織田裕二。 織田裕二、画像悪用で被害者続出…「スマホ不正利用アプリ」の広告塔にされていた!

織田裕二 Shake it UP 歌詞

織田裕二

織田裕二と柳葉敏郎の共演NG、不仲になった理由は?和解は? 織田裕二と柳葉敏郎は共演NG! 織田裕二といえば、日本を代表する俳優として、数々の映画やドラマに出演しています。 そんな織田裕二と仲が悪いともっぱら評判なのは、こちらも日本を代表する俳優、柳葉敏郎。 織田裕二と柳葉敏郎はテレビドラマ「踊る大捜査線」で、破天荒なノンキャリア刑事・青島役と、現場を大切にするキャリア刑事・室井役で、長年コンビを組んできていました。 ドラマシリーズや映画の大ヒットとは反比例するように、冷え切った織田裕二と柳葉敏郎の仲。 いったい何があったのでしょう。 織田裕二と柳葉敏郎が不仲になった理由は?和解は? 織田裕二は、以前から自分の出演するドラマや映画において、思ったことをいろいろと口出しをすると、現場では有名な話。 時にはそれが「余計な口出し」ととらえられてしまうことも。 本人は、自分の看板となるドラマや映画作品を思ってこそのストイックな性格からやっていることですが、それをよく思わなかったのが柳葉敏郎。 自分の演技に口出しされ、ぶち切れた、というのが不仲の真相のようです。 また、腰痛で撮影を延期がちにしていた織田裕二に対して、「現場に迷惑をかけるなんて役者として失格」と柳葉敏郎が発言したという噂が現場をめぐったこともあったのだとか。 そこから、織田裕二と柳葉敏郎二人の仲は決定的に犬猿になったとのこと。 ただ、「踊る大捜査線」のラストの映画撮影では「最後なんだしお互い頑張ろう」となり、最後は二人で握手を交わし、一応和解したとも言われています。 織田裕二の身長、性格は?平井堅との噂とは? 織田裕二の身長、性格は? 織田裕二の身長は177cm。 公表されている体重は70kgなので、俳優さんとしては、結構、体格がよいほうではないでしょうか。 確かに、太っている印象はありませんが、織田裕二は、ほっそりした人というよりかは、かっちりした印象のほうが強いような気がします。 織田裕二の性格はというと、一言でいえばストイック。 そのせいか、他の共演者の演技に対してもたびたび口をはさみ、共演NGの噂も俳優一多いのではないかというくらいになってしまっています。 共演NGのお相手としては、柳葉敏郎や、柴崎コウなどが有名なところですよね。 また、お互いのプライドが高すぎて、一度も会わずとも共演NGとされているのが木村拓哉です。 さらに、プライドが高過ぎるあまり、織田裕二のものまねで一躍有名になった山本高広に関しては「笑えない、あれで食っていけるのか心配」とプライドの高さむき出しのコメント。 織田裕二は、言いたいことは我慢できずに言ってしまう性格のようです。 織田裕二と平井堅との噂とは? 織田裕二といえば、結婚するまで根強く噂されていたのが「ゲイ疑惑」。 中でも同じ疑惑のある平井堅とはゲイ仲間同士で結婚式を挙げたという噂まであったほどでした。 以前、織田裕二と平井堅二人の姿は、たびたび六本木のバーで目撃されていたそうです。 二人で見つめ合いながらお酒を飲んでいた、なんて情報もありました。 なかなか男二人、バーで見つめ合ってお酒を飲む、なんてことはないので、これでは織田裕二と平井堅の仲が噂されても仕方ありませんよね。 しかし、平井堅にはその後、別の男性と新宿2丁目の飲食店を貸し切って結婚式を挙げたという噂も流れていることから、現在は織田裕二と平井堅が見つめ合っているということはないのでしょう。 別れたのか、ガセネタだったのか……織田裕二が結婚した今となれば真相は闇の中、と言ったところです。 織田裕二は結婚してからますます運気ダウン? 起死回生の映画になるか「僕の妻と結婚してください」 織田裕二に「踊る大捜査線 FINAL」以来、4年ぶりの映画主演の話が出てきました。 タイトルは「ボクの妻と結婚してください。 共演者は吉田羊、原田泰造、高島礼子と、豪華な顔ぶれとなっています。 実は、織田裕二、「踊る大捜査線」でのわがままな振る舞いに加え、ここ2~3年は出演するドラマが相次いで低視聴率に終わっってしまっているため、役者としては苦戦中。 それに加えて、長年MCを務めているTBS・世界陸上でのあのなんとも言えない違和感のあるはしゃぎっぷり。 毎年話題ににはなるものの、実は視聴者に加えて、スポンサーにも評判が悪く、前回の編成では、MC交代説が持ち上がったほどだったそうです。 総じて、ここ何年かはあまりいい状況ではなかった様子の織田裕二。 とはいえ、やはりドラマ黄金時代に数々の歴史に残るドラマや映画に出演し、俳優の中でもトップクラスの地位を確保し続けているのも織田裕二です。 映画「僕の妻と結婚してください」で、起死回生となるのでしょうか。 ぜひとも、あのドラマ黄金時代のころのように生き生きとした織田裕二の姿をもう一度見たいものです。

