膝 の 裏側 が 痛い。 膝の裏を曲げたり伸ばすと痛い!膝裏の痛みと腫れについて解説します

【膝の痛み】膝の裏が痛くて正座できない・・その原因とは

膝 の 裏側 が 痛い

膝内側痛の3大原因• 内側の半月板に傷がついている。 内側の靭帯に傷がついている。 鵞足と呼ばれる3つの筋肉に傷がついている。 変形性膝関節症という言葉を聞いたことがあるだろうか? 膝が痛い時に病院へ受信するとこのように診断される人が多い。 この病名は膝の骨が変形しているというだけで、どこの痛みなのかを特定しているわけではない。 そのような診断名をつけられたとしても、よくよく触って診てみると上記の3つの場所に痛みを出ていることが多い。 以下に上記3つの痛む場所の特徴などを解説し、関連記事をご紹介していく。 内側半月板の損傷 体重増加や突然振り向く動作、非コンタクトスポーツによってしばしば内側の半月板が損傷してしまう方が多い。 もちろん加齢による膝の変形によって内側半月版に負担がかかってしまうケースもある。 以下の検査方法を参考に、膝の内側の痛みが内側半月かどうか検査してみよう! POINT• 膝内側痛の原因は内側の半月板・内側側副靭帯・鵞足炎による物が多い。 体重増加や運動不足、またはスポーツによる怪我が膝の内側に痛みを出してしまう要因となる。 冒頭で述べたように膝は構造上内側に痛みを出してしまう事が多い。 それは重力に打ち勝ち2足歩行を手に入れた人間の宿命でもある。 しっかりケアを行っていけば痛みを出すことは殆どないのだが、日本では膝の痛みで苦しんでいる方が非常にたくさんいる。 どのように解消していったら良いか悩んでいるのは間違いないはずだ。 そのような方は、現在自分の膝がどんな状態なのか?どこの組織が傷んでいるのか?ということを知るのが非常に大切だ。 原因を知ることによって、解決の糸口がつかめるからだ。 この膝の内側の原因についてまとめた記事がそのような方々の為になれば幸いだ。 もし自分で解決できないようならばすぐに医療機関への受診をオススメする。 愛知県岡崎市在住。 整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。 柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。 「一生懸命運動やストレッチをしているのに改善しない。 どうしてなんだろう?」 その様なお悩みを抱えた方やお仕事によるお身体のトラブルを抱えている方々を中心に皆様のその問題を解決する「お身体の健康アドバイザー」として日々奮闘中です。 またその傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。 僕の想いはただ一つ。 【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。 】 その事によって、仕事の能率が向上したり、快適な生活が送れるようになれば『社会』に貢献できるのでは無いかと考えています。 またそのような技術を後進に伝えていく事も僕の使命であり、社会貢献だと思っております。 【長尾のちょっとした情報】 お身体のケアが好き。 ラグビーをするのが好き。 ランニングしたり、山を登るのが好き。 実家のタヌキみたいなチワワが好き。 嫁が一番大好き。

