秘密 の ヤイバ。 剣勇伝説YAIBA(ヤイバ)

【楽天市場】SASAME(ささめ針) > バラ針 > チヌ > ヤイバチヌ (黒):うりゅう オンラインショップ

秘密 の ヤイバ

そして2019年最後の放送となる2019年12月28日は、 過去作品の再放送です。 1998年10月12日放送の第119話ということで絵も古く、 眠りの小五郎はもちろん神谷明さんです。 このストーリーは古いうえにアニメオリジナル作品のため、知らない人も多いでしょう。 ネクストコナンズヒントは仮装でしたので、ぜひ登場人物の仮装に注目してみてくださいね。 堤康之(つつみやすゆき)(21) 城南大学法学部の学生で、毛利小五郎ファンという事でコナン達をパーティーに誘う。 パーティーには仮面ヤイバーの仮装をして参加。 パーティー会場に自宅を提供。 事件が起きるや否や、バイクで駆けつけて敵と戦う。 どことなく新一と蘭の関係と似ていて、蘭は玲の気持ちがわかると言う。 「僕たちもごちそうになりましょうよ」とコナンに付いていこうとする小嶋元太、円谷光彦、吉田歩美と「おめえらな」とあきれるコナンの前に突然 レーザー・ポリスの格好をした男が現れました。 と喜ぶ元太達でしたが、 どこか様子がおかしいレーザー・ポリス。 近づく子供に困惑しています。 そんな レーザー・ポリスの拳銃を触ってしまった元太。 「大切な銃だから誰にも触らせられない」と怒られてしまいます。 まぁこれは元太が悪いですね。 そしてレーザー・ポリスはそのまま立ち去ってしまいました。 その後、小五郎、蘭と合流したコナン達。 ついていきたがる子ども達に小五郎は渋りますが、蘭が「皆でわいわい食べた方がおいしいよ」と言ったおかげで 少年探偵団も一緒にカレー屋に行くこととなりました。 金誰払うんだよと言う小五郎をよそに蘭はお母さんたち心配するから電話しておこうねという蘭。 いい奥さんになりそうですね。 店へと移動するコナンたち。 ヤイバーキックを見せてくれる仮面ヤイバーに「一体なんなんだ今日は」と困惑するコナン。 その仮面ヤイバーは大学生の 仮面ヤイバーファンクラブに所属する堤康之の仮装でした。 堤がマスクをとると子供達から 「仮面ヤイバーじゃねえぞ」「本物の素顔はもっといい男」と言われ放題。 好き勝手言う子供達に苦笑する堤はみんなをファンクラブ仲間のパーティーに誘いました。 ご飯代が浮くからと子ども達にいけいけ言う小五郎でしたが、小五郎でしたがビールにつられて皆で参加することに。 「ビール代も浮いたじゃねぇか」と言うコナン。 色々な仮面ヤイバーのキャラクターがそろったパーティー会場で談笑する参加者たち。 家を会場に提供している早乙女まどかが小五郎に仮面ヤイバーを見ているか尋ねます。 その頃は仕事と言う小五郎に酒だろとキレッキレのツッコミをするコナン。 早乙女は子供好きということで子供達に気を配ってくれています。 「子供に戻りたいっすな」という小五郎に 「オレは大人に戻りてぇよ」と心でつっこむコナン。 コナン・・・いや新一は切実です。 そこへ遅れてきた本田修、 さっきのレーザー・ポリスでした。 本田はいつもはヤイバーの仮装なのに 今日はレーザー・ポリスの仮装で堤は驚きを隠せません。 そして堤に小五郎を紹介されて なぜか青ざめる本田。 そんな本田の銃がモデルガンであることを小五郎は確認しました。 本田は銃マニアとのことですが、 銃口に詰め物をしていると聞いてコナンは不思議がります。 とそこに現れた同じくファンクラブメンバーの三島勝二。 来るなり 「本田、もう許さねぇ殺してやる」と叫びます。 本田はそんな三島を説得しようと壁際へ。 しかし三島は発砲し、本田は倒れてしまいました。 そして 三島は自分の頭を撃って自殺を図ったのです。 一方、本田はレーザー・ポリスの仮装で身に付けた防弾チョッキのおかげで無事でした。 三島の遺体を見たコナンは頭にやけどがなく、 銃をくっつけずに撃ったことに気が付きます。 現場検証に訪れた目暮警部達。 