マホト。 マホト逮捕 同棲相手の彼女に暴行 元アイドルの京佳?かねこあや?youtuber活動休止の真相がヤバイ

マホトの逮捕歴について。逮捕理由をヘタレとあやなんが暴露?

マホト

もともとマホトは「サシマン」という名前だった。 html そもそもマホトは、「サシマン」という名前で中学の頃から動画投稿をしていたようだ。 サシマンの由来としては、小学校のときに放送委員だったそうだ。 その日の担当者がインフルエンザにかかったみたいで、音楽だけが流れていたそうだ。 だけど、なぜかトークを入れたくなり、学校の先生にお願いをしてトークさせてもらった。 そのときにヒーローみたいな名前にしたいということで「サシマン」となったそうだ。 個人的には、少し卑猥な要素を入れたのかと思っていたぞ。 だけど、せっかくなので親が名前をつけてくれた名前で活動したいと考えて今の「マホト」になったそうだ。 さて、そんなマホトには逮捕歴があるということで注目が集まっている。 google. その噂はさまざまで、暴行・恐喝などをしていたや、タバコを吸っていたなどがある。 また、ヤンキーと深いかかわりがあるとの噂があったようだ。 だけど、これはPDSダンテの元カノが運営していたブログがきっかけのようだ。 もともと色々なYouTuberの暴露話が投稿されていたようだが、今はこのブログは閉鎖している。 そのブログにはこのように投稿されていた。 彼 マホト は恐喝で警察に捕まってて1ヶ月留置所にいたんですよね、しかも恐喝は二回目。 彼 PDS と一緒に焼き肉を食べてた時そこの店員さんが彼 PDS のファンなんです。 と話しをかけてきて、「S サシマン=マホト さんはどうしてるんですか?」と質問をしたところ 初対面のファンに対して彼 PDS は 「入院しているは嘘で恐喝で捕まってるよ」と普通に話したバカ。 この逮捕された内容については真実はわからい。 だけど、マホトの逮捕理由は、サシマン時代にあったようだ。 そのときに、ある配信系の第一人者と、コラボをしていたようだ。 そして山下を脅して30万ぶんどったということで注目を集めたようだな。 まあ、これはどうやら2ヶ月ほど本当に留置所に入っていたようだ。 2012年当時毎日欠かさず動画投稿をしていたマホト。 だがしかし、2012年8月16日の「【PDR,マホト】簡単筋トレ!ストレッチチューブ!」という動画を最後に更新が途絶えた。 次に投稿されたのは「ムカデを食べてみた」という動画で、約2か月後の10月13日のことだった。 俺様はムカデというか虫が嫌いなので動画は再生していないが、ファンにとっては待ち望んだ動画再開だっただろうな。 この約2か月間が逮捕そして拘留されていたと言われる期間なのだが、マホトのツイッターの過去投稿をみてみると、8月18日にリプライ、9月26日にツイートしている。 ということは、約2か月ではなく1か月に絞られることになるだろう。 脅して金銭をとる恐喝罪、簡単な言葉で言えばカツアゲというやつだな。 逮捕されて取り調べを受け、送検、最大日数拘留されてだいたい1ヶ月程度のようなのでぴったり合っているな。 その後不起訴になったのか処分保留になったのか起訴猶予になったのかわからないが、自由の身になったことは間違いないだろう。 リスナーも心配していたが、9月26日に空白の期間について説明のツイートがあった。 動画のほうは10月中に復活したいとおもいます。 ご心配とご迷惑おかけしました。 リプは返せませんがちょいちょいツイッターやりたいとおもいます。 まっててくれてありがとうございます。 逮捕されたのか本当に胃腸炎だったのか知らないが、それがナンだ?今では立派なYouTuberで大人気だ。 そのため、いまさらそんなことを言ってもリスナーは何も思わないのではないかと思う。 