宅建 合格点。 令和2年度(2020)宅建試験合格点と合格ライン予想・解答速報

宅建に独学で受かる勉強法を48点一発合格者が徹底解説!

宅建 合格点

試験年度 受験者数 合格者数 合格点 合格率 令和元年 220,797 37,481 35 16. 98% 平成30年度 213,993 33,360 37 15. 最近は受験者のレベルが上がっているため、合格点は上昇傾向にあります。 宅建試験の合格率から考える難易度 宅建試験の合格率は約15~17%から宅建試験の難易度を考えるとそこまで難しくないです。 難易度を大中小でいうと、中ぐらいです。 なぜなら受験者すべてが宅建の勉強をしっかりとやっている可能性は低く、その中で約15~17%というのはそこまで低くない合格率です。 いや、実際はみんな勉強しているのでないかと思うかもしれません。 ですが実際に大学時代に受けようとした時も、宅建が必須な建設業界に入っってもそれほど真剣に勉強している人はいませんでした。 なので、皆さんがしっかり宅建を勉強すれば、 合格率約15~17%は気になりません。 ここ5年間の合格率 試験年度 合格率 令和元年 16. 98% 平成30年度 15. そしてこの7割を取らなければならない 資格試験というのは少し難しいかなと思います。 中~大ぐらいですかね。 資格試験において、本番にミスをせずに7割を取らなければならないというのは結構プレッシャーです。 実際の試験では、どれだけ勉強しても、不安な問題というのは必ずあります。 ましてや最近の問題は、独特な言い回しをしたりするので混乱するような問題です。 そう考えると7割というのは少し難しのかなと思います。 コメント最近試験練習で行政書士のついでに宅建士を受ける人が結構います。 宅建士と不動産鑑定士を比較 不動産鑑定士は宅建よりもはるか上の難易度です。 試験範囲も広く、合格率も異様な低さなので比べるまでもありません。 宅建は不動産鑑定士よりはるかに簡単。 宅建士とマンション管理士を比較 マンション管理士も宅建士より難しい資格です。 試験範囲も随分かぶってはいますが出る問題のレベルが違います。 そして合格率も8~9%程度で宅建士よりも低いです。 もしマンション管理士を考えているのなら、簡単な宅建士からはじめてください。 宅建士と日商簿記2級を比較 簿記は事務系の仕事に役立つ資格です。 日商簿記2級と比較すると宅建は簡単な資格だと思います。 この2つの比較は難しいのですが、日商簿記の完全な記述式は正直きついです。 実際に僕も2回落ちているので苦手意識があるのかもしれません。 ですがそれを抜きにしても、難易度にムラのある簿記の問題は攻略しにくいです。 この2つの比較は本当に迷います。 宅建士とFP2級と比較 FP2級は金融業界などで役立つ資格です。 そんなFP2級と比べると宅建は難しい資格です。 実際に僕も持っているのでわかりますがFP2級は点が取りやすかったです。 加えて、更に年に3回試験があることも、宅建より難易度の低い資格であるといえる理由です 宅建試験の受験者層から考える難易度 宅建の最近の受験者は、女性の割合が上昇していて、30代の人が増えています。 その中で難易度を考えるときに見ないといけないのが 職業別構成比です。 注目しないといけない職業が下の4つです。 不動産業• 金融関係• 建設関係• 学生 この4つの職業の受験者は最近上傾向にあります。 それぞれ宅建の知識があったり時間がある人たちです。 なので彼らによって宅建の試験は合格点が上昇しているので、宅建試験の難易度も上昇傾向になります。 総合的難易度と宅建は独学で受かる資格なのか?• ・宅建試験の合格率から考える難易度 :中 ・宅建の合格点から考える難易度 :中~大 ・宅建の試験内容からみる難易度 :小~中 ・他の資格試験と比較する難易度 :中 ・受験者層から考える難易度 :中~大 宅建試験の難易度は総じていえば、中ぐらいの難易度の資格だと思います。 そして、独学でも合格可能な資格です。 実際に独学で合格する人も少なからず存在しますし、よく話を聞いたりします。 なので宅建は独学でも受かる程度の資格の難易度だと思います。