次の

冗談じゃない!|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

織田裕二

先月29日放送のバラエティ番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)の中で、俳優の陣内孝則が「嫌いな俳優」をカミングアウトした。 陣内が「今は大好きなんですよ。 なんでも30年ほど前にサングラスをかけた織田らしき人物が前から歩いてきた際、織田は一切避けようとせず、陣内とぶつかりそうになったのだとか。 陣内いわく、織田のほうが年下のため織田が避けてくれると思っていたようだが、織田はぶつかる寸前まできて、ギリギリのところで織田のマネジャーが織田の袖を引っ張りなんとか接触は避けられたようだ。 その時のことを振り返った陣内は「会釈の仕方も腹が立った」と説明していた。 ただ、その数年後に織田と再会した時にはとても礼儀正しくあいさつをしてもらったようで、その時に織田への認識は改まり、現在は仲良しなんだとか。 このエピソードを聞いた視聴者からも「昔、天狗で有名だったからな」「映画撮影でもすごいナルシストなんだろ?」「織田はあまりいいイメージない」など、陣内に共感する声がネット上にあがった。 しかし、それは一部。 多くは番組で陣内の隣りに座っていたのが柳葉敏郎だったことに言及、「もっとリアルに答えられる人がいるだろ!」などのコメントが飛び交った。 「織田と柳葉といえば『踊る大捜査線』シリーズで共演、こちらは世間も認める犬猿の仲でした。 織田は当時から意識高い系俳優として知られ、柳葉を含めた他の出演者のシーンに口出しすることも多く、それに柳葉もブチ切れてしまったのが関係に亀裂が入った原因。 また、柳葉は織田と共演したくないという気持ちから、プロデューサーに『(劇中で)殉職させてほしい』と訴えるほどだったといいますから相当です。 (本多ヒロシ).

