地上の星 紅白 間違い。 中島みゆき研究所【総合案内|ニュース|最新情報】

中島みゆき研究所【総合案内|ニュース|最新情報】

地上の星 紅白 間違い

会場の ジャンル 大型 出演者 アナウンサー(総合司会) アナウンサー(紅組司会) アナウンサー(白組司会)他 製作 制作 放送 音声形式 (デジタル放送は5. 1chサラウンドステレオ) 放送国・地域 放送期間 () 放送時間 19:30 - 21:25 21:30 - 23:45 放送分 250分 回数 1 番組年表 前作 続編 第53回NHK紅白歌合戦 ジャンル 大型 放送方式 生放送 放送期間 (14年) 放送時間 (14年) 放送局 『 第53回NHK紅白歌合戦』(だいごじゅうさんかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、(14年)にで行われた、通算53回目の『』。 19時30分 - 21時25分および21時30分 - 23時45分にでされた。 この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2017年8月)• 今回から(以下BShiデジタル)の視聴者によるお茶の間投票が開始された。 当初放送時間の30分短縮が検討されており、出場枠もの54組から削られる可能性が示唆されていた。 当時NHK会長のはこの年の定例会見で「両組司会は前回に引き続き同局のを起用」と公言していた。 司会陣は・・と前回と全く同じ顔ぶれとなった。 3人揃って続投になったのは前回の司会評判が「聴き取りやすい」「安定感がある」と好評だったためという。 今回の司会発表はに行われた。 司会人選に関する報道は以下の通り。 『』(2002年10月4日・10月15日付) - 「紅組司会は() - ()に3年連続で紅組司会を務めこの年産休復帰した (当時NHK)・有働・らが複数参加する検討も進んでいる。 白組司会は阿部の続投が有力、(当時NHKアナウンサー)・三宅らの名前も挙がる」 「紅組司会の最有力候補に膳場が急浮上。 白組司会は阿部の続投が有力」• 『』(2002年10月15日付) - 「紅組司会は有働の続投か久保の復帰が有力。 白組司会は阿部・宮本・三宅が候補」• 『』(2002年10月15日付) - 「紅組司会は有働と久保の状態。 白組司会は阿部の続投が有力」• 『』(2002年11月11日付) - 「両組司会は有働・阿部の続投が内定」• 応援サポーターとの役が設けられ、この年上期の『』の出演者である(ヒロイン。 紅組サポーター)、(白組サポーター)が務めた。 応援サポーターの発表前、『サンケイスポーツ』(2002年10月15日更新)がこの枠の候補として、紅組に、白組にの(『』の司会)を挙げていた。 この年を受賞したに審査員の打診をしたが、早々に辞退した。 への出演が少なくこれまで紅白出場を辞退し続けてきたがのから中継出演して「」を歌い、放送前から話題を集めた。 この時間帯が最高瞬間(・調べ)となった。 曲紹介時、有働との絡みはなかった。 これについては、当の本人の「あっけらかん」さが表れるのが嫌だった、と中島本人が語っている。 また同曲の最中中島が2番の歌詞を間違えた ことも話題となった。 演奏直前に、同曲が主題歌となっている『』のVTRと、同番組でナレーションを務めるの声が流れた。 応援ゲストとして出演したのによると、田口のナレーションは生であり、楽屋も用意されていたという。 当初は「初出場にして紅組トリおよび大トリでの登場」になるのではないかとも報道された が、「締めの歌はNHKホールから送りたい」(チーフプロデューサーの並木正行)という理由により、紅組トリでの出演は見送られた。 中島は「すごかったのは、(歌詞間違えをした)その瞬間、(歌詞の)テロップを消してくださったんですってね。 すごいわ、NHK」とNHKの瞬時の対応を絶賛している。 さらに、「ここまで行ったら止まって、ここまでいったら歩いて、一節歌ったらこっちを向いて、みたいな一応練習はしていたんですけど、あの少し前でハウッたんですの。 音がモニターがキーンって。 そこでちょっと血圧上がりましたね。 『やべ』って思った瞬間に、歩いてはいけないポイントで歩いてたんです、私。 止まってなきゃならないのに…。 目の前でスタッフがワラワラ後ずさっていくんです。 私、ここ止まってなきゃならないんだって思った瞬間、歌詞が…歌詞何って…って飛んだんです」と笑いながら歌詞間違えをした経緯を語っている。 また、極寒の地での歌唱で「マイクが氷のように冷たいんです。 気の毒だってんで(スタッフが)懐で暖めてくれたんですね。 ありがたいことですね」と改めてスタッフの好意に感謝もしている。 中島が歌い終わり再びNHKホールに映像が切り替わった直後、司会の三宅は、「地上の星」は紅白用の特別版の歌詞であったが、誤って通常版の歌詞テロップを表示してしまったと説明した。 紅組トップバッターおよび先行トップバッターののバックでは当時の藤本が所属していたの中で、同じく今回に出場していた4・5期メンバー8人がダンスを披露した。 なお、ハロー! プロジェクトからは他にもが出場しており、紅白で初めてハロー! プロジェクトが紅組の3枠を使った。 