英語 スピーチ 例文。 高校生英語の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

ビジネス英語で突然のスピーチ…。冷や汗をかいているあなた向け記事

英語 スピーチ 例文

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 3• 研究社 新和英中辞典 3• Weblio Email例文集 4• 浜島書店 Catch a Wave 7• Eゲイト英和辞典 3• 専門的な情報源• 日本語WordNet 9• Tanaka Corpus 5• 愛知県総合教育センター Classroom English(教室英語集) 2• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 2• 官公庁発表資料• 財務省 1• 特許庁 140• 経済産業省 6• 厚生労働省 2• 書籍・作品• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 1• James Joyce『死者たち』 1.

次の

1分間スピーチ

英語 スピーチ 例文

近年、グローバル化や東京オリンピックの開催に伴って、現実世界でもインターネット上でも、外国人と関わりをもつことが多くなってきましたね。 それに合わせて、趣味を通して、日本人だけではなく色々な国の人と接し、交流を深めていこうと考える人が増えてきました。 しかし、そこで 大きな壁になってくるのが言葉の障壁「英語」です。 大半の人の場合、社会人になってからは英語に関わる機会がほとんど無くなってしまうので、 自分の英語力に不安を感じている人も多いはずです。 かといって、英語を一から勉強しなおす時間はありませんよね。 ですが、決して心配する必要はありません。 実は、最低限の知識や言い回しについておさえておけば、 何年も勉強した人でなくても、十分に英語でコミュニケーションをとれるようになるんです。 もくじ• 趣味を英語で自己紹介するのに必要・便利な例文 ベースは中学レベルの単語・文法 英語で外国人と話すと言っても、決して怖がることはありません。 基本的には、中学校で習うような簡単な英単語・英文法でおおよそのことは伝えることができます。 まずは プロフィールの説明に有効に使える、簡単な例文を見てみましょう。 (ご清聴ありがとうございました) これらを元にして、 実際にプロフィールについて紹介する文章を作ってみます。 英文: Hi! I am Kenichi Nagai. Call me Ken. My favorite pastime is baseball. I belong to the baseball team and play with friends every month. I want to be your friend and play baseball with you! Thank you for listening. 日本語訳 やあ、僕の名前は永井健一。 ケンって呼んでね。 日本で生まれて、今京都に住んでいるんだ。 大学を出たあとは教師として、京都にある高校で仕事をしているよ。 好きなことは野球で、チームに所属して毎月友達とプレーしているんだ。 君と友達になって、いつか一緒に野球をしたいな!聞いてくれてありがとう。 いかがでしょうか。 これだけの例文を使うだけでも、随分と英語らしくなりますよね。 簡単な英語はしゃべる側にとって簡単というだけでなく、聞く側にとっても誤解を招くことが少なくなります。 正しい英語になっているか不安なときは 無理に難しい言葉を使わず、より簡単な言葉で言い表してしまいましょう。 次に、 自分の趣味について伝えるのにおすすめな言い回しを、例文形式で紹介していきます。 I like painting. (絵を描くのが 好きです) I am a fan of the Beatles. (ビートルズの ファンです) I am interested in cooking. (料理に 興味があります) I am good at playing the piano. (ピアノが 得意です) Studying history is funny. (歴史を勉強するのは 面白い) His latest film is interesting. (彼の歌に 感動したの) Please enjoy the vacation. (休暇を是非 楽しんでくださいね) I am going to join the art club. しかしスピーチにおいては、単純な構成の文章をただ並べていると、 短調で面白みのない英文になってしまいますよね。 そこで、 会話・スピーチに抑揚を生み出すおすすめ表現や注意点についてもご紹介します。 抑揚を生み出す「問いかけ表現」 まずは、スピーチの初めに、 聞き手に問いかけるような文章を作ってみましょう。 スピーチは肯定文が並びがちですが、このような 疑問文が混ざることで、バリエーションが豊かになります。 抑揚を生み出す接続表現「しかし」「なので」 単調な文章に変化をつけたい場合は、 接続詞を積極的に使っていきましょう。 代表的な接続詞には以下のようなものがあります。 I want to play baseball game, but there are not enough members to play. (野球の試合をやりたいんだけど、十分なメンバーがいないんだ) My hometown is very famous because many popular singers were born there. (私の故郷はとても有名なの。 沢山の人気歌手の出身地だから) 一文一文はシンプルでも、 接続詞でつなぐことで、文と文の間にストーリーが生まれ、より奥深い文章になります。 積極的に用いていきましょう。 また、接続詞を用いると因果関係がはっきりするので、意図が伝わりやすいのも魅力です。 主語を変える 初めて英語でスピーチをする人によくありがちなのが、ずっと主語が自分のままで、 文頭が「I」ばかりになってしまうことです。 例えば、以下のような文章です。 I am a very fan of soccer. I play soccer every week. I want to be a great soccer player. (私はサッカーが大好きです。 毎週サッカーをしています。 素晴らしい選手になりたいです。 ) 確かに趣味の説明をする上では、自分を主語にした方が文を作りやすいのですが、これでは 「私は~、私は~」の繰り返しで、つまらない文章になってしまいます。 実際にスピーチをする際には、 I am fond of this sandwich. It has many eggs. (僕はこのサンドイッチが好きなんだよ。 卵がたくさん入ってるんだ) のように、 適度に物や場所なども主語にしながら話を進めていきましょう。 簡単な英語で意図を伝えるためのコツ 固有名詞をたくさん利用しよう 限られた英単語では、自分の興味や趣味について的確に表現するのが難しいこともありますよね。 そんなときは、 固有名詞を活用しましょう。 固有名詞には色々な情報が含まれているため、たくさん会話に組み込んでいくことでメッセージに説得力を持たせることができます。 例えば以下の文のように、 I like rock bands like Aerosmith and KISS. ( エアロスミスや キッスのようなバンドが好きなんだ) と言えば、相手は「この人は 80年代のロックが好きなんだろうな」と分かってもらえます。 他にも、「印象派 impressionism 」を英語でなんと言えば良いのか分からないときは、 印象派の時代の芸術家の名前を並べて、 I am interested in artists such as Gogh,Manet,Monet,or Renoir. ( ゴッホ、マネ、モネ、ルノワールみたいな画家に興味があるんだよ) と、 遠まわしに表現することで、「ということは、きっとあれのことを言っているんだな」と伝えることができるわけです。 このように、皆がよく耳にするような固有名詞を話題にあげることで、 相手に自分のことを深く伝えることができるようになります! ジェスチャーを活用しよう 直接外国人の前で会話やスピーチをする際には、 ジェスチャーやボディーランゲージを存分に活用しましょう。 伝えたいことを全身で表現すれば、少々発音や文法が間違っていても、 意図が伝わる可能性が高くなります。 例えば、ゴルフについての説明であれば、大きく ゴルフクラブを振るような動作をつけたり、何かの楽器についてなら、その 楽器を演奏する動作をつけたりといった具合です。 こうした動作を用いることで、単に相手が理解しやすくなるだけでなく、動きが生まれることで 視覚的にも面白いコミュニケーションになります。 棒立ちで話をするよりも、話に興味を持ってもらえるはずです。 ただし、グッドサインやOKサインなどの ハンドサインは、国によってまったく意味が異なることもあるので、注意が必要です! おわりに 英語で趣味について会話やスピーチをする上で大切なことを説明してきましたが、いかがだったでしょうか? そこまで英語が得意でなくても、 様々な工夫をすることで、会話を分かりやすく・面白くすることができるということが分かっていただけたかと思います。 ブログ内関連記事.

