アトリエ うかい。 手土産にもおすすめ!【アトリエうかい】のクッキーを食べてみた

アトリエうかい エキュート品川 (Atelier UKAI)

アトリエ うかい

『フールセック』を食べてみた感想 わたしはフールセック・小缶(税込み2,160円)を食べてみました。 缶をあけた瞬間、かわいい形をした色あざやかな見た目に興奮! 自然に「わぁ」と感嘆の声が出ました。 まさに宝石箱! 1つ手に取ってみると、すぐにこわれてしまうんじゃないかと思うくらい繊細でした。 その分くちどけがなめらかで、とろけてしまうほど。 クッキーがとろけるなんて…はじめての体験です。 クッキーは、素材を生かしたやさしい味。 変に凝っていなくて、そこがまた「味で勝負している」感じがします。 ジャムが練りこんであるクッキーでさえも甘すぎず、永遠と食べていられます。 流行のお菓子は一時だけで消えていくものが多いですが、このフールセックは違う。 世代を超えて愛される味です。 フールセックが人気な理由は、この缶のかわいさにもあります。 大缶よりも小缶の方が人気のよう。 食べた後は、この缶にドライフラワーなどを入れて飾っている人もいました。 ukai. 【東京都】品川駅構内にある「アトリエうかい エキュート品川」• 【東京都】イートインスペースもある「アトリエうかい トリエ京王調布」• 【神奈川県】唯一の路面店の「アトリエうかい たまプラーザ」• 【大阪府】関西地方初出店の「阪急うめだ本店」 東京都・神奈川県の店舗ではフールセックのほか、ケーキなどの生菓子も販売されています。 しかも「アトリエうかい トリエ京王調布」と「アトリエうかい たまプラーザ」はライブキッチンスタイル! 作りたての味わいを楽しむことができます。 しかも「アトリエうかい トリエ京王調布」では、ここでしか食べられないアイスクリームなどの限定商品もあるんだとか。 出来立てのケーキを食べられるなら、ぜひ行ってみたいものです。 takashimaya. html 百貨店の中には、全国のお菓子が集まったセレクトショップが設置されているところもあります。 アトリエうかいは今注目のお店のため、こういうところで取り扱われていることもあります。 たとえば日本橋髙島屋。 ここには都内の名店の洋菓子ばかりを集めたセレクトショップ「THE BEST CHOICE」があります。 アトリエうかいのフールセックも、ここで購入できますよ。 ちなみに、わたしがはじめてフールセックを買った場所はこの「THE BEST CHOICE」。 常に品切れ状態で、入荷待ちに1か月半かかりました…。 「うかい亭」で買う.

次の

アトリエうかい たまプラーザ (Atelier UKAI)

アトリエ うかい

「フールセック・フルール缶」は、「アトリエうかい 阪急うめだ本店」のオープン1周年を記念した限定商品です。 お花畑をイメージした7種類のクッキーをブーケのように彩り豊かに詰め合わせました。 お客様への感謝の気持ちを込めて発売するバラエティに富んだクッキー缶は、ギフトや手土産としても嬉しい一品です。 尚、常設店舗での発売に先駆け、9階 祝祭広場で開催される「第3回 クッキーの魅力」にて「フールセック・フルール缶」を先行販売します。 また、同会場ではクッキーにまつわるセミナーが同時開催され、「アトリエうかい」からはシェフパティシエの鈴木滋夫が登場します。 「アトリエうかい」のレシピを用い、クッキー作りにおけるポイントの解説や作り立てのクッキーの試食など、クッキーの魅力に迫ります。 レシピはお持ち帰りいただけます。 セミナーには事前申し込みが必要ですので、ぜひご応募ください。 【電話番号】06-6361-1381(代表) 【定休日】休業日は館に準じます。 「アトリエうかい」からは「フールセック・フルール缶」をご用意し、以下の日程で先行販売します。 数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。 【限定数】 お一人様3個まで 【場所】阪急うめだ本店 9階 祝祭広場 【営業時間】10:00~20:00/金・土は~21:00• セミナーの詳細については、 2月26日(水)以降の阪急うめだ本店のホームページ()からご確認ください。 フランスでの研修後、都内製菓店や「エコール 辻 東京」の教員を経て、2003年に株式会社うかい入社。 横浜・銀座などの鉄板料理店「うかい亭」のパティシエを歴任し、2006年に洋食事業部 製菓長に就任。 「うかい亭」で提供している食後のプティフール(小菓子)が評判となったことから、「アトリエうかい」の立ち上げを担い、フールセック(クッキー詰め合わせ)の商品化を手掛ける。 現在、4店舗ある「アトリエうかい」の統括製菓長として製菓全般を統括。 季節を楽しめるお菓子を日々追求し、一つひとつ丁寧なお菓子作りを心がけている。 著書には、「アトリエうかいのクッキー(柴田書店)」がある。 アトリエうかい概要 うかいグループの洋菓子店。 レストランでの感動と余韻をご家庭でも味わっていただけるよう、「うかいの余韻をご家庭へ」をコンセプトに掲げて「旬の素材を最も美味しく提供する」というこだわりのもと、 2013年東急田園都市線に「アトリエうかい たまプラーザ」をオープン。 その後、2017年7月には「アトリエうかい エキュート品川」、9月には「アトリエうかい トリエ京王調布」をオープン。 2019年4月にはグループ初の西日本店舗となる「アトリエうかい 阪急うめだ本店」をオープン。

