。 大勝軒は全国にのれん分けしたお店がありますが、八王子市内にも加盟店があります。 よりプロの味に近づけたい方は、一度実際の大勝軒に足を運んでみた方が再現性が高くできますね。 豚肩ロース お好みでバラ肉・モモ肉でもOK …780g• 醤油…適量• 日本酒…80㏄• しょうが…適量• 長ネギの青い部分があれば、それを使ってくださいね。 みりん=素材を引き締める作用• お酒=素材を柔らかくする作用 と似ているようで、真逆の作用をするみりんとお酒なので、その他の調理をする場合にも覚えておくと良いですね。 チャーシューの作り方 1:鍋に材料を全て入れて、強火にかける まずは、 常温に戻した豚肉を、半分に切ってお鍋に入れます。 冷蔵庫から出したばかりのお肉だと、あくがたくさん出てしまうので、チャーシューを作り始める30分前くらい前には、冷蔵庫から出しておくのがおすすめ。 そのままの大きさで鍋に入るなら、切る必要はありません。 ただ、小さなお鍋の方が、使う調味料が少なくて済みます。 参考にした大勝軒のレシピでは、お肉の量の3倍という、かなり大量の醤油を必要とします。 大勝軒のレシピでも、 お肉は半分お醤油につかればOKと言うことになってます。 お肉の上に小ねぎと、生姜をのせて、強火にかけます。 はちこは生姜を細切りにして冷凍保存しているので、写真のようになってますが、洗った生姜を皮つきのまま5ミリ幅程度にスライスしたものを使えば大丈夫です。 2:ふたをして、弱火で30分煮る レシピでは、蓋をしてから強火にかけるとなっていますが、その場合は必ずコンロのそばで見張っていてください。 吹きこぼれる確率が、かなり高くなります。 はっきり言って、これだけ濃いお醤油を吹きこぼしたら、後片付けはかなり面倒なものになります。 その時点で、簡単でも何でもないレシピになること間違いなし。 あくをすくう必要もないと書かれていたので、はちこはブクブクと沸騰してから、ふたをしました。 ふたをしたら、弱火にして30分煮ます。 3:お肉をひっくり返し、もう30分煮る 30分煮たら、お肉をひっくり返して、もう30分煮ます。 お醤油をいっぱい使って、お肉が浸っている場合は、そのまま30分追加で煮てください。 4:火を止めて、冷ます 煮物は冷ましている間に味がしみこむので、火を止めて、10分~15分ほど放置します。 熱々だと、柔らかすぎて切りにくいですし、肉汁も出てきてしまいます。 手もやけどする危険があるので、出来立てを切るのではなく、しっかり放置する時間をとってみてください。 — 2018年 6月月26日午後8時22分PDT でも、やっぱり作った日に食べたくなりますよね。 この日はチャーシュー丼にしてみました🍚 スライスして、タレをかけたら絶品でしたよ🤤 醤油タレを使い切るべし このチャーシュー、作った後に残ったタレがまた使えるんです! 飯通で紹介されていたように、冷奴にかけるのも良かったですし 翌日に浮いた脂も捨てずにチャーハンに使ったりすると、お肉の旨味がうつったタレなので、一段と美味しく仕上がります。 一緒に煮た、生姜の千切りと小ねぎもしっかりいただきました。 残ったタレに、お醤油と日本酒をつぎ足して使うことで、どんどんタレが美味しくなるのですが、使い切ってしまうことも多いです。 大勝軒のレシピを知ったきっかけを作ってくれた、インスタグラムのフォロワーは、煮汁をベースにラーメンスープをつくったりもしているそうですよ。 チャーシューの作り方アレンジ方法 この作り方を覚えておくと、いろいろアレンジがききます。 ほんとうにおすすめなので、みなさんもぜひマスターして、プロ顔負けのチャーシューを作ってみて下さいね。

次の

大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方簡単でプロの味!アレンジ方法も紹介

チャーシュー レシピ 簡単 早い

その後、発売されたレシピ本第1弾 『お手軽食材で失敗知らず!やみつきバズレシピ』(扶桑社)にも、Twitter人気第1位として掲載されています。 そして、今年7月にはレシピ本第2弾 『麺・丼・おかずの爆速バズレシピ101』(扶桑社)を発売。 なんと 全て3ステップ以内で、帰宅して10分台で完成しちゃうんです! なるべく長時間キッチンに立ちたくない夏には特にうれしいですよね。 そんなリュウジさんのインスタグラムにも魅力的なごはんがいっぱい。 リュウジさんも「無限湯通しキャベツ」などさまざまな無限シリーズを提案されていて、コンビーフとキュウリを使ったレシピも大人気! きゃうり1本を細切りにしてほぐしたコンビーフ半缶、ごま油小さじ2、味の素と塩少々に多めの黒胡椒を混ぜると無限コンビーフキュウリになって酒もご飯も行けちゃう万能料理になるんですが これをご飯に乗っけて卵落として食べるとそりゃもう犯罪的旨さです こちらは『麺・丼・おかずの爆速バズレシピ101』にも掲載中。 お酒のおつまみにすれば、ビールが止まらなくなること請け合い。 わさびバター釜玉 おうちごはん編集部のやん編集長が、ひと目見て思わず「これ、罪!」と叫んでしまったのがこちらの「わさびバター釜玉」。 これ、僕の必殺ズボラ飯なんですが 冷凍のうどん1玉を茹でるかチンして器に盛り卵一個とバター10g、わさび適量と三倍希釈のめんつゆ大さじ1強に鰹節ネギ入れ良く混ぜて食べるんです わさびバター釜玉、バターのコクとワサビの爽やかさに大体の食いしん坊がヤラれると思うので是非喰らってください! バターのコクとわさびのピリリとした爽やかな刺激……なんて魅惑的な組み合わせなんでしょう! 想像しただけでもヤラれてしまいそう。 こちらも『麺・丼・おかずの爆速バズレシピ101』に掲載中。 バズレシピは暑い夏にもぴったり! 暑くてキッチンに立つのがつらい時も、バズレシピならおつまみからメインまでアッという間にできちゃいます。 使う食材もお手軽なものばかりで、調味料もみりん、酒、ごま油、オリーブオイル、バター、醤油など大体どの家庭にもありそうなものしか使いません。 「今日は何を作ろうかなぁ」と迷った時、バズレシピをのぞけば、作りたくなるメニューがきっと見つかるはずです。 また、リュウジさんのレシピ本にはTwitter未発表のレシピも多数掲載。 『麺・丼・おかずの爆速バズレシピ101』では、特にそうめんアレンジとレンジ調理アレンジレシピが見どころだそうですよ。 ぜひそちらもチェックしてみてくださいね! リュウジさんのレシピ本.

