秋篠宮 傘 投げつけ。 秋篠宮家が傘投げる動画?傘の渡し方が批判&5つの謎やうわさを解明!

秋篠宮家が傘投げる動画?傘の渡し方が批判&5つの謎やうわさを解明!

秋篠宮 傘 投げつけ

解決へ向けた動きは何も見られず、秋篠宮家が抱える難題は持ち越されることに。 さらには、ご一家を支える職員が逃げ出すというご苦難も……。 かねてより秋篠宮家は、宮内庁きっての「ご難場」とされ、その激務ぶりは広く知られていた。 紀子妃が職員にお求めになる仕事のレベルは高く、 「重責に耐えかねた職員が赴任早々、身体に失調をきたす、あるいは依願免職を申し出るケースがこれまでしばしば見受けられました」(事情を知る関係者) 昨年5月に皇嗣家となられてからも、身の回りのお世話をする宮務官の人数は、本来10人のところ8人と定員以下。 体調不良での休職や急な辞職などで「わずか半年ほどで顔ぶれは目まぐるしく入れ替わってきました」(同)。 今年1月24日には、警察庁から出向していた30代の男性宮務官が依願免職となってもいる。 東大法学部を卒業したキャリア官僚の彼が着任してから、わずか8カ月余りでの退職だ。 にもかかわらず、殿下と親しい学者は同行される異例のご旅行となった。 さる10月22日、雨の降る中で行われた「即位礼当日賢所大前の儀」での出来事だ。 「両陛下の拝礼が終わったのち、秋篠宮殿下をはじめ妃殿下、眞子さまや佳子さま、他の皇族方も続いて宮中三殿の賢所に入られたのですが、 秋篠宮殿下はその際、差していた傘をたたまれ、脇に控えていたこの警察庁出身の宮務官らに、まるでボールを投げるかのように無造作に手渡されたのです」(同) 宮務官らは傘を落としかけ、慌てて掴んだのだが、 「その間、殿下は一貫して険しい表情で、この男性と目を合わせようともなさりませんでした」(同) 男性が職を離れることになったのは、こうしたことが重なった心労の結果か。 3月18日発売の週刊新潮で混迷つづく秋篠宮ご一家を特集する。

次の

秋篠宮家が傘投げる動画?傘の渡し方が批判&5つの謎やうわさを解明!

