ひたすら タイピング 仕事。 タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

[ タイピング ]

ひたすら タイピング 仕事

私は今就活の身です。 パソコンを扱うことが好きで、タイピングも1級を持ち、毎日自分のパソコンで、カチャカチャやっています。 そこで、データ入力の仕事に就きたいと考えているのですが、どんな仕事なのか、自分にやれる仕事なのか、などなど不安を抱えていて、イマイチ一歩が踏み出せません。 そこで、データ入力の仕事をやっている方にいろいろとお話を伺いたいと思い、投稿しました。 ちなみに私はワープロ1級取得、コンピュータ利用技術検定3級取得者です。 で一度、その系統の会社に仕事内容等を聞いたところ、ひたすらデータ入力との事で、昼休みも仕事をすれば、それだけ機械に打った字数や時間が記録されるので、その分、給料に反映されるとの事でした。 株式会社デップスより ユーザーID: 7188528589 以前、データ入力のシゴトをしようと思い、求人に応募しました。 その、求人広告は普通に、事務系などのデータ入力のみ、電話番ナシ。 面接でも、特に問題はなく、即採用でした。 (私もワープロ検定持ってますよー) しかし、いざ初出勤で任されたシゴトは、出会い系のサクラでした。 しかも、面接場所と勤務場所が違う。 初めはキーボード叩けるし、良いかーと簡単に思っていたのですが、 いやらしいメールをもらったり、嘘をつかなければいけなかったり、 今思い返しても良心が痛みます。 就職活動中に、気分をへこませるような書き込みをして、ごめんなさい。 データ入力、在宅など、危険なものや偽りのものがおおいですから、 気をつけてください。 今、私はweb更新のおシゴトをしています。 簡単なHTMLの知識をつけて、コーディングと呼ばれる、シゴトをしています。 でも内容はデータ入力となんら変わりないです。 いろんな視野で好きなことをシゴトにして、自分のスキルを伸ばしてくださいね。 ユーザーID: 3884887764• 簡単ではない お若い方としてお話します。 新卒で正社員としてのデータ入力を希望しておられるなら、お止めになったほうがよろしいかと思います。 なぜなら、データ入力は「仕事」ではなく「作業」だからです。 料理で言えば、野菜を刻むのが得意なのでそれだけやる、といってるようなものです。 たとえ野菜を10年刻み続けたとしても、献立、調理、盛り付けなどができなければ、料理にはなりません。 「作業」だけがどんなにできても、キャリアにはならないのです。 転職もままならないと思います。 ワープロ1級程度の入力レベルは、社会人である程度の年数なら普通にいますから、資格としては弱いです。 ましてや、データ入力は、今どんどん時給の安い地方の派遣か、海外へ流れています。 長期間正社員として雇用する必要がないからです。 今トピ主さんが希望している会社も、データ入力の人を長期安定雇用するとは思えません。 会社としてメリットがありませんもの。 パソコンが好きなら、もう少しがんばってプログラマやSEを目指してはいかがでしょうか? 厳しいことを言うようですが、これが現実です。 がんばって良い「仕事」を探してくださいね! ユーザーID: 7582172543• 会社独自の決められたフォーマットに入力 最初はデータ入力の仕事なんて一日座ってカチカチカチとやってるだけでいいんだからラクでいいわ〜〜採用でよかった〜〜〜なんて軽い気持ちでした(派遣)。 元々パソコンが大好きだったので、ひたすらカチカチカチカチとやるような仕事がやりたかったんです。。 誰に気を使うこともなく、頭も使うこともなく、ひたすら朝から夕までひたすらカチカチカチカチ・・・・・すぐ視力がガタ落ちでした。 本当に一気に悪くなったと思います。 趣味でパソコン触るなら長時間でも画面見てカチカチカチカチできますが、仕事となると別でした。 本当に目が痛くて痛くて。。 半年の期間限定でしたのですが、長期だったらやめてましたね。 でも周りにいた子たちは平気そうだったので人にもよるんですかね。。 ユーザーID: 1807397296• 長く続ける仕事ではないです 知り合いは毎日ただひたすらテンキーだけを使ったデータ入力の仕事をしていたそうです。 単調でつまらなくて機械的で。 体調を崩して辞めたと言っていました。 私は営業事務をしていましたが、一応求人には「データ入力あり」と書いてありました。 内容は売上伝票の入力でした。 文字数でお金が決まるわけではなかったですが、これもデータ入力の一種ですよね? 私もタイピングが得意でキーボードを触る事が好きです。 でも文章を入力する方が好きであって、無機質なデータは正直意味不明で退屈。 だから営業事務で取引先への案内文を作ったり、見積書などのフォーマットを作成したり、会議用のデータをエクセルで作ったり…。 そういう方が好きでした。 考える仕事の方がやりがいがあるので、営業事務の傍ら入力している感じでしたけど。 あと、肩凝り、目の疲れはひどかった。 目はかすむし、吐き気はするし、もうダメだと思った時期もありました。 週に1回整体に通ってマッサージしないとやっていけない。 それだけで年間10万円以上かかったです。 気持ちよかったけど。 ユーザーID: 6663914909• >連想入力経験者優遇と記載されているのですが、連想入力とは何でしょうか? 変換する漢字の選択とそのミスを防ぐため、普通のパソコンのような同じ読み方の幾つかの候補の中から漢字を選択するのではなくて、その全角一文字分にに対してカナ2文字分を組み合わせた独自のコードを入力することです。 最初は違和感があるでしょうが、訓練をすれば、住所や名前は慣れます。 ローマ字入力の方はカナ入力を早く打てるようにになる必要があります。 