膳場が審査員のに「どちらが優勢でしょうか? 」と振ったところ、「白星先行」との理由で白組と述べた。 これに対し、有働は司会席から「(母国の)の衣装は赤じゃないですか」と返した。 の歌唱時には、作曲・プロデュースを担当したが、()以来15年ぶりに登場。 鳥羽と共に「」を熱唱した。 第2部の白組トップバッターおよび先行トップバッターを務めたのバックダンサーは。 はのNHK中継テーマソング 「」を歌唱。 の「」歌唱時にはがコーラスを担当した。 と()を進行役に据え、出場歌手が輪唱をするコーナーが行われた。 「」の輪唱シーンにおいて、SMAPのが「静かな湖畔の森の影から男と女の声がする」と歌い、和田が「ここNHKだよ」と言って木村を咎める一幕があった。 ()以来7年ぶりとなるとの豪華衣装対決は美川が先行で推定3億円といわれる宝石をちりばめた衣装で登場。 一方、小林は「氷の女王」と呼ばれる白を基調とした絢爛豪華な衣装での登場だった。 2人の豪華衣装対決の後、感想を聞かれた審査員のは「今まで白だったんですが、今の見たら…」と小林の圧倒的なパフォーマンスに驚きを隠せなかった。 は「」のモデルになった時計のある ・から中継で歌った。 がこの年に彫ったを姿で露出させて歌ったところ、視聴者から苦情が殺到した。 これを受けて、翌年の第54回以降、刺青のある出演者は刺青が露出しない服装にするか、化粧などで刺青箇所を塗り隠さなくてはならなくなった。 安室は第54回も出場したが、この時はノースリーブ姿で刺青をで塗り隠して歌った。 は同リーダー・のソロから入る特別アレンジの「」に「」のサビを入れたSPメドレー「freebird '02」を披露した。 の「」の歌唱時には、 出身の奏者が参加した。 ショーコーナーでは、特別ゲストのが「」を、が『』の主題歌「」を歌った。 紅組トリは出場25回を果たしたの「」。 白組トリおよび大トリはが務め、この年の母親の死去後、歌唱を封印していた「」を涙ながらに歌った。 曲順発表前、『スポーツニッポン』(12月19日付)がトリ人選について、「白組トリおよび大トリは五木で内定。 紅組トリは石川を中心に人選が進められているが、大逆転で中島みゆきの可能性もある。 中島が紅組トリの場合、白組トリも谷村ら他のベテランも急浮上の可能性がある」と報じた。 曲順発表時、並木プロデューサーはトリ選考に関し、「家族、ふるさと、親子関係などがあらためてクローズアップされた1年。 石川の「天城越え」は視聴者アンケートでの人気が極めて高かったとした。 優勝は紅組。 有働は前回のリベンジを果たす格好となった。 エンディングの「」のバックコーラスは今回を最後に()まで登場しなくなる。 第2部の平均視聴率は、 47. なお、今回初めての番組に年間視聴率1位の座を明け渡すこととなった(この年の年間視聴率1位は放送の『 対』の66. 以後も年によっては民放の番組にその座を奪われることもある。 第54回における両組司会は有働・膳場、阿部・の体制となる。 今回審査員リポートを務めた膳場・高山は事実上の昇格という形になった。 また有働・阿部が翌年も組司会を続投した一方、三宅は今回を最後に一旦総合司会を退いた(翌年の総合司会は後輩のに交代。 三宅は()で総合司会に復帰している)。 第51回から復活していた審査員リポートは今回を最後に再び撤廃された。 第54回以降、審査員の紹介や彼らへのインタビューは司会者が行う体制に戻った。 今回中継先から歌手が歌唱する演出が()以来12年ぶりに復活。 以後、中継歌唱は毎年行われるようになる。 司会者 [ ]• 紅組司会:()• 白組司会:(東京アナウンス室)• 総合司会:(東京アナウンス室)• 紅組サポーター代表:(この年上期の『』のヒロイン・エリザベス・さくら・松下役)• 白組サポーター代表:(同じく『さくら』の桂木慶介役)• 審査員リポーター:、(いずれも東京アナウンス室)• ラジオ中継:、(いずれも東京アナウンス室) メイン演奏 [ ]• ・(指揮 ) 審査員 [ ]• (・):この年の大相撲で好成績を挙げ大関に昇進。 ():翌年の『』のお通役。 ()同じく『武蔵 MUSASHI』の主人公・役。 ():この年の『』の原作者。 ():この年開催のでキャプテンとしてをベスト16に導く。 (女優):『武蔵 MUSASHI』の八重と琴の二役。 ():この年選手会長として巨人軍を日本一に導く。 ():この年ので優勝。 ():翌年放送の『大自然スペシャル 動物カメラマン 野生へのまなざし 氷原の王者ホッキョクグマに迫る』に出演。 (女優・):翌年上期の連続テレビ小説『』の清野いづみ役。 出田幸彦・NHK番組制作局長• 客席審査員(NHKホールの観客全員)• BSデジタル審査員(BShiデジタルの視聴者) 大会委員長 [ ]• 「」:〜・・・・・(モーニング娘。 「」:• 「」:氷川きよし• 「」:(モーニング娘。 「」:w-inds. 「」:(モーニング娘。 )、藤本美貴、(モーニング娘。 「」:北島三郎• 「」: 選考を巡って [ ]• 「日本音楽界の総決算」をテーマとした今回出場歌手・曲目の多ジャンル化を決行。 一方で、まで常連だったが次々に落選となり(後述)、はNHKに対し批判的なコメントを出した。 