近鉄 新型 特急。 【保存版】2020年春までに登場した「鉄道新型車両」をずらり紹介【西日本編】&【貨物編】

近鉄、新型名阪特急「ひのとり」(80000系)を2020年3月14日運行開始。全席バックシェル&コンセント 大阪難波駅~近鉄名古屋駅間を運行

近鉄 新型 特急

近鉄特急の古い車両はいつまで走るのか?気になっている人は多いと思います。 2020年3月14日から走る新型名阪特急80000系「ひのとり」の導入が、結果として2020年度内に特急運用から外れるということが分かりました。 (廃車とは書いていないので今後臨時に使用するのか注目されます。 ) また、近鉄の古い車両が引退することによって、南大阪線と吉野線を除いた路線ではオレンジと紺の「近鉄特急カラー(いわゆる原色:未更新色)」が消滅し、「近鉄カラー」は1958年の登場以来、約60年にわたる歴史に幕を下ろします。 近鉄特急の古い車両はいつまで走る?「ひのとり」導入で引退? まず、近鉄特急の古い車両(12200系という形式)はいつから走っているのかですが、1960年~1970年代にデビューした車両で、約60年近く走っているということになります。 前回の東京オリンピックが1964年で、2020年の東京オリンピックを迎えてもまだこの車両は走っているわけで、東海道新幹線で例えるなら0系新幹線がまだ現代でも走っているようなものです。 (現実世界では0系新幹線は今や博物館ですが・・・) こう見るとかなり古い車両ということが分かると思います。 この問い合わせは2018年ごろに行ったもので、比較的早い時期から置き換え計画の話が決定していたということになります。 今後どのように置き換えられるか予想しましたのでご覧ください。 新型名阪特急「ひのとり」でなぜ古い車両が引退するのか? 筆者作成 ひのとりのみ近鉄から引用 実は新型名阪特急「ひのとり」で置き換えるのは、現在名阪特急での主力の「アーバンライナー」です。 ではなぜ近鉄特急の古い車両が「ひのとり」に結果として置き換えられるのでしょうか? 現在の近鉄特急の図を作成したのでご覧ください。 現在の「アーバンライナー」は汎用特急に改造される予定です。 汎用特急というのは、ざっくりいうと名阪特急の停車駅の多い種別、伊勢志摩方面の特急、京都線・橿原線・奈良線の特急に使用される車両を言います。 次に2021年度以降予想される近鉄特急の形態をまとめました。 筆者作成 ひのとりのみ近鉄から引用 「アーバンライナー」が「ひのとり」によって置き換えられ汎用特急として運行されるようになります。 すると汎用特急で使用される車両数に余りが出るため、現在の古い近鉄特急は順次置き換えとなり、廃車になるかもしれませんが、すべては廃車とならずに団体列車用に改造されるかもしれません。 「ひのとり」導入後でもまだ走る近鉄特急の古い車両 筆者作成 「ひのとり」が導入されたからといって全ての近鉄特急が引退するわけではありません。 1970~1980年代に導入された「サニーカー」や「ビスタカー(真ん中が2階建ての車両)」はまだ今後しばらくは走り続けます。 また、2018年ごろまで機器更新が行われ、機器更新がされたものは車両の「近鉄特急カラー(原色:未更新色)」から、他の近鉄特急と同じ色の「更新色:新塗装」に変更されており、最低でもあと十数年は使用される見通しです。 この機器更新は「スナックカー:12200系」を除いてラインカラーが変更されており、スナックカーが引退すれば、「近鉄特急カラー」は1958年以来約60年で消滅することとなります。 (線路幅の異なる南大阪線・吉野線を除く) 見慣れた「近鉄特急カラー」も見納めとなるので、思い出として記録をしておいてもいいかもしれませんね。 関連記事.