秋篠宮 傘 投げつけ

文/木下聡 秋篠宮殿下と寛仁親王の口ヒゲ 秋篠宮殿下のトレードマークともなっている「口ヒゲ」。 戦国時代には口髭を生やした武将が数多くいたが、「野蛮だ」ということで江戸時代には禁止になった(四代将軍・徳川家綱による大髭禁止令)。 そのため、現代においても 口髭を伸ばしたままであることは社会人として減点される場合がある。 明治天皇、大正天皇、昭和天皇の三代は口髭を生やしていた。 これは、天皇が軍人であったためだ。 文人であることが求められるようになった戦後は、ほとんどの皇族は髭を剃っている。 ゆえに戦後皇室において「あえてヒゲを伸ばす」ことは、自己主張の顕れだ。 「ヒゲの殿下」の愛称で知られる三笠宮寛仁親王(1946-2012)が、破天荒なヤンチャ者であったことは良く知られる。 そして現代の「ヒゲの殿下」候補である秋篠宮殿下も、若かりし頃は ヒゲのみならず、 外車に サングラスに タイ旅行とヤンチャ者として名をはせていた。 この二人には驚くほどの共通点がある。 今回はそんな困らせエピソードを紹介したい。 寛仁親王の皇籍離脱騒動 二人に共通するエピソードは、口ヒゲだけではない。 秋篠宮殿下も寛仁親王も共に「皇籍離脱」を希望した経験があることだ。 いまだ昭和天皇の喪が明けないうちから、秋篠宮殿下は「紀子と結婚したい」と強い希望を宮内庁に打診した。 宮内庁は喪が明けてから皇室会議にかけることを提案したが、秋篠宮殿下は 「今すぐ結婚できないなら皇室を離れて、イギリスで紀子と暮らします」云々と主張。 宮内庁は仰天して泡を吹いたが、なんと平成の両陛下が喪中に縁談を進めることを了承。 これが秋篠宮殿下の「皇籍離脱騒動」だが、当時の関係各位の証言は未だ刊行されていない。 一方の寛仁親王の皇籍離脱騒動は、昭和57(1982)年4月に起きた。 それまで「ヒゲの殿下」などと親しまれた寛仁親王が「身障者問題など社会活動に専念したい」との理由から、皇籍離脱、つまり、皇室を離れて民間人になりたいという希望を宮内庁に申し出たのだ。 こちらの騒動は、当人も亡くなり時間が経過していることから比較的多くの資料から証言を得ることができる。 当時侍従だった入江相政(1905-1985)の日記を読むと 「〔寛仁殿下は〕手がつけられない」(昭和57年4月24日)とか 「岸田君、大竹君来室。 いづれも寛さんのこと。 あきれてゐる」(昭和57年4月26日)などと、宮内庁の慌てふためきぶりと呆れ具合がよく伝わってくる。 寛仁親王を思いとどまらせた昭和天皇の肉声 なお寛仁親王の仰天騒動を収束させ、皇籍離脱を思いとどまらせたのは、ほかならぬ昭和天皇であった。 昭和天皇は同年9月7日の宮内記者会見において 「国民の皇室に対する期待が、どのようなものなのかを十分に把握して、その期待に沿うように努力するように望む」と述べたが、この一言が決め手となったようだ。 当時の侍従たちの日記を読むと、昭和天皇はずいぶん寛仁親王の騒動のことを気にされていたようだ。 たとえば小林忍侍従(1923-2006)は次のように記録している。 1982(昭和57)年5月9日(日曜) 葉山から三笠宮寛仁さんのことで御心痛の御様子で、今朝も靴下をおはきになりながら、しばらく考えごとでじっとなさっていたり、お食事中もお手をしばらく動かさなかったりなど考えごとが多いように見受けられたとのこと。 小林忍『昭和天皇 最期の侍従日記』文藝春秋、2019 その後、寛仁親王は、対談録『皇族の公と私』(PHP研究所)のなかで 「やはり昭和天皇は、古めかしい言葉ですが、上御一人(かみごいちにん)と申し上げるしかありません」と工藤美代子(元つくる会副会長)に語っている。 それだけ寛仁親王にとって昭和天皇は偉大な存在だったのだ。 秋篠宮殿下の口ひげ騒動 さて、お二人のもう一つの共通点「口ひげ」に戻ろう。 秋篠宮殿下が口ひげを伸ばそうと決意したのは20歳の頃だ。 ナマズに憧れがあったとも言われているが、自由奔放に生きる寛仁親王に共感して伸ばされたというのが真相のようだ。 だが秋篠宮殿下の「口ひげ」に周囲は反対していたようだ。 他ならぬ侍従たちの日記に残されている。 1985(昭和60)年12月23日(月曜):田中[総務課報道]専門官・佐藤補佐も、礼宮さんのヒゲ願望につき長官に相談 否定的 1985(昭和60)年12月24日(火曜):手塚東宮侍従[(事務主管)]に礼宮さんのおヒゲのことにつき 善処方申入れ、理髪 石井[幸家」さんに侍従を通してやるように 『卜部亮吾侍従日記』第2巻、朝日新聞出版社、2007 まさか宮内庁長官(富田朝彦氏)にまで相談が上っていたとは驚きだが、この数年前に寛仁親王の「皇籍離脱騒動」があったことを踏まえれば、 「まさか礼宮(秋篠宮殿下)も寛仁親王のように…」と戦慄が走ったことは想像に難くない。 