界からとが初出場。 ・のメロディのヒットを受け、、が初出場。 テレビ出演が少ないが初出場。 中島のNHK出演はの『』以来。 テレビへの生登場はの系列『』以来で、NHKの番組への生出演はこれが初となった。 前回メンバーのの不祥事で出場を辞退したが2年ぶりに、「」がヒットしたが4年ぶりに復帰。 この年カバー・アルバムがヒットし、デビュー20周年を迎えたが((63年))以来14年ぶりに復帰を果たした。 16年連続出場(初出場以来)の、14年連続出場(初出場以来)の、12年連続出場(初出場以来)の、9年連続出場(通算10回出場)の・、8年連続出場(通算22回出場)の、5年連続出場(それぞれ初出場以来、通算18回出場)の、、3年連続出場(それぞれ通算23回、15回、16回出場)の、、といった常連が今回不選出となった。 坂本はこの年3月を以って芸能活動を休業していたため、今回は紅白出場を見送った。 その後、翌(15年)に歌手活動を再開、同年のには2年ぶり15回目のカムバック出場を果たしている。 郷は前回の出場を最後に一旦活動休止となっていたが、(15年)のでは9年振り23回目の復帰出演と成った。 アンケート結果で上位だった、らが早々に出場辞退した。 「」が約80万枚の大ヒットを記録し、この年下期の『』の主題歌「」を担当していた(奄美大島出身)に、番組側が早くから出演の打診をしており、一部メディアに「出場確実」と報じられていた。 しかし、元の所属事務所・側より「その時期は、本人がレコーディングのために行くため、そこから中継にしてほしい」と要望した。 番組側から「本人と関連のある場所(出身地や楽曲に関係する場所)でなければ、中継はできない」とその要望を断ったため、最終的に元は出場を辞退した。 この年開催されたの「」を担当したの出場も実現しなかった。 によれば、にこの年シングル発売された「」で紅白出場の打診があったが、メンバーの1人が固辞したため実現しなかった。 その他 [ ]• は史上初の35年連続出場を達成した。 について、この年9月にグループを卒業したが本紅白で1日限りの復帰をする計画があると報道された が、実現することはなかった。 8年連続出場(通算10回)の、5年連続出場(初出場以来)の、3年連続出場(初出場以来)のは翌年不出場となり、今回で連続出場が途絶えた。 小柳は今回を最後に出場していないが、中村は()および() - ()、DA PUMPは()で再出場を果たしている。 ゲスト出演者 [ ]• ドン・ガバチョ、トラヒゲ、博士、チャッピ、ガラクータ(『』のキャラクター):同上。 、、、、、、、、、、(『』のキャラクター):同上。 、(アニメ『』のキャラクター):同上。 、(NHK-マスコットキャラクター):同上。 スプー、アネム、ズズ、ジャコビ(『』の人形劇「」キャラクター):同上。 :同上。 おさかなボーイ、おさかなガール、おさかな博士(「」のおさかなキャラクター):同上。 :松浦亜弥のバックダンサー。 (この年の『』司会者):KICK THE CAN CREWの曲紹介。 (この年の『』司会者):hitomiの曲紹介。 (『武蔵 MUSASHI』の役):モーニング娘。 とGacktの曲間。 (同じく『武蔵 MUSASHI』の役):同上。 :氷川きよしのバックダンサー。 (この年の『』の生徒役):ポルノグラフィティの曲紹介。 (この年下期の連続テレビ小説『』のヒロイン・日高(花山)満天役):Every Little Thingの曲紹介。 (同じく『まんてん』の森山栄治役):同上。 (同じく『まんてん』の日高源三役):同上。 :小林幸子の曲紹介。 美川憲一のものまねをしながら• (『』の語り):中島みゆきの曲紹介。 ただし、顔は出さなかった。 演奏ゲスト [ ]• :ジョン・健・ヌッツォのピアノ伴奏。 :鳥羽一郎のトランペット伴奏。 :ドラムスで同上。 :ベースで同上。 :小柳ゆきのアコーディオン伴奏。 :ポルノグラフィティのブラスバンド伴奏。 :夏川りみのギター伴奏。 :三線で同上。 :平井堅のギター伴奏。 :中森明菜のブラスバンド伴奏。 :谷村新司の二胡伴奏。 、:香西かおりの津軽三味線伴奏。 :エンディング「」で指揮担当。 脚注 [ ]• 『』2002年10月15日付• ,スポニチアネックス,2002年10月4日• ,スポニチアネックス,11月15日• 有働は前回紅組司会に決まった際、司会発表会見で「久保ちゃんの産休代理です。 NHKも思い切ったことやるなぁ」と述べ、報道陣の笑いを誘っていた。 ,スポニチアネックス,2002年10月4日• ,スポニチアネックス,2002年10月15日• 、スポニチアネックス、2002年12月26日。 (のキャッシュ)。 、スポニチアネックス、2003年1月7日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)。 放送の『』より• 、スポニチアネックス、2003年1月1日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)。 『スポーツニッポン』と『』が揃って12月19日付でこのように報じた。 