辻井 いつ子。 スッキリ:辻井伸行さん、天才ピアニスト、全盲の息子の耳の力を見抜いた母いつ子さん

辻井 いつ子

辻井 いつ子

辻井いつ子さんの夫は医師 1986年に産婦人科医の辻井孝さんと結婚しています。 出典:• 名前 辻井 孝• 生年月日 1956年生まれ• 出身地 神奈川県• 学歴 帝京大学医学部卒 辻井いつ子さんは子供の好きなピアノを伸ばそうとしました。 その一方で 夫の辻井孝さんは息子の ピアニストの夢を冷静に見ていました。 息子がコンクールで優勝しても喜ぶのは辻井いつ子さん。 辻井孝さんは「少しは本を読め」と褒めなかったそうです。 辻井伸行さんによると演奏会当日の朝に 叱られたこともあったとか。 ピアノがダメだった時の事を考えていたみたいです。 思春期の子と親のよくある風景ですね。 でも両親のバランスはこれが良かった気がします。 辻井伸行さんが中学を卒業して雪解けしたそうですよ。 スポンサードリンク 辻井いつ子さんの夫の産婦人科医院の場所は? 出典:• 名前 辻井産婦人科医院• 住所 神奈川県横浜市青葉区美しが丘3-5-2• URL 家庭的な雰囲気のある病院なので日常感があって良いですよね。 辻井伸行さんもここで生まれたのでしょうね。 ここは辻井伸行さんの祖父で理事長の 辻井信孝さんが開院したそうです。 サイトでは辻井伸行さんのサイトも紹介されています。 またここでお世話になると辻井伸行さんのCDが貰えるそうです。 院内でも音楽が流れているとの情報もありました。 胎教にぴったりですよね。 最後に 辻井いつ子さんは美人ですよね。 子育てにおいて冷静だった夫とバランスが取れていた気がします。 親離れ子離れをして辻井伸行さんと一緒にいる事が少なくなりました。 その分今回の様な仕事もこなして忙しそうですね。 今後の活躍が楽しみですよね。 因みに同じように有名人の息子がいている母親の記事もご覧下さい。 PAGE 2.

次の

辻井 いつ子

辻井 いつ子

ピアニスト 辻井伸行氏の母。 生後まもなく全盲と診断された息子の才能を信じ、様々な困難を経てプロのピアニストへと二人三脚で歩む。 伸行氏はヴァン・クライバーン国際コンクール(2009年)で優勝を果たす。 子どもの才能の引き出し方、伸ばし方を語る講演は、子育てに悩む親たちに示唆を与える。 1988年に生まれた長男・伸行氏が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安の中、育児書や子育てマニュアルが全く役に立たないところから、手探りで子育てをスタートし、 「明るく、楽しく、あきらめない」をモットーに、持ち前のポジティブさと行動力で伸行氏を育てる。 つねに子どもの可能性を信じ、よく見て、ほめる「親ばか」の子育てで、生後8カ月で伸行氏の音楽の才能を見つけ、プロのピアニストへと二人三脚で歩む。 その結果、2009年、アメリカで開催された第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、伸行氏は日本人初の優勝を果たす。 自分の経験をもとに各地で講演活動を行う。 2015年4月からTBSラジオ「辻井いつ子の今日の風、なに色?」のパーソナリティを務める。 主な著書に、伸行氏が演奏する10曲が収録されたCDとそれぞれの曲にまつわるエピソードがセットになった『今日の風、なに色?CDブック』がある。 アメリカのカーネギーホール、チェコ、台湾 国家音楽庁 でも演奏。 12歳の時サントリーホールで初リサイタル、14歳でフランスで佐渡裕指揮のラムルー管弦楽団と共演、東京オペラシティ・コンサートホールで東京交響楽団と共演。 15歳でやまと郡山城大ホールにてピアノリサイタル、16歳で東京交響楽団の定期演奏会のソリストに抜擢。 17歳でポーランド・ワルシャワで行われた第15回ショパン国際ピアノコンクールに最年少で出場、「ポーランド批評家賞」を受賞。 19歳でエイベックス・クラシックスよりデビュー・アルバムを発売。 20歳の時、アメリカで行われた第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝を果たす。 講演実績 弊社での実績 会合名 地域 開催時期 主催窓口 <受講者への貢献> 前向きな生き方に多くのかたが共鳴をうけたようです。. 辻井伸行氏の子育て.... 明るく前向きに生き.... 「子どもの可能性を信じる」「思いっきりほめる、抱きしめる」「ひらめいたら即アクション」など、子どもの才能を引き出... 著書・著作紹介 アマゾンWEBサービスを利用しております。 | (2000-09-30)• | (2010-04-23)• | (2008-11-26)• | (2016-06-24)• スタッフからのコメント 2009年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて、日本人として初優勝した辻井伸行さん。 今や世界各国で演奏活動を行うピアニストとしてご活躍です。 その辻井伸行さんのお母様でいらっしゃる辻井いつ子さんの講演は、伸行さんが世界で活躍するプロのピアニストになるまでのプロセスと共に「わが子の才能をいかに引き出し、伸ばすか」についてお話し下さいます。 これまでの講演実績に、高等学校の教育講演会、人権啓発講演会、市民大学、小児科医会講演会、教育委員会生涯学習フェスティバル、PTA教育部講演会、私立幼稚園協会 記念式典」など。 主な講演タイトルは「子どもの才能の見つけ方、伸ばし方~どんな状況でも夢や目標を、決して「諦めない生き方」「明るく、楽しく、そしてあきらめない生き方」「「親ばか」のススメ~子どもの才能を引き出す法則とはなどです。 聴講された方からは「好奇心の旺盛な子どもに様々な事柄い触れて、感じさせ、経験させるというのは、非常に重要なことだと感じた」「話し方もとてもわかりやすく、教育講演にふさわしい内容でした「帰ったら子どもをたくさん褒めてあげたい」「些細なことで落ち込む事が多いが、前向きになれた」「他のこと比べたり、悪いところに目を向けがちな点を反省した」などの声があり、子育てに悩む方だけに限らず多くの人にヒントと気づきを与える講演と好評です。 (企画室よりのコメント).

