茶碗蒸し。 基本の茶碗蒸しの作り方/レシピ:白ごはん.com

【みんなが作ってる】 茶碗蒸し 大きいのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

茶碗蒸し

常温保存は? 卵料理は傷みやすいため、茶碗蒸しは基本的に常温保存はNGです。 あら熱が取れたら冷蔵庫で保存しましょう。 しかし、常温に置き忘れていたということもあるかもしれません。 そこであくまでも目安ですが、保存期間を書きます。 夏場など暑い時期でしたら、4~6時間程度。 ただし、クーラーなど効いていない暑い部屋での放置は4時間程度。 冬場の寒い時期は、暖房など付いていない寒い部屋でしたら、 1日程度は日持ちするかと思いますが、そうでない場合は、12時間程度。 それ以外の季節の場合は、6~12時間程度といったところでしょうか。 お住まいの地域や室温、味付けの濃さ、手作りの物なのか 買ってきた物で密封された茶碗蒸しなのかなどによって変わってきますので、 一概には言えませんので、参考程度にとどめておいてください。 においや味、色など変化がないか確認してから食べるようにしましょう。 夏の暑い時期に一晩中常温に置いておいたなどの茶碗蒸しは もったいないですが、食べないようにした方が無難です。 冷蔵保存は? 基本的には冷蔵保存となります。 買ってきた物の場合でしたら、そのまま冷蔵庫で保存すると良いですが、 手作りの物は、あら熱が取れたらラップをして冷蔵庫で保存します。 食べる際は、温めるのが面倒な場合は冷たい状態で食べることをおすすめします。 温める場合は、もう一度蒸し直す必要があります。 2分程度蒸したら温まっているかと思います。 電子レンジでも温めることはできるのですが、 温めムラができたり、温めすぎると軽く卵の部分が爆発してしまうことがあり、 調節が難しいです。 電子レンジで温めるのでしたら、1分など短い時間でセットし、 茶碗蒸しの向きを変えて再度温めるなど工夫が必要でしょう。 保存期間(賞味期限)の目安は? 保存期間は 1~2日程度。 ただし、日が経つにつれ風味がどんどん落ちていってしまいますので、 早めに食べた方が良いでしょう。 せいぜいもって2日なので、それ以上保存してしまうと、 腐る可能性があります。 冷凍保存はできるの? 蒸した茶碗蒸しは、冷凍するとスが入ってしまって 中がスカスカな感じになり、美味しくなくなりますので、基本冷凍保存はできません。 ですが、蒸す前の卵液に具を入れたものでしたら、小分けにして冷凍することが可能です。 具の入った卵液を小分けにして、ラップをしてフリーザーバッグに入れてしっかりと空気を抜いて保存します。 できれば、金属トレーの上において凍らせるか、急速冷凍機能が付いている場合は、 その機能を使用して凍らせると良いでしょう。 解凍は? 解凍は蒸す前日に冷蔵庫に移して自然解凍すると良いでしょう。 保存期間(賞味期限)の目安は? 保存期間は 2週間~1ヶ月程度。 それ以上保存すると冷凍焼けなどによって風味が劣化してしまう可能性があります。 スポンサーリンク 腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?• 変なにおいがする• 変な味がする• 変色している• 常温で長時間置いておいた茶碗蒸し• 冷蔵庫で長期間保存しておいた茶碗蒸し このような場合は、食べない方がいいでしょう。 卵は傷みやすく、長時間、長期間おいておいたものは味やにおいに変化がなくても、 食べるのはやめた方がいいです。 買ってきた茶碗蒸しで消費期限がついているものは、消費期限が切れたら 食べない方がいいでしょう。 賞味期限となっている茶碗蒸しの場合は、多少賞味期限が過ぎても問題はありません。 まとめ いかがでしたでしょうか? 茶碗蒸しは冷蔵庫でもあまり日持ちしないことがわかりました。 また、作りたてが一番美味しいので、作りたてを食べるに越したことはないのですが、 どうしても余ってしまった場合は、冷蔵庫で保存します。 冷凍保存は一度蒸してしまったものは、食感が著しく変化しますので、 冷凍保存することは避けてください。 蒸す前の茶碗蒸しなら冷凍保存が可能ですので、 冷凍保存するなら蒸す前のものを冷凍すると良いでしょう。

