トイレ の 黄ばみ。 トイレの黄ばみに重曹が効く!?トイレの黄ばみの原因と対策!

トイレの黄ばみの掃除術~元の白い便器に戻す3つの裏技~|家事のメモ帳「かじめも」

トイレ の 黄ばみ

便器の汚れがなかなか落ちなくて、困ったことはありませんか? それはもしかすると、 使う洗剤が合っていないのかも! 合わない洗剤を使っていては、落ちる汚れも落ちません。 トイレのお掃除は、汚れに合った洗剤を使うだけで劇的にラクになる可能性を持つ、のびしろの大きい場所。 自分の力ではどうしようもないくらい頑固な汚れになる前に、綺麗にしましょう! 今回は、便器につく「水垢・黄ばみ・黒ずみ」を掃除する方法を紹介します。 登場するのは、「 酸性の洗剤」と「 塩素系の漂白剤」! 本来は混じり合ってはいけない、この2つの洗剤を上手に使い分けることがポイントです。 水垢 汚れの定番、水垢。 水道水に含まれている ミネラルが、水垢のタネです。 ミネラルというのは、ミネラルウォーターのミネラル。 なじみのあるものだと、カルシウムやマグネシウムがミネラルです。 便器が、濡れたり乾いたりを繰り返すうちに、ミネラルが空気中の酸素や二酸化炭素とくっつきます。 くっついて白く固まると、水垢のできあがりです。 トイレだけでなく、キッチンなど水回り掃除の大敵ですね。 できた水垢を大事にしすぎると、モンスター水垢に成長します。 ちょっとやそっとじゃ落ちません。 水垢とはできるだけ早くお別れして、適切な関係を保ちましょう。 黄ばみ トイレの汚れで一番気になるのが、黄ばみ。 黄色って目立ちますよね。 黄ばみの原因は、ほとんどが 尿石。 尿石とは、尿に含まれるカルシウムが固まったものです。 カルシウム……? そう、さっきも出ましたね。 カルシウムが固まってできるということは、尿石も水垢の一種なのです。 トイレを使った後に、しっかり水を流しても、残っちゃうやっかいな汚れ。 そんな 黄ばみにも、酸性の洗剤が効果的です! 黒ずみ さっきは黄色、今度は黒。 ミツバチのイラストやら立ち入り禁止のテープやらでありがちの配色ですね。 危険な香りがプンプンします。 黒ずみは、便器の水が溜まっている部分の水際によくできます。 それもそのはず。 黒ずみの原因は、 カビと 水垢。 いかにも水回りの汚れって感じですね。 そんな黒ずみ、カビに効くのは、 塩素系の漂白剤! トイレの便器ひとつとっても、汚れの種類はさまざま。 汚れに合った洗剤を使うことで、お掃除がラクになりますよ! 便器のお掃除のツボ「汚れは交互に落とす!」 気になる汚れに効く洗剤がわかったら、一刻も早くお掃除をしたいところ。 水垢と黄ばみには酸性の洗剤、黒ずみには塩素系の漂白剤が効果的でした。 でも、ここで、命に関わる注意が1つ! 便器の掃除は 1日おきに、酸性の洗剤と塩素系の漂白剤を 使い分ける 水垢・黄ばみと黒ずみは、絶対に同時に落とそうとしてはいけません。 交互に落とせばいいのです。 1日おきに、というのは、やる気Maxトイレの掃除は生活の一部さん向け。 こまめにはやっとこうかなさんは、2~3日に1回でOK。 汚れは放置すると、どんどん落としにくくなります。 どんなみなさんも、少なくとも 1週間に1回はお掃除するのがおすすめです! 水垢・黄ばみは「酸性の洗剤」で落とそう! 黄ばみは アルカリ性の汚れです。 酸性の洗剤を使って綺麗にすることができます。 そんなトイレの黄ばみのお掃除の方法から予防法まで、くわしく解説した記事があります。 そこで今回は、 酸性の洗剤を使った黄ばみの落とし方をカンタンに紹介します。 用意するもの ・ゴム手袋 ・トイレットペーパー ・トイレブラシ ・酸性洗剤 手 順 1. 便器の中の水を抜く 2. 酸性洗剤を黄ばみ部分が埋もれるくらいたっぷり塗る 3. トイレットペーパーで覆い、洗剤を汚れに密着させる 4. 30分~1時間くらい置いておく 5. 水を流したあと、トイレブラシで磨く 6. もう一度、水を流す これで黄ばみを綺麗にすることができますよ! 実は、酸性洗剤の他にも、 お酢と重曹の合わせ技でも黄ばみを落とすことができます。 少し違うのは、塩素系の漂白剤を使うには キッチンペーパーを使うということ。 洗剤を原液のまま使う時には、洗剤そのものに少し粘り気があったり、洗剤が泡で出てきたりするので、トイレットペーパーでも十分でした。 でも、塩素系の漂白剤は、水で薄めて使います。 