、スポニチアネックス、2002年12月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)。 ,スポーツ報知,2016年10月29日• 『スポーツニッポン』2002年12月27日付• 年間視聴率1位陥落は第49回の前例があるが、この時は同紅白を上回ったものが総合テレビの『』の日本対戦であった。 鳥羽一郎のサポート• 「freebird」「」のメドレー• (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 、スポニチアネックス、2002年12月30日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 、スポニチアネックス、2002年11月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 、スポニチアネックス、2002年11月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 、スポニチアネックス、2002年11月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 、スポニチアネックス、2002年11月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• 、スポニチアネックス、2002年11月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)• ,スポーツニッポン,2002年11月27日 参考文献 [ ]• NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - ビデオリサーチ。 (37年)(第13回)以降のテレビ視聴率を掲載。

次の

歌手が歌詞を間違えないのが不思議???

地上の星 紅白 間違い

校歌の歌詞って、意外と間違えませんよね? あれと同じで、歌いこんでいるということだと思います。 でも、ライブに通って、好きな歌をアーティストと一緒に歌っていると、 全然違う歌詞を歌うことはさすがにありませんが、 1番の途中で、一部の2番の歌詞が交じり込んだりとか、けっこうありますよ。 一緒にライブに行った友だちと、ライブ帰りに「あそこで間違ったよね」とか、 感想を話す突っ込みどころになります。 あるアーティストは、会場内の数か所におっきな電光掲示板があって、 ライブの時には、観客がそれを見ながらおっきな声で歌うのですが、 実はアーティスト本人も、堂々とカンニングしてるんだな-と、 帰り道になって思いました(笑) A ベストアンサー 自分の作品なんですから覚えていて当然ですが、 人間ですから忘れてしまったり、急に思い出せなくなったりすることもあります。 1番と2番がごっちゃになったり ファンの方は全部覚えていたりするので、違っていると指摘されたりもします。 物覚えのいい悪いは人それぞれでしょう。 昔の曲なんかは忘れていることも多いですから やることが決まってから、あわててスタッフにCDを買いに行かせて 歌詞カードを見て覚えるというアーティストもいますよ。 コンサートのときは、開演前に曲順も決められて セットリストとしてスタッフ全員に配られることがほとんどです。 それを見ながら照明さんや音響スタッフさんは作業をするのです。 だから急に順序を変えると大変です。 順番を間違えないように、演奏する人の足元に曲順を書いた紙が貼られています。 演奏する曲が決まっているのですから歌詞も覚えればいいんですが 開演直前に決まったり、ツアーが始まってまだ間もないころなど 歌詞に自信のない人は、歌詞を紙に書いてもらってそれを見ながら歌ったりもします。 堂々とノートを広げて見る人もいますが たいていは観客にわからないように、足元に貼っておいたりします。 ライブで、観客の方で見ないで下ばかり向いて歌っている人がいたら それは間違いなくカンニングペーパーが貼ってあるのです。 そのほか、ステージ前のスタッフが紙に書いて掲げているというのも聞いたことがあります。 ディスプレイ表示のアーティストは残念ながらまだお目にかかったことがありませんが 観客にわからないように工夫しているのでしょうね。 自分の歌を覚えていないなんてがっかりですから。 自分の作品なんですから覚えていて当然ですが、 人間ですから忘れてしまったり、急に思い出せなくなったりすることもあります。 1番と2番がごっちゃになったり ファンの方は全部覚えていたりするので、違っていると指摘されたりもします。 物覚えのいい悪いは人それぞれでしょう。 昔の曲なんかは忘れていることも多いですから やることが決まってから、あわててスタッフにCDを買いに行かせて 歌詞カードを見て覚えるというアーティストもいますよ。 コンサートのときは、開演前に曲順も決めら... できれば飛ぶ前に読みに行きたい ・アンプ横に貼るパターンと同じだけど、狭いステージでもまだ行きやすいのがマシ ・でも、そもそも譜面台置くのがかっちょ悪いジャンルだと使えないですねぃ。 ・忘れやすい所が明確な場合は、さりげに舞台動き回るフリして見に来れるが、突然飛んだ時には対応で... Q 今年もFNS歌謡祭の時季になりましたが、私はこの番組が嫌いです。 なぜかと言うと、歌手が下のほうをチラチラ見ているからです。 自分の持ち歌でない歌だから歌詞を覚えていないのです。 プロ根性に欠けると思います。 音楽通の小倉智明氏は「(FNS歌謡祭は)非常にクオリティーが高い」なんておだててましたけど、出場歌手のほとんどがカンペを見ている歌謡祭を私は褒める気にはなれません。 サザンの桑田もライヴでカンペを見ているんですよ。 NHKの歌番組で、歌詞が書かれてある大きな紙を観客席の一番前でスタッフが持っているのがチラッと見えていました。 ライブでも下をチラチラ見ていますが、明らかにステージに置いてあるモニターを見ています。 歌手が歌詞を見ながら歌うことにプロ根性を感じないのは、古い考え方なんでしょうか。 吉田拓郎は堂々と楽譜を見ていたけど、誰も批判していなかったし・・・ A ベストアンサー あれはイヤーモニター。 歌いやすいように自分の声や演奏の音などを聴くためのもので耳栓ではありません。 役割はヘッドフォンのようなものですが、見栄えの関係であの補聴器のような形のものが使用されています。 生バンドの音というのは思いの外大きいので自分の声がよく聴き取れなくなります。 ドラムの真ん前、ギターアンプの前、ホーンセクションの前では楽器の音量バランスが全く違ってきます。 そこで、音量バランスがとれた音を無線で飛ばしてあのイヤーモニター聴いて歌います。 無線ですから見えにくいところに受信機も身につけています。 伴奏がカラオケであっても、客席の声などに負けずに伴奏が聴こえるようあれを付けたりします。 以前はモニター用のスピーカーを客席ではなく演者向けに足元にいくつか配置していたのですが、広いステージの場合や演者が動きまわるとそれでカバーするのは難しいのでイヤーモニターが開発されました。 また、楽器演奏者もイヤーモニターをつけたり、モニター用の小さなスピーカーを配置したりしています。 また、いまでも400人規模位のライブハウスならイヤーモニターではなく、床に転がしたモニタースピーカーが主流です。 >たまに一回で2~3時間ほど自宅でボリュームを大にして大きな声で歌うのですがそうした装着物はしてないですが問題ないでしょうか 歌手が耳につけているものは上に書いたようなものなので、質問者様が耳の健康についてご心配なら耳栓をつければ良いと思いますよ。 イヤモニ以前はものすごく音の大きいロックバンドなんかは難聴防止用にメンバーが耳栓していたりすることもありました。 ただ、自宅で出せるような音量なら直接スピーカーに耳をつけているなんてことでもなければ気にするようなものではないと思います。 あれはイヤーモニター。 歌いやすいように自分の声や演奏の音などを聴くためのもので耳栓ではありません。 役割はヘッドフォンのようなものですが、見栄えの関係であの補聴器のような形のものが使用されています。 生バンドの音というのは思いの外大きいので自分の声がよく聴き取れなくなります。 ドラムの真ん前、ギターアンプの前、ホーンセクションの前では楽器の音量バランスが全く違ってきます。 そこで、音量バランスがとれた音を無線で飛ばしてあのイヤーモニター聴いて歌います。 無線ですから見えにくい... Q 当方ポップス系アマチュアバンドでライブ活動をしているものです。 ライブ前にスタジオリハを何回かやっているのですが、私含め Voが歌詞を偶に忘れて飛ばしてしまいます。 練習は十分に やっていると思います、歌詞は既に事前に暗記し日常MP3 で曲を流し、カラオケを聴きながら脳内で暗誦したり、 1日に1回は必ず実際に歌って練習し、寝る前には何度も暗誦して とにかく暗譜を心がけています。 それで、殆ど日常ソラで歌えるようになったとおもっても・・・ それでも間違うときは間違うんです。 知り合いのバンドメンは まぁ誰でもミスるときはミスるよ。 というんですが、出来れば お金を払ってきてくださるお客様に恥じないような演奏に したいのです。 そこで、うっかり歌詞を飛ばしてしまったときのために、 ライブ当日譜面台に歌詞カードを置いておく(当然普通は見ないで 歌う)のはどうかなと思っているのですが、どうでしょうかね。 お客様の視点に立ったり、セミプロ(心はプロ、活動はアマ)としての 意見をお聞きしたいです。 経験者からのご意見も歓迎いたします。 宜しくお願いします。 当方ポップス系アマチュアバンドでライブ活動をしているものです。 ライブ前にスタジオリハを何回かやっているのですが、私含め Voが歌詞を偶に忘れて飛ばしてしまいます。 練習は十分に やっていると思います、歌詞は既に事前に暗記し日常MP3 で曲を流し、カラオケを聴きながら脳内で暗誦したり、 1日に1回は必ず実際に歌って練習し、寝る前には何度も暗誦して とにかく暗譜を心がけています。 それで、殆ど日常ソラで歌えるようになったとおもっても・・・ それでも間違うときは間違うんです... A ベストアンサー 譜面台を立てて歌詞カードを置いておくひとというのは特にフォーク系に 多くいます。 歌詞が長いことやまあ大体は憶えていてももしもの為にとかが理由で見ながら歌っているわけでもないのだと思います。 