あわやのりこ。 極限状態の元でも美意識を貫いたブルースの女王・淡谷のり子

新谷のり子

あわやのりこ

またまた特攻隊の話で恐縮だが、ずいぶん昔に、何かのラジオ番組で淡谷のり子が語るのを聞いて感激したことを覚えている。 戦地慰問の歌の途中、若い兵士が立ち上がり、淡谷のり子に敬礼をして静かに席を去る。 のり子は涙をこらえることができなかったという。 兵士はその場から、特別攻撃(特攻)のために出撃していったのだ。 今回はその話をしたいと思う。 淡谷のり子 淡谷 のり子(あわや のりこ、1907年8月12日 — 1999年9月22日)は、青森県青森市出身の日本の女性歌手。 本名:淡谷 のり子(あわや のりこ)。 日本のシャンソン界の先駆者であり、ブルースと名の付く歌謡曲を何曲も歌唱したことから「ブルースの女王」と呼ばれた。 なかでも「別れのブルース」「雨のブルース」などは有名で、聴いたことのある人、メロディーを知っている人も多いに違いない。 青森市の豪商「大五阿波屋」の長女として生まれたが、1910年の青森市大火によって生家が没落。 10代の頃に実家が破産。 母と妹と共に上京し、東洋音楽学校(後・東洋音楽大学、現・東京音楽大学)ピアノ科に入学する。 その後、声楽の資質を見出されて声楽科に編入。 オペラ歌手を目指してクラシックの基礎を学んだ。 写真は1930年代のものである。 オール日本新人演奏会(読売新聞主宰)では母校を代表して「魔弾の射手」の「アガーテのアリア」を歌い十年に一人のソプラノと絶賛される。 しかし、家がだんだんと貧しくなったため、学校を1年間休学して絵画の裸婦のモデルを務めるなどして生活費を稼いだ。 世界恐慌が始まる1929年の春に卒業。 母校の研究科に籍を置く。 母校主宰の演奏会でクラシック歌手として活動していたが、クラシックでは生計が立たず、家を支えるために流行歌手への転向を決意。 1930年1月、「ポリドール」からデビューした。 【YouTube 淡谷のり子 別れのブルース】 皇軍(日本軍)慰問ーー日中戦争~太平洋戦争 折から日本は戦争中であった。 皇軍慰問は日中戦争時代からさかんに行われていた。 陸軍恤兵部だけではなく、朝日新聞、毎日新聞が軍部の要請で慰問団を組織、中国大陸の各地に派遣していた。 ここで、恤兵(じゅっぺい)とは、物品または金銭を寄贈して戦地の兵士を慰めることで、「恤(じゅつ)」は「めぐむ」の意味をもつ。 太平洋戦争勃発後は、さらに南方へと派遣先がひろがり、皇軍兵士あるところには、必ず皇軍慰問団の姿ありと言われるほど、芸能人は「芸能戦士」と呼ぶにふさわしい様相を呈していた。 兵士への慰問はさまざまなかたちで行われたが、戦地は緊張の連続であったとともに、娯楽が少なかった。 そのなかにおいて、吉本興業の「わらわし隊」、宝塚や松竹などの芸能人が披露する芸や唱歌は非常によろこばれた。 ことに、連合艦隊司令長官山本五十六の戦死、アッツ島の陸軍部隊の玉砕といった暗いニュースの多くなった昭和18年に入ると、国民が厭戦(えんせん)気分に陥ることを怖れ、「撃ちてし止まん」というポスターを配布したりして、戦意昂揚をはかるのに汲々(きゅうきゅう)としていた軍部は、さかんに皇軍慰問団を南方の激戦地に派遣するようになる。 皇軍の士気を高めるというよりは、戦局が不利になっていることをカモフラージュするのが目的であったのだろう。 〈 アッツ島〉 アッツ島(アッツとう。 英: Attu Island)はアラスカ州アリューシャン列島のニア諸島最西部にあるアメリカ領の島。 アッツ島の戦いは、昭和18(1943)年5月12日にアメリカ軍のアッツ島上陸によって開始された日本軍とアメリカ軍との戦闘である。 