早乙女によると、死んだ三島は本田と仲が良かったものの、 10日ほど前に喧嘩していたそうです。 その原因が本田の「お前のバイク、だせえな」という発言でした。 「そんなこと言われたくらいで人を殺そうとするか! 」という小五郎に「ありえないことではない」と言う堤。 三島はかなりの仮面ヤイバーマニアだったのです。 目撃者が多数いるこの事件は被疑者死亡で終わるはずでした。 しかし、 三島の死体に違和感を感じていたコナン。 元太達に拳銃を持った仮面ヤイバーキャラは誰か尋ねます。 すると 仮面ヤイバーは素手で戦うため、拳銃を持っているのはレーザー・ポリスだけだということがわかりました。 そして光彦が事件の事を「ドラマみたいなこと」と言うのを聞いて ドラマ・・・芝居!! と真相に気付いたコナン。 証拠が欲しいと鑑識の人に元太の探偵バッチを調べるよう頼みます。 小五郎を眠らせて推理ショーを始めたコナン。 実は三島と本田が10日前にした喧嘩は 仮装パーティーを盛り上げるための作戦だったのです。 その作戦とは 喧嘩の恨みで三島が本田を撃つ動機があるように見せかけ、さらに三島は自殺する内容の小芝居をするというもの。 しかし実は三島も本田に騙されていて、最初から 本田が三島を自殺に見せかけて殺すための計画だったのです。 同じ型のモデルガンを2丁改造し、 実弾と空砲の二種類の弾を用意した本田。 そして最初に空砲の入った銃を三島に渡し、米花神社で会ったときに実弾入りとすり替えたのです。 「じゃあ今本田さんの腰にあるのが三島さんの拳銃か。 しかし、本田さんのいまもっとる拳銃は、銃口に詰め物がしてあるんじゃなかったかね?」と言う目暮警部。 本田はすり替えた後に詰め物をしたのです。 実弾が出れば三島も気づいたのでは?と堤が尋ねますが銃弾と同時に被弾する仕掛けで事前にリハーサルしていたのでした。 早乙女も自殺ではない根拠を聞きます。 それは拳銃自殺をするときにつくはずの火傷がないから、 普通拳銃自殺するときは頭に拳銃を付けるから火傷をするのに三島にはないこと小五郎はを説明します。 ところでこの自殺なのに頭に火傷がない話、 小五郎の同窓会殺人事件と似ていますね。 そこにコナンに頼まれごとをしていた鑑識の人がやってきました。 そして三島の拳銃に三島以外の指紋が付いていて、それが 元太のものだと言います。 三島の銃を触っていないのになぜ元太の指紋が付いているのか。 それは 米花神社で元太が触った銃だからです。 あの後拳銃が入れ替えられたのでした。 そこで観念した本田はなぜ怪しいと思ったか尋ねます。 きっかけはガンマニアなのに銃口をふさいでいたからなのでした。 動機は2年前に本田の弟、ひろしが亡くなった事故にありました。 しかし バイクに乗った人物にサイン色紙を取られてしまいました。 そして、バイクを追いかけようとしたひろしはトラックにはねられ、2日後に亡くなったのです。 そしてこのファンクラブで出会った 三島がその色紙を持っていることを確認し復讐を決めたのです。 それを聞いた早乙女も本田の誤解を悲しんで「残念だわ、そんな風に誤解していたなんて・・・」というのでした。 翌朝、夜7時半から大ファンである沖野ヨーコの裏番組をみようと言う小五郎。 そんな蘭に小五郎は 「ヨーコちゃんは俺のために歌っているんだ」と言って蘭、コナンをあきれさせたのでした。 2020年のコナンは年明けからドドンと 4週連続スペシャルが放送されます。 そこにおなじみの少年探偵団と蘭、そして平次と和葉も参加することに。 やっと新しくなった新社屋でまたも事件が・・・という内容です。 ネクストコナンズヒントは 「ネットニュース」。 