ガールズ バー バイト。 ガールズバーの月収は? リアルな数字をガールズバー経営者が回答

ガールズバーバイト・求人 【体験!ガールズバイト】体入情報満載

ガールズ バー バイト

ガールズバーバイト安全じゃない?それは嘘! 夜のお仕事や水商売の場合、お店に暴力団が絡んでいるんじゃないか…と安全性を疑ってしまう人も少なくないでしょう。 しかし、警察の取り締まりが強化されている昨今において、暴力団が裏で糸を引いているようなガールズバーは少ないです。 すべてのガールズバーが安全とは言い切れませんが、危ないガールズバーばかりではないと言えるでしょう。 ガールズバーでバイトするときは、きちんとリサーチしてお店を選ぶことで安全に楽しくバイトをすることができます。 初めてのガールズバーバイトは危ない?安全なガールズバーの選び方 初めてガールズバーバイトをするとき、人から「危ないんじゃない?」と言われることがあるかもしれません。 もちろん全てのガールズバーバイトが安全と言い切れるわけではありません。 ガールズバーバイトで危ない目に合いたくないなら、どんなガールズバーで働くか、入店する前の下調べが大事です。 危ないと感じたり、やりたくない接客を強要されて嫌な思いをすることになるかもしれません。 結局1日で辞めてしまい時間の無駄だった…なんていうことも。 初めてガールズバーでバイトをしようと思ったら、まずは気になったお店の下調べをしましょう。 たとえば、追加料金を支払ったら女の子が〇〇してくれる…など、微妙なニュアンスの書き方をしたお店は注意が必要です。 時給が良くても危ない思いをしたくないなら、気になることは面接のときにしっかりと確認するようにしましょう。 例えば、店内画像をチェックすることで、着席型のお店かそうでないか、接客時の服装などが確認できるかもしれません。 電話やメール、メッセージなどで問い合わせしたときに、危ないと感じたり、対応がイマイチだと感じたら働くのはやめておきましょう。 問合せてみて環境や条件が良かったり、お店側の対応が良かったりしたら、そのまま面接や体験入店の申し込みをすればOKです。 TシャツにデニムでOKのお店もあれば、露出度高めの制服を貸与するお店もあります。 求人サイトやガールズバーのWebサイトからキャストの服装を見れば、自分の接客スタイルに合っているかを見極めることができます。 専門サイト、大手求人サイトに求人情報を掲載する場合、事前に審査があります。 風営法に違反するような危ないガールズバーは、わざわざ面倒な審査を受けてサイトに広告を掲載するようなことはしません。 もちろん、専門サイトや大手求人サイトだからといって危ないガールズバーを完全に排除できるという保証はありませんが、安全にバイトをする方法のひとつにはなります。 初めてのガールズバーバイト注意点!安全な働き方とは? 安全なガールズバーを選んだとしても、あなた自身の働き方、考え方が甘いと危険な目に遭う可能性があります。 特に初めてのガールズバーバイトの場合は注意が必要です。 ガールズバーバイトで安全に働くための注意点をご紹介しましょう。 例えば、個人的に連絡先を交換したり、お客様にノリで手を握られて許したりした場合、それを見ていたほかのお客様も同じことを求めるようになります。 ほかの人とは手を繋いでるのに自分とは手を繋がないのか?など、お客様とのトラブルに発展してしまう可能性も。 あまりにもしつこいお客様がいる場合は、早めにスタッフや店長に相談しましょう。 アルコール濃度は調整できるので、できるだけ薄めのアルコールで接客したり、ノンアルコールにするなど、酔い潰れないように心がけましょう。 ただ、こちらが「そういうサービスをする店ではない」という姿勢を崩さなければ「こんなところで口説くなんてダサい」という雰囲気をつくることができます。 遅刻が多かったり無断欠勤をしたり、ほかのキャストと協力しなかったり、あなた自身がまじめに働かないと危険な目に遭いそうになっているとき誰も助けてくれません。 日ごろからお店のスタッフとの信頼関係を築くことが大事です。 安全にバイトをする方法として、仕事と私生活は分けることをおすすめします。 ガールズバーバイトは初めての店こそ体験入店でしっかり観察しよう 「初めてだから働き方がわからない」「体験入店をしたら断りにくい」など、初めてのバイトほどリサーチを面倒に思いますが、決してそうではありません。 初めてガールズバーでバイトをするときこそ体験入店をしてお店をしっかりと観察しましょう。 ひとりでバイトを始めるのは不安だという場合は、同じようにガールズバーでバイトがしたいと考えている友達を誘って「友達も一緒にOK」なお店の体験入店をしてみるのも良いでしょう。 ガールズバーの体験入店でチェックすべきポイントは次のとおりです。 店長の対応• キャスト(女の子)同士の関係• 接客方法 店長がキャストをどのようにフォローしているか、キャスト同士の人間関係や客層については、数時間一緒に仕事をしてみるだけでわかります。 だから体験入店をしてお店を選んだほうが長く働くことができます。 雰囲気の悪いお店だったら「ガールズバーの仕事が向いていないと気づいた」「ほかのお店の面接も予約している」など理由をつけて入店を断りましょう。 ガールズバーで楽しいバイト生活を送ろう! ガールズバーは決して危険なバイトではありませんが、絶対に安全とも言い切れません。 働くお店をしっかりと選ぶこと、危ない働き方をしないことなど、ご紹介した注意点を守りながら、安全で楽しいガールズバーバイトをしましょう。