水っぽさが強くサラサラとしているので、トイレットペーパーだと少し弱いのです。 キッチンペーパーなら、水っぽくても大丈夫! 漂白剤をしっかり汚れに密着させてくれます。 用意するもの ・ゴム手袋 ・洗面器 ・塩素系の漂白剤 ・キッチンペーパー ・トイレブラシ 手 順 1. 便器内の水を抜く トイレの元栓を閉めてハンドルを回すと、タンクの水が全て流れます。 漂白剤が薄まってしまうのを防げるのです! 2. 塩素系の漂白剤を薄める 漂白剤を使うときには、初めからゴム手袋をしているのが安心! 洗面器に、水:塩素系の漂白剤=10:1となるように、漂白剤を薄めましょう。 漂白剤にひたしたキッチンペーパーを便器に貼る 水滴がしたたるくらいにキッチンペーパーに漂白剤を吸い込ませます。 洗面器から便器に移すときに、水滴が落ちない程度に軽く絞りましょう。 便器の、黒ずみがついているところに、キッチンペーパーをペタっと貼ります。 キッチンペーパーで便器をパックをするようなイメージです。 30分~1時間くらい置いておく そのまま30分~1時間くらい置いておきます。 トイレは締め切らず、換気扇を回したり、窓やドアを開けて換気をしましょう。 キッチンペーパーを剥がして、トイレブラシで磨く トイレットペーパーと違って、キッチンペーパーはトイレに流れません。 確実に取り除きましょう。 キッチンペーパーを剥がしたら、トイレブラシでこすって汚れを落とします。 水で流す 最後にしっかり水を流して、漂白剤が残らないようにします。 これで黒ずみは綺麗にできます! 黄ばみと黒ずみを交互に落として、汚れ知らずのトイレを保ちたいですね。 フチ裏には「軍手」で汚れに王手 便器の フチ裏が掃除しにくいなあと感じたことはありませんか? 狭くてブラシが入りにくいので、汚れが残りやすいですよね。 見えないからって汚れを放置しておくと、頑固な黄ばみや嫌なにおいの原因になります。 でも、そんな便器のフチ裏のお掃除に役立つアイテムがあります。 それが、 軍手! 草むしりかタイヤ交換にしか使わないなんてもったいない! お家のお掃除でも、存分に活躍してもらいましょう。 用意するもの ・ゴム手袋 ・軍手 ・トイレの洗剤(お好みの洗剤でOK) ・マスク 手 順 1. ゴム手袋をはめた上に軍手をはめる 安心・安全のゴム手袋。 これなら汚れが手につくことはありません。 フチ裏をこする 指先にトイレ用の洗剤を付けて便器のフチ裏を擦ってみてください。 汚れやにおいの原因となっている黄ばみや黒ずみを、しっかり落とすことができますよ。 この時、必然的に顔が便器に近くなるので、 マスクをしてしっかり顔をガードしましょう。 使い古して、もう捨てちゃおうかなという軍手を使うのがおすすめ。 軍手を最後までしっかり使い切った感がありますね。 研磨するという選択もある クレンザーや耐水ペーパーを使って、汚れを削り落とすという方法もあります。 クレンザーでお掃除する クレンザーの粒子の力で汚れを削ります。 用意するもの ・タオル or スポンジ ・ゴム手袋 ・クレンザー 石けんと湯の花が原料の、地球にもお肌にもやさしい、しっかりめのペースト状のクレンザーです。 ミクロの粒子で傷がつきにくいのに、汚れをしっかり落としてくれます。 ハイホーム1つで、食器もお風呂もお洋服も、家中のありとあらゆるものの汚れに使えるのでおすすめです。 手 順 1. タオルを少し湿らせる タオルの一部を水で濡らします。 1枚のタオルの何か所も使えるように、一度に濡らすのは両手で輪っかを作ったくらいの面積でOK。 ポタポタと水が滴ってこない、じんわり水が染みてる状態にしましょう。 タオルを指に巻きつける ゴム手袋をした手の指に、タオルを巻きつけましょう。 力の入りやすさを考えると、人差し指と中指を2本揃えて使うのがGOOD。 タオルの濡らした部分が、ちゃんと指のところにくるように調整しましょう。 ときには、親指が使いやすい場合も! 疲れてきたら、出動させてみると活躍してくれますよ。 タオルにクレンザーをつける タオルを巻いた指にクレンザーをつけます。 大きさは500円玉くらい。 足りなくなったらあとから継ぎ足せばOKです! 4. 汚れをタオルでこする ゴシゴシとこすっていきましょう。 タオルが汚れてきたら、使う部分を変えて、濡らすところから! 汚れが落ちるまで繰り返します。 水で流す 最後はしっかり水ですすいで、クレンザーを流しましょう。 クレンザーでも落とせない汚れ。 