赤井秀一• 怪盗キッド• 安室透• 工藤新一• 服部平次• 灰原哀• 降谷零• 江戸川コナン• 松田陣平• ベルモット• スコッチ• 工藤新一 怪盗キッド 黒羽快斗 毛利ラン 江戸川コナン 鈴木園子 遠山和葉 灰原哀• 京極真• 降谷零と諸伏景光• 江戸川コナン 工藤新一 服部平次 黒羽快斗 赤井秀一 安室透• 高木刑事• 風見裕也• 毛利蘭• 世良真純• 警察学校組• 黒羽快斗• 諸伏高あき• 赤井秀一 バーボン ベルモット ジン 工藤新一 黒羽快斗 中森青子 服部平次 遠山和葉 シェリー• 毛利小五郎• 沖屋昴• 安室透(バーボン、降谷零)、• 白馬探• 佐藤刑じ• 遠山和葉• 工藤優作• わきた• 赤井メアリー• 羽田秀吉• 安室透 服部平次• 怪盗キッド 黒羽快斗 赤井秀一 松田陣平• ウォッカ• 赤井秀一服部平次工藤新一黒羽快と• 工藤有希子• 萩原研二• 工藤新一 黒羽快斗 バーボン 白馬探 毛利蘭 ベルモット ジン 京極真• しゅうねん• 服部平次 遠山和葉• 赤井秀一、安室透、シェリー、怪盗キッド様• 沖矢昴• kappuru• 赤井秀一 黒羽盗一• 赤井秀一と安室透、沖矢昴• 大和敢助• 吉田あゆみ• 工藤新一 毛利蘭 服部平次 遠山和葉 黒羽快斗 中森青子 ベルモット 灰原哀 鈴木園子• 米原桜子• 弓長警部• 江戸川コナン、安室透• 榎本梓• バーボン 諸伏景光• 松本刑事 沖野昴 赤井秀一 灰原哀• なるみ• 宮本由美• 新出先生• 千葉刑事• バーボン• キャンテイ• あの方• 管理人の「キングオブコナン」です。 赤井さん推しの娘から影響を受けて コナンにハマったアラフォーの おっさんです。 コナクラの娘や友人さんと 一緒にコナン情報 (ネタバレ、伏線、映画 イベントなどなど) をお届けしています。 ゼロの執行人を見て 安室透の女になった方も、 コナクラ歴20年以上の方も 楽しんで頂けるようなブログに していきたいと思います。 ぜひ楽しんでいってくださいね。 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に 名無し より• に より• に より• に ぽん吉 より アーカイブ• カテゴリー•

次の

無料視聴あり!アニメ『剣勇伝説YAIBA (ヤイバ)』の動画まとめ

秘密 の ヤイバ

ニニ ニニ ,,. 神鳴流<十本刀>当主一角• 半壊した<十本刀>の生き残り。 現在、二宮飛鳥と燕結芽と共にを追っている。 GM<【神鳴流十本刀の生き残りにしておこう(まだやられてなかったという意味で)】 「キャラ案に早いも遅いもありません。 作りたいように作ればいいのです、ただし炙られる前提で 作るのは非推奨ですね(負担とあと未完成キャラっていみで)」 さて、記憶なしでかつ若い美少女(重要)の ヤイバが十本刀ということは幹部というより最強の十人、 これ出せば大体滅殺出来るの精鋭十人っていうことになるな。 幼い頃に名前以外の事を覚えていない状態で街を歩いていたのを近くで剣術道場を開いていた人物に保護され、 子供がいなかった事を理由に、そのまま養女として引き取られる。 それから、学校へ通って色々な事を習いつつ道場で剣術の修練に励んでいたが、男児が産まれた事をきっかけに 冒険者となる事を決意し、その事を義両親に伝えて了承を得て、成人後に家を出て冒険者として活動している。 基本的な戦闘時は、こちらを使用する。 「乱舞散々桜」:成人して冒険者になった時に義両親から貰った叢雲家の家宝の二振りの刀。 義両親も理由が解らないが精霊や霊体への攻撃も出来るので、特定の敵と戦う時はこっちを使う。 【称号スキル】 >「狩る者(ハントマン)」:一般的に魔物や賞金首の討伐を重視する冒険者を指す称号。 相手の特性や行動を熟知し逐一に処理する技術を有する。 >「侍」:桜皇で作られている刀や剣を使った武術を身につけている者である称号。 侍としての作法、心構え、政治知識等を叩きこまれている。 >「叢雲を継ぐ者」:かつて叢雲家が編み出た剣術『叢雲之剣』を戦闘スタイルとして修得している事を示す称号。 剣術を広める為の道場を建てた頃に国から『神鳴流』の道場として運営するように命じられ、今後の事 を考えて止むを得ず了承し、完成させた剣術を修得する為の修練法を書物に纏めて保管していた。 それ故に使い手は彼女以外、今まで存在しない。 >「神鳴流剣士」:桜皇の独自剣術<神鳴流>を修めている剣士である証。 >「高速剣士」:旅人の技と呼ばれる<早撃ち>を修めている剣士である証。 >「刃」:彼女の名前は『あらゆる運命を絶ち、自身の意思を貫き通し成長して欲しい』という意味で名付けられたらしい。 故に込められた意味を体現するが如く、生きていくだろう。 【戦闘続行:意志の力】を与える。