次の

早い、簡単、ウマい!絶品チャーシュー by かーか@ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

チャーシュー レシピ 簡単 早い

チャーシューの作り方って、難しいと思っていませんか? 実はチャーシューを自作するのは、レシピなんていらないくらい簡単です。 でも本当に美味しいんですよ?) 大勝軒のレシピの良いところは 塊の豚肉だったら、好きな部位を使ってOKな作り方ということ。 大勝軒は全国にのれん分けしたお店がありますが、八王子市内にも加盟店があります。 よりプロの味に近づけたい方は、一度実際の大勝軒に足を運んでみた方が再現性が高くできますね。 豚肩ロース お好みでバラ肉・モモ肉でもOK …780g• 醤油…適量• 日本酒…80㏄• しょうが…適量• 長ネギの青い部分があれば、それを使ってくださいね。 みりん=素材を引き締める作用• お酒=素材を柔らかくする作用 と似ているようで、真逆の作用をするみりんとお酒なので、その他の調理をする場合にも覚えておくと良いですね。 チャーシューの作り方 1:鍋に材料を全て入れて、強火にかける まずは、 常温に戻した豚肉を、半分に切ってお鍋に入れます。 冷蔵庫から出したばかりのお肉だと、あくがたくさん出てしまうので、チャーシューを作り始める30分前くらい前には、冷蔵庫から出しておくのがおすすめ。 そのままの大きさで鍋に入るなら、切る必要はありません。 ただ、小さなお鍋の方が、使う調味料が少なくて済みます。 参考にした大勝軒のレシピでは、お肉の量の3倍という、かなり大量の醤油を必要とします。 大勝軒のレシピでも、 お肉は半分お醤油につかればOKと言うことになってます。 お肉の上に小ねぎと、生姜をのせて、強火にかけます。 はちこは生姜を細切りにして冷凍保存しているので、写真のようになってますが、洗った生姜を皮つきのまま5ミリ幅程度にスライスしたものを使えば大丈夫です。 2:ふたをして、弱火で30分煮る レシピでは、蓋をしてから強火にかけるとなっていますが、その場合は必ずコンロのそばで見張っていてください。 吹きこぼれる確率が、かなり高くなります。 はっきり言って、これだけ濃いお醤油を吹きこぼしたら、後片付けはかなり面倒なものになります。 その時点で、簡単でも何でもないレシピになること間違いなし。 あくをすくう必要もないと書かれていたので、はちこはブクブクと沸騰してから、ふたをしました。 ふたをしたら、弱火にして30分煮ます。 3:お肉をひっくり返し、もう30分煮る 30分煮たら、お肉をひっくり返して、もう30分煮ます。 お醤油をいっぱい使って、お肉が浸っている場合は、そのまま30分追加で煮てください。 4:火を止めて、冷ます 煮物は冷ましている間に味がしみこむので、火を止めて、10分~15分ほど放置します。 熱々だと、柔らかすぎて切りにくいですし、肉汁も出てきてしまいます。 手もやけどする危険があるので、出来立てを切るのではなく、しっかり放置する時間をとってみてください。 — 2018年 6月月26日午後8時22分PDT でも、やっぱり作った日に食べたくなりますよね。 この日はチャーシュー丼にしてみました🍚 スライスして、タレをかけたら絶品でしたよ🤤 醤油タレを使い切るべし このチャーシュー、作った後に残ったタレがまた使えるんです! 飯通で紹介されていたように、冷奴にかけるのも良かったですし 翌日に浮いた脂も捨てずにチャーハンに使ったりすると、お肉の旨味がうつったタレなので、一段と美味しく仕上がります。 一緒に煮た、生姜の千切りと小ねぎもしっかりいただきました。 残ったタレに、お醤油と日本酒をつぎ足して使うことで、どんどんタレが美味しくなるのですが、使い切ってしまうことも多いです。 大勝軒のレシピを知ったきっかけを作ってくれた、インスタグラムのフォロワーは、煮汁をベースにラーメンスープをつくったりもしているそうですよ。 チャーシューの作り方アレンジ方法 この作り方を覚えておくと、いろいろアレンジがききます。 ほんとうにおすすめなので、みなさんもぜひマスターして、プロ顔負けのチャーシューを作ってみて下さいね。

次の