そこをいちいち反応するのはどうかと思うがな。 まあ、だけど恐喝はダメだな。 だが、人はそうやって失敗をするから成功するのだと個人的には思うがな。 だけど、そういうことをイチイチネタにするのもいるようだ。 今回も、ヘタレとあやなんがマホトの恐喝のことについてネタにしていたようで注目が集まったな。 html そして、この恐喝をヘタレが暴露をしたのは有名な話だ。 そもそもは、不仲が原因でヘタレが暴露して、恐喝での逮捕歴をばらしたようだ。 動画でこのように語ったようだ。 1年か2年くらい前、俺と絡んでた頃、動画投稿休んだじゃん 彼は捕まってたの!警察に捕まってたの!刑務所に入ってたの! 恐喝で。 俺ね、ヒップホップやってるから知り合いとかぶっちゃけいるよ。 刑務所入ったことある人とか。 全然いる。 でもそうゆう人達ってなんていうのかな…麻薬とか酒の飲みすぎとかそういうことで捕まってるわけ。 でも俺、恐喝とかこういう事で捕まるような人間は無理なのよ! ホントに無理だと思って距離置いたの。 動画投稿休んで何が入院してましただ?オカシイだろって! で、それを俺は知ってるから!だから俺は距離を置いた。 この発言を見ると、ヘタレビーボーイという元YouTuberがかなり情けなく思えてくるのは俺様だけだろうか? 刑務所に入ったことがある知り合いがいる、などと、思いっきり人のふんどしで相撲をとっているではないか。 そして、麻薬も恐喝もどちらも重い罪であり、麻薬はかっこいいぐらいに思っていそうなこのヘタレビーボーイは本物のヘタレなのだなと思ったぞ。 だいたいヒップホップやってるから悪そうなやつはだいたい友達だと言いたいのかもしれないが、真面目に生きてヒップホップが好きな人に失礼だろう。 おっと、話が逸れてヘタレビーボーイをひたすらdisってしまった、失敬失敬。 とにかく、ビーフ 争い が起こるまでは、マホトと曲を作るなど仲の良かったヘタレビーボーイ。 先にマホトが自分の動画内でヘタレビーボーイに対して批判をして仕掛けてきたようなのだが、それを同じようなやり方で仕返ししてくるとは、子どものケンカのようなものだな。 それをみたあやなんが、裏垢でツイキャスしたわけだ。 あやなんの裏垢とされているPECO_619というアカウント。 マホトの過去の逮捕経歴について話題を振られると、 「本当それ、自分の事も適当なくせに人にあーだこーだ言って典型的なダメなやつだよ」 「もう一回潰れた方がいいよね、あれは笑笑」 と、明らかにマホトに対して明らかに挑発的な発言をしている。 この裏垢については、あやなん自身が裏垢であることを認めているので本物で間違いないだろう。 そのときは、あやなんが、ネタにしているような感じだったな。 だが、結果、これは炎上商法だったわけだ。 その後は、あやなんは頭を坊主にするという芸能人の誰かに似たようなことをしたわけだ。 まあ、それについてはマホトはもとから同じステージにいる人間ではないことで寛大に許していたな。 さすが、マホトだ。 個人的に思うことだが、誰でも素行が悪いことはある。 でも、昔にそういうことをしてきた人は大人になるに連れて、どんどん出世する。 まずは、マホトの元友人とされる人物だ。 音声のみの動画なのだが、とても聞き取りづらい。 俺様からすると、それが逆に信憑性を高めている気がするぞ。 暴露に至った理由が、マホトやマホトの取り巻きから許しがたい行為をされたからということらしく、怒りにまかせてそのまま音声を録音したのではないかと思うからだ。 その音声動画によれば、逮捕によって動画とツイッターの更新が途絶えたのは事実なようだ。 そして、逮捕は自体は初めてではなくこれまでに何度もあるらしい。 金に困ると恐喝をするという根っからの犯罪者で、恐喝以外のもっと重い罪も多数犯しているんだとか。 