ホルム ガード ランタン。 HOLMEGAARD (ホルムガード)

DAISY(デイジー)は鹿児島市加治屋町の家具セレクトショップです。

ホルム ガード ランタン

CONTENTS• ランタンあれこれ 一口にランタンと言ってもいろいろあります。 大きいのはやっぱり燃料かな。 大雑把にいってしまえば、ガスを使うもの、ホワイトガソリンや、灯油を使うもの、電池を使うものに分かれますかね。 ガスランタン ガスを使うものは何と言っても便利なところ、簡単なところが最大のメリット。 キャンプ用品店でも簡単に手に入りますし、保存も簡単。 御手入れも比較的簡単にできます。 最近はカセット式のものの中にも味のあるランタンがあります。 コールマン ルミエール 画像出典: カートリッジ式のガスを使用しているにもかかわらず何とも言えない雰囲気の良さがかっこいいコールマン ルミエール。 メインのランタンというよりはテーブルランタンとして使用するタイプのものです。 グローブにほんのりと茶色がかった色がついていて、とても温かい炎を演出しています。 オイル ランタン(ホワイトガソリン・灯油) オイルランタンも種類は豊富。 加圧式のものと加圧しないタイプのものがあります。 加圧式のものはなんといっても明るさが魅力。 但し少々面倒なところもあります。 灯油を加圧するタイプのものはプレヒートといって着火する前に液体の灯油を気化させるために事前に温めてやる作業があります。 只そんな儀式がまた貯まらなかったりする変態さんが多いのも確か。 ペトロマックス HK500 画像出典: 1910年、ドイツで創業したペトロマックス。 名前のペトロは灯油の意。 100年を超える歴史を持ったランタンです。 なにせ質実剛健のドイツ製。 頑丈さとその明るさは特筆もの。 ドイツ軍も使用していたとか。 画像出典: LEDランプ LED照明は何と言っても安全で子供がいるファミリーキャンプや、テントの中での使用に関してはこれ以上の物はありません。 残念なのはガスやオイルのランタンに比べると味わいにかけるところ。 でも最近はLEDを使用したランタンの中にも味わい深いものがあるんです。 ベアボーンズリビング フォレストランタンLED 画像出典: 炭鉱用カンテラを模した充電式のランタン。 バッテリーは充電式リチウム電池で、やさしい電球色LED球を採用。 出力は最大200ルーメンで3時間、最小出力で80時間以上点灯します。 ボディーはスチール製ですが点灯中も熱くならないのでお子さんがいても安心。 USBケーブルでの充電も可能。 但し、定期的に充電しないで完全放電してしまうと、バッテリーを痛めますので注意が必要です。

