榊原あかね。 榊原あかねさんの運勢

榊原ゆい (さかきばらゆい)とは【ピクシブ百科事典】

榊原あかね

榊原ゆいとは、の、である。 称は「」。 概要 生まれ。 自称永遠の。 やなどとで名義を変えるが多い中、同一名義で活動する1人。 地が較的なをしているが、出せる色が多くからまでこなすことができる。 として出演する以外にを歌う機会も多く、作品によっては両方を担当している場合も多い。 としては自らの曲でを行うだけでなく、他のの曲に詞をすることもある。 また、もできるなど幅広い活動が見られる。 さらに、昔はをしており、としてもに出場した経験もあるなど、を非常に得意としている。 「」の振り付け及びモーションはの担当である。 時折、やなどで・面を問わず様々な発言をすることがある。 「」発言(食べ物のを)や自身のでの禁止、がされる際の変更に苦言を呈するなど、業界を揺るがすような発言も少なくない。 は「イ」の講師を務めている。 永遠のナインティーン 直々にに勧誘されたものの、を理由に辞退(後述の発言から、成人向け作品での活動を考慮したと思われる)。 その代わり、永遠の(19歳)を自称するようになった。 ただし、他(やなど)と違って現時点で本人以外の信徒は確認されていない。 ちなみにである理由は「向けの作品でもをする以上、にはなれない」という考えからきているらしい。 出演作品 アニメ(Webアニメ、OVA含む)• -FOOTP IN THE D-(はまじ)• (梶緋紗子)• ; --()• (美絵)• (仁菜)• -ディン・ウォーズ-(・ガーシュン)• --(・ガーシュン)• (ナヴィー)• (見)• ~(羽未)• ローゼ(プ) ゲーム 一般向け作品• (はまじ)• Poe 2人の(哘)• えすいー(音)• rl d(アィ)• --()• (・ガーシュン)• (・ガーシュン)• (かぐら)• (む)• 〜es es〜(ィ)• はなひらっ!()• っくす()• 伝(幾)• --(プリー)• ~ほし~(ほくと、)• (キリエ)• ~A Of ry~()• トレ~St~()• Poe(矢崎) PCゲーム(成人向け作品)• (千)• (見)• (凪深緒)• (徳河吉音)• -FOOTP IN THE D-(はまじ)• との暮らし方()• まっら()• 2人の(哘)• (木ノ坂)• (美絵)• (名凪)• (仁菜)• (、さん)• (火)• 絶対可憐!っ(崎)• を仰ぎてたかく()• ~ー~(椎)• (ィ)• (野)• ~とキャッキャ~(檗美)• はっマー! (南初瀬ン)• 咲くとの()• * ~の園でごきげんよう。 ~(羽未)• (原奈都美)• (紗東)• の満開の下(、木)• (ウタ)• (羽住)• (中ノ妙)• (プリー)• (・カ)• (・ラ)• (矢崎) PCソフト• (、) 削除状況 の名は「株式会社ラブトラックス」と表記されている。 詳細 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• ショルダー• 外部リンク•

次の

CiNii Articles

榊原あかね

人物 10月13日生まれ。 兵庫県出身。 愛称は「ゆいにゃん」。 旧芸名は「津田沼真利」(ゲーム『はぁとでネットワーク』のヒロインの名に由来)、「雛野まよ(『真代』とも)」、「Hinano」、「まりあ」。 声優に憧れて上京し、1999年頃にデビュー。 に出演することが多いが、一般向けアニメに出演する際も名義を変えない(ただし一時期、全年齢作品では『雛野まよ』名義を用いた事がある)。 声優の傍ら、歌手、ダンサー、振付師としても活動している。 ダンサーとしては、2000年・2001年のにて、のバックを務めた実績を持つ。 ちなみにこれらの技能は、全て独学で得たものである。 かつてから「17歳教」の入信を勧められたが、上記の理由から断った。 この関係で「永遠の19歳(ナインティーン)」を自称する。 主な出演作 @シリーズ @ @ pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 19:53:29• 2020-07-16 19:51:43• 2020-07-16 19:51:18• 2020-07-16 19:50:23• 2020-07-16 19:50:22 新しく作成された記事• 2020-07-16 19:50:38• 2020-07-16 19:45:36• 2020-07-16 19:48:22• 2020-07-16 19:42:17• 2020-07-16 19:28:45•

次の

榊原郁恵

榊原あかね

本稿では,大学受験時の親子間のやりとりに関して想起されたエピソードをもとに,青年期の進路選択時の親子間葛藤について検討することを第一の目的とした。 また,進路選択時の親子のやりとりをテーマとしたロールプレイングを導入することにより,大学受験時の親子間葛藤の捉え方が変容するかについて検討することを第二の目的とした。 その結果,親子間葛藤が比較的穏やかであるとされる現代でも,進路選択などの重要な局面においては,親の共感的態度も主張的態度も否定的に捉える傾向にあり,親子間葛藤が生じやすい可能性が考えられた。 しかしながら,ロールプレイングにおいて,様々な態度の親役割と対峙することにより,これまでとは異なる視点で自身の親の態度について考えることができ,当時の親の態度を肯定的に捉えることができる可能性が示唆された。 また,親役割を演じることによって,当時の親の意図や心情について考える契機にもなりうることが推察された。 本研究の結果から,現代社会においても進路選択場面での親子間葛藤は存在し,過去の親子間葛藤を肯定的に捉え直すための手段のひとつとして,ロールプレイングは有用である可能性が考えられた。 The first purpose of this study was to explore parent-child between the conflicts in adolescent career decision making, through episode parent and child talk about the university entrance exam. The first purpose of this study was to explore apperception about parent-child between the conflicts in adolescent career decision making by role-playing about parent-child communication in adolescent career decision making. At the result, even in modern times that parent-child between the conflicts is calm, child apt to perceive parent's attitude negative in adolescent career decision making. Therefore, parent-child between the conflicts easily breaks out at that time. However, child becomes to capture the parent's attitude from a different viewpoint and perceive it positively, by confronting a various of parent's attitudes in role-playing. Also, acting parent's role may provide child with opportunity that he considers parent's thought and feeling. From this study, we think that there are parent-child between the conflicts even in modern times and role-playing is one of the useful method that child reinterprets past parent-child between the conflicts positively.

次の