次の

宅建講座の合格予想点は当たるのか?|TAC・LEC・総合資格学院・クレアール

宅建 合格点

令和元年度 前年(平成30年度):参考 受験申込者数 276,019名(前年度比4. 2%上回った。 また、受験率は80. 他方、登録講習修了者の受験者数は、昨年より約2. 5%増え、51,671人となり、受験者数全体の約23. 4%を占めている。 令和元年度は、昨年に比べて、正解を導くのが容易なAランクの問題が若干減少し、中程度の難易度であるBランクの問題が少し増加した結果、合格ラインは、昨年よりも下回った。 科目ごとの傾向としては、「民法等」では、難しいと思われる出題もあったが、例年通りの基本事項を中心とする出題といえる。 「法令上の制限」の分野は、Aランクの基本問題が半数を占める反面、難問に属する出題もあったため、この科目の合格点は昨年より下落するものと考えられる。 「宅建業法」も、頻出の基本知識を問う問題が多数を占めていることは例年通りであるが、個数問題が前年より3問増加し6問となったことから、合格点は少し下落か。 「その他関連知識」は、全体として正答率の高い出題がほとんどだった。 このことは、5問免除問題(問46~問50)に関しても同様であり、登録講習修了者に格別有利な出題とはなっていない。 本試験では様々な出題の工夫がなされる。 しかし、基本問題が出題の中心であり、過去問をしっかり学習し、基本的知識を徹底的にマスターしておけば、合格可能性はぐっと高くなる。 合格の鉄則は、基本の攻略であるということを再確認していただきたい。 データリサーチにご参加いただいた方の平均点は35. 7点となり、今年度の合否判定基準点の35点を上回る結果となりました。 引き続き精度の高いデータをご提供する一方で、分析を進めながらTAC宅建士講座のコンテンツ創りに活かしてまいります。 簡単な問題であるAランクの問題は昨年より1問増えて6問、Bランクの問題も昨年より2問増えて8問、他方、難問であるCランクの出題は昨年より3問も減少し、1問もなかった。 難しいと思われる出題もあったが、TACデータリサーチ登録者の正答率は【問8】以外50%を超えており、「民法等」全体としては昨年より簡単になった。 形式上の特徴としては、読解力を問う「判決文型」の出題(【問5】)は12年連続であり定番化している。 しかし、「個数問題」は、3年連続で今年も出されなかった。 また、「事例型」の出題は、昨年と同様8問。 内容上の特徴としては、2020年施行の新民法において大きく改正されているにもかかわらず、「売主の担保責任」(【問3】)や「時効」(【問9】)が出題された。 また、マイナーな項目からの出題がなかったことも、難易度に影響している。 出題はいろいろと工夫されているが、総じて、勝負は基本でついたものと思われる。 合格目標得点は、10点。 昨年と同様に個数問題・組合せ問題はなかったものの、かなり詳細な内容を問う論点が目立った。 今年も出題対象は主要6法令に限られていたが、特徴として4肢1問の国土利用計画法が問22に配置された。 【問15(都市計画法)】は、「都市計画」に関する基本論点が出題された。 【問16(都市計画法)】は、「開発許可の要否」に関する基本論点が出題された。 【問17(建築基準法)】は、「単体規定・集団規定等」からなる総合問題で、正答率が低かったと思われる。 【問18(建築基準法)】は、改正論点を含む「集団規定」に関する全般的な論点が出題された。 【問19(宅地造成等規制法)】は、「各種届出等の知識」「規制区域・造成宅地防災区域」に関する論点が出題された。 【問20(土地区画整理法)】は、全般的に宅建論点の範囲であったが、正解肢にひっかけ箇所が含まれていたため、正答率が低かったと思われる。 【問21(農地法)】は、「3条」~「5条」に関する基本論点が出題された。 【問22(国土利用計画法)】は、「事後届出」に関する基本論点が出題された。 合格目標得点は、5点。 令和元年度の試験は、オーソドックスな内容をきく問題が多かった。 営業保証金からの出題はゼロであった。 難易度は、昨年よりは、やや難化した。 出題形式については、正答率が低下する個数問題が昨年は3問に減少したが、今年は6問に増加(復活)した。 また、一昨年は出題がなく、昨年1問復活した組合せ問題は、今年は出題されなかった。 この出題形式の傾向が今後も続くのかは注視が必要である。 改正点については、今年は大きな改正点はなく、直近の改正点からの出題はなかったが、昨年度の重要な改正点をきく問題が、今年も出題された。 もっとも、その数は、昨年度の7問から5問に減少し、かつ、肢の1つとして問うに留まった。 肢の一つ一つを分析すれば、「細かい知識を問うものの、結果的に正解できる問題が多い」という宅建業法の特徴は例年通りであるし、過去問の検討こそが試験対策の王道であることにも変わりはない。 合格するためには、宅建業法では、20問中、15問は得点したい。 税法(【問23】・【問24】)の直近3年間の出題は、2017年(所得税・固定資産税)、2018年(登録免許税・不動産取得税)、2019年(譲渡所得・固定資産税)であった。 【問25】は地価公示法からの出題。 【問23】~【問25】は昨年同様平易な問題であるが、【問23】は、印紙税しか準備していなかった受験生は意表をつかれたことと、譲渡所得を想定していた受験生にとっても、正解肢の絞り込みに悩まされる問題であった。 【問23】~【問25】は、3問中2問を得点したい。 【問46】~【問50】は平易な問題が多く、4問は得点したい。 その他関連知識分野対策としては、例年通り過去問を分析し、法律改正点、統計資料をおさえ、答練・公開模試をこなすことが重要である。 合格目標得点は8問中5点(登録講習修了者は3問中1点)。