次の

Lantern Holmegaard

ホルム ガード ランタン

そして不思議と使おうって気にもなるから、これに火を灯す事はナカナカ多い。 それがホルムガードのランタン最大の魅力なのだろう。 大きなデザインの賞をいくつもとったというのも、よくわかる。 無駄なくどこか新しい。 アウトドア派ではない僕にとって、ランタンという道具を欲しいと思った事は過去に一度もない。 ないんだけれど、これをドイツの展示会でみて、初見でいいなと感じた。 レザーハンドルとガラスの組み合わせは非常にスッキリした雰囲気で、部屋の色々な所に掛けることができ、ランタンとしてだけの用途ではなく、エアプランツをいれてもいいから色々使ってみて下さい的な展示を見て、こんなランタンなら欲しいと思った。 ガス、灯油といった不慣れな燃料も使わないので、燃料切れした時の燃料再調達が面倒でもない。 キャンドルだから、不安も心配もなく手軽で気軽だ。 そして室内使いにも向いた物の雰囲気が秀逸なのである。 それで取り扱いを始める前に使ってみようと、撮影合宿のアイテムリストに加え、とりあえず1週間生活を伴にしてみた。 すると気付けばいつも生活の中心にあるではないか。 とにかく、活躍する場の多い物だった。 脇役の多いキャンドル界なのだけれど、これは主役になってしまう。 このランタンは体も大きく都会的だから、数少ない主役になれる器だったという事か。 テーブルの端や棚に置いてあるだけでも絵になるし、LやMぐらいのボリュームがあると、床に置いて使っても様になる。 2018年3月に追加されたスモークは、現在的な白を基調としたマンションによく似合った。 アーバンライフ、現在の都市生活、都市型住宅にとても似合う。 これはあるようで、なかなかナイ。 床に置いてしっくり雰囲気がまとまれば、それでよいし、もし少し違う感じがするようであれば、なんかと一緒にの上に置けばきっとイイ感じにまとまる。 そして、このランタンは不思議と話題になる。 僕と仕事上の付き合いがある多くの人から、買いましたよ!って聞くモノの第2位(1位は)。 なんだか、自然と人気が高くなる物だから不思議だ。 夏人気という実状 家でもアウトドアでも使える 便利で仕方がないが理由? きっと、このランタンが人気なのは二度おいしいからだろう。 家の中でもアウトドアでも使える。 家のなかに置いてあって絵になるし、火を灯したら雰囲気いいし、更にちょっとテラスで一杯なんて時にも、ランタンを置けば気分は盛り上がる。 十分に室内、室内周りでも活躍の場がある。 それに加え、キャンプやバーベキューだとかのイベントが控えていれば、そんな時にも、このランタンを持って行けばいいのだから便利で仕方がない。 いくらアウトドアブームだからといっても、室内で使わない物が増えれば置く場所に困るのは当然で、一番良いのは室内で使っている物を、アウトドアでも活用できる、そこなのだと思う。 レザーのハンドルがついている、そこが良かったのだろう。 家にいても運んで使いたい衝動に駆られ、何かといえば「あー、ランタン持って行こうか。 」となる。 夏場は虫除けキャンドルを灯せば雰囲気アップ&虫除けもできて一石二鳥。 ハンドルがあるから持ち運んで使うフラグが立ちまくる。 ランタンなので、ある程度は風も避けるから、使う場所も選ばない。 少し雰囲気のよい明かりが欲しければ、家でも外でも、いつでもどこでも、これを持っていきたくなる、なってしまう。 ピラーキャンドルに開眼 大本命はやはりMサイズ ティーキャンドルを使うSサイズ。 慣れたサイズ感だから使い易い。 またキャンドルホルダーとしてだけではなく、エアプランツを入れ、フックやコートハンガーに掛けたりという使い方も洒落た新鮮さを生み出せていい。 けれどランタンとして使うのであれば、ピラーキャンドルを使うMサイズやLサイズ、醍醐味はそこだ。 外でも内でもフル活用するなら、ピラーキャンドルを使うMサイズかLサイズだろう、そう思います。 で、この2サイズに使用感の違いは然程ないので値段の事も考えればMサイズです。 好みもあるから一概にはいえないけれど、またまた値段の事も加えて考えるなら、クリアがいい。 でもアーバンライフならスモークがいい。 やはり家の飾りがメインでたまに火を灯すに加え、アウトドアでもフル活用!そんなイメージをお持ちでしたら、Mサイズです。 花火の時にも、ちょっとした灯りとして置いておけば、いい雰囲気です。 Lサイズは広いリビングに床置きするから、できる限り大きい方を選びたい場合や、大きなキャンドルを二つ並べて飾りたいいった時、そんな時ぐらいでしょうか。 MでなくLが必要となるシーンは。 どうしても少な目です。 ボリューム不足であればMとLをセットで並べるというのも、もちろんカッコいい。 そして、テーブルの端やテレビボード、棚に二つセットで置くのでしたら、そこはSとMが良いと思います。 まずはお試しでと思うのならSサイズではなく実はMサイズ。 大本命はMサイズなのです。 レザーストラップを留めている金具はネジ式になっております。 ご使用前に緩みが無いかご確認ください。 ねじが外れると本体が落下し、大変危険です。 は上に乗っているだけの構造です。 キャンドルの燃焼中は大変熱くなりますので直接触れないようご注意ください。 ガラスの厚さや重さ、本体側面の開口部の大きさや高さに多少のバラつきがみられます。 本体ガラスに、5mmほどの気泡や、小さな混入が見られます。 他はすべて丸になります。 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。