次の

新型コロナ:近鉄特急、30日から土日17%減便 「ひのとり」も :日本経済新聞

近鉄 新型 特急

最近のコメント• に くぼけん より• に ぽり より• に アリー my dear より• に ぽり より• に からや より• に LEACH より• に アリー my dear より• に 再都市化大ファン より• に ぷんぷい より• に ぷんぷい より• に しょうちゃん(竹田正司) より• に アリー my dear より• に アリー my dear より• に より• に SHOW-HEY より• に 三刀流 より• に 福島区民 より• に 再都市化大ファン より• に さすらいのextender より• に アリー my dear より 写真の30000系ビスタEX(60両)については 2010 年 4 月から 2012 年 3 月にかけて全編成に 2 回目の車体更新( B 更新)が施工さ れ 最新鋭の22600系に近い水準にリニューアルされている為、新車への置き換えは一番最後になると思われます。 近鉄の花型、名阪特急を中心に運用されている 21000 系アーバンライナー plus。 こちらは置き換え対象外。 今回の特急専用車の大規模な新車置き換えは、昨年3月から運転を開始した豪華観光特急「しまかぜ」の成功が大きいようで、今後導入される新型特急も、内装や車内サービスを充実させ付加価値をつけた特急で収入アップに繋げたいそうです。 近鉄は昨年12月に関連部署の社員を集めた「新型特急検討チーム」を新設し、外観や内装、車内販売などのアイデアを出し合っているとの事です。 近鉄は沿線人口の減少により、鉄道運賃収入がピーク時から約3割減少しているそうで、特にバブル期に近鉄が開発した名張などの大阪都心から遠い住宅地の人口減が深刻だそうです。 家を買った人の子供の世代が地価の下落を受け、もっと大阪に近い奈良の他の住宅地や大阪府内に移り住んでいる事が原因の様です。 たしかにに大阪線の快速急行の混雑は以前に比べると相当低くなっている気がします。 また、大阪線とは異なり、花型路線でる奈良線は、阪神なんば線経由三宮への乗り入れやバイパス路線のけいはんな線の延伸、培養路線である生駒線の一部複線化などにより、奈良線+けいはんな線のトータルの輸送量は横ばいの様ですが・・・。 近鉄としては、減少傾向が続く定期客の代わりに、特急に付加価値を与え観光客を呼び込み、定期客の減少分をリカバーしたいと考えている様です。 また、神戸方面から観光客を呼びこむ為に、近鉄特急の定期運行を阪神側に要請しているそうです。 近鉄としては阪神間の富裕層は非常に魅力があり自社のリゾート施設が集積している伊勢志摩地区や奈良方面に送り込みこみたいのでしょうね。 今後導入される新型特急車がどんな車両になるかは不明ですが、汎用型の22600系を増備しつつ、新機軸の車両も登場する、といった流れになるにではないでしょうか。。 ジュビロ頑張れ SECRET: 0 PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456 >名張市民様 初めまして 吹田の某大学 名張市民さんの所とは別かもしれませんが に名張から通ってる子が2人いました。 そのうち1人とは友達でしたが、お父さんは会社を経営していて、自宅も広かったです ち なみに桔梗が丘でした) もう1人の子もいつもおしゃれな服着てて、名張=裕福層、な印象がありました。 今をときめくセレッソの山口蛍選手はユース時代、毎日名張からセレッソの練習場まで通っていたそうですね 大阪市から見て通勤圏内ではあると思いますが、市内にタワーマンションが増えている今、そちらに目が向いてしまうということもあるのかな、と思いました。 名張市民 SECRET: 0 PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456 こんにちは、いつも楽しみに拝見しております。 コメントは2回目になります。 私は、吹田市にある大学の大学院に通っています。 現在は学校近くで下宿暮らしですが、かれこれ5年近く近鉄で通学していました。 私が利用していた5年間でも沿線各駅の利用者が減少していることは、乗車率の減少で身をもって体験していました。 実際、最近移住してくる住民は近くの工場や県内の事業所など鉄道利用者ではない層が多いようです。 その一方で近鉄自身はこういった地域のテコ入れが不十分なように思われます。 有料特急による復活策はある意味、遠距離通勤者の更なる負担を強いることにつながります。 ここはぜひ、名張も含めた沿線の魅力向上も進めてほしいなと、思いました。

