ポケモンシールド 弱点。 タイプ相性表

【ポケモンソードシールド】最強パーティ【ポケモン剣盾】

ポケモンシールド 弱点

もくじ• 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 【てんのめぐみ】 技の追加効果の発生率が2倍になる。 【きょううん 夢特性 】 急所ランクが1段階上がった状態となり、自分の攻撃が急所に当たりやすくなり。 進化条件 トゲピーのなかよし度が高いとトゲチックに進化し、トゲチックに「ひかりの石」を使うとトゲキッスへ進化。 そして、「わるだくみ」と広い技範囲を持つ特殊アタッカーとしても活躍でき、環境には上位に入るスペックを持っています。 現在のランクマッチでも、頻繁に見かけるポケモンの一匹ですね。 ダイマックスにより耐久力の大幅増加と、ダイマックス飛行技で素早さを上げられるのも強みです。 バンギラスと同じく、 「ダイマックス&じゃくてんほけん」での採用が流行っているようですね。 オーロンゲで壁張りしてから繋ぐパターンも多いとか。 「じゃくてんほけん」は、弱点を突かれた際に攻撃と特攻を2倍にするという効果を持ちます。 これにより、無駄に特攻に努力値を振らなくても良くなり、耐久面を強化するということも可能となります。 ダイマックスにより簡単に落とされることはありませんし、安全に「じゃくてんほけん」発動状態で居座れます。 厳選の注意点 進化前のトゲピーはベイビィポケモンなので、 メタモンと預けてもタマゴはできません。 トゲチックに進化させた上で、預けて下さい。 トゲチック進化用に「けいけんアメ」と「やすらぎのすず」があると良いでしょう。 「けいけんアメL」なら一回で進化できます。 トゲキッスの育成論 特性 「てんのめぐみ」 技の追加効果の発生率が2倍になる。 努力値振りですが、 素早さはダイジェット込みのドラパルト抜き抜き調整をしてあります。 「抜き抜き調整」とは、抜き調整をしたポケモンを抜ける調整をするという意味 スカーフドリュウズ、スカーフサザンドラなど 残りは耐久力の底上げにHP244 16n-1調整 と、残りは特攻に振りました。 ダイマックスで戦う事を想定しているため、 基本的には初手ダイマックスでいきましょう。 「わるだくみ」を積む余裕がある時は、その後にダイマックスして下さい。 ダイマック技は 「ダイジェット」を最優先で使い、余裕があれば2回使って、その他の技で倒しに行きます。 「かえんほうしゃ」や「マジカルシャイン」の威力を上げるために、ダイマック技でフィールドや天候を有利にしておくのも有用です。 ダイマックスが終わった後は、ほぼ確実に上から殴れるので、エアスラッシュやマジカルシャインなどで削りに行きましょう。 「エアスラッシュ」は特性「天の恵み」でひるみ率60%なので、不利な相手でも勝てる可能性があるのは頭に入れておいてください。 まとめ エアスラッシュでのひるみが強力なだけでなく、ダイマックス&じゃくてんほけんが異常に強いのがトゲキッスです! トゲキッスは唯一無二の役割を持てるポケモンですし、特殊アタッカーが欲しいときは最優先で作ってみて下さい。

次の

【ポケモン ソード&シールド】弱点保険バンギラスの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ポケモンシールド 弱点

じゃくてんほけんが発動している状態で、技を使えるので返り討ちにすることができる。 かげうちは優先度が高い 特殊型ベースで努力値を振っているが、かげうちの採用優先度は高い。 先制技を採用しておくと、倒しそこねたポケモンに対して役割が持てる点が優秀だ。 個体値はS0が推奨 耐久が高いのはシールドフォルムなので、その状態で相手の攻撃を受ける必要がある。 フォルムが切り替わるのは攻撃時なので、相手の行動後に動けるようにしておきたいので個体値はS0推奨。 じゃくてんほけん型の対策 じゃくほけん型の対策方法• じゃくてんほけんを発動させない じゃくてんほけんを発動させないように、高火力の等倍技2発で落とすのが良い。 もしくは、1ターン目で等倍技+2ターン目で弱点を突いて落とすのが理想的。 メイン+かげうちの耐久は欲しい メイン技+かげうちを耐えられる耐久は欲しい。 ギルガルドの役割としては、相手のポケモンを1体は倒すことなので、その仕事をさせないようにできるポケモンが良いだろう。 鈍足アタッカーで破壊する ギルガルドより遅いポケモンで破壊するのもオススメ。 相手のギルガルドが初手に攻撃技を使っていれば、ブレードフォルム状態で技を通せるため倒しやすい。 ギルガルドの 最遅の実数値は58。 鈍足アタッカーで対策する場合は、58を指標にしてポケモンを選ぼう。 タイマン性能が高く、相手のポケモンを攻撃+次ターンで先制技で倒しきりやすい。 相手の1体を必ず倒す役割 相手のポケモンを1体は必ず倒す役割を持っている。 つるぎのまい型の対策 つるぎのまい型の対策方法• 2回攻撃で倒し切る つるぎのまいを積まないと火力を思ったように出せないので、確定2発を取れている技で押していくのがオススメ。 その際に、じゃくてんほけんを持っていることもあるため、一撃目は等倍技・二撃目は弱点技などで倒そう。 接触技はキングシールドに注意 接触技で倒しにかかると、それに合わせてキングシールドをされてAダウンを受けてしまう。 2回目の攻撃で突破が難しくなってしまうので、注意しよう。 高火力・耐久の鈍足アタッカーで倒す じゃくてんほけん型と同じになるが、鈍足アタッカーで技を受けつつ、返しに一撃で倒しにかかるルートもあり。 しかし、つるぎのまいを積まれるか、攻撃技を押されるかで状況が変わる。 つるぎのまい後のメイン技を耐えられる鈍足アタッカーであれば、対策はしやすい。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】マルヤクデの育成論と弱点・対策まとめ

ポケモンシールド 弱点

ポケモンソード・シールド(剣盾)バトルで重要な 「タイプ相性」を一覧表と弱点や特徴、そして倍率をまとめました。 特に倍率は0. 25倍~4倍とありバトルに勝つためにはとても重要なので抑えておきましょう。 【ポケモン剣盾】タイプ相性一覧表!弱点や特徴まとめ 攻撃またはダメージを受けた時に出るセリフ・攻撃する時の技に表示される言葉によって倍率が異なります。 25倍~4倍と大きく差がありますが、 通常であれば2倍・1倍・0. 5倍の3種類になります。 反対に得意なタイプだと0. 5倍=0. 25倍とかなり弱体化してしまうので注意が必要です。 なので相手のタイプに応じたポケモンの攻撃技を繰り出すことで勝率はかなり上がるでしょう。 要するにタイプを知ることは戦いを有利に進めるための絶対必要条件なのでできる限り見たりして確認しましょう。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の