そんなモンスターを生み出さないように、日ごろからお掃除をしておきたいですね。 最終手段!耐水ペーパー 洗剤を使って掃除しても便器の汚れが落ちないという場合には、最終手段です。 耐水ペーパーで、便器の汚れをこすって落とします。 ただし、便器に傷がつくリスクも! 便器などの陶器は耐水ペーパーに強くても、コーティングが剥がれてしまうことがあります。 この耐水ペーパーはとても目が細かいので、トイレに使っても安心です。 1枚のサイズも大きめなので、ハサミで必要な大きさに切れば、何回も使えます。 金属のサビ取りにも効果があるので、1枚でさまざまな用途に使えるのがうれしいですね。 手 順 耐水ペーパーを水につけながら、汚れを削り落とす 洗剤を使うときは、まず便器の水を抜いていました。 でも、耐水ペーパーを使う時には、水は抜かなくてもOK。 耐水ペーパーは水につけながら使うもの。 水を抜く手間がないのは、ラクですね。 お掃除するときには、ゴム手袋とマスクを忘れずにつけましょう。 どちらも準備から後片付けまで、1分あればできちゃいますよ! 重曹を使おう 重曹は汚れの予防にも使えます! タンクの中に、 カップ1杯分の重曹を入れておくだけ。 便器が綺麗に保てるだけでなく、あのトイレの嫌なニオイの防止にも役立ちます。 ぜひ試してみてくださいね。 市販の洗剤を使って 市販の洗剤を活用するのも1つの手です。 実際に効果を実感したという声も多いですよ! 便器にスタンプするタイプの新感覚の洗浄剤です。 最近では、かわいい花柄にスタンプできるものや香りつきのものも販売されています。 1回のスタンプで10日間も効果が持続!お手軽なので、あまり頻繁にお掃除ができない方にもおすすめです! 便器は内側だけじゃない、外側もお掃除! 便器の内側だけをお掃除して満足してはいけません! 外側も便器のうち! 内側ほど汚れることはないので、お掃除もカンタン。 用意するもの ・マスク ・ビニールの手袋 ・シートタイプのトイレクリーナー 手 順 シートタイプのトイレクリーナーで、全体を拭き掃除する 便器に顔が近くなるので、気になる方は、マスクやビニールの手袋をしてお掃除をしましょう。 お掃除はとっても簡単。 シートタイプのトイレクリーナーを使って、拭くだけです! 汚れが残っているときは、重曹スプレー シートタイプのトイレクリーナーで落ちなかった汚れには、重曹スプレーを使いましょう。 用意するもの ・マスク ・ビニールの手袋 ・重曹 ・スプレーボトル ・タオル2枚~3枚 手 順 1. 重曹スプレーを作る 水:重曹=100ml:小さじ1の割合で混ぜて重曹水を作ります。 作った重曹水を空のスプレーボトルに移し替えたら、準備はバッチリです! 2. 便器の外側に重曹スプレーを吹き付けて、タオルで拭く 汚れが気になるところにスプレーをしましょう。 そしてすぐさま、タオルでこすります。 水拭きのち乾拭き 仕上げに、水拭きと乾拭きをしましょう。 水拭きを忘れると、水が乾燥した時に重曹の白い粉が残ってしまうことがあります! これで便器のお掃除はカンペキです! 最後にプロからアドバイス 最後にトイレクリーニングのプロの方々に、自分でお掃除をするときのポイントを聞いてみましょう! 「あなたのマイスター」では、トイレクリーニングのプロに「」と聞いてみました! たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。 まぜるな危険!です。 トイレ用黄ばみ落とし洗剤は主に酸性の物がよく落ちます。 水垢なども酸が効きます。 お酢やクエン酸も酸です。 お風呂のカビ取り剤、台所用漂白剤、排水パイプ洗浄剤などの主成分は次亜塩素酸ナトリウム。 塩素系です。 この様な塩素系と酸性の洗剤がまざると、塩素ガスが発生し、危険です。 特にトイレは小さな個室です。 中毒症状がでたり、意識を失ったり、過去には命お落としたり、かなり危険です。 絶対に混ぜないように気をつけましょう。 こすりすぎると傷つきやすいので、気をつけること。 そして「まぜるな危険!」は本当に危険です。 何度も書きましたが、 ゴム手袋は絶対です。 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、トイレクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ 今回は、 便器のお掃除の方法を紹介しました。 便器につく汚れは、.