お二人の交際が公になってから、紀子さまご実家(川嶋家)に押し寄せるメディア陣に対し 「礼宮さまのおヒゲは、お似合いになるとおっしゃる方もいますし、まだ早いとおっしゃる方もいます……」と紀子さまは答えている。 宮内庁内では口髭を警戒する人が多かったことは事実のようだ。 だが元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように語る。 あの髭も寛仁殿下に憧れてしたものだと聞いています。 ですが、秋篠宮殿下が寛仁殿下のように、不注意な発言や行動を堂々とすることは今後は無いでしょう。 なにより、お二人の立場は全く異なります。 寛仁親王が皇位継承する可能性は殆どなかったのに対し、秋篠宮殿下は皇位継承順一位です。 そのお立場の重さを自覚されてから、秋篠宮殿下は、若いころのようなヤンチャは少なくなったように思います。 もっとも口髭の評判は、平成を通してそれほど芳しいものではないのですが(笑)」(小内誠一さん) 「人を外見で判断してはならない」と賢人は言う。 だがオスカー・ワイルド(1854-1900)は 「外見で人を判断しないのは愚か者である」(It is only shallow people who do not judge by appearance, The Picture of Dorian Gray, 1890)と言葉を残した。 はたして秋篠宮殿下の口髭はどのように評価されるのであろうか? 日本国初代内閣総理大臣の伊藤博文さんの髭は立派でしたね~。 日本人でもあんな立派な髭が生やせるものかとファッション視点から見てもびっくりです。 明治維新の頃は大物のほとんどが髭を生やしていましたね。 三菱財閥を創業した岩崎弥太郎さんの髭もとても立派でした。 日本経済の礎を築いた実業家・渋沢栄一さんも薄い髭を一生懸命生やしていた感がありますね。 早稲田大学創設者の大隈重信さんも立派な髭でした。 つまり、日本社会はもしかして明治維新を成し遂げた偉人達の多くが髭をたくわえていたことから、髭を生やす事は何かを成し遂げた偉人が生やすものだという感覚が刷り込まれているのかもしれません。 最近では楽天創業者の三木谷浩史さんやZOZO創業者の前澤友作さんなどが髭を生やしていますね。 エイベックス創業者の松浦勝人さんは口髭が生えないせいかアゴ髭を生やしていますね。 昭和の高度成長期に成長した日本企業の創業者たちは戦前軍国主義のお偉いさんの影響に反発してか髭を生やさない人が目立ちます。 たとえばホンダ創業者の本田宗一郎さんやソニー創業者の盛田昭夫さんや井深大さんなど。 欧米人は男女問わず陰毛も脱毛するか剃るかしてるの知ってますか? 欧米人は老若男女問わず陰毛の処理をしていないと不潔だと罵られます。 場合によってはそこで交渉がストップすることがあるほどです。 アジア人にとっては信じられないですよね。 日本人女性は脇の下の毛だけは敏感ですよね? ですが陰毛には無頓着です。 文化の違いや個人的趣向で毛をそこまで批判することもないと思います。 日本社会は何故か髭とかハゲには敏感ですよね。 自然現象だから抜けるものは仕方ないとして寛容さもありますが、髭も人より濃い性質で悩んでる男性は多く、それだったら生やしたままの方が楽だし見栄えも良いと考えている人もいます。 つまり、髭やムダ毛で人を論じることは主観的なもので、あまり大きな声で批判するのはどうかと思います。 寛仁親王は生前、『ヒゲの殿下』と呼ばれ親しまれていただけに皇族の男性の中でも髭が非常にお似合いでした 自分がまだ小さい頃、実家の母が持っていたお菓子作りの本に寛仁親王がイギリス留学時の思い出を「トモさん」の呼称でコラムにして寄稿していたのを思い出しました。 若い頃からダンディーな感じがしてたのを幼心に覚えてます そして平成2年 1990 アーヤ 軽井沢の写真。 皇族というよりも『や』で始まり『ざ』で終わる自由業の方にしか見えません・・・ ご本人的には「俺、イケてる」とお思いなんでしょうけど。 真面目な話、皇室メンバーとしての品があるとは言えません。 天皇陛下は皇太子時代、その前の浩宮様の時代も品がありました だからお妃になった方も兄弟でえらい違いなんですね。 髭が問題ではなく、髭だけが問題ではなくというべきですが 昔の写真を見て絶句 です。 チャラチャラしてカッコつけて その上外車を乗り回しておられたそうですね? ちっとも知りませんでした。 会見ではダラダラと覇気のない喋り方ですが、内面は全然違うでしょうね、長年の無茶がそのまま老いても溜まっている。 だから、傘を乱暴に投げつけたり、不機嫌な顔をよくされる。 NHKの天皇陛下の子供時代、遠泳でどんなきつくても前天皇は船にあげなかった というような恐るべき厳しさで躾けられた。 しかも可愛がった侍従を突然引き離した、冷徹な意地悪さ、天皇陛下には平気でずっとされた。 なぜ秋篠宮には、なんでも甘いんでしょう? 全くわかりません。

