いけ ず 石。 海(砂浜)で見つけて気に入った石を拾って持ち帰り、家の中に置いた...

石積みの長所・

いけ ず 石

原理 [ ] 日常の中でを加熱した場合は、、などしていた成分が加熱によって状態(温度が上がると水に溶ける気体の量が少なくなる。 を参照。 )になり、溶けなくなった空気成分が小さなを作る。 この泡が沸騰(相転移)の核となるため、突沸は比較的起こりにくい。 しかし、同じように水を加熱した場合でも、極弱火で非常にゆっくりと水温を上げた場合や、を用いるなど短時間で温度を上げた場合は、溶けていた気体がのまま微小気泡が発生せず過熱状態となるため、突沸が起こる可能性が高い。 そこで液体中に常に相転移の核になる微細気泡を存在させれば、突沸を防ぐことができる。 液体にや多孔質物質を加えておく、あるいは加熱中にで攪拌(かくはん)する、などの方法がある。 沸点測定の場合は、毛細管の先端から連続的にが発生する温度を測定する。 毛細管の内面が完全に濡れて気泡が失われてしまうと突沸を防ぐ機能が失われてしまうため、気泡を含んだ微細孔を多数もつ素材が利用される。 一般には素焼の小片などが利用され、沸騰石と呼ばれる。 あるいはに空気を練り込んだものでもよく、すなわちガラス沸騰石もよく使われる。 それ以外の材質でも、多孔質の素材が沸騰石として製品化されている。 沸騰石であっても、一度火を落として温度を下げてしまうと、気体部分の蒸気が液化して微細管の中に液体を引き込んで表面の気泡が失われてしまうため、沸騰石の性質を失ってしまう。 したがって、温度を下げて沸騰を停止させたら、加熱する前に新しい沸騰石を追加する必要があるほか、一度使用した沸騰石は微細孔が不溶物でふさがっていたりするので、完全に乾いていても再使用してはならない(「沸騰石は使い捨て」と考えるべきである)。 また、過熱状態において沸騰石を投入すると逆に突沸を誘発するので、加熱の途中で沸騰石を投入するようなことは行ってはならない。 家庭においても、水やなどを加熱したのち、などをいきなり加えたり衝撃を与えたりすると、沸騰石の働きをしてしまうため、突沸が起こる場合があるとされている。 についても突沸の例が報告されており、入りの、三層を使う場合には注意が必要であるとされている。 材質 [ ] 内部に多数の孔があり、ここに閉じ込められた気泡が沸騰の核になって突沸を防ぐ。 溶かして気泡を混ぜ込んだが用いられたり、直径1ミリメートルほどのの粒が市販されている。 このほか、投入先の液体の性質を損なわず、液体によって沸騰石自体が分解されるおそれがない多孔質のものであれば、基本的に材質は問わない。 実験の精密さを求めないのであれば、などでも代用可能である。 をいれるでは多くの場合、のが使われている。 脚注 [ ] [].

次の

海(砂浜)で見つけて気に入った石を拾って持ち帰り、家の中に置いた...

いけ ず 石

胆嚢摘出が必要な病気は? 「胆嚢(たんのう)」は、みぞおちと右のわき腹を結んだ線の中心近くの奥にある、肝臓と十二指腸をつなぐ胆管から枝分かれし一部が肝臓にくっついて固定されている臓器です。 西洋梨のような形をした長さ約8cm、容積30~50mL程度の袋状で、肝臓でつくられた胆汁を一時的に貯蔵して濃縮しています。 胆汁には脂肪を水に溶けやすくする働きがありますが、十二指腸に脂肪分の多い食物が流れてきたときには胆嚢がホルモンの働きにより収縮して貯蔵している濃縮した胆汁を出し、分解・吸収されやすいものに変えています。 胆嚢を摘出しなければならなくなる病気でもっとも多いのが「 胆嚢結石」です。 無症状で経過する場合も多いですが、胆石発作や胆嚢炎を併発し上腹痛・背部痛や発熱・吐き気などの症状を起こしたり、胆管に落下して胆管炎、膵炎を併発することもあります。 また、石がなくても胆嚢炎を起こす 「無石胆嚢炎」、「」の疑いがあるでも胆嚢摘出手術が行われます。 胆嚢の摘出手術はどんなふうに行われるの? 主流となっている方法は「 腹腔鏡下胆嚢摘出術」で、通常、へその下と右上腹部に計3~4個の穴を開け、内視鏡や手術器具を腹腔内に挿入して、テレビモニターに映った画像を見ながら胆嚢を摘出します。 全身麻酔が必要で、開腹して行う胆嚢摘出術より手術時間はかかりますが、痛みが軽度で回復も早く、傷もほとんど目立ちません。 合併症がなければ、術後4~7日程度で退院が可能です。 ただし、状況により途中から 開腹術に移行する場合もあります。 炎症や周囲の臓器との癒着がひどい場合やがんを合併している疑いが強い場合、多くのあるいは大きな胆管結石がある場合には、10~15cmほど切開する「開腹胆嚢摘出術」となります。 病気の種類によっては胆管の合併切除なども行われますが、胆嚢の摘出のみであれば術後7~14日ほどで退院可能です。 摘出手術後の経過は 胆嚢を摘出しても胆汁は肝臓で作られ続けるので、胆汁が出なくなるような障害はなく、欠損症状はほとんどありません。 術後の食生活も、よほど脂肪分の高い食事をとらない限り術前と同じで問題ないでしょう。 退院後は状態が落ち着くまで1~2回の外来通院をすることになりますが、定期的な通院は必要ありません。 なお、術後に 下痢が多くなることがまれにありますが、この原因は術後の腸内細菌の変化などにあると考えられています。 消化吸収障害ではありませんが、気になるようであれば、多少脂肪分が多い食事を避けたほうが良いといわれています。 なお、結石ができる原因には胆嚢収縮機能の低下が関係しているため、結石だけ摘出しても再発してしまうことから、その後の生活に変化のない胆嚢摘出が行われることになります。 おわりに:胆嚢結石、無石胆嚢炎、胆嚢がんなどでは摘出の必要が 胆嚢の摘出が必要となる代表的な病気は胆嚢結石で、そのほか無石胆嚢炎、胆嚢がんの疑いのある胆嚢ポリープがあります。 手術は、内視鏡や手術器具を腹腔内に挿入して行う腹腔鏡下胆嚢摘出術が主流ですが、炎症や癒着、がんを合併している疑いが強い場合などには、開腹胆嚢摘出術が行われます。