山崎保代陸軍大佐の指揮する日本軍のアッツ島守備隊は上陸したアメリカ軍と17日間の激しい戦闘の末に玉砕(ぎょくさい)した。 太平洋戦争において、はじめて日本国民に日本軍の敗北が発表された戦いであり、また第二次世界大戦で唯一、アメリカの領土で行われた地上戦である。 下の写真はアッツ島の航空写真。 〈 わらわし隊〉 わらわし隊は、吉本興業(吉本興業部)が朝日新聞社と共同で、日中戦争勃発後中国大陸に派遣された兵士を慰問するために結成した演芸派遣団、慰問団。 当時の帝国陸軍・海軍の戦闘機部隊の愛称であった「荒鷲隊(あらわしたい)」をもじって「わらわし隊」と名づけられた。 陸軍恤兵部が派遣の担当を行い大規模な慰問団として華々しく宣伝された。 NHK朝ドラ「 わろてんか」にでてくる「わろてんか隊」のモデルともなった。 〈 内海桂子〉 弟子で相方でもあった内海好江(うつみ よしえ。 1977年没)と音曲漫才のコンビを組んで、長い間お茶の間を賑わした内海桂子(うつみ けいこ。 右下の写真)の回想するところによれば、 「昭和といえば、やっぱりこの時代かしらねえ。 陸軍恤兵部(じゅっぺいぶ)の申し付けで戦地慰問に行ったのよ。 昭和18年に満州、19年(1944)には河北省の北支関東軍へと、2度行かされたの。 満洲里(マンチュリー)、海拉爾(ハイラル)といったあたりを2カ月ほど回りました。 前の日に笑って聞いてくれた新兵さんの枕辺に、あくる日は線香が立っているなんてこともあってね」 高齢なので高座出演の回数は減っていると思うが、年末・年始のおめでたい寄席では、軽妙で面白いおしゃべりと、三味線をかかえて粋(いき)な都々逸(どどいつ)などを聴かせてくれたりしている。 どうか長生きしてほしい。 ステージで泣いた淡谷のり子 「ステージで涙を見せるのは、歌手の恥」と言い切るのり子が、長い歌手生活でたった一度、ステージで涙を流したことがある。 戦争末期、沖縄決戦が叫ばれていた頃、のり子は九州の特攻基地を巡演させられていた。 特攻隊員たちに最後のはなむけとして歌を聴かせてやろうという軍部のはからいによるものだった。 ある基地でのこと、急造のステージの袖からのぞくと、会場の隅の方に白鉢巻きをした兵隊たちが二、三十人かたまって坐っているのが見える。 まだ二十歳にみたぬ童顔を残した若者たちだった。 【YouTube ダニーボーイ】 「淡谷さん、あそこに白鉢巻きをして坐っている兵隊たちは特攻隊員です。 命令が出れば、ただちに出撃しなければなりません。 あるいは歌の途中で中座することになるかも知れませんが、そんな事情ですので、お許しください」 中年の将校が沈痛な面持ちでわびるように言った。 十分に生きたとは言えない若者たちを、死に追いやる者のつらさが、その声音ににじんでいるのが感じとられた。 だが、祈りもむなしく、歌の半ばで少年たちは静かに立ち上がると、一人一人のり子に敬礼をして去っていく。 のり子は歌を歌いながら、敬礼をされるたびに頭を下げてこたえていたのだが、もう涙が出たら止まらなくなってしまった。 歌で感動させて泣かすのがわたしの仕事ではないか、どんなに悲しくても、お客さまに涙や泣き顔を見せてはいけないと、自らを戒(いまし)めつづけてきたのり子である。 だが、この時はせぐりあげる涙をどうしても止めることはできなかった。 「すみません。 ちょっと泣かしてください」 のり子は兵隊たちに背中を向けて泣きつづけた。 たとえ生命を奪われるようなことになろうと、人を死に追いやる軍歌を決して決して歌いはしない。 のり子は、去って行った少年たちに誓約するように、何度も同じことばを心の中でくり返した。 