ロック系だと歌詞カードをお客さんにわかるように置いていることは少ないと思います。 けれど、客席からは死角になる場所、例えば足元のモニタースピーカーなんかにでかい文字でコピーした歌詞カードを置いていたりします。 歌詞が少々飛んだりしても、演奏全体の雰囲気が良ければそれでかまわない、という感じのひともいます。 それどころか、歌詞なんてどうせ聞き取れないんだから毎回その場で即興で作る、というひとさえいます。 歌詞が長いとか落ち着いた曲のときだけ、譜面台を持ち出す、というような手もあるでしょう。 ちなみに、私もロックバンドで歌うのですが、基本的に歌詞は書きません。 バンドで音合わせをしていく中でその場で作ってそれを記憶しているだけです。 だから、細かい間違いがあっても本人が気づかないので平気です。 Q 変なタイトルですが、趣旨は以下のようなことです。 一般に「歌がうまい」というときには、「音程がジャストであること」が含まれているかもしれませんが、実際にプロの歌手を評価するときは、必ずしもそうではありません。 意識的に微妙なずれを取り入れている人や、たとえ無意識でも歌がうまく感じられる人がいるように思います。 こういったことを近々説明しようと考えているのですが、その際に、適当な例を挙げて「ああ、なるほどね」となるようにしたいのです。 そこで質問内容は、結構「有名な歌手」で、「歌がうまいとされている」人、だけど明らかに「音程がずれている」(あくまでも歌が下手なせいではなく)ような人を教えてください、となります。 できれば「シャープ気味の人」と「フラット気味の人」、そして参考のために「ジャストの人」と、比べやすいタイプで挙げていただくと助かります。 あと欲を出せば、それぞれのタイプの人の歌を聴いて、どんな印象を持つだろう、というコメントなどをいただければ、大変うれしいです。 よろしくお願いします。 一般に「歌がうまい」というときには、「音程がジャストであること」が含まれているかもしれませんが、実際にプロの歌手を評価するときは、必ずしもそうではありません。 意識的に微妙なずれを取り入れている人や、たとえ無意識でも歌がうまく感じられる人がいるように思います。 こういったことを近々説明しようと考えているのですが、その際に、適当な例を挙げて「ああ、なるほどね」となるようにしたいのです。 そこで質問内容は、結構「有名な歌手... A ベストアンサー 体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。 パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。 新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。 漢字表記はすべて「容体」です。 身なり。 ありさま。 2 病気や怪我の様子。 意思表示などの行為と善意などの意識過程を含む。 なりふり。 2 ありさま。 3 いかにもそれらしい様子をすること。 もったいぶること。 3 〔哲〕 modusラテン デカルト・スピノザ以来、与えられた独特な意味では、実体の変化してゆくかりそめの形態、従って実体の非本質的な状態のこと。 偶有性。 ------------------------------------- 体調や病状の場合は、「容態」(ようだい)が本来の表記と読み方です。 パソコンの仮名漢字変換でも、「ようだい」で「容態」と「容体」が出るはずです。 新聞や放送では、「容態」を「容体」と書き換えることになっていますが、各社の用字用語集には「ようだい」の読み方しか挙げていません。 漢字表記はすべて「容体」です。 Q 自分はギターです。 ライブやスタジオでボーカルやキーボの人が 楽譜や歌詞カードを見ながら歌ったり弾いたりしていますが この二つのパートの人って自分のパートを覚えるのが 他のパートより大変なのでしょうか? ボーカルはまだしも、キーボは途中でページめくったり したら大変ですよね? 曲を覚えきってしまったほうが 演奏にも集中できるし、見栄えもいいような気もします。 皆座って歌って演奏するようなジャンルなら 譜面台使っても良いと思うんですが、 ロックを紙持ちながら歌うのは明らかに微妙な気がして。 自分のバンドより圧倒的に上手なのに そういうステージングだと、もったいないと同時に ガッカリもします。 ギターも一番と二番で演奏が違ったりすると 曲を覚える労力的に同じような気もするのですが。 ギターやベースでカンペ使っていると 「あー曲覚えていないままライブしているんだな」と 思うんですが、 他のパートは許されているような気がします。 楽譜や歌詞カードを見ながらライブすることに関して ご意見よろしくお願いします。 自分はギターです。 ライブやスタジオでボーカルやキーボの人が 楽譜や歌詞カードを見ながら歌ったり弾いたりしていますが この二つのパートの人って自分のパートを覚えるのが 他のパートより大変なのでしょうか? ボーカルはまだしも、キーボは途中でページめくったり したら大変ですよね? 曲を覚えきってしまったほうが 演奏にも集中できるし、見栄えもいいような気もします。 