次の

【近鉄クオリティ】新型名阪特急近鉄80010系HV11編成が陸送 近鉄80000系は製造終了

近鉄 新型 特急

近鉄新型名阪特急「ひのとり」レギュラーシート乗車記 近鉄名阪特急「ひのとり」は2020年3月14日より運転開始した新型車両。 今までの名阪特急は「アーバンライナー」という愛称が付いてましたが、新型車両にはアーバンライナーとは別に「ひのとり」という愛称が付きました。 「ひのとり」という名称は、先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しました。 名古屋13時00発「ひのとり61列車」に乗って大阪難波まで乗車してみました。 色合いといい先頭車両の形状といいかっこいいですね! 平日昼間にも関わらず先頭車両で撮影してる方が多くて賑わってました。 ロゴマークが高級感出してていいですね。 行き先表示はフルカラーLEDになってました。 さっそく乗り込みましょう。 「ひのとり」レギュラーシートの設備・乗り心地。 バックシェル座席が快適! 今回は2号車〜5号車にあるレギュラーシートに乗車。 レギュラーシートでも座席の前後間隔が116cmあり、新幹線N700系普通車(104cm)より広くグリーン車(116cm)と同じ広さ! 全席高さ調節機能付きのフットレストを装備。 フットレストはアーバンライナー時代からの伝統ですね。 新幹線グリーン車並の座席間隔にフットレストを装備してるので、足元はかなりゆったり。 こちらがフルリクライニング後。 座席自体が後ろに倒れるのではなく、前にスライドする形で倒れるので、後ろの方を気にすることなく倒すことができます。 大型テーブルは新幹線グリーン車と同じく前にスライドすることが可能。 15インチのMacBook Proも置くことができました。 コンセントは各座席肘掛け下に差込口があります。 もちろん通路側座席にもあります。 N700系新幹線だと窓側座席下にしかないのですごく便利ですね。 座席をフルリクライニングして肘掛け中にあるテーブルを出した状態。 動くシェアオフィスの完成! さすがに少し横揺れがあるのでずっと作業すると酔ってしまいますが、ネットサーフィン程度ならめちゃくちゃ快適すぎました。 僕はテザリング機能を使いましたが、無料Wi-Fiサービスもあるので移動中にネット作業することが可能です。 レギュラーシートオススメ座席は・・・!? 特急券を取る際に座席をどこにしようかめちゃくちゃ悩みました。 座席によっては窓枠が邪魔して景色が見えない心配がありましたが、ひのとりはその心配は不要。 窓枠が座席ごとにあるので全座席眺望は抜群! どの座席からでも景色を楽しむことができます。 気になる日差しですが、紫外線・赤外線をカットする窓構造なのでそこまで気になりませんでした。 伊勢中川を境に進行方向が変わるので、A席・D席共に日差しは受けてしまいます。 車両のいちばん前の座席にもフットレスト+大型座席があるので足元ゆったり。 最前列座席のテーブルはさらに広く、作業しながら乗る場合は最前列座席でも快適に過ごせそうです。 車両の真ん中ほど揺れないので、特急券を取る際は真ん中あたりがオススメですね。 「ひのとり」の設備。 カフェスポット・フリースペース・ロッカーなど 続いては座席以外の設備を紹介。 プレミアムシートがある1号車・6号車に、挽きたてコーヒーが飲めるカフェスポットがあります。 コーヒーは1杯200円と良心的な値段。 ちょっとしたシリアルも買えます。 2020年3月から近鉄特急で車内販売が終了したので、機械とはいえ車内でコーヒーを飲めるのは嬉しいです。 カップとお湯はなんと無料。 喫煙スペースは同じく3号車に設置。 2020年3月から近鉄特急も全客室禁煙になったので、タバコを吸う際はこちらに。 JRの在来線特急にはない設備なので、愛煙家にはありがたいですね。 2号車と5号車には無料ロッカーも設置。 小型スーツケースなら入りそうですね。 大型スーツケースは4号車に荷物置きスペースがあります。 SuicaやICOCAなどの交通系ICカードが鍵になるのは便利ですね。 同じく2号車と5号車にフリースペースがあり、座りながら通話したり景色を楽しむことができます。 窓が広くなかなかの眺望を楽しめました。 トイレも洗面室ももちろんきれいで快適。 車両最前部にある大型ディスプレイの案内が充実。 乗り換え案内や全面展望を映し出したりと、見ていて面白かったですね。 「ひのとり」レギュラーシートに乗ってみた感想 近鉄名古屋から大阪難波までの所要時間は2時間8分ほど。 バックシェル座席とフットレストがかなり快適であっという間でした。 名古屋〜大阪を新幹線を使うと約50分と半分ほどの時間で行けますが、快適度で比べると圧倒的に「ひのとり」の圧勝でした。 時間はかかりますが、料金面でもひのとりの方が安いんですよね。 最後に気になる「ひのとり」の時刻と料金を紹介しますね。 近鉄新型名阪特急「ひのとり」の時刻 2020年6月現在・名阪特急「ひのとり」の時刻は以下の通り。 2020年3月にデビューした際は1日6往復でしたが、2020年6月13日(土)より平日10往復・土日11往復に増発されます。 2020年度中に大阪難波・近鉄名古屋毎時0分発のほか、停車駅の少ない名阪特急(平日15往復・土休日19往復)がすべて「ひのとり」に置き換わる予定とのことです。 以下、赤字の時刻は6月13日以後に「ひのとり」で運転される列車です。 「ひのとり」の特急料金。 格安に乗る方法は!? 気になる「ひのとり」の特急料金ですが、アーバンライナーと比べて定員が減ったので特別料金が必要となります。 大阪難波〜近鉄名古屋を利用の場合の料金をまとめました。 座席区分 乗車券 特急料金 合計 レギュラーシート 2,410円 2,130円 4,540円 プレミアムシート 2,410円 2,830円 5,240円 アーバンライナーだと前日までの購入で特急料金が300円引きとなるがありましたが、「ひのとり」には適用されません。 特急料金は定価で支払う必要がありますが、乗車券部分は 金券ショップで株主優待乗車券を購入することにより少し安く乗れることができます。 株主優待乗車券は金券ショップで1枚1,750円〜1,900円ほどで売られています。 仮に1枚1,750円で購入できた場合、レギュラーシート特急料金2,130円との合計で3,880円と4千円を切りますね。 新幹線だとエクスプレス予約で5,680円かかるので、安く快適に移動する場合は「ひのとり」がオススメです。 特急券の発売は乗車日一ヶ月前の10時30分から発売され、ネットでも予約可能です。 あとがき 今回はレギュラーシートに乗りましたが、次回はプレミアムシートにも乗ってみたい! けど正直言ってレギュラーシートでも十分快適すぎました。 時間にゆとりがあるのなら新幹線より「ひのとり」レギュラーシートを使って移動するのがオススメですね。 まだデビューしたてなので本数は多くないですが、2020年度中に停車駅が少ない毎時0分発の名阪特急などははすべて「ひのとり」車両になる予定です。 僕は東京に住んでるので乗る機会があまりないですが、大阪に行く際はまたぜひ乗りたいです! この乗車記がみなさんのお役に立てれば幸いです。 では今回はこの辺で。

次の