次の

織田裕二、『SUITS』再開で思わぬ悩み告白「秋から始めてほしい」|オリコンニュース|徳島新聞

織田裕二

受賞 第22回優秀主演男優賞 『』 第24回優秀主演男優賞 『』 第27回優秀主演男優賞 『』 第43回 最優秀主演男優賞 2001 『ホワイトアウト』 その他の賞 1991・1999 賞 1992 最優秀主演男優賞 2000 『ホワイトアウト』 第48回 最優秀主演男優賞 2003 『』 2000・2003 第23回 2004年 『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 』 備考 『』メインキャスター 1997年~現在 織田 裕二(おだ ゆうじ、〈昭和42年〉 - )は、の、。 BAC CORPORATION所属。 177cm 、78kg。 来歴 卒業。 中学1年から高校1年まで部に所属していたが膝を壊して退部。 高校時代はDepsという名のを組み、を担当していた(その後、「Deps」というバンド名は、織田自身のファンクラブの名称になっている)。 高校卒業後は日本校へ入学するも、俳優の道へ進む。 4月公開の『』に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。 同時に主役デビューのと共演。 当時はは持っておらず、映画撮影のために取得した。 6月公開の映画『』で主演のの相手役に起用され、知名度が高まった。 、フジテレビ系ドラマ『』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。 「」という言葉もこの作品から生まれた。 ただし、人気とは裏腹に織田自身は、ストーリーが進むにつれ、原作と脚本と自分のイメージとのギャップに悩み、結果的には途中放棄といえるくらい演技的に失敗だったと語っている。 また、にTBS『』では民放連ドラで初めて主役の古賀森男役を演じたが、視聴率が芳しくなかっため、失敗作で終わり、「 駄目だ。 何をしたいかを一所懸命固めなきゃ駄目だ。 人から役をもらうだけじゃなくて、こっちから「何をしたい」って言わなきゃ駄目だ。 無いんだったら、何か無理矢理でもテーマを作るぞ。 そう思った。 」と語っている。 そのため、以降の作品では企画・脚本作りの段階から作品に関わるという姿勢を強めることになる。 、フジテレビ系ドラマ『』で、とダブル主演で出演。 のフジテレビ系ドラマ『』は、ドラマ放送終了後のビデオレンタルなどで評判が良く、映画化されて人気を博した。 劇場版1作目の『』は101億円、観客動員数700万人を記録し、それに続く『』も、興行収入173. 5億円、観客動員数1250万人と、前作を大きく上回るばかりか歴代1位(2013年現在)の記録を残し、自身の代表作となった。 11月公開の『』で4年ぶりに映画主演を務める。 歌手としては4月にデビュー映画『』ののシングルレコード「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。 2月に発売された『』CMソング「」が最高位2位、57. 5万枚を記録、自身最大のヒット曲となった。 その他ヒットした代表曲には、AGF「マキシムレギュラーコーヒー」・参天製薬「サンテFX」各CMソングの「」(1991年6月、最高位3位、20. 7万枚)、映画『お金がない! 』の主題歌「OVER THE TROUBLE」(1994年7月、最高位14位、26. 4万枚)、『踊る大捜査線』の主題歌「」(1月、最高位9位、47. 8万枚)などがある。 」(Yuji Oda with Butch Walker名義として)。 しかし、ベストアルバム『BEST OF BEST 〜20th Anniversary〜』及びライブDVD『YUJI ODA 20th Anniversary Special Live 3920』を同時リリースして以降、目立った音楽活動は見られず、デビュー20周年を記念して立ち上げた歌手としての新プロジェクト「UZ」もシングル「君の瞳に恋してる」をリリース後、活動は見られていない。 ライブ活動も同年11月に行われた「CONCERT TOUR『2008』-U-kai3- 〜君の瞳に恋してる〜」を最後に行われていない。 私生活においては長らく独身だったが、に12歳年下の一般人女性と結婚。 10月末には長男が誕生した。 人物・エピソード• 2年に1度開催されるのスポーツ中継番組『』のメインキャスターを、のアテネ大会からと共に担当。 のドーハ大会で12大会連続メインキャスターとなる。 ぶりが話題となり、を筆頭に、、、のらにをされている。 