次の

悪い口コミから分析!ガールズバーのバイトで避けられないこと

ガールズ バー バイト

ガールズバーに限らず、 夜のお仕事=危ないと思っている方も 多いのではないでしょうか? そこで今回は、 ガールズバーのバイト内容や 危ないと言われている理由、体験談などを わかりやすくまとめてみました。 ガールズバーでバイトしてみたい方は ぜひ参考にしてみてくださいね。 photo-ac. ぱっとイメージが浮かばないと どうしても危ない仕事なのではと 不安になってしまいますよね。 ガールズバーに来店されるお客様は、 「女の子と話したい」「お酒を飲みたい」 という目的の方がほとんどです。 ですが、ガールズバーはキャバクラと違って お客様の隣で接客する必要はありません。 ガールズバーはあくまでもバーなので、 カウンター越しでの接客となっています。 つまり、酔っぱらったお客様に 席で絡まれるということもないですし、 触られる可能性も低いと言えるでしょう。 また、キャバクラやラウンジは ドレスでの出勤が一般的ですが ガールズバーは服装の決まりが緩く、 私服OKのお店も多いんですよ。 ガールズバーによっては 制服が支給されるお店もあるため、 仕事着にお金をかけたくない方は 制服有りのお店を選ぶといいでしょう。 ただ、稀に水着やセクシー系の衣装で 働かなければならないお店もあるため、 応募する際には注意してくださいね。 photo-ac. 自分の予定に合わせて バイトに出れる時だけ出るというやり方で 働いている女の子がほどんどです。 お店によっては週1~、月1~など ルールもあるので働きたいお店が決まったら まずはお店に問い合わせてみてくださいね。 申告制のシフトなので 学生さんやOLさんなど お昼に働いていたり予定がある女性も Wワークをしやすいのでおすすめです。 週1~、月1~でバイトができますが もちろん稼ぎたい女性は たくさん出勤することも可能ですよ。 たくさん出勤できる女の子は バイトの面接時にも優遇されるので 面接時にしっかりアピールしてくださいね。 photo-ac. ガールズバーは前述でもお話ししましたが カウンター越しでお客様を接客するため おさわりの心配もないので 安心してバイトができますよ。 一言で接客と言いますが 接客中にするお仕事もたくさんあります。 お客様の お酒を作ったり お手洗い後に おしぼりを準備したり 灰皿をこまめに変えるなど やることは盛りだくさんです。 ただしやることは盛りだくさんと言っても 特別難しいお仕事はありません。 常に笑顔でお客様に 楽しんでいただけるように 接客をできれば十分だと言えますよ。 お仕事内容はお店のスタッフが 1から丁寧に教えてくれるので すぐに覚えることができます。 ガールズバーのバイトは危ないのではなく 反対に安心してバイトができるので お金を稼ぎたい女の子にとって とてもおすすめと言えますね。 photo-ac. 働いた時間分の時給と ドリンクバック(歩合)で 毎月のお給料が計算されています。 ガールズバーはキャバクラなどと違い 営業時間が長いことが特徴です。 カウンター越しでの接客なので 風営法に引っかからないため 大抵のお店は17時~5時までなどと 長く営業をしているのです。 つまり長時間働くことで たくさんのお給料をもらうことが できちゃうんですよ。 さらに嬉しいポイントは ノルマやペナルティがないことです。 夜のお店と聞くと 厳しいノルマが課されるのではと 不安になる女性が多いですよね。 