次の

おしゃれキャンドルランタンおすすめランキング10選★インテリアとして癒しの空間を

ホルム ガード ランタン

HOLMGAARD(ホルムガード) HOLMGAARD(ホルムガード)って? 出典: HOLMGAARD(ホルムガード)社って、あまり聞いた事がないと思いますが、デンマークのガラスブランドなんです。 1852年に設立された伝統あるブランドで、デンマーク王室御用達ブランドにも選ばれるほどクオリティが高いんです。 ホルムガード社の熟練の職人達は、吹きガラス製法によって製品を作っています。 伝統的なデザインだけではなく、新しいユニークなデザインも人気の秘密です。 それは、世界中の美術館でもコレクションされているというので、スゴイ事ですよね。 HOLMGAARD(ホルムガード)ハリケーンランタン 出典: ホルムガードのハリケーンランタンは、ガラスで囲われたオイルランタンです。 デザインは、マリア・バーントセンという女性の方です。 キャンプに持っていくのに、ガラス製だと移動中や使用中に落として壊れてしまわないか不安ですよね。 ホルムガードのハリケーンランタンで使用しているガラスは、耐衝撃性と耐熱性を兼ね備えたガラスです。 キャンプなどとアウトドアで使用を考えて作られているんです。 とは言え、アクリルなどとは違いガラスはそこまで丈夫ではないと思うので、粗雑に扱わないようにした方が良いですよね。 ランプ部分にはステンレスを使用し、芯にはグラスファイバーを使用しています。 ガラスの中で輝くピカピカのステンレスがオシャレですよね。 ランプオイルには、リキッドキャンドルやレインボーオイルなど、環境に優しいオイルを使用します。 アルコールや、ガソリンランタンで使用するホワイトガソリンは使わないんです。 コスト的には、レインボーオイル2リットルで大体2千円前後なので、特に安いという訳ではありません。 ストラップには、天然レザーを使用しています。 ガラスとステンレス、そして天然レザーの組み合わせが、とても洗練されていますよね。 確かに、キャンドルを照らすだけなら100均に行けば、同じように使えるものがありそうですよね。 それだったら、もう少し安いホルムガードのキャンドルホルダーでも良さそうです。 既にハリケーンランタンの面影は消えてしまっていますが、同じブランドなのでキャンドルホルダーでも良いような気がしてきました(笑) このロータスシリーズのキャンドルホルダーは、トーベン・ヨーゲンセンと言うガラス作家のデザインによるものです。 ロータス ティーライトは、炎を花びらが優しく包み込み、そこから溢れる火の灯りが温かみを感じさせてくれます。 そしてロータス ティーライトは、遠心分離ガラスで光の屈折が壮観な眺めになるようです。 サイズは、S・M・Lの3種類ありますが、Sサイズならコンパクトで比較的低価格でお求めやすいと思います。 ホルムガード ロータスティーライト スペック 僕の欲しいホルムガードのオイルランタンの紹介でしたが、高い高いと言われてしまったので、最後にこれを紹介します。 もうブランドは全く違ってしまいますが、キャンドルホルダーと言う事でペトロマックスのシルエットキャンドルグラスもオススメです。 ペトロマックスのシルエットキャンドルグラスは、キャンドルを中心に置き、優しい炎の灯りを楽しむものです。 ガラスは2重になっていて、内側は黒ベースにペトロマックスのロゴが透けるようになっています。 外側は、マット加工されています。 中心にキャンドルを置くと、内側の透けたペトロマックスのロゴから、炎の灯りが照らされるようになります。 ホルムガードのお洒落な感じとはまた違った雰囲気を楽しむことができます。 このシルエットグラスなら、値段はかなり抑える事ができます。 そして何より、アウトドアっぽい感じが良いですよね。 おしゃれでちょっとカッコいい、ペトロマックスのシルエットキャンドルグラスもおすすめです。 ペトロマックス シルエットキャンドルグラス スペック.

次の