次の

茶碗蒸しの暖め方

茶碗蒸し

具は 『鶏もも肉、椎茸、かまぼこ、三つ葉』がいちばんシンプルな組み合わせだと思うので、今回はその具で作ります。 椎茸は軸を切り落として4〜6等分に切り、かまぼこは食べやすい大きさのいちょう切りに、三つ葉は1〜2㎝幅に切ります。 鶏肉は炊き込みご飯用に1㎝角ほどにカットされたものを購入してもOKで、大きければ1~1. 5㎝角に切ります。 茶碗蒸しはやさしい味わいなので、 鶏肉を容器に入れて、熱湯をかけて霜降りするのがおすすめ。 これで余分な脂や鶏の臭みを除けます。 お湯を切ってから塩ひとつまみ(分量外)をふりかけて下味をつけておきましょう。 でいろいろ紹介しています! 茶碗蒸しの卵液の準備 卵液を作るのにボウルを2つ準備します(卵液をこさない場合は一つで済みますが、こす場合の流れをまず紹介します)。 このとき注意が必要なのは、 だし汁は取り立ての熱々はNGということ。 このあとすぐに卵と合わせるので、必ずひと肌以下に冷ましておきましょう。 もう一つのボウルに卵を割り入れ、卵白のかたまりがないようにしっかりと溶きほぐしてから、そのボウルに先ほど合わせたAを注ぎ入れます。 時間があればぜひ合わせた卵液をざるに通してください(その目的は卵にふくまれるカラザを除いたり、明らかに溶きほぐせていない卵白がないか確認するためですが、卵だけでこすのではなく、Aと合わせてからざるごしすることでさらりと手軽にこせます)。 卵液をこさずに作る場合は、はじめに卵をよく溶いてから、そのボウルにだし汁と調味料を合わせるだけです。 多少卵白などの溶け残りやカラザが出て、仕上がりの表面が若干荒れることがありますが、こす工程は省いてもOKな工程です。 続いて、卵液のボウルを底から一度軽く混ぜ、具の上からそっと注ぎ入れます。 蒸す際の注意点としては、水滴が茶碗蒸しに落ちないよう、蓋に布巾をはさんだり、器1個ずつの口の部分をアルミホイルで包んだりするのがおすすめです(多少水滴が落ちてもOKなら省いても大丈夫)。 茶碗蒸しの器を少し揺らしてみて、固まっているようなら竹串を中央に刺してみます。 中から透明な澄んだ汁が出てくれば蒸し上がっています。 時間通り蒸しても固まっていないときは、火加減を少し強くして追加で数分単位で蒸して、火を通すようにしてください。 弱火で箸を1本入れた状態であれば、25分を超えて30分蒸そうが40分蒸そうが、茶碗蒸しの状態は変わりませんので(若干三つ葉の色が悪くなるくらい)、熱々の蒸したてをタイミングよく出すためにも、前もって、時間に余裕をもって蒸すようにしてみてください。