、主演ドラマ『』放送時、のが悪化し、による緊急入院で撮影を中断する事態となった。 そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演の、の新撮シーンと『踊る大捜査線』ので穴埋めするという異例の措置が取られた。 2007年4月19日放送『』では、本人に説明なく行われた体力測定で実年齢39歳にして25歳と診断されていた。 2007年8月23日放送『うたばん』にて12年ぶりにと共演した際、互いを「織田ちゃん」と「マッキー」の名で呼び合うほど当時は仲が良かったと話している(によると「お前は人間の末期的症状だ」から「マッキー」とのこと)。 スズキ・ジムニーのCMキャラクターとして起用されたことがあり、織田自身もジムニーを所有している。 多趣味であり、主にゴルフやパイプ、葉巻、熱帯魚、ベラブナ釣り、野鳥観察などを挙げている。 釣りに関してはかなり詳しく、バラエティ番組に出演した時に、よく釣り好きを公言している。 この多趣味な部分は自身の父親からの影響だとエッセイ『脱線者』で語っている。 恋愛観については、相手のルックスや仕草よりも、自分の足りないところを足してくれる相手が好きであり、同時に相手の足りないところを足せるような自分になれたらと語っている。 また男性が働いて稼ぎ、女性が家を守るような堅実な家庭を作りたいとも語った。 その他• 俳優の石黒賢とはの間柄である。 映画『』で石黒を主人公の親友・吉岡役に抜擢したのは織田とされる。 2人はドラマ『』『』でも共演しており、当時、石黒がの1人を務めていた系トークバラエティ番組『君といつまでも』に織田がゲスト出演し、他局にもかかわらず番組冒頭で『振り返れば奴がいる』のパロディまで披露している。 2016年10月16日放送の『』では、織田が主演、石黒が第1話のゲストで共演した。 『踊る大捜査線』において、に請われてテレビドラマでの演技のノウハウを教えた。 劇中の関係とは逆であるが、1999年4月13日放送のフジテレビの特別番組『踊る織田裕二』での対談で、いかりや本人が、「に倣って、あなたのは何流か? と問われれば、織田流だと答える」と述べて謝意を表している。 また、いかりやの『だめだこりゃ』にも同様の言葉が掲載されている。 織田は、いかりやが亡くなって以後も大変慕っている(自著『脱線者』)。 一時期競技に出場していた。 結果などについてはほとんど公にはされていないものの、通信教育ののCMにおいて一瞬ではあるが運転シーンが挿入されていた。 また、写真集『OFF TIME〜風のない午後に…』()およびビデオ『ROAD SHOW』においてラリー・オブ・キャンベラ出場時(A5クラス2位で完走)の様子を一部見ることが出来る。 好きな食べ物は。 映画『』のイタリアロケでは、イタリア人スタッフの仕事のやり方に学ぶことが多かったので、イタリアを舞台にしたことは正解だったと語っている(『プラスアクト』インタビュー)。 その反面、公開前に出演した『笑っていいとも! 』では、習慣の違いや通行人にスタッフ用のコーヒーを飲まれたり、「ロケ弁が冷たくて固い」など撮影上の苦労があったと語った。 同作品では、イタリア語堪能な外交官という役どころのため、イタリア語台詞の特訓をしたと語っている。 しかし、イタリア人俳優のアドリブ芝居では言葉が理解できず、最終的に台本の台詞の「この単語だけは抜かさないでくれ」と頼み込んで撮影を乗り切った。 出演作品 テレビドラマ• 河田工業高校電気科(1987年10月 - 1988年3月、) - 不良グループのリーダー 役• (1987年10月 - 1988年4月、) - 秋葉清 役• 北の海峡(1988年5月3日、) - 坂上康男 役• (1988年6月27日・30日、TBS)• (1989年1月 - 3月、) - 役• (1989年1月、) - 初主演・村上大介 役• (1989年7月 - 9月、) - 水谷誠 役• (1989年12月 - 1990年3月、) - 城野剛 役• (1990年1月 - 3月、TBS) - 吉沢聡 役• (1990年4月 - 7月、TBS) - 橘薫 役• (1991年1月 - 3月、) - 永尾完治 役• 初恋の殺人者(1991年7月26日、フジテレビ) - 斎木亮 役• (1991年12月27日、) - 主演・大場誠 役• (1992年4月 - 6月、TBS) - 主演・古賀森男 役• (1993年1月 - 3月、) - 主演・司馬江太郎 役• (1993年12月29日)• (1993年7月 - 9月、) - 芝木貢 役• (1996年7月 - 9月、TBS) - 主演・富樫直樹 役• - 