過去にも逮捕歴があるとなると、約1か月の逮捕そして拘留ののちに不起訴等で釈放というのは腑に落ちない。 前科があるのであれば、起訴されてもおかしくないのではないだろうか。 元友人を名乗る人物は、真相については動画を見た人が判断してくれれば良いと話していたので、逮捕が初めてではないという部分は若干疑わしいだろう。 ただ、動画を投稿した本人も、真実がどうというよりかはマホトを陥れたいという気持ちのほうが強かったのかもしれないな。 SNSが盛り上がっている昨今、言ったもん勝ちみたいなところがあるし、ネットの情報を簡単に信じる者が多いからな。 逮捕ということに関して言えば、現在進行形で仲が良いとされているかずきむぎちゃという人物の発言が大いにに信憑性が高いだろう。 動画で「マホトくんは。 19歳の時に恐喝罪でパクられてるよ!」と話している。 仲の良い友人が言うのだからほぼ間違いないだろう。 マホトがYouTuberとして活動中止した? さて、そんなマホトだが、活動を一時中止するという動画があった。 なんで、マホトが活動を一時的に休止するのか君らも気になったことだと思う。 過去に恐喝まがいのことをしていたことなどで、とうとう逮捕されるためかなどと思いもしたが違うようだな。 どうやら、マホトはメグウィンというYouTuberのことが原因で活動を一時休止することにしたようだ。 マホトとメグウィンの関係というのは、マホトがYouTuberになるきっかけになった人物だ。 メグウィンの動画を見て、マホトはメグウィンに何度もメールでメグウィンTVに入れて欲しいと直談判したということだ。 だけど、メグウィンから返事は、 「お前は自分で動画配信をやったほうが絶対に良い」とのことだ。 このとき、メグウィンは動画配信するための心得のようなものも全て伝授したとのことだ。 そのきっかけで、マホトは動画配信し続け、今の人気YouTuberになった。 その恩人ともいえるメグウィンがチャンネル登録者数を100万人にいかなければ引退するとなった。 そのことで、マホトはどうしてもメグウィンを引退させたくないということで、メグウィンTVを100万にするために活動を一時停止したとのことだ。 マホトのその後は?? さて、その後、マホトはどうなったかというと、メグウィンのチャンネル登録者数が100万人突破したようだ。 これは、本当にマホトが視聴者に対して、自らが広告塔となって活動したようだ。 その活動したことでの視聴者の反応は次の通りだ。 登録してない人は本当にしてほしい!本当に面白いから、MAJIDE。 どんだけ、めぐさん好きなんだ?!• MEGWINTVの為にそこまでするのなんか解せぬ。 まぁマホトが決めたことだから黙って見てるしかないんだけどね。 正直ガッカリ。 メグウィンは自分の力だけで登録者100万人いってほしかった。 俺はプレゼント企画よりタチ悪いと思う。 マホト優しすぎでしょ泣いた? といった賛否両論の意見があったが、結果としてはチャンネル登録者数は100万人突破したとのことだ。 そもそもメグウィンのチャンネル登録者数は約87万人いたが、これだけでもすごいと思う。 だけど、そこからは動画次第ということになるのだろうが、約13万人と登録させたマホトはすごいといえるな。 いずれにしてもYouTuberは個々がよければというイメージがあったが個人的にはこのマホトの行動は自分を省みないことは良かったと思う。 まとめ 今回はマホトについて紹介してやったぞ。 まあ、逮捕歴については本当のようだが、個人的に思うにいまさら?と思ってしまう。 ただ、そのことをネタにして炎上商法する輩も、必死で一生懸命なんだろうなと思うぞ。 【マホト関連の記事はこちら】• カテゴリー•