次の

宅建解答速報2020合格ラインと合格点

宅建 合格点

合格点・合格率の10年間推移 過去10年間の合格点 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 合格点 36 36 33 33 32 31 35 35 37 35 出典:一般社団法人 不動産適正取引推進機構「試験実施概況」 過去10年間の合格点推移は上記の通りです。 宅建の 合格点は一定ではなく、 年度によって大きく差が出ます。 例えば、直近10年間では、もっとも低い場合には31点、もっとも高い場合には37点と、幅があることが分かります。 過去10年間の合格率 年 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 合格率 (%) 15. 2 16. 1 16. 7 15. 3 17. 5 15. 4 15. 4 15. 6 15. 6 17. 0 出典:一般社団法人 不動産適正取引推進機構「試験実施概況」 過去10年間の合格率推移は上記のとおりです。 年度によって差はありますが、 おおよそ15~17%の間に設定され、合格点ほど大きな数値の開きはありません。 宅建の合格点は試験実施後に決まる。 つまり、相対評価で合否が決まる。 これは毎年の合格点が、実際の試験結果・得点分布が分かった後に、 試験委員によって事後調整されているためです。 過去の試験結果から読み解くと、毎年の合格点は、受験生全体の合格率が 上位16%前後になるように調整されています。 つまり宅建は、 絶対評価(〇〇点を取ったら合格)の試験ではなく、相対評価(上位〇〇%に入ったら合格)の試験ということです。 実際に、2015年と2018年の合格率は15. 4%(2015)・15. 6%(2018)と近似していますが、合格点は31点(2015)・37点(2018)と6点もの差があります。 これは、どうしても年度ごとに難易度の差が生まれてしまうこと、絶対評価によってあらかじめ合格点を確定してしまうと、受けた年度によってハンデが生まれてしまうこと、また毎年一定数の合格者を出す必要があることから、このような試験体系をとっていることが推測されます。 合格率にはどんな差はあるのか? 男女別合格率 例年、男性よりも 女性の合格率が高くなっています。 不動産業界の雇用割合は 男性が約6割で、もともと 女性が少ない業界です。 もしかすると、宅建を受験するような女性は自己成長意識が、一段と高いのかもしれません。 性 別 男 女 合格率(%) 16. 3 18. 5 出典:REITO(一般社団法人 不動産適正取引推進機構) 受験区別合格率 登録講習修了者とは、宅建試験50問のうち一部の問題(5問分)が試験範囲から免除される人で、一般受験者よりも 5点分のアドバンテージを持っている受験者です。 当然、 一般受験者と比べても高い合格率になっています。 受験区分 一般受験者 登録講習修了者 合格率(%) 15. 2 22. 9 出典:REITO(一般社団法人 不動産適正取引推進機構) 職業別合格率 職業別の合格率は、 主婦の21. 3%が最も高いです。 次いで、 その他の18. 7%、 学生18. 3%、 不動産業17. 8%という順になっています。 