皆座って歌って演奏するようなジャンルなら 譜面台使っても良いと思うんですが、 ロックを紙持ちながら歌うのは明ら... A ベストアンサー かなり「おじん」なアマチュアのベース弾きです。 私自身は、どのパートでも譜面を見ながら演奏するのは邪道だと思っていますが、人前で譜面見ながら弾かざるを得なかったことも、あることはありますね。 自分としては随分恥ずかしかったですが。 個人的な例では、No. 2の方が指摘されている稽古不足以外の何者でもないのですが、長年活動している絡みで、突然知り合いのバンドに「次のライブで弾いてくれ!」と頼み込まれた時など、短時間で他人のバンドのオリジナル曲なんか完全には覚えきれず、ステージの後ろの方でコード譜眺めながら必死で弾いたことはあります。 ただ、人前に出るからには、「覚えきってない」といっても本当に曲を覚えてないというわけじゃなく、曲の構成順とか、「決め」や「ブレーク」の入りどころとか、リフパターンを曲の途中で変えていくとかの、バンドとしてきっちり合わせたい細かいところまでは、短期間の練習で完璧には覚えきれないので、そういうところをカンペ見ながら間違えないようにするというノリですね。 ジャズやクラシック系のプロの方など、確かに楽譜見ながら弾かれてますが、これもプロの方の楽譜見ればわかるんですが、楽譜にリハーサルで決まった演奏上の注意メモがびっしり書かれており、実際には音符ではなくメモの方を見ながら弾いていると言っても良いと思います。 だから、曲の途中で譜面めくっても、何事もなかったように演奏を続けられるわけですね。 もっとも、それくらいのプロの方なら、見たこともない曲でも譜面見ながらスラスラ弾けるくらいの技量は持っておられるわけですが。 そういう人は「格好悪いからやめようよ」といっても絶対にやめませんね。 (でも、本当は楽譜無しでも完璧に弾けるんですよ) 本人たちは自分では言いませんが、内心「楽譜も持たずにステージに上がるなんて、とんでもない失礼なことだ」みたいな感覚があるように思います。 そういう経歴の人は、基本的には発想が体育会系なので、身体に染みついているのかもしれません。 その意味で、キーボードやホーンセクションの人だけが楽譜を見ながら、しかし十分上手に演奏しているなら、「楽譜を見ることが許されている」のではなくて「楽譜絶対主義者だから、周りは好きにさせている」という方が近いんじゃないかと思います。 せめて、仲間に頼んで、巧妙に巨大カンペを作るとか…を、考えたいですね。 かなり「おじん」なアマチュアのベース弾きです。 私自身は、どのパートでも譜面を見ながら演奏するのは邪道だと思っていますが、人前で譜面見ながら弾かざるを得なかったことも、あることはありますね。 自分としては随分恥ずかしかったですが。 個人的な例では、No. 2の方が指摘されている稽古不足以外の何者でもないのですが、長年活動している絡みで、突然知り合いのバンドに「次のライブで弾いてくれ!」と頼み込まれた時など、短時間で他人のバンドのオリジナル曲なんか完全には覚えきれず、ステージの後...

次の

いま語る 思い出の『紅白歌合戦』「歴史的ハプニングと舞台裏」

地上の星 紅白 間違い

概要 『』の主題歌として作られた。 また、同番組のエンディングテーマには両A面曲の「ヘッドライト・テールライト」が起用された。 同番組の主要な視聴者である中高年を中心に、幅広い支持を得るに至った。 、中島は『プロジェクトX』の最終回に出演し、スタジオで「ヘッドライト・テールライト」を熱唱した。 この2曲は元々、アルバム『』(2000年発売)にのみ収録される予定だったが、すでに2曲がオンエアされていた『プロジェクトX』を見た(曲を聴いた)ファン等からのシングル化の要望を受け、急遽アルバムに先行する形でシングルカットが決まった経緯がある。 同アルバムの他、ベスト・アルバム『』にも収録されている。 『』の「」アンケートで紅組7位にランクインした。 調査による累計売上枚数では、に発売された「」に次ぐ、自身2番目の売り上げとなっている。 オリコン集計で100万枚を突破しているが、当時、が非加盟社であったため(後に加盟)、ゴールド等の認定は受けていない。 『』のトップ50入り週歴代1位(111週)も果たした。 には、「地上の星」がの缶コーヒーブランドである『地上の星編』のCMに起用された。 そのCMはがトンネル工事の現場監督役で、作業員に扮したと共に、『プロジェクトX』で取り上げられたでトンネル掘削工事に挑む。 建設を真似た映像になっている。 その後とには『ヘッドライト・テールライト』が『ヘッドライト・テールライト編』として起用された。 「地上の星」はテンポがBPM100程度であるため、の講習会などでは心臓マッサージの際のとりに有効な曲として紹介される事がある。 これは、心臓マッサージを1分間に100回の速さで行うことが望ましいとされているためである。 また、で『地上の星』や『ヘッドライト・テールライト』を流し、『プロジェクトX』風の演出をする場合もある。 NHK紅白歌合戦での歌唱• の『』に中島が初出場し、極寒の地下道からの生中継で同曲を歌唱した。 ところがその際中島は、途中2番目の歌詞を一瞬ど忘れし、さらに間違えてしまうハプニングがあった。 