次の

マホトの炎上がヤバイ!!!炎上事件を総まとめてみたらスゴイことが!?

マホト

来歴 [ ]• - 罰ゲームで、サシマン名義でにてデビュー。 その他でも動画投稿を始めた。 当時はこの他でも活動していた。 - ニコニコ動画でアップロードしていた動画をすべて削除する。 - でも活動開始。 - YouTubeの新チャンネル「SASHIMAN」(現・「MAHOTO」)に移行。 - YouTubeの新チャンネル「ワタナベマホト」に移行。 - UUUMに移籍。 - 6月2日に知人女性と酒に酔って口論となった末怪我をさせ、傷害容疑で逮捕されていたことが判明し、本人のYouTubeチャンネル上で、無期限の活動休止を発表した。 2019年7月18日 UUUMのリリースで、2019年12月31日までの謹慎、禁酒 、UUUM内で補助業務活動を行う事が発表された。 2月14日以降動画投稿活動を再開することが発表され 、同年、自身のYouTubeチャンネルにアップした動画にて、YouTuberとしての活動の復帰、継続、UUUMに引き続き所属することを発表した。 2020年3月6日 - YouTubeの新チャンネル「マホトMAHOTO」に移行。 人物 [ ]• ラッパーとして活動する場合の名前はBEMA。 「BEMA」という名前は苗字と名前の間の文字を取った「ワタナ ベマホト」から来ている。 [ ]• での活動名は「ワタナベマホト」で 以前はSASHIMAN、MAHOTO 、2016年にチャンネルを「ワタナベマホト」に変更した。 2020年3月にもチャンネルを変更し、現在は「マホトMAHOTO」というチャンネルで活動している。 親には仕事を辞めさせ、マホトが家族を養っていたり、新築の一軒家を買ってあげた。 を観戦するのが趣味である。 愛好家でも知られている。 挨拶 [ ]• 2014年頃からの挨拶の「しゅしゅしゅ」はが後輩芸人から譲り受けたものである。 また、エンディング及び「MAHOTO」のアイコンはおまめサンシローが描いたものが使用されている。 仲間家 [ ]• 住居を「仲間家(なかまや)」と称している。 「仲間家」は元々サグワの部屋にマホト達が移り住んだのが始まり。 現在はマホト、そして後輩YouTuberの「かわうちきっぺい」の2人が仲間家に住んでいる。 「ポンポンタイムズ仲間家」というYouTubeチャンネルがあり、晩ご飯や仲間家での日常などの動画がアップされている。 近年までは、へきトラハウス(現 )、カイト、カワグチジン、ゆうこんなどがいた。 REBERTAS [ ] デザイナーのTOMO¥Aと共に、ファッションブランド「REBERTAS」を立ち上げる。 所属事務所GENESISONEの脱退の報告動画にて本人は「REBERTASはこのまま続けます」と話していたため、現在所属しているUUUMでの環境が整い次第、再販や新アイテムの販売などの企画を立てる意向を示している。 展開商品 [ ]• Tシャツ• パーカー• タオル• ステッカー その他にも様々な商品を展開している。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ] No 発売日 タイトル 収録曲 1st 2016年11月12日 侵略的隙間• 侵略的隙間• スクリーンセーバー• 東京ブートレグfeat. LITTLE• 天使と悪魔• Jeff The Killer• ハッピーエンド• 米搗き飛蝗の唄• 動画投稿2016• 隙間腐食 参加作品 [ ]• の発売のアルバム『SAKASAMA』内の収録曲「FLOWER」にBEMAとして参加。 