次の

無料視聴あり!アニメ『剣勇伝説YAIBA (ヤイバ)』の動画まとめ

秘密 の ヤイバ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• 実在剣豪や神話も上手く落として込んでいた ・ライバル鬼丸が一度共闘しても、再び敵に回って最後はちゃんと決着を付けた 他に代表的なのは「ガンダム」のシャア。 一度組んだらそれだけで解決みたいな安易に感じる作品も多い中で見習って欲しいほど 【悪い点】 上述を除いて基本的には少年誌連載とはいえギリギリくらいの低年齢なノリ。 かぐや編を超えてからの面白さは下降気味 アニメ版がここまでだったのは仕方ない 【総合評価】 大して引き伸ばさなかった意味でも、さすがに延命し過ぎと呆れる気持ちすら抱く国民的作品「名探偵コナン」よりも本作の方が好感が持てる。 評価は「普通」寄りの「良い」 【良い点】 設定には色々と無理があるが、そういうものだと割り切って読めば十分面白い。 剣のデザインがかっこいい 途中からどんどん簡略化されていくが。 【悪い点】 恐らく鬼丸が人に戻った時点でゲロ左衛門とナマコ男は動物の姿に戻っているが、小次郎と十兵衛は普通に不老のまま生きている矛盾だけは受け入れられない。 【総合評価】 剣が伸びたり月の一部が宇宙船だったり日本がさかさまになったり火星まで生身で出向いて化物と戦ったりと、いい感じにぶっ飛んだ剣客ファンタジー。 青山剛昌と言えばリアルワールドにファンタジー要素を詰め込んだ世界観が持ち味だが、まさに真骨頂と呼ぶべき作品がこれ。 残念ながら名作と呼べるほどの高評価はできないが、普通に面白い。 コナンを最新刊まで読むくらいならYAIBA 全24巻 を4回読破したほうが有意義。 評価は良いで。 コナンの作者である青山剛昌さんがかつて手がけていた剣勇ファンタジー。 シリアスなバトルの中でもコミカルさを失ってはいないため、すごく読みやくいんですが この読みやすさを生み出している一番のポイントは難しい造語が使われていないことでしょう 大元の風神、雷神からしてそうなんですが、戦う相手も鬼にヘビ、ヒトデ、カマキリやらでとてもシンプルで かぐや姫から、ヤマタノオロチまでそのボスたちも誰もが知っている存在が元になっているんです 日本を舞台にし日本各地を旅していくというのもそれに一役買っているし 宮本武蔵だったり、佐々木小次郎だったり歴史の著名人が敵味方関わらず多数登場して ヤイバの必殺技も風車、カミナリ斬りなど直感で感じることができるなど とにかく子供でも理解しやすいように難しくないように工夫ができてる、だから読みやすい バトルやファンタジーを書こうとすると作家さんって自分の想像力を働かせて難解で格好良いものや 誰も書いたことのない自分の世界を作り出そうとしがちなんですが、この人はそんなことしません だから読んでいてわかりやすいし、それは読者の側に向けて作品をかけているということでもあります。 これはオリジナリティーがないとも取れますが、私はこれは作者の武器だと捉えたいですね 漫画として盛り上がるポイントはしっかりと抑えてあるから大人が読んだっておもしろいんですが 最後まで作風を崩さずに子供目線に向けて物語を書ききったことが、この作品の一番素晴らしい点です 連載当時はとても好きで読んでいました。 この頃から青山氏の作品にハマっていった気がします。 今読み返しても面白さは変わらず、楽しく読めます。 やはり少年誌という感じがありますが・・・掲載が少年誌なので妥当でしょう。 