主婦の合格率は9年連続で1位です。 宅建合格には 職業は関係ないことが分かります。 職 業 不動産業 金融業 建設業 他業種 学 生 主 婦 その他 合格率(%) 17. 8 16. 5 12. 2 17. 2 18. 3 21. 3 18. 7 出典:REITO(一般社団法人 不動産適正取引推進機構) 受付別合格率 宅建の申し込みを「郵送」で行ったか、「インターネット」で行ったかの違いによる合格率の差です。 インターネットで受験申込をおこなった受験生は、例年、郵送でおこなった受験生より 5ポイント程度合格率が高くなっています。 なぜ、このような差が生まれるのかは定かではありませんが、コンピュータリテラシーが高い分、 PC・スマホ・ITを使った試験の情報収集能力や勉強法に差が生じているのかもしれません。 実際に今では勉強・独学を力強くサポートしてくれる、さまざまなSNSサービスやアプリがあります。 活用しないのは損です。 受付区分 郵 送 インターネット 合格率(%) 15. 3 21. 1 出典:REITO(一般社団法人 不動産適正取引推進機構) 問題の難易度によって、あなたの合格可能性に影響は少ない 宅建が相対試験であるということは、 試験問題の難易度が、 あなたの合格可能性に大きく影響することはありません。 なぜなら、 難しい問題が出題されれば、 あなた以外の受験生も、当然に不正解の数が多くなり、 一方で、 やさしい問題が出題されれば、あなた以外の受験生も、 当然に正解の数が多くなるからです。 大事なのは、 どうやって上位約15%に食い込むか?です。 本番で「難しい!」と感じても動じない よって、試験を受けながら問題の難しさに青ざめても、 決して悲観してはいけません。 あなたが「今年は難しい!」と感じたら、ほかの人もそう思っています。 なんとかして、 他の受験生より1点でも多く得点することに専念するのです。 幸いなことに、宅建は四肢択一による試験です。 持てる知識のすべてを活用し、消去法で選択肢を絞り込み、正答する確率をとにかく高めることが大切です。 難しい問題を諦め、適当に回答するなんてことは、絶対にしないでください。 「楽勝~!」という時こそ、ケアレスが命とり 逆に、スイスイ問題を解けても「簡単じゃん!」と 余裕をこくのは言語道断です。 ほかの受験生の多くも「今年は簡単だから楽勝~!」と感じている可能性があります。 そのような年は、 とにかくケアレスミスが命とりになります。 他の受験生の多くが解ける問題は絶対に落とさないことが大切です。 過去問に取り組むのが手っ取り早い 令和元年度(2019年)の試験結果を分析すると、 正答率50%以上の問題をすべて正解できれば、合格点に到達できるような問題構成になっています。 つまり宅建試験は、 誰も解けないような難問を解けずとも、周りの人が解ける問題をしっかりと得点さえできれば合格できる、ということです。 ちなみに、おおくの受験生は過去問をベースとした学習を進めます。 したがって、問題毎の正答率分布は、自然と• 過去に出題された問題と傾向が似ている問題:正答率が高い• 過去に出題されたことが無いような問題:正答率が低い という傾向になります。 過去問を用いて頻出論点を確実に正解することが、合格線上に残るための必須条件です。

次の