ドコモあんしんセキュリティ 設定。 ドコモスマホ【あんしんセキュリティ】アプリを6月末までに入れ直す必要性をユーザーは知ってましたか?: いつかは...めざせ陸マイラー...ゆるゆる日記

携帯電話会社提供のセキュリティサービスとの比較

ドコモあんしんセキュリティ 設定

「 高齢者にらくらくホンを持たせる場合ってあんしんスキャンって必要?」 個人情報を抜き取られるフィッシング詐欺 架空請求 フリーWi-Fiによるデータ抜き取り などの事件が多発しています。 ウィルスや悪質なサイトは非常に巧妙になっていて、スマホの知識が豊富な利用者でも知らぬ間にウィルスが紛れ込んでいることもあります。 パソコンのようにウィルス対策をしてスマホを守る必要があります。 ドコモではあんしんスキャンというアプリを利用すると、ウィルス対策をすることができます。 ウィルス対策以外にもさまざまなトラブルからスマホを守ることができる機能が搭載されています。 ドコモあんしんスキャンで何ができるのか詳しくお話していきます。 ドコモあんしんスキャンでできること 参考: ドコモあんしんスキャンは、 ドコモが提供するウィルス対策アプリです。 ・ セキュリティスキャン ・ セーフブラウジング ・ プライバシーチェック ・ セーフWi-Fi らくらくホンなどの対象機種にアプリをインストールすることによって、4つの機能を利用することができます。 【無料】ウィルス対策 ウィルス対策はドコモあんしんスキャンをインストールすれば無料で利用することができる機能です。 スマホ タブレット アプリ SDカード などの外部メモリにウィルスや不審なプログラムがないかリアルタイムで自動検知してくれます。 万が一ウィルスを検知した場合にはお知らせをしてくれます。 ウィルス対策は無料で利用することができますので、らくらくホンを購入したら必ずウィルス対策は行うようにしておきましょう。 セーフブラウジング(危険サイト対策) セーフブラウジングは危険サイト対策のこと。 ウェブサイトがフィッシングサイトやウィルス配布サイトなどの危険サイトでないかチェックすることができます。 万が一危険なサイトにアクセスをしようとした場合には、【警告】の画面がでてアクセスするのをブロックしてくれます。 プライバシーチェック プライバシーチェックは、 インストールしているアプリが位置情報や連絡先などの個人データを外部送信してしまう可能性がないかを確認することができます。 あんしんスキャンなら、インストールしているアプリを危険レベルなどで並べ替えて表示することができます。 一覧から危険が高いアプリをアンインストールすることもできるのも便利です。 セーフWi-Fi フリーWi-Fiに接続している間に、Wi-Fiを経由してスマホにアクセスしてきて、 閲覧している通信内容を盗み見 通信内容を改ざん 個人情報を抜き取り フリーWi-Fiならではのトラブルを防ぎます。 ドコモあんしんセキュリティなら、危険性があるWi-Fiスポットに接続すると警告画面を表示してアクセスすることに警告。 街角のフリーWi-Fiに接続するときも安心です。 あんしんスキャンを利用するには、あんしんセキュリティに申込みが必要 あんしんスキャンアプリをインストールすることで危険なサイトやアプリからスマホを保護。 個人情報の流失などを防ぐことができる安心サービスです。 あんしんスキャンのアプリ自体は無料で利用することが可能。 また、セキュリティスキャン以外の機能はドコモの「あんしんセキュリティ」に加入することで利用することができます。 機能 利用料金 セキュリティスキャン 無料 セーフブラウジング あんしんセキュリティに加入が必要 プライバシーチェック セーフWi-Fi は月額200円で、スマホを有害サイトやウィルスから防止することができるセキュリティサービスです。 ・ 迷惑電話対策 ・ 迷惑メール対策 ・ データ保管ボックスのウィルススキャン ドコモあんしんセキュリティに申込むと、あんしんスキャンの機能の他に、上記の機能が利用可能。 よりセキュリティー面での強化ができるようになっています。 迷惑電話対策 迷惑電話対策機能は、 迷惑電話 詐欺などの危険な電話 などの可能性が高い番号からの着信の場合には、自動で判別して警告画面を表示してくれます。 発信元がお店などの場合は自動で店名を表示してくれるので、お店からかどうかも出る前に判断することができて便利です。 ドコモのらくらくホンには、迷惑電話対策機能が付いている機種もあります。 らくらくホンの迷惑電話対策機能は、電話帳に登録がない人からの着信だと相手に対策として録音をしていることを自動で伝え、着信する側にも注意を促すガイダンスを流してくれます。 自動で会話を録音してくれるので、あんしんセキュリティと併用することでもっと安全に利用することができるようになりますよ。 迷惑メール対策 迷惑メール対策はメールを受信した段階で、 メールの件名 本文 ヘッダ情報 などを参考に迷惑メールかどうか自動で判定。 迷惑メールと判定したメールは自動で専用の迷惑メールフォルダに保存してくれます。 何も設定する必要がなく、自動でメールの判定を行ってくれるので便利で安全です。 今まで設定していた迷惑メールの設定も併用することも可能。 データ保管ボックスのウィルススキャン データ保管ボックスとは、データをクラウドに最大5GBまで無料で保管することができるサービスです。 動画や音楽 写真 officeファイル PDFファイル など、形式関係なく保存することができます。 スマホのデータ容量がいっぱいでもデータをたくさん保管しておくことができる便利サービスです。 データ保管ボックスのウィルススキャン機能は、あんしんセキュリティ加入者がデータ保管ボックスにアップロードしているファイルに対してウィルススキャンを行ってくれます。 端末へのダウンロードや共有など拡散の可能性のある操作を制限します。 らくらくホンにドコモあんしんスキャンを利用すると7つの機能を利用することができる らくらくホンを利用する高齢者には、あまりインターネットに詳しくない人が多く知らぬ間に個人情報を抜き取られてしまっていたり、特殊詐欺や架空請求などのトラブルに遭遇してしまう危険性も高くなっています。 ドコモあんしんスキャンを利用することにより、 悪質なサイトやアプリへのアクセスを防ぐことが重要だといえます。 あんしんセキュリティに加入することで迷惑電話や迷惑メールについてもブロック。 トータルで7つの機能を利用することができるようになり、より強固にスマホにセキュリティをつけることができます。 近年のネットワークウィルスは巧妙化していて、自分だけでは防ぎようがないものになっています。 らくらくホンのように、スマホ初心者向けのスマホを利用するような人が安全にスマホを使うためには、必ず利用するべきサービスと言えます。 ドコモあんしんスキャンについてのまとめ ドコモあんしんスキャンまとめ• あんしんスキャンは無料で利用ができる• ネット利用時のウィルスや悪質サイトへのアクセスなどからスマホを守る• あんしんスキャンのすべての機能を利用するためには、月額200円のあんしんセキュリティに加入する必要がある• 高齢者にらくらくホンを持たせるなら有効活用すべき あんしんスキャンは、無料でインストールすることができるアプリです。 ウィルススキャンや悪質サイトなどから個人情報を抜き取られたりしないようにブロックしてくれます。 らくらくホンを利用するネットの知識があまりない高齢者などは、フィッシング詐欺等の被害にあいやすいのが現実です。 あんしんスキャン、あんしんセキュリティを利用することによって未然にトラブルを防ぐ必要性はあると考えれますね。