ガールズバーは基本的に ノルマやペナルティがないため 自分のペースでお給料を 稼ぐことができちゃいます。 また 同伴やアフターなど 危ないと嫌煙されがちなお仕事もないため 安心してバイトができますよ。 バックはドリンクバックがほとんどで お客様にいかにドリンクバックを してもらえるかによってお給料が左右されます。 お給料から天引きされる 源泉徴収や事務費などは お店によって異なるため、 詳しいお給料については お店側に確認するのが一番ですよ。 photo-ac. 前述でお話しした通り まず接客はカウンター越しなので お客様におさわりされるようなことは 一切ありません。 またお仕事内容はお店での接客のみなので アフターや同伴をする必要もないので 安心してバイトをすることができますよ。 お客様によっては連絡先を 交換したいという方もいらっしゃいますが 連絡先も交換する必要は一切ないため 個人情報が洩れる危険性もありません。 もししつこく迫られて危ないと感じた場合は お店にボーイが必ずいるため その人に対応してもらいましょう。 夜のお店=肌を露出と イメージすることが多いのですが ガールズバーは基本的に 私服OKのお店のためお客様に じろじろ見られる心配もありません。 他にもガールズバーは お酒を提供するお店なので 酔っぱらったお客様に罵声を浴びせられたり 執拗に絡まれたりするのではと 不安に思うこともありますよね。 もちろん対お客様のお仕事なので 100%ありえないとは断言できません。 ただし先ほどもお話ししましたが ガールズバーには必ず男性スタッフやボーイが 常にお店にいるようになっています。 酔っぱらったお客様の対応で困ったり 不安なことがあればすぐに 男性スタッフやボーイに相談すれば 危ない目に合うことは一切ないでしょう。 ガールズバーは基本的に お酒とお話を楽しみに来る 男性ばかりのため 安心してバイトができるお店となっています。 今まで危ないのではと思っていた女性は 不安になったり心配に思う必要は 一切ないので安心してくださいね。 ガールズバーのバイトが危ないと言われる理由って? ガールズバーは前述のとおり 危ないバイトではありません。 それなのにどうして ガールズバーのバイトは 危ないと言われるのでしょうか? 危ないと思われているイメージや 理由についてご紹介していきますね。 photo-ac. ガールズバーでは無理やりお店側に 飲まされるということは一切ありません。 お客様に一緒に飲もうと 誘われることはもちろんありますが 必ずアルコールを飲む必要は 実はないんですよ。 ガールズバーには ノンアルコールドリンクが 準備されているので、 お酒に弱い女性やお酒が苦手な女性は 無理してお酒を飲む必要はありません。 お客様に一緒に飲もうと誘われたらの 無理せずノンアルコールドリンクを いただきながらお仕事ができます。 お酒を無理して飲む必要がないので 翌日の予定に響くようなことも ありませんよ。 ガールズバーは お店に飲酒を強要されることがないため、 危ないバイトではなくむしろ 安心して働けるバイトと言えますね。 photo-ac. 前述でお話しした通り ガールズバーではお客様との連絡先交換は 必須ではありません。 連絡先を交換したくない場合は もちろん 断っても平気です。 ただ中には紳士的ではないお客様もいるため しつこく交換しようと言われることもありますが その場合はお店の男性スタッフに 対応してもらえるので安心してくださいね。 photo-ac. 前述でお話しした通りガールズバーでは 一切のおさわりがありません。 