車両保険 とは。 車両保険の金額はいくらが目安(相場)なの?|チューリッヒ

「車両保険」には入るべき?

車両保険 とは

車両保険の中には、車対車(エコノミー)+Aというタイプの車両保険もあります。 車対車(エコノミー)+Aは、簡単に言うと、一般車両保険から、自損事故と当て逃げによるクルマの損害の補償を除いた車両保険です。 自損事故と当て逃げだけ補償されないということですから、決して手薄な車両保険ではありません。 一般車両保険を選択するとどうしても保険料が高くなるという場合は、車対車(エコノミー)+Aにすると良いでしょう。 車との衝突・接触以外では、火災・爆発、騒擾等暴力行為によって受けた損壊のほか、落書き・ガラス破損、物の飛来・落下による損害も補償対象に含まれます。 また台風・洪水・高潮によって浸水した場合も補償されます。 これらはもちろん一般車両保険でも該当するものですが、エコノミーになるとこの手の損害は全く補償されないと言うことです。 そうなると、車に普通に乗る人なら、エコノミーではとても心許ないと感じるのではないでしょうか。 なお、車対車(エコノミー)+Aの「A」とは、「accident」の「A」です。 つまり車同士の事故と、上記のような様々な災難(accident)による車の損害を補償する車両保険ということですね。 車対車(エコノミー)+Aをつけた場合の、保険料がどれぐらいになるか知りたい場合にぜひ利用してみると良いのが、インターネット上にある自動車保険一括見積もりサービスです。 車検証や免許証を手元に置いて入力していけば、自分の条件での見積もり結果がすぐ出てきます。 一般車両保険の見積もり結果との比較もすぐ出来るので、事前に資金計画をたてることができます。 実際見積もりしてみて、一般車両保険と保険料に大きな差がなければ、自損事故や当て逃げ事故もカバーされる一般車両保険のほうを選びたくなるかも知れません。 ぜひ補償パターンを変えた見積もり比較もやってみてください。

次の

車両保険とは?いる?いらない?車両保険とは何?補償範囲は?

車両保険 とは

[監修者] 伊藤 亮太(ファイナンシャル・プランナー) 免責とは 「免責金」の略で、 保険金を受け取る時の「自己負担額」です。 免責の明記の仕方は、例えば、 免責「5-10」というもので、これは保険年度1回目の事故は免責額(自己負担額)が 「5万円」で、2回目の事故は 「10万円」という意味になります。 ほとんどの保険会社では「0-10」や「5-10」のように、1保険年度で1回目に事故を起こした時より、2回目に事故を起こした時の方が高額になるように設定されています。 (例1)保険年度1回目の事故の場合• 修理代「25万円」• 免責「 5-10」• 保険年度 「1回目」の事故 この場合、保険会社から支払われる保険金は25万円(修理代)から 免責金(自己負担額) 5万円を引いた 20万円となります。 (例2)保険年度2回目の事故の場合• 修理代「15万円」• 免責「5- 10」• 保険年度 2回目の事故 この場合、保険会社から支払われる保険金は15万円(修理代)から 免責金(自己負担額) 10万円を引いた 5万円となります。 ただし、免責には例外があって、 全損の場合は適用されないので、自己負担なく全額もらえます。 参考: 免責0特約って? 免責0特約 とは、免責金額が1回目に限り「0円」になる特約です。 免責0特約には「どんな事故でも免責が0円になるもの」と、 車対車免責0特約という「相手がわかっている車と衝突した時のみ免責が0円」になるものがあります。 どちらの場合も「2回目」の事故には免責金が発生するので注意が必要です。 免責0特約を付けた時のメリットとデメリット メリット 最大のメリットは事故を起こした時に自己負担がなくなる事です。 免責0特約がなければ、「10-10」という免責設定の場合、せっかく保険に入っているのに10万円もの大金を支払われなければならないので負担感が強いです。 ちなみに私は車両保険に入るのであれば免責0特約付ける派です。 せっかく車両保険にはいるのであれば自己負担ゼロで修理したいですからね。 デメリット デメリットは保険料が付けない時よりも「割高」になることです。 実際に見積もりをしてみたのでご覧ください。 アルトラパンに車両保険を75万円一般条件でつけた15等級での見積もり結果です。 0-10( 免責0特約 あり) 36,900円• 5-10( 車対車免責0特約 あり) 34,710円• 5-10 ( 免責0特約 なし) 33,150円• 10-10( 免責0特約 なし) 30,100円 一番保険料が高額な 免責0特約と、格安の 免責10-10の契約の保険料の差額は 「年間で6,800円」です。 保険料を節約したいのであればかなり効果的な方法ですね。

次の

【初心者向け】協定保険価額とは?車両保険の何に関わるものかを徹底解説!

車両保険 とは

車両保険は必要なの? 自動車保険の補償の1つである車両保険。 そもそも何を補償するのか?必要なのか? などよくある疑問点について解説します。 車両保険は、自分の車の修理費等を補償する保険です。 例えばこんな場合に、保険金額を限度に保険金が支払われます。 車同士の事故で、契約車両が壊れた• 契約車両に落書き・いたずらされた• 契約車両が盗難にあった• ガードレールで契約車両をこすった (「一般型」のみ)• 当て逃げされた (「一般型」のみ) 大きな事故で修理ができない場合は、車を買替える費用として保険金を充てることができます。 台風や洪水などで車がダメになった場合も車両保険があれば備えることができます。 事故の相手方から修理代が支払われるから不要では?というご意見もあります。 もちろん相手方が自動車保険に加入している場合、相手の対物賠償から保険金が支払われます。 しかし、注意してほしいのが、事故には過失割合があり、自分の過失割合分までは相手方からは支払われません。 車両保険があれば、自分の過失割合分も保険金が支払われます。 もちろん、相手のいない事故や自然災害の場合は、自分の車両保険がなければ保険金が支払われません。 車の修理代は高額になることもあり、急な出費に備えるためにも、車両保険をつけることをおすすめしています。 ただし、車両保険の有無で保険料は大きく変わってきます。 また車両保険の種類によっても保険料は変わってきます。 保険料がどれくらいになるかをご確認のうえ、車両保険の有無を決めてください。 保険料がどれくらいになるかは、で簡単に調べられます。

次の