次の

トイレの床の黄ばみ!キレイに落とす掃除方法

トイレ の 黄ばみ

便座の黄ばみを取る!ゴム部分の外し方 それではさっそく、便座のゴム部分を外しましょう。 便座裏・ゴム部分の外し方 便座裏のゴム部分の外し方は、簡単です。 マイナスドライバーを隙間に入れ、浮かすだけ。 色んな方向から少しずつ。 てこの原理を使うと、外しやすかったです。 ゴム部分は結構柔らかい素材。 傷をつけないよう気を付けてくださいね。 指のケガにもご注意を。 私は、10数年目にして初めて取りました。 (汚画像失礼します) 裏側には、ぐるりと汚れがついていました。 掃除をしても「かすかに残るニオイ」、ここが原因だったのかもしれません。 便座のゴム部分の洗い方 外したゴム部分は、 塩素系漂白剤で汚れを落とします。 私は、キッチン用の液体ハイターを使いました。 泡ハイターでもOK! クエン酸水は、尿汚れに効果のある洗剤。 素材や人にやさしいので、普段の小掃除にもおススメ! 便座の溝に入り込んだ黄ばみ汚れ・クエン酸水で浮き上がらせる まずクエン酸水を含ませたトイレットペーパーを「溝部分(便座の表と裏の継ぎはぎ部分)」にあてます。 液をふきかけ、しっかり貼り付けます。 よし! すると、こんな風に汚れが浮き上がります。 (まん中の部分、汚れがペーパーに染み出ているのが見えますか?) そのまま10〜30分ほど放置します。 便座に入り込んだ黄ばみ汚れ・歯ブラシで擦り出す 便座の溝に入り込んだ汚れが浮いてきたら、 歯ブラシで擦り出して。 便座の黄ばみ・仕上げの「拭き掃除」 さて、溝の汚れを取り、ゴム部分も洗ったら仕上げ拭きをしましょう。 便座裏の拭き掃除の仕方 拭き掃除には、 水で濡らしたやわらかい布やウエットティッシュ(お掃除シート)などを使います。 穴も丁寧に。 よし!綺麗になりました。 便座裏のゴムを戻す 最後にゴムを穴に戻せば、リセット掃除は終了です。 便座のゴム・黄ばみが取れない時の最終手段! 長年染み込んだ汚れは、残念ながら漂白剤につけても完全には落ちない。 落ちない!けど白くリセットしたい! そんな時は、「 新品に交換する」という手があります。 便座のゴムを「新品に交換!」 ご自身の取説をチェックしてみてください。 交換部品のところに掲載されているかと思います(もしくはネットで検索)。 「便座クッション」と書いてありました。 メーカーに買いに行かなくても、楽天やアマゾンでも販売されていました。 ・汚れが落ちず四苦八苦 ・どうしても白くしたい そんな方は、潔く買ってしまうのもアリですよ。 【便座の溝に入り込んだ黄ばみ汚れの取り方】• クエン酸水を含ませたトイレットペーパーで湿布し、汚れを浮かせてから取る。 歯ブラシでかき出しながら拭く。 全体を柔らかい布やウエットティッシュで仕上げぶきをする。 女性にとって便座の裏は、盲点です。 汚れがこびりつかないように、意識的に便座をあげ、拭き掃除をしましょう。 便座裏の掃除は、家族(男子)に協力してもらえると助かりますね。 最後に トイレの便座についた黄ばみの取り方についてご紹介しました。 ゴムの部分は取り外して洗うことができます。 一度も外したことのない方は、汚れが入り込んでいるかも? 綺麗に除去してスッキリさせましょう。 ぜひ挑戦してみてください。 あなたのトイレも、すっきり綺麗になりますように。 更新の励みになります^^ありがとう。

