転 スラ ss。 転スラ/シュナにヤンデレ疑惑があるらしい 確かに素質あるけど、激怒のシーンを見るとなかなか…|とりもげ.com

転スラD×D

転 スラ ss

当ゲームについての注意事項• ・推奨環境:Google Chrome 最新バージョン、Safari 最新バージョン、iPhone Safari 最新バージョン、Android Chrome 最新バージョン。 各スマートフォンのOSは iPhoneはiOS 13. 4 以上、Androidは ver8. 0 以上を推奨いたします。 ・挑戦回数は難易度、スコア、スコアのシェアに関わらず、ゲームをプレイした回数をカウントいたします。 ・お一人あたりのゲームプレイ回数に上限はございません。 ・webサイト上のカウント数はプレイ後、反映までにお時間がかかることがございます。 ・書き下ろしSSは挑戦回数が66,610回を超えた後、準備が整い次第公開いたします。 ・本キャンペーンおよび書き下ろしSSの公開終了時期は未定です。 事前予告なく終了する場合がございますのであらかじめご了承ください。

次の

【転スラ】【2020/05/04時点】リセマラ当たりランキング!最初に狙いたい最強キャラはコレ!【スラテン】

転 スラ ss

Contents• 竜種とは?強さについて 世界最強の種族のこと 竜種とは、全ての種族の中で最高位に位置する 世界最強の種族のこと。 世界だけでなく人間を創造したのも竜種であり、神に近しい存在と言えます。 他の種族に比べても 、魔力・体内魔素量・物理的パワー・強靭さが突き抜けており、漏れ出した魔素で周囲の環境を変えてしまうことも。 その力があまりに強大であるため、ギィとルドラのゲームでは、竜種ヴェルドラを自軍に取り込むことが勝利条件と考えられていました。 完全に消滅することはない 最強種族の竜種は、完全にこの世から消滅することはなく、 たとえ消滅しても世界のどこかに新たに登場します。 竜種の1人ヴェルダナーヴァも作中では消滅していますが、再びこの世界に戻ってくることになります。 竜種たちの解説 竜種4体の特徴一覧 星王竜「ヴェルダナーヴァ」 最初の1体は、 世界を創った星王竜「ヴェルダナーヴァ」。 人間や魔物を生み出し、彼らの進化を見守ってきた存在です。 竜種4姉弟の長男にあたります。 魔王ギィに圧勝できるほどの力を兼ね備えていましたが、人間であるルシアと恋に落ち、子「ミリム・ナーヴァ」を授かるとともに力の大半を失いました。 その後は自らの身を分散させて、ドラゴンなど竜族の始祖となり、消滅していきます。 白氷竜「ヴェルザード」 魔王ギィ・クリムゾンの相棒「白氷竜ヴェルザード」も竜種。 氷を司る竜であり、北の大陸を氷の大地へと変貌させるほどの魔素を量誇ります。 膨大な量の魔素を保持しているため、勇者クロエを超える分単位で世界の時を停止できます。 灼熱竜「ヴェルグリンド」 「最速の竜種」として、東の帝国皇帝「勇者ルドラ」に仕える竜種。 世界の時間を急速に加速させることが可能です。 暴風竜「ヴェルドラ」 破壊と暴風を司る竜種であり、竜種4兄弟の末っ子。 勇者クロノアにより封印されますが、リムルとの出会いをきっかけに復活。 リムルたちと過ごす中で魔素の使い方や戦い方を学び、 姉2人に匹敵するほど成長します。 物語の最終決戦では、リムルに「ヴェルドラソード」として力を貸し、勝利に大きく貢献するのです。 最強の種族「竜種」ですが、姉のヴェルザードとヴェルグリンドを極端に恐れており、姉が近くにいる時は、何かと理由をつけて逃げ出します。 竜種たちの強さについて その他の竜種|竜種に近い存在 地帝竜ヴェルガイア カオスドラゴンの魂から生まれた竜「ガイア」が、狂邪竜ゼロの竜核を取り込み、竜種へと進化した姿。 「地帝竜ヴェルガイア」という名前は、リムルから授かったものです。 進化を経てヴェルガイアは 、ラミリスの「迷宮創造」に匹敵する「万物具現」と呼ばれるスキルを習得します。 ヴェルグリンドによると、正確には竜種ではなく「竜の力を備えた何か」と言及されています。 「魔王と覚醒魔王」のように、竜種の中でも細かい区分があるかもしれないです。 正確には竜種ではありませんが、竜の血を引いており竜種に非常に近しい存在です。 竜種へと進化したリムルに近い力を持つため、今後竜種に進化する可能性が高いのは、ミリムだと思われます。 ミリム・ナーヴァについて 魔王についてはこちら 竜種たち.

次の

病弱聖女と魔王の微睡み ー転スラ二次創作ー

転 スラ ss

転スラのヒロイン候補の一人であるシュナ。 清楚系でもあり、お姫様系ヒロインでもありますよね。 「そのようなわけには参りません。 私たちの町の問題ですので」 「(おい秘書!勝手に断るな!)」 「そうですよ。 友達だから何でも頼ろうとするのは間違いです。 (いや、ミリムもおバカ系なので、ちょっとバランス悪いかも) そんなシュナにはヤンデレ疑惑がある様子。 清楚系ヒロインですし、疑惑も何も…といったところですが(笑)、リムル(主)を悪く言われたときのガチ怒りシーンを見ると、純粋だなぁと思ったりします。 ヤンデレ疑惑も消し飛ぶ激おこ リムルを侮辱されると配下の魔物たちは激怒しますが、それはシュナであっても変わりません。 序盤から中盤にかけては短気なシオンがその役割を担っていて、リムルを困らせつつ僕らを楽しませたりするのですが、シュナが怒る場面もあります。 「先程から我慢して聞いておれば…… き、貴様ら、我等が敬愛するリムル様に対し、ぶ、無礼にも……」 「ゴミめ。 貴様は楽には殺さぬぞ。 確か、Aランクがどうとか言っておったな。 本気を出す事を許そう。 さあ、立ち上がって掛かって来るが良い」 あの慇懃なシュナからすると、なかなかインパクトのあるセリフです。 このセリフが出る前後の話は、確かになかなか「無礼」な話です。 リムルはイングラシアのとある重要な会議に呼ばれるのですが、 呼びつけられた上、仮にも国王であるのに言葉は軽く、テンペストの商品を取り扱ってもいいと上から目線で言われ、税を寄越せだの、列車の構造を教えろだの。 魔物の国として認めたとはいっても、人間の魔物に対する侮蔑の感情は消えていないことをリムルは察します。 で、リムルはキレるのですが、キレたリムルに対して衛兵を呼び、 さらにその衛兵がどうしようもないほど口汚く罵る有様。 シュナが怒ったのは、そんな出来事でのことなのでした。 ヤンデレとか以前に怒って当然ではありますけどね。 (笑).

次の