それはキャバクラなどと違い お客様の隣に座るのではなく カウンター越しで接客をするからなんです。 またガールズバーは 肌を露出するドレスではなく 服装も自由なので おさわりされることがないんですよ。 photo-ac. ガールズバーはお店の外で お客様を相手にする仕事は一切ありません。 そのためアフターや同伴のノルマも もちろん課されることはないのです。 ガールズバーのバイトは お店のカウンター越しで お客様を接客すること以外の お仕事内容はないため安心してくださいね。 ガールズバーで実際に働いていた女性の体験談 それでは最後にガールズバーで 実際に働いていた女性の体験談を いくつかご紹介しますね。 今後ガールズバーでバイトをしたい方は ぜひチェックしてみてください。 体験談1 彼氏の誕生日プレゼントを奮発したくて、求人サイトで見て気になったガールズバーへ体験入店をしました。 初めはガールズバーでのバイトって大変なのかなとか、男の人を接客する仕事だと彼氏も嫌がるかな~なんて思ったのですが、来ているお客さんの中には女性もいたので水商売って感じが全然しなくて安心しました。 ガールズバーのお仕事はカウンターでお客さんのお酒を作ったり会話をすることなので、バーテンダーがみんな女の子のお店って感じだと思います。 カウンター越しの接客なので お水の仕事というような感じがしないため まったく危ないバイトではありませんよ。 体験談2 私は大学生の時にガールズバーで働いていました。 バイトの求人情報誌で時給の高いガールズバーを見つけたので、友人と二人で面接に行ったんです。 面接をしてくれた店長が優しい人だったので、次の日から友人と働きだしました。 カウンター越しでお客さんにお酒を作ることが主な仕事で、仕事帰りのサラリーマンの人が寄って行くことが多かったです。 服装が自由だったので、自分が好きなワンピースや可愛い服を選んで着ていました。 お酒を作ることを覚えたので家でも作ることが多くなり、友達との飲み会では大活躍!今でも自分で作ったりしています。 その時はとにかく服が大好きでバイト代のほとんどが服に消えていましたが、今でもガールズバーで働いていた時期は楽しかったなぁ…といい思い出になっています。 また肌を露出する必要がないので 安心してお仕事することができますよ。 体験談3 ガールズバーに来るお客さんは男性ばかりだと思ったのですが、意外に女性の方が来る場合もあります。 そんな時はみんなでカラオケを歌って盛り上がって、ちょっとした女子会みたいになる時も多いです。 常連さんと仲良くなれるし、普段会えない年代の人とお話することも多いので、前よりコミュニケーションが上手く取れるようになったと思います。 友達が働いているお店は私の住んでいる家からは遠かったので、求人サイトで家から通いやすく、時給も高い今のお店に移りました。 ガールズバーは今まで働いていた昼間の仕事よりもお金が稼げるし、シフトも入りたい時に入れるので自分のライフスタイルに合わせて働けています。 前よりも自分の自由時間も増えたので、趣味の旅行にもたくさん行けるのが何よりも嬉しいです。 本当に素敵なアルバイトが見つかって良かったと思います。 ガールズバーで働くにはどうすればいいの? ガールズバーは危ないお店ではなく、 むしろ安心して働けるということが おわかりいただけたかと思います。 ただ、ガールズバーの中には 悪質なお店も少なからず存在しており、 優良店か劣悪店かを求人から見抜くのは なかなか難しいと言えるでしょう。 そこでおすすめしたいのが、 当サイトのお水の学校のお仕事紹介です。

