小松菜 レンジ。 小松菜を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

小松菜を使った人気レシピ【調理法:レンジ】おすすめ10選

小松菜 レンジ

小松菜の下処理は、 あく抜きが必要ありません。 ほうれん草は「シュウ酸」という成分が含まれ、あくが強く、そのまま炒めたりして食べてしまうと、ちょっと嫌なキシキシした食感がありますが、小松菜にはそんなことがありません。 ですので、煮物や炒めものにするにしても、根元をカットしたりしっかり洗うだけで使えるので取っても便利です。 そんな小松菜の下処理は調理の仕方によって異なります。 これで、ゆでる準備はOKです。 大きいお鍋が準備できる場合、または電子レンジで調理する場合は、カッとせずにこのまま使います。 小さいお鍋を使うときは、葉と茎を分けるように、2等分、または3,4等分にカットしておきます。 そうすることで、若干硬い茎の部分と柔らかい葉の部分を 時間差で茹でることができます。 ゆでる場合も、次にご紹介する方法で、根元をざっくり切り落としてももちろんOKです。 ただ、実は根元には栄養がたっぷり含まれているので、残したほうがいいんですね。 私はどちらかというと、根元をざっくりカットしてしまいます。 その理由は中に入り込んだ土がどうしてもきれいに落とせないので、食べるときに残っているのが嫌だからなのですが、きれいに落とせるようなら、根元はつけておいた方がいいですね。 ジャリっとした食感と言えば、あさりの砂抜きもしっかりしていないと後味が悪いですよね。 あさりの砂抜きはこちらをご覧ください。 根元部分には、 中のほうまで土が結構ついていたりするので、土をきれいに洗い流します。 炒め物などにする場合は、下処理はこれで完成です。 土で汚れた部分を洗っておけばいいだけですね。 小松菜のゆで方は? 下処理ができたら、次は茹で方です。 茹で方はほうれん草などの葉物野菜と基本は同じです。 ここでは、お鍋とレンジを使った方法を見てみましょう。 1Lのお湯に小さじ1杯ほどが適量です。 その後、葉の部分もお湯に入れて30秒茹でます。 根元を切り落とした場合は、下処理して2等分などにカットした小松菜の 茎の部分を先に 20秒ほどゆでます。 その後、葉っぱ部分を加えてさらに 30秒ほどゆでます。 お浸しにする場合は、このままお皿に添えて、かつお節やゴマをかけて、お醤油でいただけますね。 こうすることで、全体的に熱が通りやすくなります。 レンジで調理した場合は、レンジから出すときやラップを開けるときに やけどしないように注意してください。 レンジだと、お湯を沸かす時間が省略できて時短になりますよね。 また、ビタミンCなど水に溶けやすい栄養素の流出も防げるので、一石二鳥です。 小松菜はゆでた状態で冷凍しておくとそのまま使えてとっても便利です。 小松菜の保存方法はこちらをご覧ください。 しかもレンジで加熱してしまうとお浸しもあっという間にできてしまいます。 年中でまわっている小松菜ですから、食生活に上手に取り入れていきたいですね。 スポンサーリンク•

次の

レンジ活用で手軽に。小松菜の白和え

小松菜 レンジ

<小松菜の茹で時間と茹で方、下処理手順>• 小松菜を洗って下準備する。 とくに根元は土が残りやすいので、しっかり洗う• 鍋にお湯を沸かし、塩を入れる。 沸騰したお湯に小松菜の根元を入れ、30秒くらい茹でる。 30秒経ったら全体を沈めて、葉の部分も10~15秒茹でる• 茹で上がったらザルにあげ、冷水に取って粗熱を取る 最後の冷水で粗熱を取るところですが、ボウルなどに水を張っておき、小松菜を入れます。 茹で上がった小松菜は熱を持っているので、ボウルの中の水が温かくなる場合は、水が冷たくなるまで何度か取り替えると良いでしょう。 (なお、流水で粗熱を取るやり方もあります) 動画でも茹で方がありました。 スポンサーリンク お湯に塩を入れる理由としては、色を鮮やかに仕上げるためです。 小松菜やほうれん草などの野菜にはクロロフィル(葉緑素)と呼ばれる色素が含まれているのですが、これは塩を加えると安定するので、色を綺麗にする効果があります。 またクロロフィルは長時間の加熱には弱く、茹ですぎによって色が悪くなります。 なので、茹で上がった小松菜はすぐ冷水にとることで緑色を保つことができるのです。 なので、 色よく仕上げたい時はお湯に塩を加えて、茹でた後はすぐ水にさらすようにしましょう。 塩の分量としては、水の量に対して塩1~2%ほどが目安となります。 つまりは水が1Lなら、塩は10g~20gですね。 塩小さじ1は6g、大さじ1で18gなので、計量スプーンで量りたい時は水1Lに小さじ2杯~大さじ1杯ぐらい入れればOKということになります。 フライパンでの小松菜の茹で方 基本的に小松菜は鍋で茹でますが、使えないときなどはフライパンで茹でることもできます。 フライパンの場合、底が浅い割に幅が広いので、 茎と葉の部分は最初に半分に切って分けてから茹でるといいでしょう。 スポンサーリンク 茹でた小松菜のレシピと食べ方 茹でたら、 一番シンプルで小松菜の味そのものを楽しめる食べ方というと、やはりおひたしですね。 小松菜のおひたしは他の具を加えるレシピもありますが、はじめて茹でた場合は単体で食べてほしいですね。 (笑) 茹でた小松菜は、だいたいほうれん草と同じようなレシピに使えます。 例えばゴマ和えやナムルなど、さっぱりとしたレシピが豊富にあります。 小松菜のレンジでの茹で方 お湯で茹でるのが面倒な時は、 レンジで茹でちゃいましょう。 スポンサーリンク 茹でた小松菜の保存方法と保存期間 茹でた小松菜を一時的に保存する場合は、 水分を絞った後に料理に使いやすいサイズに切っておき、タッパーに並べて冷蔵庫へ入れます。 あまり長く保存しないほうが良いと思いますので、 2日くらいで使い切ってください。 長期保存したい場合は冷凍もできます。 サッと茹でた小松菜の水気をしっかりと絞り、切り分けたら1回分ずつラップに包んでフリーザーパックに入れて冷凍庫で保存します。 冷凍での保存期間としては3週間くらいとなりますので、すぐに食べきれない分は冷凍が便利です。 小松菜の茹で時間についてまとめ 小松菜の茹で時間は1分以内なので、調理に時間があまりかからないのがいいですね。 この場合はお湯の中でバラバラになってしまうので、切りそろえた形におひたしに並べたい時は不向きですが、和え物なら問題はないでしょう。 (どうせバラバラになるので。 笑) 切った部分から栄養などが流れ出てしまうのも難点ではありますが、小さい鍋でも茹でやすいことと、茹で上がった後の手間が減るというメリットがあります。 なので、やりやすい方でOKだと思いますよ。 今回は小松菜でしたが、 このサイトではチンゲンサイやモロヘイヤの茹で時間についても書いています。

次の

小松菜の茹で時間は何分がベスト?茹で方や加熱後の保存期間は?

小松菜 レンジ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の