次の

膝の裏が痛い原因と対処法とは?和歌山の整体「廣井整体院」

膝 の 裏側 が 痛い

膝の裏が痛くなる3つの症状 膝の裏が痛くなる症状には、様々なものがあります。 今回は、発生頻度の多い症状を紹介します。 膝の裏がぽっこり腫れるベーカー嚢腫 膝の関節には、滑液包と呼ばれる潤滑油が入った袋がいくつかあります。 膝の裏側にも滑液包があり、ベーカー嚢腫ではこの膝裏にある滑液包に負担がかかり滑液包が腫れてしまっている状態を言います。 そのため、腫れた滑液包が関節にひっかかり膝の裏側に痛みを出すことがあります。 膝の関節による膝裏の痛み変形性膝関節症 高齢者などの多発する変形性膝関節症。 変形性膝関節症では、関節を構成している骨に負担がかかり骨の形を変形させてしまっている状態を言います。 変形性膝関節症では、膝の内側に痛みを感じることが多いですが裏側に痛みを感じることもあります。 膝関節動かす筋肉による膝の裏側の痛み 各関節どこでもそうですが、関節を動かすために筋肉があります。 膝の裏側には、膝窩筋と呼ばれる小さな筋肉が走っています。 しかし、その膝窩筋と呼ばれる筋肉が硬くなると筋肉の収縮がうまくいかずに膝関節に挟まり膝の裏側が痛くなることがあります。 膝の裏が痛くなると出る症状とは• しゃがもうとすると痛い• 椅子に座ったり立ったりするのが痛い• 階段の昇り降りで痛みを感じる• 正座が痛くて出来ない といった症状を訴えます。 特に膝の曲げる動きで症状を感じる方が多いです。 この3つの症状の共通点は? 代表的な膝の裏が痛くなるものとして3の症状を挙げさせてもらいましたが、この3つには共通点があります。 どんな共通点かというと、「痛めているモノが膝の動きに関係するもの」ということです。 膝の裏の痛みは膝の動きと密接した関係にあると言えます。 そして、膝の動きが悪くなったからこの3つのどれかの症状を引き起こすのです。 膝の動きが悪くなっていることで、滑液包や骨・筋肉に必要以上の過剰な負担がかかり痛みが起こります。 そのため、膝の裏に痛みを引き起こす原因は「膝の動きを悪くする原因」とも言い換えることができるのです。 また、膝の裏側に痛みを感じる時は正座など膝を曲げた時に痛みを感じることが多いため、特に膝を曲げる動きの悪さが原因になることが多いです。 膝の裏が痛くなる3つの原因 膝の裏が痛くなる原因には、3つの原因があります。 どれも膝の動きに関係する大切なものばかりです。 膝の軸が乱れている 膝関節は、大まかに大腿骨と脛骨という骨が繋がって関節になっています。 しかし、筋肉のバランスの乱れによって下の脛骨という骨が外へ捻れてしまうことがあります。 そうすると、膝を動かす際に関節面がピッタリ合わないため曲げた時に滑液包や関節・筋肉に負担がかかり膝の裏が痛くなります。 太ももの前の筋肉が硬い 膝を曲げるという動きを行う時は、太ももの前側にある大腿四頭筋という筋肉は伸びなければいけません。 しかし、大腿四頭筋が強く働き縮んでいたり、緊張しすぎていると太ももの前側がしっかり伸びることが出来ず膝を曲げる動きを邪魔し滑液包や関節・筋肉に負担がかかり膝の裏が痛くなります。 膝関節の正常な動きが出来ていない 膝関節を曲げ伸ばしを行う際に、単純に曲げたり伸ばしたりしているわけではありません。 関節の動きを細かく観察すると、膝を曲げていくときは膝からの下の骨は内旋 内側に回る し、膝を伸ばしていくと膝から下の骨は外旋 外側の回る しています。 そのため、この回旋 回る動き がしっかり行われなくなると滑液包や関節・筋肉に負担がかかり膝の裏が痛くなります。 このような原因によって、膝の動きが悪くなっていく。 そうすることで、膝の動きに関係する滑液包や関節・筋肉には必要以上の負担がかかってしまう。 負担がかかっていくことで炎症が起こり、膝を曲げた時に痛みを伴うようになってしまう。 これが、膝の裏に痛みがでる真相です。 実際に膝の裏側の痛みで来院した例 当院に実際に膝の裏側の痛みで来院された患者さんを紹介します。 右足の方の指先が外側を向いてしまっている その患者さんは、50歳代の女性でした。 患部:右膝 その患者さんの症状は、正座はもちろんの他、膝を曲げると膝の裏側に痛みが出るということでした。 そのため、しゃがみ込んだりなど日常生活の動きに支障が出ていました。 その患者さんを詳しく検査していくと一つ大きな問題点が見つかりました。 それは、右の写真のように膝を曲げていくとつま先がものすごく外側に向いていってしまう 膝からしたが外に回ってしまう ということです。 本来であれば、先程お話ししたように膝を曲げていくと膝から下の骨は内側に回るため、つま先が外側を向くということは膝を曲げていく時に正常とは逆の動きをしてしまっているということになります。 そのため、この患者さんは膝の関節の動きが正常に行われなくなってしまったことで筋肉に過剰に負担がかかり痛みが出ていることがわかりました。 〇筋肉を緩めると同時に関節に正常な動きを覚え込ませることで症状が改善 どのような治療を行ったかいうと負担がかかっている筋肉を緩めた後に、膝の関節が正常に動かす練習を繰り返し行いカラダに覚え込ませるということです。 当院で行っている膝関節に正常な動きを覚え込ませる方法として「後方ゆさぶり」という方法があります。 やり方は、四つん這いになり後方に移動するという簡単なことです。 一つだけ大きなポイントがあり注意しなければいけません。 それは、後方に移動したときのかかとの角度です。 このような患者さんに、カラダを後方に移動するとかかとが内側に倒れてきてしまいます 膝から下が外側に回ろうとしてしまう。 そのため、かかとが内側にいかないように抑えて行わせることで、膝が下が外側に回る動きを抑え正常な膝の動きを行わせることが出来ます。 この練習を何度も繰り返すことでカラダがこの正しい膝の動きを覚えていき、普段から正常な膝の動きを行えるようになります。 これにより、正座やしゃがみ込むといった膝を深く曲げる際に膝の裏側の痛みを解消することが出来ました。