しかし、体当たり攻撃では、急降下する特攻機自体に揚力(ようりょく)が生じ、いわば機自体がエアブレーキの役割を果たしてしまうため、機体に装着した爆弾の破壊力や貫通力は、爆弾を投下する通常の攻撃法より、かなり小さなものとなる。 体当たり攻撃で大型艦を撃沈できないのは、この理由による。 体当たり攻撃による破壊力、打撃力の低下をいわば実証してみせたのが、米海軍の駆逐艦、ラフェイである。 1945年4月16日、レーダーピケット艦として沖縄水域で警戒にあたっていた同艦は、80分間の間に22回の特攻攻撃を受け、特攻機6機と爆弾4発が命中するという大きな損害を被(こうむ)った。 日本軍機による機銃掃射も受け、人員の損害は死者および行方不明31人、負傷者72人に達した。 ここで、レーダーピケット(英語:Radar picket)とは、海軍艦艇に与えられた任務のひとつ。 第二次世界大戦においてレーダーによる索敵(さくてき)を主目的に、主力と離れておおむね単独で行動し、敵を警戒する。 【特攻機により損害を被った米艦船】 しかし沈没することなく、駆逐艦とタグボートに曳航(えいこう)されて泊地にたどりつき、そこで応急の修理を受けたのち、自力でグアムまで帰投している( Victory in the Pacific 1945)。 アメリカ側のダメージコントロール(消火や各種の応急処置によって被害を最小限度のものとすること)能力の高さを示す事例でもあるが、6機の特攻機が命中しても駆逐艦という小型艦艇を沈没させることができなかったのである。 【YouTube ショパン 葬送行進曲(ピアノソナタ第2番より)】 爆弾を装着したままでの体当たり攻撃の限界は、特攻隊員のなかでも自覚されていたようである。 零式戦闘機(ゼロ戦)のパイロットだった橋本義雄は、より効果的な体当たり方法を常に仲間たちと模索していた。 橋本は次のように書いている。 「ちょうどそのような時、誰いう事なく自爆する直前に爆弾投下(低空飛行で)、 爆弾をスキップさせて敵艦に命中させ、自身は急反転待避、さらに自爆もしくは空戦する事により、より効果を上げることを考えた。 その発想の原点は250キロまたは500キロ爆弾の慣性を生かす事により爆発の効果をより大きくすることにあった。 戦闘機に固定したまま体当たりするより爆弾自身の重さによる慣性効果と徹甲弾(てっこうだん=堅固な装甲をもつ目標に使用する貫通力の大きな砲弾)の威力を発揮させるための考え方である。 誠に合理的な考え方である」(『学生特攻 その生と死 海軍第14期飛行予備学生の記録』) スキップボミング(反跳爆撃)と呼ばれた攻撃方法だが、まず爆弾を投下したのちに体当たりをすることを構想していたことがわかる。 事実、独自の体当たり攻撃を実行に移した特攻隊員もいた。 1945年5月、沖縄海域で、エセックス級の大型空母、バンカーヒルに2機の特攻機(零式戦闘機)が連続して命中した。 同艦は沈没こそ免れたものの、400人近い戦死者を出すという大損害を被った。 このとき、2機の特攻機は突入寸前に爆弾を投下してから体当たりをしている(M・T・ケネディ『特攻』)。 小川 清と安則盛三という二人の特攻隊員がこの方法をあえて選んだのは、できるだけ大きな損害を敵に与えたいという戦闘機パイロットとしての意地からだったのだろうか。 それとも、合理性を欠いた無謀な特攻作戦に対する無言の抗議だったのだろうか。 (了) 注:表紙の「特攻機」「炎上する米艦船」はヤフー画像。 若い頃の「淡谷のり子」と内海桂子、「アッツ島」の写真はウイキペディアから。 投稿ナビゲーション.