次の

トイレの黄ばみはコレで落ちる!掃除方法から予防方法まで紹介

トイレ の 黄ばみ

トイレ汚れで一番気になるのが「黄ばみ」ですよね。 見た目も非常に汚いですし、放っておくと悪臭を放つようになります。 お客様が来た時にトイレを見せられなくなってしまいます。 頑固で落ちにくい黄ばみ汚れですが、効果的に落とす方法をご紹介します。 また「やってはいけない掃除法」も合わせてご紹介します(便器の寿命を縮める恐れがあります)。 黄ばみ汚れの原因 黄ばみ汚れのほとんどは「尿石」が固まった物です。 尿石とは、尿に含まれるカルシウムなどが固まった物です。 尿石の初期症状はうっすらと黄ばむ程度ですが、長年放置すると文字通り石のようにびっしりとこびりつきます。 酷い場合だと排水管に尿石が詰まることもありますので適度に掃除しておきましょう。 便器内の黄ばみ汚れ 便器内は一番多く尿に触れる場所ですので黄ばみ汚れが付きやすいです。 黄ばみ汚れは放っておくと菌が繁殖して臭いを放つようになります、細めに掃除しましょう。 便座裏の黄ばみ汚れ 尿の跳ね返りで黄ばみ汚れが付きます。 便器内と違って水で洗い流されないので菌が溜まり易い場所です。 便座を全く上げないご家庭(女性が多いご家庭)で付きやすく、数か月振りに便座を上げたら黄ばんでいたというケースが多いです。 床、壁の黄ばみ汚れ 男性が立ったま用を足した際に、跳ね返りで床や壁に付くケースが多いです。 掃除の手間を考えると絶対に座って用を足した方が楽なので、男性もできるだけ協力しましょう。 私も自分でトイレ掃除するようになってからは断然座る派です。 立ってするなんて考えられません(すごい飛び散ります)。 また、トイレを流す際に蓋をしないと周囲に飛び散りますのでコチラも気を付けましょう。 絶対やっちゃダメ!黄ばみ汚れ掃除法 黄ばみ汚れを落とす方法は色々ありますが、まずは絶対にやってはいけない掃除方法をご紹介します。 便器を傷つけるような掃除方法はやめましょう。 ドライバー、尖った金属で擦る こびりついた尿石をドライバーやヘラなどで削り落とそうとする方がたまにいらっしゃいますが、絶対にやらないでください。 便器を傷つける恐れがあります。 便器の表面に傷が付くと、そこに菌や汚れが入り込みます。 この汚れは非常に掃除しにくい上に、そのほとんどが黒ずみ汚れになってしまいます。 傷が付くとさらに掃除が余計大変になるので絶対にやめましょう。 金ダワシを使って擦る ドライバーと同様に、金ダワシも便器を傷つけるのでやめましょう。 金ダワシの方が細かいキズを沢山つけるので厄介です。 サンドペーパー、紙ヤスリで擦る 黄ばみ汚れを削り落とすためにサンドペーパーを使う方がいらっしゃいますが、コチラも便器を傷つけるのでやめておきましょう。 研磨剤 研磨剤は名前の通り細かい粒子で汚れを削り落とす方法です。 コチラも便器を傷つけるのでやめておきましょう。 黄ばみ汚れにオススメの洗剤 トイレの黄ばみ落としには専用洗剤のがオススメです。 ドラゴンはプロの清掃業者(ハウスクリーニング業者)向けに製造された強力洗剤です。 黄ばみ落とし、尿石除去に効果的です。 市販洗剤で落ちないような頑固な汚れにオススメです。 プロ向け洗剤ではありますが、毒物劇物を使用していないため一般個人の方でも安心して使えます。 使い方は一般的なトイレ用洗剤と同じです。 黄ばみ汚れ、尿石に薬液を直接塗布するだけです。 液だれするような場所ではキッチンペーパーを湿布のように貼り付けると効果的です。 