その他、当初は「初出場にして紅組トリおよび大トリでの登場」になるのではないかとも報道された が、「締めの歌はから送りたい」(チーフプロデューサーの並木正行)という理由により、紅組トリでの出演は見送られた。 なお中島はコンサートでも歌詞を間違えることがあり、かつて放送されていたのラジオ番組『』( - )の中でも「(コンサートには)CDは聞かないで来て下さい」「あれは間違いではなく『ライブ・バージョン』です」等と言っていたが、歌詞がテロップ()で表示されるので、歌詞が違っていた事がすぐに分かってしまったのである。 側も中島が歌詞を間違えたその瞬間、テロップを慌てて消したものの、翌付のには「みゆき 歌詞間違えちゃった」の見出しが躍ることになった。 中島は「すごかったのは、(歌詞間違えをした)その瞬間、(歌詞の)テロップを消してくださったんですってね。 すごいわ、NHK」とNHKの瞬時の対応を絶賛している。 さらに、「ここまで行ったら止まって、ここまでいったら歩いて、一節歌ったらこっちを向いて、みたいな一応練習はしていたんですけど、あの少し前でハウッたんですの。 音がモニターがキーンって。 そこでちょっと血圧上がりましたね。 『やべ』って思った瞬間に、歩いてはいけないポイントで歩いてたんです、私。 止まってなきゃならないのに…。 目の前でスタッフがワラワラ後ずさっていくんです。 私、ここ止まってなきゃならないんだって思った瞬間、歌詞が…歌詞何って…って飛んだんです」と笑いながら歌詞を間違えた経緯を語っている。 また、極寒の地での歌唱で「マイクが氷のように冷たいんです。 気の毒だってんで(スタッフが)懐で暖めてくれたんですね。 ありがたいことですね」と改めてスタッフの厚意に感謝もしている。 また曲紹介時、紅組司会の(NHK)との絡みはなかった。 これについては、当の本人の「あっけらかん」さが表れるのが嫌だった、と中島本人が語っている。 この放送がきっかけで 、オリコンシングルチャートに初登場で15位にランクインした。 97週目には100位になることもあったが、末に『NHK紅白歌合戦』で歌われた後のに130週目で1位を獲得し、発売以降174週連続でオリコンシングルチャート100位圏内チャートインを果たした。 『プロジェクトX』の最終回後のには、以来のオリコンシングルチャート100位圏内返り咲き(66位)を達成し 通算オリコンシングルチャート100位圏内チャートイン記録を183週に延ばした。 しかし、にの「」が通算184週のオリコンシングルチャート100位圏内チャートインを果たし、記録は破られた。 また、本作がオリコンシングルチャートで1位を獲得することで、中島はの「」()、の「」()、の「」()、「」()、そしてこの曲と、4つの西暦10年代に亘ってのオリコンシングルチャート1位という記録を達成した。 この記録を持っているのは同一名義では中島と後に達成するの2組である(異なる名義を含めばが達成している)。 オリコンシングルチャートで 本作が記録を更新した項目 本作の記録 これまでの記録保持作品 これまでの記録 初登場から1位獲得までの 100位圏内チャートイン週数 登場130週目 「」() 登場44週目 100位圏内連続チャートイン 174週 「」() 109週 100位圏内通算チャートイン 183週 「」() 147週 初登場から達成までの 100位圏内チャートイン週数 登場139週目 「」() 登場92週目 全曲 作詞・作曲:、編曲:• 地上の星 調:(後半はに転調)• ヘッドライト・テールライト 調:(サビは)• 地上の星()• 曲名は「Earthly Stars Unsung heroes 」 坂本冬美全曲集 歌のアルバム 「歌姫メドレー」の1曲としてカバー アニメ『』第7話エンディングテーマ Terra 千の風になって〜一期一会〜 BlahZsaMcBongBing Mr. Vocalist 3 英語詞。 ヘッドライト・テールライト TRY TRY TRY「ピアノよ歌え」スペシャル〜J-POP特集2001〜 深町純 深町純ピアノ・ワールド 中島みゆき作品集 2003年9月10日 中島みゆきトリビュート Yourself... Myself 2003年9月26日 英語詞。 曲名は「Headlight Taillight」 英語詞と日本語詞で歌唱。 配信限定 ドラマ『』挿入歌 脚注• 系列『』や、テレビアニメ『』など。 その他のパロディやネタなどはを参照。 『スポーツニッポン』と『』が揃って12月19日付でこのように報じた。 、スポニチアネックス、2002年12月27日。 (インターネット・アーカイブのキャッシュ)。 ,スポーツ報知,2016年10月29日• 放送の『』より• 、オリコン、2006年1月9日• 、ORICON NEWS、2019年9月20日 4:00。 、スポニチアネックス、2002年8月27日。 、SANSPO. COM、2003年5月19日。 「北国の春」の記録は3度にわたり100位圏外に落ちながらも達成した記録であり、「地上の星」は連続ランクインによる記録である。 COM、2003年3月17日。 Jトータルミュージック. 2016年8月6日閲覧。

次の