の発売のアルバム『Season 1』内の収録曲「アネモネ feat. BEMA from カイワレハンマー」、「Stalking Vampire ~隙間男のテーマ~ feat. BEMA from カイワレハンマー」、及び発売のシングル「財部亮治feat. ライブ・イベント [ ] 年 タイトル 会場 2016年 ワタナベマホト「侵略的空間」コンサート2016• 2016年10月21日:TSUTAYA O-East 2017年 仮 ワタナベマホトイベント2017• 2017年4月30日:・桜坂セントラル• 2017年5月3日:・旭川カジノドライブ• 2017年5月6日:・金沢AZ 交友関係 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2020年5月) リーダーはサシマン時代からの視聴者である。 はじめしゃちょーとマホトの動画にてドッキリ企画などをし、それで注目されるようになった。 今では、全国規模まで発展した。 メンバーが言うには師弟関係らしい。 そのため、を修行に出していた。 お互いGENESIS ONEからUUUMに移籍している。 同い年であったため意気投合し、コラボをたくさんしていた。 東海オンエアに対してドッキリ企画した時の主になった人である。 彼が日本一の登録者数を記録した時に祝福していた。 ネット上では一時期不仲説が出たが、それぞれのスケジュールが忙しいためコラボができなかった。 彼の活動休止から復活する時にコメントしていた。 マホトがUUUMに加入した時は、抱き合っていた。 彼らが高校生の時からの知り合いである。 とくにとコラボをしている。 マホトは「はのびのび」とコメントをしたため、コメント欄に今も書き込まれている。 とは誕生日を祝ってあげている。 撮影スタジオにマホトが来る時は、ドッキリを仕掛けている。 UUUMに加入した時はが泣いていたので仲の良さが分かる。 しかし2019年1月、エイジが没したため、UUUM加入後エイジとはコラボできなくなってしまった。 そのため、同月エイジがやっていた「ziinaTV」を紹介したり、マホトはエイジの顔のタトゥーを入れた。 マホトの活動休止期間中に一番会っていたYouTuberはそらだという。 彼が大学生の時に初めてコラボをした。 はじめしゃちょー、マホト、トミックというトリオで出演している動画も多い。 今は魚捌き中心の動画のため、マホトは持ってきてもらった魚を一緒に捌いたり、教えてもらって自ら捌いたりする。 マホトとの初コラボを機に注目されることが多くなった。 初コラボの時にマホトが彼のおっぱいを掴んだときにその時のツッコミが今も人気である「おっパブじゃねぇよ」というフレーズが生まれた。 彼は、グループYouTuberをやってみたかったのでマホトとパフパフチャンネルを結成した。 彼は、ヒカキンに会うのを目標にしていたため、ドッキリ企画として食パンマンやドアに貼り付けたヒカキンの偽物に会わせていたが、ついにヒカキンの2019年3月24日の動画で初コラボにマホトが協力した。 ドッキリ企画として、マホトは料理に仕掛けをしていたのを彼に食わせていた。 彼はマホトの休止期間中に励ましのLINEをしていた。 休止期間を終えた時にはマホトは料理に仕掛けをしないようにしていた。 上記の他にも、YouTuberでは、、、、、、、などと、歌手・歌い手では、などと、プロレスラーでは、などと交流がある。 YouTuberの本2 2015年5月29日 出演 [ ] 映画 [ ]• サラリーマンは踊る()• 隙間男2(劇団スカッシュ)• 日々ココモ(劇団スカッシュ)• シューティングスター(劇団スカッシュ) 脚注 [ ] [] 出典 [ ].