でも、一般的に生計を立てるには厳しいと思いますよ。 ユーザーID: 7591699892• 少し辛口です 私は現在、在宅でデータ入力をやっています。 生活の環境が違うと思いますが、パソコンが好きでも、一日仕事としてデータの 入力だけをするというのは大変なことです。 特に出来高制となると……。 体調やいろんな要素で作業ペースは左右されます。 楽しい作業ばかりではありません。 仕様が難しい、あるいはクライアントの要望で 朝令暮改のように仕様が変わることもあります。 入力会社といってもいわゆる悪徳商法に近いものもあります。 月々エントリー料 登録料、ソフト使用料などの名目でこちらが支払うというものです。 (なのに仕事はほとんどない) 全てが悪徳とは限らないかもしれませんが、一般の会社で社員が会社に 使用料を払うことあまりはないことではないでしょうか? そして連想入力についてお尋ねですが、せっかくのネット環境ですから もう少し自分で調べてみてはいかがでしょうか? 連想入力とはどういうものかすぐ見つかります。 もしも、トピ主さんが調べてからのことでしたらすみません。 いろいろ大変でしょうが、就職活動がんばってください。 ユーザーID: 0537766964• KIS カンテック 随分昔に少しだけ経験があるのですが、万一間違っていたらすみません。 全ての漢字の読みを、ごろ合わせや関連性のあるカナに置き換えて入力します。 早く入力するために特化した特殊な入力方法です。 漢字の読みを覚える必要がありますが、 わからない漢字は分厚いコード表で調べます。 入力マシンによっては、テンキーが通常と逆で、 カナキーボードと兼用します。 (超うろ覚え) 入力データは、医療レセプト、受験票、顧客データ等、 数百枚単位で一度入力し、同じものを別の方がもう一度上から打ちます。 ベリファイと呼び、間違いを正すための作業です。 職場の雰囲気は、お年を召したプロの方も多い。 1時間ごとの休憩では井戸端会議でした。 ユーザーID: 0820638821• ありがとうございます2 お気持ちお察しします・・・ ですが、他のサイトでもこのような質問できついレスが返ってくるのは仕方ないことだと思いますよ? ちなみにわたしは、データ入力経験、外勤・在宅を含めて15年ございます 現在は、ある企業様の専属で在宅入力をやっております 経験上言わせていただきますが入力が速いだけではダメということです 精度も大きな条件となります 私は、資格は持っておりませんが1級クラスのスピードを持っております 速く打つだけなら楽しい仕事ですよね でも、速さだけでなく目視確認などそういった意味でもスキルアップされた方が良いと思います 何年か前までなら入力速度の速い人は重宝されていたと思いますが、 今の時代速い人はいくらでもいる ってということです いくら速くてもミスだらけでは今の時代使えないということです りんごさんのスキルは存じませんが、少しきついことを言わせていただきますと、 連想入力を知らないようですのでもう少し勉強されてみてはいかがでしょう? 今の入力のお仕事はワープロではなくデータエントリー(データをシステムにインプット)が圧倒的に多いです ユーザーID: 8072356198• りんごさんごめんなさい >同じデータばかりを入力するのではないので、 そのデータごとに入力ルールもあるし、簡単では ありません。 ぴんくま様の意見より。 私もそう思います。 特に人事・経理の関係のデータ入力は、難しいです。 私もやったことあって感じました。 単なる単純作業ではない。 普段入力する時のタッチが早いからどうのではなくて、入力する内容によっては、考える力があって理解をしていないとそこでもうだめと言う事も企業によってはあると思います。 厳しいです。 幾らタッチが早くても、間違えちゃうともうそこで全滅でしょう。 データ入力と言っても、単純なのも中にはあると思いますが、 単純作業では決してなくて、 色々考えながら、計算したりしながらする仕事もあると思います。 ユーザーID: 3461743272• 今やってます 今データ入力の仕事をして生活しています。 全角文字は連想方式での2タッチ入力ですが、半角文字は1タッチ入力です。 会社によって書式が色々あるので、入力そのものよりも書式を覚えるのが大変でした。 流れるようにキーボードを打つのは楽しいです。 けど、慣れてくると眠くなります。 とにかくひたすら打ちまくるって感じです。 電話を取ったりしなくてよいので、気は楽です。 求められるのは正確さと早さです。 カナ入力とローマ字入力と両方出来るようにしておくとよいかと思います。 まずはやってみて、向いてないと思ったら、働きながら次の仕事を探すのもありだと思います。 いい仕事に出会えるといいですね。 ユーザーID: 5073491849• 社会人経験約10年、 総務・経理・人事、軽作業・・・と色んな仕事をしました。 トピ主さんの資格は、残念ながら優遇されるという レベルのものではありません。 私は商業系出身者のため資格欄は溢れていてもう覚えてもないので、 いつも3〜5個ぐらいの関係あるものしか書きません。 あとはコミュニケーション能力を磨く。 データのやりとりではなく、 入力が多い営業事務の仕事もあります。 あとお仕事の探し方が気になったのですが、 U30?何度目の転職?等でアドバイスが変わります。 地域やネットで調べる余り、 安い労働系派遣会社で仕事を探してしまってませんか? 紹介予定先派遣を選ぶにしても、大手に行きましょう。 福利厚生面でも、就業先への交渉力が断然違います 転職ならエージェント会社に登録されるのも手。 一生懸命さが勿体ないですよ!! ユーザーID: 6510512777• でも・・・.