次の

片側のみの膝の痛み/右もしくは左?

膝 の 裏側 が 痛い

「歩いていると膝の裏側がつっぱるような痛みが出てきた」 「正座をするときに膝を曲げると膝の裏側がつっぱって完全に曲げきれない」 膝が痛いと言う方で1番多い場所が『膝の内側』で、それに次いで膝の前や外側などの痛みをよくうかがいます。 それらの場所には、半月板や靭帯、膝を動かす有名な筋肉があってそれらが傷んでいるのがなんとなくわかります。 しかし、膝の裏側について同じように考えてみるとそこまで傷みそうな有名な組織がないのに、実際に痛みを訴える人がいらっしゃいます。 膝の裏側の痛みは中高年の方の、はっきりと関節が傷んでいるわけでもないような変形性膝関節症の初期くらいの方に多いです。 その膝裏の痛みの原因にはあまり有名ではありませんが『膝窩筋(しっかきん)』という筋肉が関わっていることが多くその筋肉が傷んだ『膝窩筋炎』という状態があります。 そこで、今回は膝の裏の痛みの『膝窩筋炎』についてその症状や治療・テーピングなどについて紹介していきます。 膝窩筋とは 膝窩筋とは膝の裏にある筋肉で膝の裏側をやや斜めに走っている筋肉です。 この筋肉の働きは一般的には• 膝を曲げる(屈曲) 膝を曲げる主役はハムストリングなどの大きな筋肉がしています。 膝窩筋は筋肉が大きくないため、あくまでも補助的な役割を担っていると考えてください。 膝から下を内側に捻る(下腿 内旋) 大きな筋肉は主に曲げ伸ばしなどで強く働きます。 捻りの動きはそれに伴って起こりますので膝窩筋のような小さい筋肉が動きの調整役として大きく関わってきます。 と言われています。 そこで、膝窩筋が伸ばされて負担がかかりやすい動きは• 膝を伸ばす(伸展)• 膝から下を外側に捻る(外旋) と考えられますが、実際には、 『正座のように深く曲げきった時は膝を伸ばす時よりもより強く筋肉が伸ばされる』 ことが重要なポイントとしてあります。 このような曲げ伸ばしの角度によって筋肉が伸びたり縮んだりが逆転するようなことは基本的にはありませんが、膝関節の特殊な構造上起こっている状態です。 理学療法 24巻5号 メディカルプレスより このことから、変形性膝関節症になる一歩手前の方や、初期にさしかかっている方がよくおっしゃる 「最近膝を完全に伸ばせなくなってしまった」 「正座は膝裏が引っ張る感じがして坐り切れない」 という一見矛盾したような状態は膝窩筋のこの変わった特性を把握していればスッキリ理解することができます。 スポンサーリンク 膝窩筋を傷めやすい人の特徴は 膝窩筋に負担をかけてしまったり、傷めてしまいやすい人の最大の特徴は『がに股』です。 その中でも男性のように股関節から足全体ががに股になっているタイプよりも、女性で股関節から膝まではさほど外に開いていないのに、足先がすごく外に向いているようなタイプの方は要注意です。 変形性膝関節症になっていくとこのような症状が起こるのは、変形性膝関節症の方は 『膝から下が、前に出て外側に捻れていく』 傾向があるためです。 これで膝窩筋がいやおうなしに伸ばされ続けてそれが負担になってしまうのです。 また、膝裏を自分で直接見ることはまずないと思いますが、膝窩筋に負担がかかっている人は、膝裏が少し膨らんでいたり、押さえると硬く張っているのがわかったりします。 膝窩筋のケアになる体操や生活の注意点は 膝裏に痛みがあるなと思ったときには、まず『膝の捻る動きに問題があるか』チェックすることをおすすめします。 おおよそ膝が直角に近い角度になるような椅子に座ります。 