次の

石を拾っても問題ないですか?

いけ ず 石

むやみに川原で石を積むのはちょっと不吉なのでやめましょう 目の前に流れている川の流れはかなり荒くもしその流れに身を飲まれればひとたまりもないでしょう。 そんな川の流れを前に辺りを見回すと子供たちが川原の石を積み上げている。 いくつも石を積み石塔が完成しようというときになにものかがその石塔を崩してしまう。 子供たちはまた石を積み始めるが石塔が出来上がる寸前でまた崩される。 それをずっと繰り返している。 ここは賽の川原と呼ばれる場所。 三途の川の川原です。 子供たちは石塔が完成するまで石を積み続けなければいけないそうです。 何度も何度も鬼に邪魔をされながら。 ということで今回のお話は賽の川原にも出てくる石の話です。 2016-03-12 23:43 子供はいろいろなものを拾ってきたり集めたりします。 何事にも興味を持って行動するのはいいことです。 子供の成長のためにもあまり束縛はしたくないものですが子供が拾ってくるものにはもしかするとあまり良くないものもあるかもしれません。 以前書いた記事には子供は火や水そして石に興味を持つと書きました。 火や水を拾ってくることはあまりないでしょうが石を拾ってくることは意外に多いと思います。 綺麗な色の石に変わった形の石は子供の興味を引くことでしょう。 ですが石の中には良くないものもあるのです。 山から川に川から海に 川原で拾った石 これからのシーズン山や川の他にも海に出掛けることが多くなるかもしれません。 山に川や海に出掛けると普段目にしないものが沢山あります。 子供にとっては大人以上に目新しい景色が広がっていることでしょう。 山特有のゴツゴツした大きな石や川原の丸くなった可愛らしいものなど石を集めている子供にとっては宝の山です。 ですがこんな話を聞いたことがあります。 山で亡くなった人や動物の霊はいずれ川に向かう。 だから川原の石は拾わないほうがいい。 石は依り代としての役目をもつものもあります。 何か悪いものが憑いたとしてもおかしくないのかもしれません。 そして川はいずれ海に出ます。 海の石に関しては塩水で浄化されているので問題ないという説もあります。 ですがある地方では海の石は拾ってはいけないとも言われています。 別の記事で塩での浄化の話をしました。 2016-06-02 23:12 記事を読んでいただければ分かると思いますが海と霊についても触れています。 ですので筆者としてはやはり海の石も拾わない方がいいのかなとも思います。 良くない石を見分けよう あとは魚石の話 ここまで山や川原には良くない石が混じっているかもしれないという話をしました。 ですが全ての石を否定して子供のせっかくの興味の的を奪うのは心もとないです。 そこで数ある石の中から良くない石を見分ける眼力を身に付けましょう。 良くない石というのは何故か目立ちます。 ツヤがあるようにも見えますがたくさんある石の中でもどこか浮いた存在感があります。 そして持ってみると重いです。 体で感じる重さではなくズシリとした圧迫感のようなものを感じるそうです。 ですがなかなか見分けるのは難しいと思いますので拾ってきた石から嫌な感覚を感じたなら塩などで清めてあげるのも一つの手かもしれません。 ただもしかすると良いものが宿った石かも知れませんのでむやみやたらに塩で清めたりしないようにしましょう。 最後にちょっと変わった石の話です。 名前は魚石といって石の中に生きた魚が泳いでいるそうです。 見た目はただの石ですが丹念に磨いてあげるとやがて中の水が透けてきて石の中を泳ぐ魚の姿を見ることが出来るんだとか。 魚石は見た目は普通の石ですが置いておくと水が染み出てくるそうです。 特にご利益などはないかもしれませんが見付けると何か良い事が起こるかもしれませんね。 それでは今夜はこのあたりで。 河原の石に関して、自身の体験談を一つ。 子供の頃に、私は石に魅せられていました。 その延長で、友達と共に近くの川へ行った時に気になった大きめの石を家へ持ち帰りました。 その晩から、高熱が出て一週間近く寝込むことに…また当時、心霊本が学校内外で流行っていた時期と重なり。 持っていた心霊本に、祖母が塩を盛っていた事が記憶に残っています。 私自身でも、石の事が良くないこと運んできたのかもしれない…と突然、思い至り。 家族に内緒で隠し持っていた石を、向かいのの空き地に投げ捨てました。 すると、見る間に熱が下がり。 翌日には、学校へ通えるくらいに回復したのです。 本当に、不思議な出来事でした。 その時の教訓から、河原の石だけは絶対に拾わない、近づかない。 が、私の信条です。 産んだ子供が、当時の私と同様に歩き始めた頃から、どこへ行っても石を拾いまくっているので…出来る限り、その場に残すように。 持ち帰らせないように、注意を払っています。 まぁ、保育園からお土産に拾ってくるのはどうしようもないのですけれども。 気がついたら、家の外に出すようにしています。

次の