主演・ 役• (1997年12月30日)• (1998年6月19日)• (1998年10月6日)• (2012年9月1日)• (2011年1月 - 3月、) - 主演・黒田康作 役• (2013年7月 - 9月、) - 主演・新海元一 役• (2014年6月28日、) - 主演・柳州二 役• (2014年10月 - 11月、) - 主演・板東洋史 役• (2016年10月 - 12月、TBS) - 主演・法門寺沙羅駆 役• (2018年1月 - 3月、WOWOW)- 主演・野崎修平 役• (2018年10月 - 12月、フジテレビ) - 主演・甲斐正午 役• (2020年4月 - 7月〈予定〉)• (2020年1月 - 2月、WOWOW)- 主演・野崎修平 役 映画• (1987年4月25日、東映) - 石川晃 役• (1987年、東映クラシックフィルム) - 河村ユウジ 役• (1989年1月14日、東映) - 砥部左平次 役• (1989年6月、東宝) - 吉岡文男 役• (1990年12月15日、東映) - 主演・梶谷英男 役• (1991年8月31日、東宝) - 小杉正明 役• (1991年6月22日、東宝) - 主演・大原健雄 役• (1992年11月7日、東宝) - 主演・大川竜彦 役• (1993年9月4日、東宝) - 主演・三木靖男 役• (1995年6月3日、東映) - 主演・勝村寛(少尉) 役• (1998年10月31日、東宝) - 主演・青島俊作 役• (2000年8月19日、東宝) - 主演・富樫輝男 役• (2003年1月11日、東映) - 主演・伊沢修 役• (2003年7月19日、東宝) - 主演・青島俊作 役• (2006年2月25日、東宝) - 主演・野村聡 役• (2007年12月1日、東宝) - 主演・椿三十郎 役• (2009年7月18日、東宝)- 主演・黒田康作 役• (2010年7月3日、東宝) - 主演・青島俊作 役• (2011年6月25日、東宝)- 主演・黒田康作 役• (2012年9月7日、東宝) - 主演・青島俊作 役• (2016年11月5日、東宝) - 主演・三村修治 役 ネットドラマ• アマルフィビギンズ(2009年、ドコモ動画) - 主演・黒田康作 役• 係長 青島俊作 THE MOBILE 事件は取調室で起きている! (2010年、ドコモ動画) - 主演・青島俊作 役• 係長 青島俊作2 事件はまたまた取調室で起きている! (2012年、スマホ向け放送局nottv) - 主演・青島俊作 役 吹き替え• 「BEST GUY IN 織田裕二」(株式会社ハゴロモ)• 「織田裕二」(主婦と生活社)• 「GO AHEAD」(主婦の友社)• 「OFF TIME〜風のない午後に…」(主婦と生活社)• 「ドキュメント 織田裕二」(ぴあ)• 「織田裕二 in T. Y」(角川書店)• 「COLORS」(ぴあ) 雑誌• 中学生チャレンジ(インタビューゲストとして登場)• (特別として登場) 著作• ドキュメンタリー• 特番「織田裕二 '95 北へ」(1995年1月、フジテレビ)• 織田裕二アフリカ大自然スペシャル象物語(2005年5月、TBS)• アフリカ大自然スペシャル『僕らはサルだ!織田裕二の類人猿とふれ合う感動紀行』(2007年8月、TBS) バラエティ・音楽番組• (TBS)• (フジテレビ)• (1995年9月25日、フジテレビ)チームとして出場。 ((フジテレビ系列))• (フジテレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (2008年10月17日、フジテレビ)との対談。 敬愛するミュージシャンであると共演。 (2008年12月3日、フジテレビ)• (2009年7月18日、フジテレビ)• (2016年10月8日、TBS)チームとして出演。 (TBS) ラジオ• 『風に乾杯』(1991年10月 - 1992年09月)ラジオの初レギュラー番組。 「屋形船から生中継」は中継のため放送されずに番組終了となった。 