次の

ガールズバーバイトのきついところ

ガールズ バー バイト

服装【ガールズバーの体験入店 体入 】 体験入店を申し込む時にお店には必ず服装の確認をしてみてください。 ガールズバーと言っても、お店によって服装の指定のあるなし、統一せずに女の子の私服でOKなところなど色々あります。 キャバのようにドレスを着ることはまずありません。 確認し忘れて体験入店を断られる、女の子の中で一人だけテイストの違う服だった… なんてことにならないようにしましょう! 実際の例を3例ほど挙げておくので参考にしてみてください。 白シャツ 出典: 一番よくある服装規定は白シャツ+スカートやショーパンの組み合わせです。 白シャツを自前で用意しなくてはならないお店も、至急してくれるお店もあります。 スタイルもよく見え、きちんとした印象もあるのでタイト目の白シャツがおすすめです。 ワンピース 出展: 不動の一位です。 私服OKのところではよく女の子が着ています。 選ぶ際のコツとしては 「彼氏とデートする時に着るワンピース」を意識すると大丈夫です。 あまりにも露出度の高いものよりは清潔感があり、デコルテがきれいに見えるものや、少し背中が空いているくらいのデザインの方がいいでしょう。 冬場だとニット素材もお客様へのウケはいいようです! お店のコスチューム 出典: これに関しては全面的にお店が用意してくれる特殊な服装です。 コンセプトによりけりで色々な服装があります。 例えば、お店が用意してくれるお揃いのTシャツ、他にもバドガール、メイド、スチュワーデス風など様々な服装があります。 このスタイルのガールズバーに勤める時にはスカーフやタイツなどの小物や、アクセサリーで他の女の子と違うアレンジを目指すとお客様にも覚えてもらいやすいです。 そのほかの注意点 どの服装に関しても言えることですが、清潔感はとっても大切です!また、お店のカラーを把握しておくことも大切です。 同じ揃いのTシャツを制服にしているお店でも スニーカーはNG、スニーカーはOKなど小物に関する条件は違います。 不安な場合は事前にきちんと確認しておいた方が安心です。 スポンサーリンク 2. 持ち物【ガールズバーの体験入店 体入 】 これ!と言った持ち物はキャバクラと違い、ないことが多いですが、仕事をしていた経験上あると便利なものを 紹介していきます! メイクポーチ お酒を飲むし、気温によっては汗もかいたりするのでメイク道具は必須です。 最低でもファンデとリップは持っていた方がいいと思います。 飲み物を頻繁に飲むのでリップは間違いなく落ちてきます。 勤める時間が長いのなら尚更です。 小さな手鏡もあると、バックヤードに下がって直すこともできるので手鏡もあった方がいいでしょう。 ハンカチ これはお店側が用意してくれていることも多いですが、念のためにあると安心です。 お客様がおかわりを作った時に、お客様に渡す前にグラスの水滴をふき取るのに使います。 少しキレイ目な柄がおススメです。 ただし、ぐちゃぐちゃにしわの寄ったハンカチはとても見栄えが悪いので、綺麗にたたんでアイロンがかけてあるといいでしょう。 あとは常備薬や生理用品など、自分がでかける時に持ち歩く荷物で十分です。 もし服装にストッキングが含まれる場合は替えを一つ持っておきましょう。 破れたままのストッキングで 接客するのは失礼ですし、見栄えが悪くなってしまいます。 安全【ガールズバーの体験入店 体入 】 ガールズバーはカウンターを挟んで接客し、お客さんの傍に座ることがないので比較的セクハラ行為やしつこいボディタッチに悩まされるようなことは基本的にありません。 しかし、夜に営業するお店でお酒を提供している以上、きちんと確認しておかないと危ないポイントもあります。 体験入店を決め、実際にお店に行った時に確認して欲しいポイントがいくつかあるので、注意してみてください。 18歳未満の子を雇っていないか この法律を守っていない経営者が中にはいます。 夜10時以降に18歳未満の子を働かせるのは法律違反になります。 警察に通報があれば即、営業停止処分を受け処罰されるのが決まりです。 身分証明の提示を体験入店の時にしっかり行っているかどうか、働いている女の子に18歳未満の子がいないかどうかきちんと確認しておいてください。 未成年や飲めない女の子に強要をしていないか 18歳を過ぎ、高校を卒業するとガールズバーで働いても問題はありません。 しかし、飲酒喫煙をしてしまうと法律に触れてしまいます。 