内容としては、最初の鬼丸編が一番好きです。 色々な敵が次々とやってきて、コメディータッチで戦っていく所がほのぼのとしていいですね。 その敵も関西弁のクモだったり、ナマコだったり、ヒトデだったり、キザなコウモリだったり どれもこれも愛すべき魅力的なキャラクターばかりです。 その後の龍神の珠を探す旅も面白かったデス。 次にどんな珠が出てくるのか楽しみだったし、この時の刺客もまた魅力的でした。 三好清海入道が登場するギャグ漫画はそうないのではないでしょうか? そこで印象深いシーンと言えば 龍神の珠を見つけるために富士山の火口へ入って行く時、ヤイバが当の珠に 「オレに龍神の珠を扱えるか? 」 と聞きます。 そこで当の珠はこう答えます。 「 いくつも冒険をして ここまで来たのだから、もっと自信を持ちなはれ。 」 その言葉を言わせるための急な展開な気もしましたが、なかなかいい言葉だったと思います。 また、最後の試練で龍神の珠か仲間を選ぶシーンもグッとくるものがありました。 仲間か目的のものかを選ぶというのはよくある話ですが、ここのは見せ方が良かったのでしょうね ページをめくった先に結果があるとか、そのコマ割りとか とにかく良かったです。 そしてその後にカグヤの話になるのですが、その切り替わりが凄くスムーズで見事だったと思います。 しかしながら、全体的に面白かったのはそこまでで、あとはバトル漫画になってしまった気がします。 今までは内容が薄いながらもスムーズに話が進んでいたのが、急に敵が強くなりなかなか話が進まなくなった気がします。 この頃はヤイバの仲間も結構増えていて、ごちゃごちゃしてきましたね。 地底人の話も、もはやバトル漫画でした。 だんだんとヤイバの血しぶきが多くなり、見ていてちょっと痛々しいです。 次の鬼丸編も同じでした。 ヤイバの怪我がさらに増えるし、全体的に暗いダークな感じがします。 読んでいてあまりいい気分ではありませんでした。 当初の楽しい漫画とは打って変わって、かなり作風が変わったという感じです。 ただ、最後の日本列島がヤマタノオロチになるのは凄い展開でした。 そして信長御膳試合ですが、長き連載を締めくくるものとしては良い収まり方だったと思います。 それも、最後に鬼丸と勝負するのは良い展開でした。 ただ、ここでもやはり武士とは何か? とか、傷つき弱っていくヤイバなど黒い内容な感じがしました。 最後の最後のエピローグですが、やっと青山氏らしさがでてホッとしました。 3年後のさやかを始め、ゲロ左衛門、ナマコ男、クモ男のその後などはエピローグって感じがしていいですね。 黒羽と中森が付き合ってるって話も洒落っ気があって好きです。 そして最後にヤイバの登場などは、まさに長編作品のエピローグ的流れでとても好きです。 王道といった感じがシビレます。 それからの火星はまだまだ夢が広がって、まさしくヤイバらしい締めくくり方だったと思います。 長編ストーリー漫画としては、読者を飽きさせることなく最後まで楽しめた作品といってもいいのではないでしょうか? 全体的にはやや薄い内容だったような気もしますが、エンターテイメントとして結構面白い作品だったと思います。 88〜93年に週刊少年サンデーで連載された青山剛昌先生の剣術漫画。 やがて剣十郎は再び旅に出、残った刃はさやかの学校に入学し、剣を奮って奮闘していく。 現在『名探偵コナン』連載で有名な青山先生が週刊サンデーで初めて連載したのが本作品で、型破りなコメディタッチの剣術バトル漫画として描かれてます。 「六三四の剣」を初めとした本格剣道作品を扱ってきたサンデーで、それらとは路線が大きく離れたアクション剣術漫画として仕上がってますが、これは「ドラゴンボール」等の影響かどうかはわかりませんが、それに相対するほどのぶっ飛んだアクションドラマとなっています。 このあたりはお遊びなのか展開を変えなければならなかったのかはわかりませんが。 その後に出てくる四天王のほうは巨大怪物・ロボットあったりとバラエティーに富んでましたが。 