衛星放送開局記念• 「HG」• 「缶コーヒーウエスト」• 「献血キャンペーン」• 「ティラミスチョコレート」• 「ガトーマロンチョコレート」• 「チョコトルテ」(と共演)• 「サンテFX」• 「マキシムレギュラーコーヒー」• 「焙煎ビール」• 「・」( - )• エアコン• 「紅花オリーブオイル」• 「アミノバイタル」• 「ジムニーワイド」• 「ポッカコーヒーガティ」• 「JAKE」• 「まろ茶」• 「生きる力」• U-CAN ()• 「アサヒ新生」• 「ECOタイヤ」• 「アイスガード」• 2007年キャラクター• (2007年)• 「UL・OS」• 「ペプシスペシャル」• 「 麺の力」• 「犬のジョン」シリーズ(2013年-2017年 )• 「 金の微糖・金の無糖」(2014年)• (2015年-)• (2015年-) 受賞歴 1988年• (『』) 1989年• ヤングシネマ男優賞(『』) 1991年• (『』)• 91(『新説三億円事件』)• プラチナシングル賞(『』) 1992年• 賞 1993年• 93 ザ・テレビジョン読者賞• テレビガイド TVドラマ大賞 主演男優賞 1994年• 第2回 主演男優賞(『』) 1996年• 第10回 主演男優賞(『』) 1997年• 第12回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演男優賞(『』)• プラチナシングル賞(『』) 1999年• 優秀主演男優賞(『』)• 最優秀主演男優賞(『踊る大捜査線 THE MOVIE』)• 第13回 ベストタレント賞、 主演男優賞 2000年• 最優秀主演男優賞(『』)• 第18回 マネーメーキングスター賞(『ホワイトアウト』)• 主演男優賞(『ホワイトアウト』) 2001年• 優秀主演男優賞(『』)• 第43回 最優秀主演男優賞(『ホワイトアウト』) 2003年• 第48回 最優秀主演男優賞(『』)• 主演男優賞(『』) 2004年• 優秀主演男優賞(『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 第23回(『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 』 に製作側からも多大な貢献をしたことによる。 俳優としては(第14回特別賞)に続き二人目の受賞) 2005年• 』) 2012年• 」エンディングテーマ 3 永遠の灯 スズキ「セルボ・モード」イメージソング 4 1991年 風だった時代を AGF「マキシムレギュラーコーヒー」イメージソング 参天製薬「サンテFX」CMソング 5 1991年 Just Rain 明治製菓「ガトーマロン」CMソング 6 KODO-鼓動- 光の一粒 参天製薬「サンテFX」CMイメージソング 7 1992年 あの夏が聴こえる STAY BLUE 東芝 「ツインロータリーエアコン'92」キャンペーンソング 8 030 参天製薬「サンテFX」CMイメージソング フジテレビ系ドラマ「素晴らしきかな人生」挿入曲 9 OVER THE TROUBLE ひたすらな君だった フジテレビ系ドラマ「お金がない! 主演映画「T. これらの作品の発売元が異なる(DVD化されているのは以降の作品)ため。 関連項目• (織田裕二のものまねをしているお笑い芸人)• ()(同じく織田裕二のものまねを漫才中によく行う) ネタは、「サンテFX」CMパロディ(「キター! 」)・踊る大捜査線の青島俊作(「レインボーブリッジ封鎖できましぇん!」)・世界陸上キャスター(「地球に生まれてきてよかったー! 」)・動物ドキュメンタリー( 霊長類なめんなよ! )などがある。 但し、中には芸人によって創作されたセリフのネタも存在する。 (織田裕二主演の映画に出資、ファンクラブイベント等を企画している団体) 注 []• Yuji Oda Official Web Site. 2018年11月1日閲覧。 『ドキュメント織田裕二』のインタビューより。 『』での発言などより。 com ニュース 2015年11月18日. 2015年11月18日閲覧。 日刊スポーツ 2014年11月27日. 2014年11月27日閲覧。 2008年10月17日放送 フジテレビ『』 織田裕二特集より• 『ホワイトアウト』公開当時の各インタビューより• モデルプレス. 2018年10月4日. 2018年10月5日閲覧。 『プラスアクト』『』『』、『』()インタビューなど• 系『トリビアの泉特別編アマルフィでへぇ』• サンケイスポーツ 2014年6月23日. 2014年6月23日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月26日. 2016年8月26日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2018年8月2日. 2018年8月2日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月20日. 2015年11月20日閲覧。 2012年11月19日. 2014年10月12日閲覧。 外部リンク• - (英語).

次の