他にも• 飲酒をしている未成年がいないか• 無理な飲み方を勧めているスタッフがいないか• 20歳以下の子が飲酒していないか• 未成年にお酒やたばこを提供していないか が大事なポイントになります。 営業許可を取っているか ガールズバーは区分としては飲食店になります。 お店側がきちんと営業許可を取っている場合は、許可証をお客様に見えるところに提示しておかなければいけません。 営業許可証がきちんと置いてあるかどうかもチェックしておいてください。 路上客引きをしていなかどうかひと昔前には「飲んで行きませんか〜?」と路上で声をかけているボーイや女の子をよく見ました。 しかし、今現在都会を中心に路上客引きは禁止行為になっています。 女の子に路上客引きをさせていない、お店のスタッフがいってないことも大事なことです。 この4点はどれも最悪営業停止処分になりかねない違法行為です。 お店が営業停止処分を受ければ困るのは働いている女の子達ですよね。 優良店はこの4点のどれもをしていない事が大前提となります。 自分の身の安全と収入を守る為にぜひ知っておいて下さい。 給料、時給【ガールズバーの体験入店 体入 】 体験入店でも、もちろんお給料は支払われます。 お給料についてきちんと把握せずに働いてしまって、いざ勤めてみたら 「思っていたほどのお給料じゃなかった…」という状況は避けたいですよね。 せっかく一生懸命に仕事をするなら、体験入店の時にきちんとお給料については確認しておきましょう! 体験入店の時のお給料は? 体験入店の時には最低保証金額7,000円〜1万円程度は貰えるお店がほとんどです。 申し込みをするときに確認はしておいて欲しいですが、時給1,000円以上を約束してくれるでしょう。 働ける時間にもよりますが、日給制でも先ほど紹介した金額は貰えるところが多くなっています。 体験入店を申し込んだ際にきちんと確認しておいてください。 時給か日給か 多くのところが時給制ですが、まれに日給制を取っているお店もあります。 どちらの方が自分にメリットがあるのか把握しておきましょう。 ドリンクバックがあるのか ガールズバーで働く時に最重要項目になるのがこの項目です。 働く上でのモチベーションアップにも関わってくるのできちんと確認しておきましょう。 給料が支払われる日の確認 日払いなのか、2週間払いなのか、月に1度支給なのかこれはお店によって様々です。 体験入店の時の給料はその日に日払いで貰えますが、実際に勤めたときの給料日は確認しておきましょう。 自分で日払いか月払いかなど、給料の支払い日を選べるお店もあります。 支払いの予定日などを考えて交渉してみてくださいね。 体験入店でチェックすべきポイント3選 体験入店を決めて申し込んだなら、ここだけはチェックしてきてほしい!というポイントを3つに絞りました。 初めて働くお店では緊張してしまって大変でしょうが、大事なところなのでしっかり見てきてくださいね。 お店の雰囲気 良いお店であればあるほど、スタッフとボーイや経営者の連携が取れています。 つまり、チームワークがよく、和気あいあいとした雰囲気です。 逆にスタッフの女の子が働きにくくて不満が多いお店は、ボーイや経営者に対して スタッフが冷たい目を向けていたりチームワークもバラバラになります。 また、大人しい落ち着いた女の子が多いのか、元気でにぎやかな女の子が多いのか。 自分と全く系統の違う女の子達ばかりのお店で働くのは大変です。 お店のカラーと自分の系統が一緒かどうか、悪目立ちしていないかも気にしてみてください。 体験入店したときの女の子達の態度やお店の雰囲気は重要ですよ! 2. 時給 仕事時間の割に給料が安い、募集と違う…といったことがないように気を付けてください! 優良店なら勿論そんなことはありませんが、中にはいざ働いてみたら全く違う時給だった…というお店もあります。 せっかく体験入店をするなら時給のこともある程度はっきりしておきましょう。 実際に働いた場合のお給料、時給の変動があるかどうか、ドリンクバックの有無は確認してくださいね。 お客様の年齢層 一つの傾向ですが、あまりお客様の年齢が偏っているお店よりもお客様の年齢層が広い方が繁盛しています。 若い人達が多いと飲んだ時にハメを外す人が多かったり、飲みなれてない人だとドリンクが飲みづらかったり…。 逆に年齢層が高いお客様ばかりでも、共通の話題を探すのに苦労したり、口調に気をつけていると辛いことも。 接客している女の子の方が気疲れしてしまうこともあります。 どちらに偏りすぎても大変になってくるので、理想は幅広い年齢層のお客様が来られるお店です。

次の