次の

朝礼でのスピーチ(英語で)

英語 スピーチ 例文

まず、英語のプレゼンと日本語のプレゼンの違いを理解しましょう。 日本語でのプレゼンは、もちろん母国語という事もあり、比較的簡単にこなせるでしょう。 しかし、言葉の文脈からして異なる英語を使用してのプレゼンでは、プレゼン自体の流れからして違うので、スピーチでの内容構成からして少し戸惑ってしまうでしょう。 英語のプレゼンは『単刀直入』 日本語プレゼンに比べ、英語プレゼンの特徴は『単刀直入さ』でしょう。 日本語と英語の文章を思い浮かべてみると分かりやすいです。 つまり、英語の構造そのものが、『はっきりと何を伝えたいのか』を先に置く事がスピーチする上で重要なのです。 そして、その後にどのような事なのか、に繋がります。 そのため、英語のプレゼンではだらだらと結論を先延ばしにしないようにするのが一つのコツです。 英語でのプレゼンをする事になったとき、最初にやらなければいけないのは『何を伝えるか?』をはっきりさせる事です。 あれもこれも伝えたいと欲張ると何も伝えられません。 英語のプレゼンは「伝えたいこと」+「根拠」の順番で! 伝えたいことがはっきりしたら、次にその結論に対しての根拠や色付けを述べていくようにします。 具体的なデータや参考資料などを列挙していくのです。 きちんと「伝えたいこと」+「その根拠」という順番にすることが大事ですね。 オーディエンスとしては拍手するタイミングを見はからなくてはいけませんし、プレゼンテーターはしっかり内容を締めなくてはいけません。 『プレゼンの最後を告げ』『ポイントの概要を伝える』、そして『結論を述べて』『締めの言葉』で終わらせるスピーチの流れを意識しておきましょう。 余裕があるのなら、質疑応答の時間を取るのもいいですね。 I would like to continue to study〇〇 さらに〇〇研究を続けたいと思いま す。 I will further pursue this topic. このテーマについて更に研究をしていくつもりです。 Thank you for your kind attention. ご清聴有難うございました。 Thanks for listening. お聞き頂き有難うございました。 有難う。 This is all for my presentation. これで発表を終わります。 That is all. これで終わります。 I would like to conclude my talk. これで私の話は終わりです。 英語プレゼンのスピーチの締めは「単刀直入」に終わらせる 英語のプレゼンは、日本語のプレゼンとは違いスピーチの締め方法として『単刀直入さ』がとても重要です。 どういった流れのプレゼンにするべきなのか、事前の準備をしっかりとしておきましょう。 また、オーディエンスのことも考慮した上で、プレゼンの終わり方をはっきりとわかるようにするのも大事です。 英語でのプレゼンを締める一言は、「これで終わりだよ」と伝えるサインのような認識で言うようにしましょう。

次の