次の

ドコモ、セキュリティサービスを一元化、管理できる「あんしんセキュリティ」アプリを配信開始!

ドコモあんしんセキュリティ 設定

SNSアカウントの不正ログイン被害や、ランサムウェアと呼ばれるコンピューターウイルスの感染の被害が後を絶ちません。 安全性の高い複雑なIDパスワードを作成して覚えることは、非常に面倒なことです。 最大3台のパソコン・スマホに設定可能 複数の機器に設定が可能なため、パソコンとスマホのどちらにも設定することはもちろん、家族で使うこともできます。 スマホの紛失・盗難対策も! 紛失時や盗難時など端末が手元になくても、Webサイトから位置を追跡し、遠隔でロックができます。 また、返却を促すメッセージを表示したり、アラームを鳴らすことも可能なので、紛失した端末が手元に戻る可能性が高くなります。 パスワードを覚える必要なし! 最新技術TrueKey採用! 指紋や顔などの生体認証でWebサービス(ネットショッピングやネットバンキングなど)への自動ログインをサポートします。 対応OS 機能詳細 ウイルス・ スパイウェア 対策 最速のスキャン処理と最適なバッテリー消費量を実現する次世代のスキャンエンジンで、最新のウイルス、トロイの木馬、スパイウェア、ルートキットなどの脅威からプロアクティブに保護します。 フィッシング・ 個人情報保護 アクセス使用している Webページの危険性を評価し、危険なWebページへのアクセスをブロックします。 フィッシング詐欺などから個人情報を保護します。 Webサイトの 安全性評価 Webサイトの分析を行い、ブラウザと検索エンジンの検索結果にサイトの安全性評価を表示し、危険なサイトへのアクセスをブロックします。 脆弱性 スキャナー PC、ブラウザ、アプリケーションのセキュリティホールをふさぎ、急激に拡散するグローバルな未知のサイバー攻撃から保護するだけでなく、脆弱性が発見されたアプリケーションに関するレポートを表示します。 迷惑メール 対策 着信するメールの大半は迷惑メールで、危険なメールや不快なメールです。 マカフィーの迷惑メールやフィルターは、このような危険から常時保護します。 双方向 ファイア ウォール ファイアウォールからのリークや、現行のファイアウォールセキュリティ対策を回避するプログラムの侵入を阻止します。 外部メディアの スキャン 新しいハードディスクやサムドライブが接続されると直ちにスキャンを実行します。 保護者機能 子供のオンライン活動を適切に管理・監視できます。 True Key よく使うWebサイトのアカウント管理機能。 顔認証や多要素認証を活用してWebサイトなどに簡単にログインすることができます。 バックアップ 端末のデータを自動、または手動でバックアップすることができます。 またバックアップしたデータを端末にリストアすることもできます。 ドコモ光のご利用料金はドコモから請求がございます。 手続き完了画面に表示される「セキュリティ用メールアドレス」「セキュリティ用パスワード」を控えてください。 GMOとくとくBBのBBnavi内に表示されている「セキュリティ用メールアドレス」「セキュリティ用パスワード」を、マカフィーのインストールサイトにて設定ください。 よくある質問 可能です。 無料期間最終月の20日までにBBnaviにてお手続きください。 またはお電話にてお申込みいただけます。 BBnaviでのお手続き方法は上記「ご利用までの流れ」をご確認ください。 家族(5人まで)の顔を登録し、それぞれIDやパスワードを登録します。 インストールしたいPC、スマ-トフォンからマカフィー製品の管理画面にログインして、追加したいデバイスを選択し、インストールします。 インストール方法や操作方法、ご利用後のトラブルなど技術的なお問い合わせに関しましては、マカフィー社でのご対応となります。 マカフィーのテクニカルサポートは国内で対応しており、年中無休で朝9時から夜9時までチャットや電話、FAQなどをご用意しサポートしております。 ・本サービスをお申し込み後、ドコモ光接続サービス以外の接続サービスに変更した場合でも、サービスは自動継続します。 ・本サービスはサービス向上のために、今後、提供サービスを変更する可能性があります。 あらかじめご了承ください。 ・本サービスは、すべてのウイルスを必ず検出・駆除できること、すべての詐欺サイトを正しく遮断すること、すべての迷惑メールを正しく判定することを保証するものではありません。 また、サービスに基づいて発生したいかなる損害についてもGMOとくとくBBは一切の責任を負いません。 詳しくはをご確認ください。 ご利用料金について ・ドコモ光のご利用料金はドコモからの請求となりますが、本サービスのご利用料金はGMOとくとくBBから請求いたします。 ・お申込み月を含む12ヶ月間は無料ご利用いただけます。 ・無料期間終了後、月額500円(税抜)をご請求いたします。 ・本サービスの解約月の月額料金は全額ご負担いただきます。 日割り精算などは行っておりません。 ご解約について ・GMOとくとくBBをご解約される際、ご利用中の接続サービスの解約とともに本サービスも同時に解約となります。 サポートについて ・インストール方法や操作方法、ご利用後のトラブルなど技術的なお問い合わせに関しましては、マカフィー社でのご対応となります。 お問い合わせの際は、下記窓口までお問い合わせください。

次の

らくらくホンにドコモあんしんスキャンは必要なのか?何ができるか徹底調査!

ドコモあんしんセキュリティ 設定

携帯電話会社のサービス• 2018年2月6日更新 自分で買うのと、どちらがいい? 携帯電話会社がスマホ向けにセキュリティアプリなどを提供しています。 こういったサービスは月額利用料金を電話料金に上乗せして支払うことで利用できるのですが、自分でセキュリティアプリを購入してセキュリティ対策をするのと、どちらがよいのでしょうか。 様々な角度から比較していきます!• 関連記事• 中身はどちらもほぼ変わらない まず肝心の中身について。 基本的な機能についてはドコモ(ドコモ あんしんスキャン)とソフトバンク(スマートセキュリティ powered by McAfee)はマカフィーモバイルセキュリティを自分で購入するのと同じだと考えて大丈夫です。 また、au(安心セキュリティパック)についても、自分でを購入して使うのとほとんど同じです。 若干異なるのは、auの安心セキュリティパックを利用するとスマホの操作がわからないときにコールセンターに電話をすることで、オペレーターが操作方法を遠隔操作で教えてくれるというサービスが付帯するという点です。 セキュリティに関しては自分でアプリを購入して使用するのと変わらないと考えてかまいません。 費用の比較 サービス名 月換算の費用 ウイルスバスター2年版を 自分で購入 164円 ノートン2年版を 自分で購入 214円 ドコモ 216円 au 324円 ソフトバンク 324円 次に、価格の比較です。 ドコモのサービスは月額216円、auとソフトバンクでは月額324円となっています。 この金額、自分でアプリを買うのと比べて高いのでしょうか、安いのでしょうか? 結論は上の表を見ても分かるとおり、いずれのケースでも 自分で買った方が安いという結果です。 1ヶ月あたりで見るとわずかな差ですが、2年間で見るとウイルスバスターを自分で購入した場合とauでウイルスバスターを契約するのとでは、総額で3836円もの差になります。 ただし、「auスマートパス」(月372円)を契約しているauユーザーの場合は、auスマートパスでウイルスバスターを無料で利用できるため、これを使わない手はありません。 関連記事• 結論 中身はほぼ同じ、そして費用が圧倒的に安いということで「自分で買った方がいい」というのが結論です。 携帯電話会社のサービスには、携帯電話会社の利益が上乗せされているため、セキュリティソフトの会社から直接買うよりも割高になるのは仕方ないです。 セキュリティアプリを選ぶなら.

次の