次の

クラウドソーシングでデータ入力に挑戦!報酬額はおいくら?

ひたすら タイピング 仕事

最初は最低ランクのE-から始まりましたので快挙です。 というか、管理部でE-は壊滅的なので早くやればよかったなと思っています。 さらに言えば、 毎日出勤時にタイピングゲームをすることで業務中のタイピングを意識しやすくなるのでお勧めです。 タイピングミスをしたキーにシールを貼る この方法は事務の 初心者から中級者まで使える方法です。 事務作業するときに特定のキーをテンポよく押すといったことがあります。 この時、間違ってshiftキーの代わりにCapsLockを押してしまい大惨事……なんてことが発生したりしました。 これを回避するために 100円均一で丸型の小さいシールを 買ってきてshiftキーに貼りつけるだけ。 結果として、ミスはなくなりました。 この方法は、記事のようによく使うものにシールを貼りますが、 苦手なキーに張り付けるのもおすすめです。 私は一時期「p」に貼っていました。 声に出してタイピング 仕事中に文字を起こす場面は、「物事をまとめる」ときが圧倒的に多いです。 報告書、プレゼン資料、計画書etcetc……。 逆に書いてある文字を転記することはほとんどありません。 この物事をまとめるときに有用なのが 声に出すということです。 声に出すことで思考を整理することが可能です。 今回はタッチタイピング、シールを貼る、声に出すという3つをご紹介いたしました。 お読みいただきありがとうございました。