次の

辻井伸行の母、辻井いつ子は夫の産婦人科医・辻井孝と共に支えていた

辻井 いつ子

ピアニスト 辻井伸行氏の母。 生後まもなく全盲と診断された息子の才能を信じ、様々な困難を経てプロのピアニストへと二人三脚で歩む。 伸行氏はヴァン・クライバーン国際コンクール(2009年)で優勝を果たす。 子どもの才能の引き出し方、伸ばし方を語る講演は、子育てに悩む親たちに示唆を与える。 1988年に生まれた長男・伸行氏が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安の中、育児書や子育てマニュアルが全く役に立たないところから、手探りで子育てをスタートし、 「明るく、楽しく、あきらめない」をモットーに、持ち前のポジティブさと行動力で伸行氏を育てる。 つねに子どもの可能性を信じ、よく見て、ほめる「親ばか」の子育てで、生後8カ月で伸行氏の音楽の才能を見つけ、プロのピアニストへと二人三脚で歩む。 その結果、2009年、アメリカで開催された第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、伸行氏は日本人初の優勝を果たす。 自分の経験をもとに各地で講演活動を行う。 2015年4月からTBSラジオ「辻井いつ子の今日の風、なに色?」のパーソナリティを務める。 主な著書に、伸行氏が演奏する10曲が収録されたCDとそれぞれの曲にまつわるエピソードがセットになった『今日の風、なに色?CDブック』がある。 アメリカのカーネギーホール、チェコ、台湾 国家音楽庁 でも演奏。 12歳の時サントリーホールで初リサイタル、14歳でフランスで佐渡裕指揮のラムルー管弦楽団と共演、東京オペラシティ・コンサートホールで東京交響楽団と共演。 15歳でやまと郡山城大ホールにてピアノリサイタル、16歳で東京交響楽団の定期演奏会のソリストに抜擢。 17歳でポーランド・ワルシャワで行われた第15回ショパン国際ピアノコンクールに最年少で出場、「ポーランド批評家賞」を受賞。 19歳でエイベックス・クラシックスよりデビュー・アルバムを発売。 20歳の時、アメリカで行われた第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝を果たす。 講演実績 弊社での実績 会合名 地域 開催時期 主催窓口 <受講者への貢献> 前向きな生き方に多くのかたが共鳴をうけたようです。. 辻井伸行氏の子育て.... 明るく前向きに生き.... 「子どもの可能性を信じる」「思いっきりほめる、抱きしめる」「ひらめいたら即アクション」など、子どもの才能を引き出... 著書・著作紹介 アマゾンWEBサービスを利用しております。 | (2000-09-30)• | (2010-04-23)• | (2008-11-26)• | (2016-06-24)• スタッフからのコメント 2009年のヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールにおいて、日本人として初優勝した辻井伸行さん。 今や世界各国で演奏活動を行うピアニストとしてご活躍です。 その辻井伸行さんのお母様でいらっしゃる辻井いつ子さんの講演は、伸行さんが世界で活躍するプロのピアニストになるまでのプロセスと共に「わが子の才能をいかに引き出し、伸ばすか」についてお話し下さいます。 これまでの講演実績に、高等学校の教育講演会、人権啓発講演会、市民大学、小児科医会講演会、教育委員会生涯学習フェスティバル、PTA教育部講演会、私立幼稚園協会 記念式典」など。 主な講演タイトルは「子どもの才能の見つけ方、伸ばし方~どんな状況でも夢や目標を、決して「諦めない生き方」「明るく、楽しく、そしてあきらめない生き方」「「親ばか」のススメ~子どもの才能を引き出す法則とはなどです。 聴講された方からは「好奇心の旺盛な子どもに様々な事柄い触れて、感じさせ、経験させるというのは、非常に重要なことだと感じた」「話し方もとてもわかりやすく、教育講演にふさわしい内容でした「帰ったら子どもをたくさん褒めてあげたい」「些細なことで落ち込む事が多いが、前向きになれた」「他のこと比べたり、悪いところに目を向けがちな点を反省した」などの声があり、子育てに悩む方だけに限らず多くの人にヒントと気づきを与える講演と好評です。 (企画室よりのコメント).

次の