次の

【みんなが作ってる】 茶碗蒸し 大きいのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

茶碗蒸し

和食の定番、茶碗蒸し。 シンプルな料理ですが、加熱が難しかったり、味つけがうまくいかなかったり。 いつかは上手に作りたい、ちょっと憧れのメニューです。 作ってはみたものの、うまくかたまらなかったり、ぶつぶつと穴があく『す』が入ったりという失敗を経験したことがある方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、一度覚えたら一生使える決定版のレシピをプロに教えてもらいました。 あわせて、よくある失敗の原因や解決方法も徹底解説します。 「茶碗蒸しを失敗してしまう原因はさまざまですが、一度作り方を覚えてしまえば、すごくシンプルで繰り返し作りやすいメニューです。 蒸し器がなくても、電子レンジや鍋で作ることができます」とは、フードコーディネーターの村井りんごさん。 まずは、迷いがちな卵と出汁の比率について、教えてもらいました。 卵と出汁は1:3が黄金比。 卵1個に対して出汁180ml程度が目安 「出汁の量は、卵の約3倍と覚えておきましょう。 出汁が多いと固まらず、卵が多いとかたい仕上がりになります。 卵1個はLサイズで60ml程度なので、その場合の出汁の量は約180ml。 卵の量はSMLのサイズによっても、個体によっても変わるので毎回計量しましょう。 5がベストバランス。 その方が、加熱ムラが起こりにくくなります 味つけは塩だけ。 シンプルに仕上げる基本の茶碗蒸しレシピ 材料(4人分)• 卵Lサイズ…2個• Lサイズの卵を使ったため、分量は360ml程度• <具>• かまぼこ…5mm厚さ4枚• しいたけ(薄切り)…4枚• 今回は卵が120mlだったので120mlの出汁を3杯入れましょう」 今回は昆布とかつお節の出汁を使いましたが、市販の白だしを活用しても。 その場合は、すでに塩が入っているので、次の工程の塩はいりません。 出汁は粗熱を取っておきます。 「みりんやしょうゆで味付けすると水分量が変わってくるので、『塩だけ』が失敗しにくい作り方。 出汁の風味や具材から出る味わいがあるので、塩だけでも十分美味しく仕上がります。 みりんや砂糖を少量加えると、ほんのり甘みのある茶碗蒸しになります。 残った卵白は無理に落とすとかたまりになるため、取り除きます。 「このひと手間で、蒸し上がりがなめらかになります。 こしたときにできる泡をそのまま加熱すると『す』が入って口あたりが悪くなるため、スプーンなどで取り除きます。 ライターの火を泡に近づけてもOK。 「具材はお好みですが、鶏やかまぼこを入れると美味しい出汁が出ますし、しいたけなどのきのこ類を入れると強いうまみが加わります。 卵が固まりにくくなる舞茸や、水分量が多い具材は避けましょう。 *丼などにすべての材料を入れて、大きく蒸す方法も 小さめの耐熱容器が複数ない場合は、丼のような大きめの耐熱容器に、すべての材料をまとめて入れて蒸すことも可能です。 強火で3分蒸したら弱火で約10分蒸し、一度火を止めて火の入り加減を確かめます(確かめ方は次の工程で紹介)。 「茶碗蒸しの容器を蒸し器に入れるのは、必ず湯が沸騰して蒸気が立ってから。 低い温度で長く火にかけても、卵は固まりません。 菜箸をかませるのは、フタを傾け、すき間を作るためです。 傾けることでフタについた水滴が茶碗蒸しに落ちるのを防ぐことができます。 また、鍋の中の温度が高すぎると『す』が入る原因になるため、すき間から蒸気を逃がして鍋の中の温度を上がりすぎないようにする意味もあります。 濁っている場合は、さらに加熱します。 竹串を差す方法もありますが、傾けるだけで見分けられるはずです」 火が通っていればこれで完成。 火が通っていなかったら菜箸を外して蒸し器のフタをきっちりと閉めてから、弱火で2~3分蒸し、火を消してそのまま3分待ち、余熱で蒸らします。 ふるっふるの茶碗蒸しが完成! 蒸し上がったら三つ葉を飾って完成。 表面はつるつると美しく、スプーンですくうとふるふるっと震える茶碗蒸し。 この、ようやくすくえる位のはかない柔らかさは、卵:出汁=1:3の黄金比の賜物。 一度上手に作れるようになったら、もう茶碗蒸しはお手のものです! 蒸し器がない場合の蒸し方 茶碗蒸しは蒸し器がなくても電子レンジ、フライパン、鍋で作ることができます。 それぞれの方法をご紹介。 耐熱の器に具材を入れたらラップをせずに600Wで30秒加熱し、具材に火を入れます。 その後、卵液を注いで加熱しますが、途中で取り出してこまめに状態を確認することが失敗を防ぐポイント。 200Wで6分加熱、取り出して状態を確認し、火が通っていない場合は1分加熱します。 それでも火が通らない場合は、さらに1分加熱します。 加熱時間は蒸し器と同じ、強火で3分蒸したら弱火で約10分蒸し、一度火を止めて器を取り出し、火の入り加減を確認。 火が入っていない場合は菜箸を外してフライパンのフタをきっちりと閉めてから、弱火で2〜3分蒸し、火を止めてそのまま3分待ち、余熱で蒸らします。 強火の時に器が揺れるほどグラグラ煮立てないこと。 器が揺れるようだったら火が強すぎるため、少し弱めます。 加熱時間は蒸し器と同じ、強火で3分蒸したら弱火で約10分蒸し、一度火を止めて器を取り出し、火の入り加減を確認。 火が入っていない場合は菜箸を外して鍋のフタをきっちりと閉めてから、弱火で2〜3分蒸し、火を止めてそのまま3分待ち、余熱で蒸らします。 全量をまとめて蒸したい場合は 材料の分量や準備の方法は記事内で紹介しているレシピと同様。 蒸し時間はやや長めになりますが、卵液のふるふる感をより堪能できる仕上がりになります。 丼などの器に具材の全量を入れ、卵液の全量を注ぎます。 蒸し器で作る場合は、蒸し器とフタの間に菜箸をかませて強火で6分蒸したら、弱火で約20分蒸し、一度火を止めて器を取り出し、火の入り加減を確認。 火が入っていない場合は菜箸を外して蒸し器のフタをきっちりと閉め、弱火で2〜3分蒸し、火を止めてそのまま6分待ち、余熱で蒸らします。 鍋やフライパンだと丼などの容器が入りにくいので、蒸し器がない場合は電子レンジでの加熱がおすすめ。 その場合は、レシピよりも出汁の量を減らし、卵:出汁を1:2. 5の比率にします。 耐熱の器に具材を入れてラップをせずに600Wで1分加熱。 卵液を入れてふんわりとラップをかけ、200Wで約12分加熱し、一度器を取り出して火の入り加減を確認。 火が入っていない場合は、さらに200W2分加熱。 再度状態を確認して、火が入っていない場合はさらに200Wで2分加熱します。

次の