次の

マホトの炎上がヤバイ!!!炎上事件を総まとめてみたらスゴイことが!?

マホト

概要 [ ] カイワレハンマーはが全員であり、BEMA(ワタナベマホト)とそのリスナーだったimigaと結成したグループ。 当時のユニット名は、 摩将龍Rhymers(ましょうりゅうらいまーず)で、メンバーはワタナベマホト、imiga、リュウイチだったが方向性の違いにより解散。 その後、BEMAがimigaを誘い、現在のimigaとBEMAの二人の カイワレハンマーとなった。 名前の由来はimigaがこの名前以外納得しなかったからである。 「カイワレのように弱いユニットがいつかハンマーのように強くなるように」という想いは後付けされたものである。 2014年7月12日に1stアルバム「BegInner」でCDデビュー、2014年8月2日より初のライブツアー「カイワレっておいしいの? 2016年3月19日にフルアルバム「Prequel」が発売され、初の店頭発売のHMV限定盤、通常盤が発売された。 2016年3月31日のワンマンライブ「カイワレハンマーZEPP Diver City Tokyo〜quad4s〜」を以って1年間の活動を休止した。 BEMAによると休止の理由は、「会場の規模や集客人数に対して自分たちのスキルが見合っておらず、もっとスキルアップしたいから」、「BEMAの肩の改善期間として」。 同時期にカイワレハンマーの結成から活動休止までを描いた漫画アプリ『カイワレハンマー物語』がGOODROIDよりリリースされた。 2017年4月5日赤坂BLITZにて開催された「COME BACK」より活動再開。 2017年5月17日に4thアルバム「BegInner2」が・HMV限定で発売された。 同年5月17日付のデイリーランキングで1位を獲得する。 同年5月29日付の週間アルバムランキングでは8位にランクインした。 2018年10月10日に「Sequel」がLoppi・HMV限定で発売され、同年10月10日付の週間アルバムランキングでは4位にランクインした。 マホトの個人チャンネル上で、メジャーデビューすることが2018年8月12日に発表された。 これにより、インディーズとしては2018年10月に発売された6thアルバム『Sequel』がラストアルバムとなる。 2018年11月7日にマホトが所属事務所のGENESIS ONEからの脱退を発表すると 、その後の2018年11月11日のU-FES. 2018にてマホトがのへ所属することが発表された。 同時にimigaも移籍したため、カイワレハンマーのマネージメント・関連商品の展開もUUUMが引き継ぐこととなった 2019年5月1日のNKR歌謡祭にて所属になる事を発表したが、後述のBEMA の事件により活動休止となった。 メンバー [ ] BEMA(ワタナベマホト) [ ] 詳細は「」を参照 2011年のペン回し全国大会の優勝者。 現在はソロ活動中。 作品 [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 1st khm0000400008• サマーロード• ダークwww DEEP remix• サマーロード Instrumental 2nd khm-00008• 【予想外】もう無理です…• 【ありがとう】これからも• 【予想外】もう無理です… Instrumental• 【ありがとう】これからも Instrumental アルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 1st KHM-00001• Rurh Hour• Melody Freak• 三角係• BEMA vs imiga• Sprout• Slow 2nd BETABOX khm-00002:初回限定盤 kmh-00003:通常盤• コンニチハ• だーくwww• YOUR SONG• コノ速サナラ言エル• 一方通行• Break Down• bonus truck 3rd KHM-00005-01• 壊我金槌〜三枚目ノ陣〜• img. link• 天使と悪魔• げぇむのすたるじっく• home DVD• Sprout• Break D〜own• 三角係• だーくwww• slow• 頭隠して尻隠さず• home• コノ速サナラ言エル• Higher Goals HMV盤• Sprout• Break Down• Rush Hour• 一方通行• Melody Freak• えんじょいひっぷほっぷ• home• YOUR SONG• CRASH 4th NKR00002• 第四ノ刺客• メデューサ• suite room• ちょっと一息• BACK PACK• ネオン• 最高path• come back 5th NKR00011• 五番目ノ砦• 凸凹フレンド• play with love• んなわけない• GO MY WAY -STEP BY STEP-• sprout2018 6th NKR00021 Disc1 ~カイワレ~• 六回目ノ襲撃• grow up cycle• スペース• ToT〜ハロウィン狂騒曲~• マジック• 楯と矛• GOODBYE Disc2 ~ハンマー~• 流酸の溜まった落とし穴• 雨天決行• HATE• RELAX• ラストソング DVD [ ] 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 1st KHM-00008-01 1. Rush hour 9. だーくwwww 10. 一方通行 11. 三角係 12. Break Down 13. BEMA vs imiga 14. リアルtkt 15. img. link 16. 天使と悪魔 17. コノ速サナラ言エル 18. Higher Goals 19. げぇむのすたるじっく 20. Slow 21. えんじょいひっぷほっぷ 22. サマーロード 23. home 【ENCORE】 24. 頭隠して尻隠さず 25. Sprout 【ENCORE2】 26. 2014年 - カイワレっておいしいの? 2015年 - ワレワレワカイワレツアー• 2016年3月31日 - ZEPP Diver city Tokyo〜quad4s〜• 2017年4月5日 - COME BACKライブ• 2017年7月20日. 2017年8月18日閲覧。 「カイワレハンマー 巻頭12ページ! スペシャルフォトセッション」『Star Creators! 2017年5月7日. 2017年9月5日閲覧。 GO NET 2017年5月19日. 2017年6月10日閲覧。 KAI-YOU. net 2017年5月19日. 2017年9月6日閲覧。 ORICON NEWS 2017年5月24日. 2017年9月6日閲覧。 Real Sound 2018年8月20日. 2018年11月8日閲覧。 ワタナベマホト 2018-11-07 , , 2018年11月13日閲覧。 「」『BuzzFeed』。 2018年11月13日閲覧。 2018年11月13日閲覧。 「カイワレハンマー TOUR2017-2018 〜配達ガワリノ挨拶マワリ〜」『Star Creators! YouTuberの本 August 2017』、、2017年6月29日、 30-31頁、。 外部リンク [ ] YouTube [ ]• - チャンネル• - チャンネル Twitter [ ]• MAHOTONNN -• ImigaManitou -.

次の