次の

秋篠宮殿下「即位礼の朝」に紀子さまと“小競り合い” 「傘投げ事件」の真相が明らかに|菊ノ紋ニュース

秋篠宮 傘 投げつけ

文/木下聡 秋篠宮殿下と寛仁親王の口ヒゲ 秋篠宮殿下のトレードマークともなっている「口ヒゲ」。 戦国時代には口髭を生やした武将が数多くいたが、「野蛮だ」ということで江戸時代には禁止になった(四代将軍・徳川家綱による大髭禁止令)。 そのため、現代においても 口髭を伸ばしたままであることは社会人として減点される場合がある。 明治天皇、大正天皇、昭和天皇の三代は口髭を生やしていた。 これは、天皇が軍人であったためだ。 文人であることが求められるようになった戦後は、ほとんどの皇族は髭を剃っている。 ゆえに戦後皇室において「あえてヒゲを伸ばす」ことは、自己主張の顕れだ。 「ヒゲの殿下」の愛称で知られる三笠宮寛仁親王(1946-2012)が、破天荒なヤンチャ者であったことは良く知られる。 そして現代の「ヒゲの殿下」候補である秋篠宮殿下も、若かりし頃は ヒゲのみならず、 外車に サングラスに タイ旅行とヤンチャ者として名をはせていた。 この二人には驚くほどの共通点がある。 今回はそんな困らせエピソードを紹介したい。 寛仁親王の皇籍離脱騒動 二人に共通するエピソードは、口ヒゲだけではない。 秋篠宮殿下も寛仁親王も共に「皇籍離脱」を希望した経験があることだ。 いまだ昭和天皇の喪が明けないうちから、秋篠宮殿下は「紀子と結婚したい」と強い希望を宮内庁に打診した。 宮内庁は喪が明けてから皇室会議にかけることを提案したが、秋篠宮殿下は 「今すぐ結婚できないなら皇室を離れて、イギリスで紀子と暮らします」云々と主張。 宮内庁は仰天して泡を吹いたが、なんと平成の両陛下が喪中に縁談を進めることを了承。 これが秋篠宮殿下の「皇籍離脱騒動」だが、当時の関係各位の証言は未だ刊行されていない。 一方の寛仁親王の皇籍離脱騒動は、昭和57(1982)年4月に起きた。 それまで「ヒゲの殿下」などと親しまれた寛仁親王が「身障者問題など社会活動に専念したい」との理由から、皇籍離脱、つまり、皇室を離れて民間人になりたいという希望を宮内庁に申し出たのだ。 こちらの騒動は、当人も亡くなり時間が経過していることから比較的多くの資料から証言を得ることができる。 当時侍従だった入江相政(1905-1985)の日記を読むと 「〔寛仁殿下は〕手がつけられない」(昭和57年4月24日)とか 「岸田君、大竹君来室。 いづれも寛さんのこと。 あきれてゐる」(昭和57年4月26日)などと、宮内庁の慌てふためきぶりと呆れ具合がよく伝わってくる。 寛仁親王を思いとどまらせた昭和天皇の肉声 なお寛仁親王の仰天騒動を収束させ、皇籍離脱を思いとどまらせたのは、ほかならぬ昭和天皇であった。 昭和天皇は同年9月7日の宮内記者会見において 「国民の皇室に対する期待が、どのようなものなのかを十分に把握して、その期待に沿うように努力するように望む」と述べたが、この一言が決め手となったようだ。 当時の侍従たちの日記を読むと、昭和天皇はずいぶん寛仁親王の騒動のことを気にされていたようだ。 たとえば小林忍侍従(1923-2006)は次のように記録している。 