次の

おくやみ情報 : 淡谷のり子 (歌手) の死亡日,死因,来歴,発売中アルバムなど

あわやのりこ

ちなみに昨今は縮めて「ゲルマローラー」と呼ぶそうです。 手にする軸の先に ゲルマニウムの効果があるとかいう ローラーがついていて、クルクルと顔をマッサージするのです。 私が持っているローラーは古い商品だから軸に金文字で淡谷のり子とサインが入っています。 (昭和61年から発売されている代物) と思ったら最近でも期間限定でサイン入りのローラーを販売しているとか。 なんでい。 マッサージ方法はよく分からないから適当にやっていたら・・・本当にシワが取れはしませんが、なんか薄くなってきたみたいです。 <うっそ>!みたい。 で、夜テレビを観ながらクルクルする習慣と決めました。 洗顔後に何もつけないほど無精な私でも続くかも・・・それに、コンピュータ疲れの肩こりもすぐ治ります。 他にも原因があると思いますが、とにかくこのお顔マッサージ用の美容ローラーが肩凝りに効くということを発見したのです。 冗談のようにミルミルこりが取れてそれこそアっという間にカタコリが解消するのです。 おまけに長時間立っていたりすると腰(背骨 辺りが痛むのですが、物は試しとコロコロやってみたら・・・あら不思議!今度は足をマッサージしてみようと思います。 それと最近話題のリンパマッサージ。 顔や手足やボディなどのリンパを流すのにはスムーズに動くこのローラーが最適です。 シワの悩みより肩こりが問題だったので、家族じゅうで使用しています。 なんでこんなにお値段がよいのかが納得できます。 とは言うもののゲルマニウム効果については確信がありません。 コロコロすることにより血液の循環が良くなることは確かです。 ただし、お顔に使用する場合は功を焦っていきなりゴリゴリやらない方がいいですよ。 それに金属アレルギーの方はクルクル部分がゲルマニウムなのでいけないそうです。 美容ローラーのご使用ガイドがにありました。 こちらでの購入経験はモチロンありませんが定価よりずっと安く28,000円で販売しています。 (それでも高い!) こんなちっぽけな美容道具がこんな高価だなんて! 美容効果はどうなんでしょうかね。 私は貰ったから使っていますが。 (実に美人でセクシーでしたね) 雨のブルースは1949年に市川崑が監督した映画「果てしなき情熱」の冒頭で挿入歌として使用されている上、淡谷自身がキャバレーで歌うシーンに出演もしています。 正統派美人の李香蘭が歌う蘇州夜曲など服部良一による昭和の歌謡曲が綴る戦後メロドラマです。 服部富子の夜のプラットホームや、芸達者なブギの女王の笠置シズ子が私のトランペットやセコハン娘やブギウギ娘を歌って踊る貴重な映像が見られます。 晩年はテレビの審査員としての過激な発言ばかりが取り沙汰されていたので若い方々にはお笑いの部類に見えたかもしれません。 昔を知る者にとっては大変残念なことです。 のり子先生!良い肩こり解消用のローラーを教えて下さって感謝致します。 追記: 先日足の土踏まず付近がつれました。 足がひん曲がって動きません。 痛いの何のって! 思わず手近にあった美容ローラーを取り上げてコロコロ。 なんと数十回もしないうちにほぐれて元通りになりました。 いつもパソコンの側においてあり、頭、顔、首、肩、足とコロコロやっています。 追記: 日本のAmazon. jpで価格が3分の1位~半額くらいの商品を見つけました。 効果のほどは不明です。 「ゲルマニウムスリムローラー フェイシャル用 」 最近は1万円代で通販されているビュア・ゲルマローラーという美容ローラーが販売されているとか。 先端が溝ではなくポッチがいくつも付いている型です。