両手で軽くふとももを押さえてから膝下から内外に捻りの動きが出るように動かしてみます。 内外に捻って違和感・痛みがあるかどうか確認しましょう。 まずは、これで• 内外ともに痛みや違和感などがなく捻じることができる• 内側に捻るのはスムースだが外側はまわしにくい、違和感がある というような状況であれば、この動きを使って膝窩筋にアプローチできます。 多くの方はこのチェックをクリアできますが、中には膝窩筋以外の半月板などの問題も一緒に起こっているケースがあります。 すると、『内側に捻ると違和感・痛みが出る』ことがあります。 この場合には、次の体操は行えませんので無理しないように注意してください。 スポンサーリンク 膝窩筋エクササイズ 先ほどのチェックと同じように座って膝から下を内側にゆっくりまわしてそのまま5秒程度ポーズを保ちます。 1回真ん中に戻して また内側にまわすという繰り返しを15~20回します。 これで膝窩筋がしっかり収縮して刺激することができて負担の軽減にもつながってきます。 注意点としては• 膝が左右に動かない グラグラ動かないかをチェックするために手を膝まわりに添えています。 足先だけ内側に向けない 膝下から内側にしっかりまわるように意識せず、足先だけ力が入って内に返してしまっては効果が下がります。 必ず膝下のところから動いているのを添えている手で触って確認しておきましょう。 があります。 日常生活での注意点 日常生活では、知らず知らずに足先が外側に向く『がに股歩き』になっていませんか? 極端に内側に向ける必要はありませんが• 内ももを軽く締めて 股関節から足が開いて脚の横幅が広すぎるのはそもそも問題です。 横幅を5cm程度狭くしてみましょう。 膝のお皿はおおよそまっすぐ 完全にではなくてかまいませんのでだいたい前方向を向いているかチェックしましょう。 足先は軽く外を向く程度 足先はまっすぐ正面向くのはやりすぎです。 少し斜め外側に向く程度で今までの自分の角度を少し内向けるという方法でよいでしょう。 これらを少し意識して歩いてみられることをおすすめします。 テーピングによる補助をするには 膝下が外側に捻れるクセをいきなり意識だけで直すのはなかなか難しいところです。 そこで、内側に捻ることを意識づける助けをするためのテーピングの方法を紹介します。 用意するのはキネシオテープ(50mm)です。 20cm程度の長さでカットします。 膝を丸く曲げた状態で膝下を内側に捻っておきます。 脛の前から内巻きに太ももまで螺旋を描いて巻き上げます。 テープは軽く引っ張り気味にしましょう。 このとき、巻く経路はおおよそで構いませんが、膝裏はかぶれやすいため通らないようにするのがポイントです。 おわりに 今回は紹介したエクササイズは、膝窩筋炎だけでなく初期の変形性膝関節症の痛みにも改善効果があり、軽い痛みであればエクササイズ直後に治っているようなこともしばしばあります。 スポーツなどで一時的に炎症を起こしている場合にはまだ注意はそこまで必要ないかもしれませんが、自分が変形性膝関節症への関係がありそうな状況の方であるならば、膝裏が痛いだけの内にしっかり膝全体のケアを始めることをお勧めします。 よくあるケースでは、膝裏の違和感・痛みから膝の内側の痛みが起こり、病院に行ったら変形性膝関節症だった・・というものです。 そうなると、痛みを改善するのがどんどん難しくなってきます。 早いうちに問題の芽を摘んでおくような意識を持たれることをお勧めします。 膝にやさしいことをしたいと思われた方はこちらをお読みください 「」.

次の