1982(昭和57)年5月9日(日曜) 葉山から三笠宮寛仁さんのことで御心痛の御様子で、今朝も靴下をおはきになりながら、しばらく考えごとでじっとなさっていたり、お食事中もお手をしばらく動かさなかったりなど考えごとが多いように見受けられたとのこと。 小林忍『昭和天皇 最期の侍従日記』文藝春秋、2019 その後、寛仁親王は、対談録『皇族の公と私』(PHP研究所)のなかで 「やはり昭和天皇は、古めかしい言葉ですが、上御一人(かみごいちにん)と申し上げるしかありません」と工藤美代子(元つくる会副会長)に語っている。 それだけ寛仁親王にとって昭和天皇は偉大な存在だったのだ。 秋篠宮殿下の口ひげ騒動 さて、お二人のもう一つの共通点「口ひげ」に戻ろう。 秋篠宮殿下が口ひげを伸ばそうと決意したのは20歳の頃だ。 ナマズに憧れがあったとも言われているが、自由奔放に生きる寛仁親王に共感して伸ばされたというのが真相のようだ。 だが秋篠宮殿下の「口ひげ」に周囲は反対していたようだ。 他ならぬ侍従たちの日記に残されている。 1985(昭和60)年12月23日(月曜):田中[総務課報道]専門官・佐藤補佐も、礼宮さんのヒゲ願望につき長官に相談 否定的 1985(昭和60)年12月24日(火曜):手塚東宮侍従[(事務主管)]に礼宮さんのおヒゲのことにつき 善処方申入れ、理髪 石井[幸家」さんに侍従を通してやるように 『卜部亮吾侍従日記』第2巻、朝日新聞出版社、2007 まさか宮内庁長官(富田朝彦氏)にまで相談が上っていたとは驚きだが、この数年前に寛仁親王の「皇籍離脱騒動」があったことを踏まえれば、 「まさか礼宮(秋篠宮殿下)も寛仁親王のように…」と戦慄が走ったことは想像に難くない。 お二人の交際が公になってから、紀子さまご実家(川嶋家)に押し寄せるメディア陣に対し 「礼宮さまのおヒゲは、お似合いになるとおっしゃる方もいますし、まだ早いとおっしゃる方もいます……」と紀子さまは答えている。 宮内庁内では口髭を警戒する人が多かったことは事実のようだ。 だが元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように語る。 あの髭も寛仁殿下に憧れてしたものだと聞いています。 ですが、秋篠宮殿下が寛仁殿下のように、不注意な発言や行動を堂々とすることは今後は無いでしょう。 なにより、お二人の立場は全く異なります。 寛仁親王が皇位継承する可能性は殆どなかったのに対し、秋篠宮殿下は皇位継承順一位です。 そのお立場の重さを自覚されてから、秋篠宮殿下は、若いころのようなヤンチャは少なくなったように思います。 もっとも口髭の評判は、平成を通してそれほど芳しいものではないのですが(笑)」(小内誠一さん) 「人を外見で判断してはならない」と賢人は言う。 だがオスカー・ワイルド(1854-1900)は 「外見で人を判断しないのは愚か者である」(It is only shallow people who do not judge by appearance, The Picture of Dorian Gray, 1890)と言葉を残した。 はたして秋篠宮殿下の口髭はどのように評価されるのであろうか? 日本国初代内閣総理大臣の伊藤博文さんの髭は立派でしたね~。 日本人でもあんな立派な髭が生やせるものかとファッション視点から見てもびっくりです。 