龍神の玉編では伝説の玉を7つ揃えるなんて、まさにドラゴンボール風な展開でしたけど、玉それぞれに特有の力があるというところがよかったです。 このあたりまでは読めたんですが、かくや編はエキサイトし過ぎたためについていけなかったし、ピラミッド編・地底世界編・ヤマタノオロチ編はTVゲームの真似事みたいで、アクションこそスリリングでしたが、設定があまりにかけ離れてしまった感がしましたね。 本作品は怪人や伝説の怪物・歴史上人物等、かなりバラエティーを加わった破天荒なアクションコメディー作品でしたが、刃を初め登場キャラもよかったし、内容的にも派手なアクションが多かったですが、全体的には面白かったですから、評価は【とても良い】。 内容的にみて青山版「ドラゴンボール」という感じの破茶目茶でスケールの壮大なものでしたね。 【良い点】 ・剣に玉をはめるというめちゃめちゃ凄い発想。 ・雷神、風神、水神、龍神、宮本武蔵に柳生一門、さらには竹取物語まで絡める技術。 ・龍神のキャラが「名探偵コナンでたまに出てくる工藤新一」よりかっこいい。 ・敵キャラもどんどんカッコいい敵になっていく。 続き書いてくれ ・正直鬼丸のほうがまだ強いと思うよ。 だから早く再戦しようよ鬼丸 ・クサナギって玉はめれないじゃん。 ・覇王剣折れかけた時に思ったんだけど、ヤマタノオロチを封印してた剣で、最後にアニマルに抜かれたやつって壊されてないからまだ使えるんじゃないかと思ったけど、結局スルーされてて、しかもよく考えたらヤマタノオロチノ一部か、海に落ちてるね。 ・どうして諸羽を血の繋がってる兄妹にしたの青山さん 【総合評価】 初めて集めた漫画なので評価は甘口です。 あしからず。 完膚なきまでに鬼丸倒してほしいだけです。 YAIBAは大まかに以下の8つのエピソード 「日常編」 「vs鬼丸編」 「龍神の玉探し編」 「vsかぐや編」 「いくつかの小事件編」 「地底編」 「vs鬼丸編2」 「織田信長御前試合編」 に分けることができます。 最後の「織田信長御前試合編」は、その前の「vs鬼丸編2」がどう見ても最終回的な雰囲気とストーリーだったために、どうしても蛇足感が拭いきれませんでした。 一応、それまでのエピソードで極めつくした超能力的な力を駆使した超バトルを捨て、初心に返って木刀対木刀によるあくまで純粋な超人的な技術の勝負にしてみたり、刃の出生の秘密が分かるなど、それなりに工夫をして綺麗にまとめようとしてるのは分かるのですが、やはり「vs鬼丸編2」で鬼丸の角を刃が切ったあの場面を超える決着シーンは描かれませんでした。 最後のエピソードに蛇足感を感じる以外は特に不満はありません。 総合評価は「良い」 作品DB内ブログ記事 1. by 十傑集... おり、こういった諸々の描写が完全体バーンとの戦いに生きてくる。 メドローアまでも大魔王の奥義を見切る捨て技にする思いきり 逆にバーンにはマホカンタで対処する選択肢が無くなっている 、 習得段階で得た技術を応用して両手で別の呪文を操ってみせる等、アバンやマトリフが後継者に指名したのは伊達じゃないといった所。 「 YAIBA」 こちらは... by Mr. 活躍する女性声優の一人で、印象としては中性的な声質という事もあって主に少年役を演じる回数が多いかと思われます。 これまで演じた役を挙げていくと、長期レギュラーでもある「名探偵コナン」の江戸川コナンや「忍たま乱太郎」の乱太郎をはじめ、他には「ゲゲゲの鬼太郎 第5作 」の鬼太郎、 「剣勇伝説 YAIBA」の鉄刃... by エスパー... 3位:金剛ちゃん 4位:ユリエちゃん 5位:殺せんせー 承太郎先輩の腹にKATANAを刺してからアヌビスさんのスタンドヴィジョンが出てからニヤニヤでしたが、 いつの間にか三白眼になっているので遺憾が感じられなくなったのがポイント ブーメランみたいに YAIBAを投げてから... 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の