商品ページ 品名 規格 価格 税込 送料無料 4リットル 12,100円 尿石除去剤ドラゴン 使用事例 実際にを使ってトイレ掃除をした様子をご紹介します。 小便器の黄ばみ落とし これは某企業の男子小便器の掃除の様子です。 小便器に黄ばみ汚れがびっしりと付いてしまい大変汚らしい様子になっていましたが、ドラゴンで掃除したところピカピカになりました。 こういった垂直面で液だれしやすい場所では、キッチンペーパーを使って湿布のように貼り付けるのがオススメです。 (キッチンペーパーはトイレに流せないので注意しましょう) 小便器目皿の尿石除去 先ほどの小便器の目皿をひっくり返した様子です。 長年掃除を行っていなかったせいか尿石がびっしりとこびり付いています。 見るのも触るのも嫌になるような気持ち悪さです。 こういった細かいパーツは浸け込み洗いがオススメです。 バケツやペットボトルなどの小さい容器にドラゴンを注ぎ、そこに直接パーツを浸け込みます。 数時間放置すると尿石が溶けて写真右のようにピカピカになります。 公衆トイレの男子小便器清掃 コチラは公衆トイレの男子小便器掃除の様子です。 小便器の目皿の裏に尿石が石のようにびっしりこびり付いています。 ここまで結晶状になってしまうと市販の洗剤では全く落とせません。 しかし、ドラゴンなら落とすことができます。 薬液に浸け込んで数時間放置したところ、写真右のように綺麗になりました。 浸け込み洗いの様子 目皿や排水口のパーツをバケツに入れ、尿石を溶かしている様子です。 尿石が薬液と反応して溶けているのがわかります。 尿石を溶かす際にガスが発生しますが、毒物劇物を一切使用していないため、有毒ガスは発生しません。 ご安心ください。 トイレ用洗剤ドラゴンの使い方 の使い方はとっても簡単です。 普通のトイレ用洗剤同様に使用できます。 ただし、他の洗剤と混ぜないでください。 便器内側の黄ばみ汚れ• 液だれする場所の黄ばみ汚れにはドラゴンをしみ込ませたキッチンペーパーを湿布のように貼り付けてください(トイレットペーパーを使うとすぐボロボロになってしまうのでオススメしません)• 30分~1時間ほど放置したら湿布を剥がします。 キッチンペーパーはトイレに流せないので注意しましょう• ブラシで擦って掃除します。 最後に水で流して終了です。 トラップ内の黄ばみ汚れ• 灯油用のポンプなどでトラップ内の水を抜きます。 トラップ内にドラゴンを注ぎ、1時間ほど放置します。 ブラシで擦り汚れを落とします。 最後に水で流して終了です。 目皿についた尿石汚れ• 小さいバケツや、ペットボトルを半分に切った物を用意し、目皿を入れます。 目皿が浸かるようにドラゴンを注ぎます。 そのまま30分ほど放置します。 薬液から目皿を取り出し、ブラシ洗いします。 最後に水で流して終了です。 まとめ 今回はトイレの黄ばみ汚れを落とす方法をご紹介しました。 黄ばみ汚れには専用洗剤のがオススメです。 黄ば汚れ、尿石を溶かして落とします。 ドラゴンはプロ向け(ハウスクリーニング業者向け)の強力洗剤なので、市販洗剤で落ちないようなしつこい汚れにオススメです。 毒物劇物を一切使用していないので安心して使用できます。 黄ばみ汚れ、尿石汚れをドライバー、サンドペーパー(紙ヤスリ)、金だわし、研磨剤などで擦って落とそうとするのはやめてください。 便器表面を傷つけてしまう恐れがあります。 傷が付くとそこに汚れが入り込んで黒ずみ汚れになります。 商品ページ 品名 規格 価格 税込.

次の