明治維新の頃は大物のほとんどが髭を生やしていましたね。 三菱財閥を創業した岩崎弥太郎さんの髭もとても立派でした。 日本経済の礎を築いた実業家・渋沢栄一さんも薄い髭を一生懸命生やしていた感がありますね。 早稲田大学創設者の大隈重信さんも立派な髭でした。 つまり、日本社会はもしかして明治維新を成し遂げた偉人達の多くが髭をたくわえていたことから、髭を生やす事は何かを成し遂げた偉人が生やすものだという感覚が刷り込まれているのかもしれません。 最近では楽天創業者の三木谷浩史さんやZOZO創業者の前澤友作さんなどが髭を生やしていますね。 エイベックス創業者の松浦勝人さんは口髭が生えないせいかアゴ髭を生やしていますね。 昭和の高度成長期に成長した日本企業の創業者たちは戦前軍国主義のお偉いさんの影響に反発してか髭を生やさない人が目立ちます。 たとえばホンダ創業者の本田宗一郎さんやソニー創業者の盛田昭夫さんや井深大さんなど。 欧米人は男女問わず陰毛も脱毛するか剃るかしてるの知ってますか? 欧米人は老若男女問わず陰毛の処理をしていないと不潔だと罵られます。 場合によってはそこで交渉がストップすることがあるほどです。 アジア人にとっては信じられないですよね。 日本人女性は脇の下の毛だけは敏感ですよね? ですが陰毛には無頓着です。 文化の違いや個人的趣向で毛をそこまで批判することもないと思います。 日本社会は何故か髭とかハゲには敏感ですよね。 自然現象だから抜けるものは仕方ないとして寛容さもありますが、髭も人より濃い性質で悩んでる男性は多く、それだったら生やしたままの方が楽だし見栄えも良いと考えている人もいます。 つまり、髭やムダ毛で人を論じることは主観的なもので、あまり大きな声で批判するのはどうかと思います。 寛仁親王は生前、『ヒゲの殿下』と呼ばれ親しまれていただけに皇族の男性の中でも髭が非常にお似合いでした 自分がまだ小さい頃、実家の母が持っていたお菓子作りの本に寛仁親王がイギリス留学時の思い出を「トモさん」の呼称でコラムにして寄稿していたのを思い出しました。 若い頃からダンディーな感じがしてたのを幼心に覚えてます そして平成2年 1990 アーヤ 軽井沢の写真。 皇族というよりも『や』で始まり『ざ』で終わる自由業の方にしか見えません・・・ ご本人的には「俺、イケてる」とお思いなんでしょうけど。 真面目な話、皇室メンバーとしての品があるとは言えません。 天皇陛下は皇太子時代、その前の浩宮様の時代も品がありました だからお妃になった方も兄弟でえらい違いなんですね。 髭が問題ではなく、髭だけが問題ではなくというべきですが 昔の写真を見て絶句 です。 チャラチャラしてカッコつけて その上外車を乗り回しておられたそうですね? ちっとも知りませんでした。 会見ではダラダラと覇気のない喋り方ですが、内面は全然違うでしょうね、長年の無茶がそのまま老いても溜まっている。 だから、傘を乱暴に投げつけたり、不機嫌な顔をよくされる。 NHKの天皇陛下の子供時代、遠泳でどんなきつくても前天皇は船にあげなかった というような恐るべき厳しさで躾けられた。 しかも可愛がった侍従を突然引き離した、冷徹な意地悪さ、天皇陛下には平気でずっとされた。 なぜ秋篠宮には、なんでも甘いんでしょう? 全くわかりません。

次の