次の

【確実に購入する方法を紹介】アトリエうかい阪急うめだ本店でフールセック・小缶を購入した感想【サクサクほろほろ】

アトリエ うかい

「銀座うかい亭」でコース料理のデザートとして人気だった焼き菓子をたくさんの方に楽しんでもらいやすいようにパティシエが改良したのが「フールセック」です。 焼き菓子というとこんがりきつね色のものが多いですが、アトリエうかいのフールセックはふたを開けると色とりどり!宝石箱を開けるみたいにワクワクしてしまいます。 缶もかわいいフールセックはおすすめ 【 フールセック 小缶 】 価格 2,160円(税込) 賞味期限:15日以上 黒ごまの香ばしさを堪能するガレットや、ピスタチオのジャンドゥーヤ入りのコルネ、貝殻の形の紅茶クッキー、レモンジャム添え、木苺のジャムがサンドされた人気の花形ウィーン風クッキーなど、どれも個性的な味わいで「これはどんな味?」と、次々伸びる手を止めることができません。 ふわっと軽く口の中で溶けるような食感やサクサクとした異なる食感に、酸味や香ばしさといった様々な風味も楽しめます。 クッキーの種類は季節によって変わるものもあるため、何度贈っても喜ばれます。 「フールセック」には大缶と小缶があり、シチュエーションに合わせて大きさを選ぶことができます。 小缶は7種のクッキーが入っていますが、大缶には15種類が入っており、大人数が集まる場への差し入れや、小缶を気に入ってくださった方へのギフトとしても活躍すること間違いなし。 個性豊かなクッキーの詰め合わせ 【 フールセック 大缶 】 価格 4,500円(税込) 賞味期限:15日以上 パッションフルーツのジャムがアクセントのチョコレートクッキーや、ほろほろ食感が楽しいクッキーをはじめ、歯ごたえも楽しいパイなど、中には大缶でしか味わえない焼き菓子もあります。 エレガントなデザインの缶に入っており、かしこまった席へ持参するにもピッタリの贅沢な詰め合わせ。 目にも麗しい個性豊かなクッキーの詰め合わせは、華やかでありながら落ち着いた雰囲気も醸し出すクッキーの手土産にもおすすめです。 大人の味わい、塩味のきいたフールセック・サレ• 美味しい焼き菓子であっても、甘いものはそれほど得意でないという方もいらっしゃいます。 また、お酒の席への手土産は甘くないものの方がいいなんて場面もありますよね。 【 フールセック・サレ 】 価格 2,500円(税込) 賞味期限:製造日より30日 お酒のお供にもついつい手が伸びてしまいます。 また、いくつものスパイスを配合した繊細で上品な風味は、ワインやシャンパンを優雅に楽しみたい時のお供にもピッタリ。 1缶でいくつもの美味しさが味わえるフールセック・サレは、ホームパーティーなどさまざまな方が集う場所への手土産にも活躍します。 【 ポムヴェール 】 価格 510円(税込) 賞味期限:当日中 焼き菓子を幾つかご紹介しましたが、アトリエうかいでは生ケーキや半生菓子も人気です。 マフィンやパウンドケーキなど種類も豊富で、常設店限定の生菓子は、季節や旬に合わせてみずみずしい商品がラインナップ。 ショートケーキやミルフィーユなど定番のケーキをはじめ、可愛らしいミニサイズのエクレア「プティエクレール」(価格:420円)やクローバーの形のダッコワーズ(価格:300円)など、焼きたてのケークやドゥミセックが並びます。 【 タイベリーと桃のムース 】 価格 530円(税込) 賞味期限:当日中 店舗限定の「ヴィエノワズリー」をはじめ、「タイベリーと桃のムース」やプチサイズのタルトなど季節ごとに変わる旬のフルーツを使ったものもおすすめ。 また、南国をイメージした「サバランエキゾチック」(価格:650円)、レモンが爽やかなタルトシトロン(価格:450円)、フロマージュエテ(520円)なども人気!どれにしようか選びかねてみんなショーケースの前で動きが止まっちゃうほど。 アトリエうかいの店舗は、たまプラーザ駅の南口から徒歩で約6分の場所にある「アトリエうかい たまプラーザ」と、つい先日オープンした「アトリエうかい エキュート品川」の2店舗。 ウッディーで落ち着いた「たまプラーザ店」は、ヨーロッパのカフェのようなラグジュアリー感が漂います。 華やかなケーキやクッキーが並ぶショーケースは、「見せる工夫」もなされているため、ゆっくりと眺めながら時間をかけて商品を選びたくなります。 アトリエうかいのクッキーの販売場所 品の良いブルーを基調としたエキュート品川店は、気軽に立ち寄れ、忙しい移動時間でも気持ちよく手土産を購入することが可能。 また、「銀座うかい亭」の店頭でもフールセック・サレ缶とフールセック大缶、小缶、ドゥミセック詰め合わせが販売されています。

次の