次の

淡谷のり子の歌詞一覧リスト

あわやのりこ

昭和・平成期の歌手 生年 明治40 1907 年 没年 平成11 1999 年9月22日 出生地 青森県青森市浜町 本名 淡谷 のり 学歴〔年〕 東洋音楽学校 現・東京音楽大学 声楽科〔昭和4年〕卒 主な受賞名〔年〕 日本レコード大賞特別賞 第13回 〔昭和46年〕「昔、一人のがいた」,紫綬褒章〔昭和47年〕,佐藤尚武郷土大賞〔昭和47年〕,NHK放送文化賞 第27回 〔昭和50年〕,青森市郷土大賞〔昭和53年〕,勲四等宝冠章〔昭和54年〕,芸能功労者表彰 第9回 〔昭和58年〕,日本作詩大賞特別賞 第20回 〔昭和62年〕,青森市名誉市民〔平成10年〕 経歴 生家は青森の呉服店 大五河波屋 だったが、明治43年の青森の大火をきっかけに没落。 大正12年離婚した母と妹とで上京。 学生時代は画家のモデルもして一家を助けた。 昭和4年音楽学校を首席で出ながらポリドールレコードから「夜の東京」を出し流行歌手に。 流行歌を歌ったからとして母校の卒業生名簿から削られたことは有名。 6年コロムビアレコードに移籍。 12年「」が大ヒット。 日中戦争の時代にふさわしくないとして発売禁止となるが、出兵兵士にも愛唱された。 軍隊慰問も自身のバンドで回り、当時は禁止されていたブルースを歌い、担当将校に涙させたこともある。 戦後は、23年「嘆きのブルース」「君忘れじのブルース」などがヒットし、また「枯葉」「愛の」などを好んで歌うようになる。 46年いずみたくと12人の作詞家によるLP「昔、一人の歌い手がいた」を発売。 57年には五輪真弓の「恋人よ」を含む現代曲のLPを出す。 80歳を迎えて、全国80ケ所コンサートに取り組み、85歳の時、現役最高齢で「揺り椅子」を発表。 また歯に衣着せぬ発言で、芸能界の御意見番的存在だった。 11年9月老衰のため死去。 昭和46年日本レコード大賞特別賞、47年紫綬褒章受章。 著書に「老いてこそ人生は花です」「私のいいふりこき人生」など。 出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊) 20世紀日本人名事典について の解説 職業 歌手 本名 淡谷 規子 生年月日 明治40年 8月12日 出生地 青森県 青森市浜町 学歴 東洋音楽学校 東京音楽大学 声楽科〔昭和4年〕卒 経歴 生家は青森の呉服店・大五河波屋で2人姉妹の長女。 農民運動家で社会党の衆院議員となったは10歳年長の叔父にあたる。 明治43年の青森の大火をきっかけに生家は没落し、大正12年離婚した母と妹とで上京。 東洋音楽学校 東京音楽大学 に入り、学生時代は霧島のぶ子の名で画家のモデルもして生計を援けた。 昭和4年同校初の女性の首席として声楽科を卒業した後、ポリドールに入社して「夜の東京」で流行歌歌手としてデビュー。 流行歌を歌ったからとして母校の卒業生名簿から名前を削られたことは有名。 6年コロムビアに移籍、同年「私此頃憂鬱よ」が初のヒット曲となる。 7年満州、上海と初の海外公演を行った。 「別れのブルース」「雨のブルース」などのヒット曲は哀調で戦時下にふさわしくないと禁止されていたが、戦地では兵隊たちから強いリクエストを受けてそれらの曲を歌い、監視の将校たちは居眠りのふりをしたり、席を外したりして見て見ぬふりをし、担当将校を涙させたこともあった。 20年コロムビアから一方的に契約を解除され、5月の空襲で自宅を失い、8月巡業中の山形県で敗戦を迎えた。 21年コロムビアからの再契約の申し込みを拒否し、テイチクと契約。 23年「嘆きのブルース」「君忘れじのブルース」などがヒットし、また「枯葉」「愛の讃歌」などシャンソンを好んで歌うようになった。 26年ビクター、36年東芝に移籍。 46年いずみたくと12人の作詞家によるLP「昔、一人の歌い手がいた」を発売、日本レコード大賞特別賞を受けた。 47年紫綬褒章を受章。 54年から渋谷のジャンジャンに出演。 62年には80歳を迎えて、全国80ケ所コンサートに取り組み、85歳の時、現役最高齢で「揺り椅子」を発表。 歯に衣着せぬ発言で、芸能界の御意見番的存在としても知られた。 11年9月老衰のため92歳で亡くなった。 著書に「老いてこそ人生は花です」「私のいいふりこき人生」など。

次の