次の

よく解る!データ入力・タイピング【職種図鑑】 |はたらこねっと

ひたすら タイピング 仕事

こんにちは、みやびのです。 今回は、 「仕事で資料作りを使っているけどタイピングが遅いからいつも残業している。 いい改善方法はないかな」 という悩みに答えます。 基本的にタイピングが速くするためには練習するしかないです。 しかし、タイピングスキル上達のためには長い時間が必要。 すぐに改善はできません。 そこで本記事では、タイピングが遅い初心者でも簡単にできる以下の7つの改善方法について紹介します。 ・指のポジションや文字の位置をチェック ・無理にブラインドタッチしない ・ひたすら練習する ・よく使う単語を辞書登録 ・ショートカットキーを活用する ・テンプレート化しておく ・資料を編集するソフトを変える タイピングが遅い人のための3つの改善方法(タイピングを改善する) タイピングの改善方法について今回は以下の3つの改善方法を紹介します。 ・指のポジションや文字の位置をチェック ・無理にブラインドタッチしない ・ひたすら練習する 指のポジションや文字の位置をチェック 最初に指のポジションを覚えることが大事です。 ポジションを覚えずにタイピングの練習を始めてしまう私のようになかなか我流から抜け出せなくなります。 (反面教師) ホームポジションや指を動かす位置を覚えるだけなのでそこまで覚えることは多くありません。 練習する前に少し時間をかけてでも覚えるのがおすすすめです。 文字の位置は練習していく過程で自然と覚えていくので暗記する必要はありません。 ざっくりと位置だけチェックしておきましょう。 無理にブラインドタッチしない 「速く打つならブラインドタッチしないと」 と考えている方も多いかもしれませんが、そんなことはないです。 ブラインドタッチができるに越したことはないですが、見ながら打つのであっても仕事や勉強する分には十分なスピードで打つことができます。 最初のうちはブラインドタッチをすることよりも、キーボードを見ながらでもいいので正確に打つことを目指しましょう。 もちろんブラインドタッチができた方が速く打てます。 キーボードを見ながら速く打てるようになったら改めてブラインドタッチを習得するのがおすすめです。 ひたすら練習する タイピングって結局ポジションを覚えてひたすら練習するしかないんですよね。 どれだけ知識を身につけたとしても量をこなさないと全く上達しないです。 最初のうちは対象ポジションが我流になったり打ち間違えが多かったりますが、たくさん練習していきましょう。 そしてただ量をこなすだけではなくて定期的に指のポジションや打ち間違えがどれくらいあるかチェックすることが大事です。 タイピングが遅い人のための4つの改善方法(タイピング以外を改善する) 基本的にタイピングのスピードは練習するしかありません。 しかし、タイピング以外でもちょっとした工夫をすることで初心者でもパソコンの作業スピードが簡単に改善できます。 初心者だけでなく、タイピングが速い人でもこれらの方法を併用することでさらに作業スピードをアップ可能です。 具体的には以下の4つです。 ・よく使う単語を辞書登録 ・ショートカットキーを活用する ・テンプレート化しておく ・資料を編集するソフトを変える よく使う単語を辞書ツール登録 よく使う単語を辞書ツールに登録しておくことで文章を作成するスピードをあげることができます。 例えばメールなどで「お世話になってります」や「よろしくお願いいたします」などの単語はよく使うと思います。 こういった単語を2、3文字などわかりやすい単語で登録しておきましょう。 具体的には以下の通り。 覚えるのが苦手な人よく使うショートカットキーを紙にして印刷するか、付箋紙などで画面に貼り付けておきましょう。 また、ショートカットキーは追加登録が可能です。 よく使う操作などはショートカットキーに登録することで操作の手間を軽減できます。 テンプレート化しておく 報告書などの資料を作る時に毎回表を作ったり、図を作成したりというのはなかなか手間ですよね。 しかも毎回割と似たような表や図だったりします。 報告書やメールなどある程度型が決まっているものについてはテンプレートを作成してファイルを保存しておきましょう。 資料を作る時はテンプレートを埋めるだけなので作業スピードが大幅にアップします。 図に関してもよく使う表現を部品化して保存しておくことで手間を減らせます。 資料を編集するソフトを変える 何でも同じソフトで資料を作る人って多いですよね。 例えば表とかならEXCELで作った方が早いですが、頑張ってWordで作ろうとしている人もいます。 作れないことはないんですが、やはりその作業が得意なソフトを使った方が良いですね。 「いろいろなソフトの操作を覚えるのは大変」 と思うかもしれませんが、一度覚えてしまえばOKですし、覚えるのが苦手な人でもよく使う操作をメモって手元に置いておけばOKです。 全部頭で覚えようとせずにパソコンやノートも活用しましょう。 終わりに:改善方法を実践しつつタイピングの練習もしよう 今回は以下の7つのタイピング改善方法を紹介しました。 ・指のポジションや文字の位置をチェック ・無理にブラインドタッチしない ・ひたすら練習する ・よく使う単語を辞書登録 ・ショートカットキーを活用する ・テンプレート化しておく ・資料を編集するソフトを変える 一番大事なことはやはりたくさんタイピングの練習をすることです。 練習なしで上達はありません。 まずは、タイピング以外の改善を実施しつつ、練習を継続して徐々に改善していきましょう。 ブログ「みやびのどっとぴーわい」では、プログラミングの勉強方法や実践方法について発信しております。 興味のある方は覗いてみてください。 追伸 みやびのどっとぴーわいでは相互リンク・相互寄稿を募集しております。 詳細は以下の記事をお読みください。

次の