志村けん 小池百合子。 小池百合子が失言か。志村けんの死去を「最後の功績」と表現し失言

「最後の功績」志村けんさんへの小池知事のコメントが炎上。政治に利用されているみたいでモヤモヤする

志村けん 小池百合子

日本中の、そして海外のファンをも驚かせ悲しませた、タレント・さんの訃報。 新型コロナウイルスに感染し緊急入院、そして病状が深刻であることが報じられた3月25日以降、多くの国民そして関係者が心配し回復を願ったが、29日夜、帰らぬ人となった。 28・29日の週末に都民の外出自粛を要請した東京都知事は30日、東京都庁でインタビューに応じ、志村さんの死について「謹んでお悔やみを申し上げたいと存じます。 志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり、それから笑いを届けてくださったと感謝したい」と故人を偲び、続けて「最後にですね、悲しみとコロナウイルスの危険性についてですね、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その最後の功績も大変大きいものがあると思っています」と語った。 しかし、小池都知事の志村さんを巡る発言には批判も数多く起こってしまいました」(IT系ライター) ネットでは「功績って言い方には違和感しかない」「都知事は人の死を何だと思ってるんだ」「志村さんは別に感染したかったわけでもないし、死を望んだわけじゃないでしょ。 次は志村さんの死を利用するのか」と、都知事の発言を批判する声が続出している。 「小池都知事の発言への違和感は、ネットユーザーだけでなく国会議員からも上がっています。 立憲民主党の参院議員は、自身のツイッターに同日『今。 言葉はとても大切です。 知事、あまりにもです。 心がなさすぎます。 』と投稿していますが、やはり都知事の表現方法に疑問を持った人は少なくないようです。 (石見剣).

次の

【不謹慎】小池百合子都知事、志村けんコロナ死亡は“最後の功績”⇒サイコパスだと炎上 │ 黒白ニュース

志村けん 小池百合子

その中で下記のようにコメントしています。 コロナウイルスの危険性について、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、その 最後の功績も大変大きいものがあると思っています。 ネットには「それは違うと思う」「あまりにも心が無さすぎる」「志村けんが亡くなったことで新型コロナウイルスへの認識を改めた人が多いのは事実と思う。 」などの声が寄せられています。 大スターである志村さんが亡くなったことで、結果的に新型コロナウイルスの怖さをやっと身近に感じたという人もいると思います。 しかし、志村さんはその為に亡くなったわけではないし、出来れば生きたいと思っていたに違いありません。 筆者は全ての芸能人の中で一番好きでした。 小池知事の言い方は、志村さんの死を政治に使われてしまっているように感じて、とてもモヤモヤします。 逆に言うと、それくらい切羽詰まった状況であるのかもしれませんが。。 小池知事だけではなく、新型コロナウイルスの怖さを知ってもらいたい気持ちが大きい人が、その認知拡大のために志村けんを利用しているような言説もネットには多く溢れています。 そういった言葉を見かけるたびに、彼のファンとしてとてもモヤモヤした物が胸にやってくるのです。 新型コロナウイルスが怖いのは事実です。 しかし志村けんはもうこの世にいないのだから、生きている人たちで先の話をして欲しいと思います。 匿名 政治利用ではなくて、誰でもなり得る!そして誰かにうつす可能性がある。 と言う事をいっています! 誰かが、無意識のうちに志村さんにうつしたんですから。 だからこそ、気をつけましょう。 ということです。 お金持ちでも貧乏人でもなるし、優しい人も意地悪な人もだれでもかかる可能性である。 そして必ず救える特効薬がまだない! 志村さんが、もし回復されていたら…私のように誰でもあり得るし、知らない間に誰かにうつした可能性もある。 皆で協力をして、この病気が蔓延しないように気をつけましょう。 と話したと思います。

次の

小池都知事…志村けんさんの死去を「最後の功績」と表現し…ネット上で批判の声「もう少し言い方考えられないのか…?」

志村けん 小池百合子

2020年3月31日放送の放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』 毎週火 25:00-27:00 にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、志村けんの死に対する小池百合子都知事の「最後の功績」発言を蓮舫議員が批判したことに苦言を呈していた。 太田光:小池がまたなんか…小池さんが。 田中裕二:小池都知事ね。 太田光:うん。 「最後の功績」っつったの、また蓮舫に怒られちゃって。 田中裕二:うん。 太田光:レンポーちゃんが怒っちゃって。 田中裕二:うん。 太田光:「こんな言葉が大事な時期に」って。 俺、何度も言うようだけど、これ、俺が言うからね、あんま説得力なくてみんなに浸透しないんだけど。 田中裕二:はい 笑 太田光:今ね、言い争いは不毛だよ。 田中裕二:うん、ねぇ。 太田光:俺が言うとね、誰も信じてくんない。 「本気じゃないだろ」って。 田中裕二:ええ、ええ。 太田光:いつもあんなケンカしてるくせに。 「ぜんじろうはどうなんだ?」みたいな。 田中裕二:ええ 笑 太田光:俺、今、ぜんじろうだって許しちゃうからね。 田中裕二:ええ 笑 太田光:だってさ、今、そんな無駄な時間、不毛な議論だよ、それこそ。 田中裕二:ねぇ。 太田光:だから、明日の『不毛の議論』だけは絶対聴かない方がいいね。 田中裕二:なんでだよ。 太田光:絶対に聴かない方がいい。 田中裕二:それは聴いた方がいいでしょ。 太田光:そういう意味じゃ、小池さんの言った「功績」っていう言葉もそうだし 、それをまた蓮舫が「あまりにも愛がない」って。 田中裕二:うん、うん。 太田光:そういうこともそうだけど。 で、またそれを今度、蓮舫に対して…またでもみんな、恐らく動揺してるんだよな。 田中裕二:うん、動揺してた。 太田光:だから小池さんも連日、大変だからあの人。 田中裕二:それはそうですよ。 太田光:俺は昔、小池さんに会えばさ、「ヤラせろ」って言って怒られた男だから。 田中裕二:それよく言ってたよ 笑 本当、頭おかしいよな 笑 太田光:はっはっはっ 笑 だけどやっぱり、それは理路整然と的確な言葉なんて言える人は一人もいないですよ。 田中裕二:そうですね。 太田光:それは、「最後の功績」って言ってね… 田中裕二:まぁ、引っかかるのも分かるし。 太田光:分かるし、俺も「ん?」ってなるけど。

次の