Zoom ブレイク アウト ルーム 無料。 Zoomの会議は何人まで大丈夫?複数人で会議する方法について

ブレイクアウト (Breakout)

Zoom ブレイク アウト ルーム 無料

ブレイクアクトルーム機能とは ブレイクアウトルーム機能とは、Zoom上でオンライン会議に参加している参加者を、小さなグループに分けることができる機能です。 【ポイント】 ・ホストだけが使用することができる ・最大で 50 のブレイクアウトルームが作成できる ・1つのブレイクルームに最大で 200 名が参加できる ・ブレイクアウトルームの参加者は、オーディオ、ビデオ、画面共有機能が利用できる ・参加者を自動または手動で各ルームに割り当てることができる ・ホスト以外は他のグループに自由に入退室できない セミナー中に、グループワークを実践したい場合、ミーティング中に各部署ごと話し合うことができます。 右上の人アイコンをクリック• 「設定」をクリックし、「ミーティング」ページを確認• 画面を下にスクロール、「ブレイクアウトルーム」をオン 「スケジューリング時にホストが参加者をブレイクアウトルームに割り当てることを許可する」をオンにすると、事前に割当を行うことができます。 ただし、ブレイクアウトルームを行うには参加者の Zoom ログイン時に登録しているメールアドレスが必要になるので、事前確認する必要があります。 開始前に参加者を事前割り当てする方法• 「ミーティングをスケジューリングする」をクリック• 「ブレークアウトルーム事前割り当て」をオン• 2-1. 「ルームを作成」をクリックし、手動で入力し、保存• 2-2. 注意事項 ミーティング開始後、ブレイクアウトルームの設定を見てみると設定したブレイクアウトルームの部屋数や部屋名は反映されているものの、参加者は反映されていないように見えます。 参加者全員がミーティングに参加した状態で「再作成」をクリックし、「事前に割り当てられているルームに復元」をクリック 無事、割り当てられました 開始後に参加者を割当する方法• 「ブレークアウトセッション」をクリックし、セッションを作成• ・自動:Zoomが各ルームに自動的に参加者を均等に割り当てます。 ・手動:手動で参加者をルームに割り当てます。 割り当てをクリックし、参加者をグループに割り当て• 割り当てができたら「すべてのセッションを開始」をクリック 有効活用したい便利なオプション機能 タイマー機能 タイマー機能を設定することで、グループワークの時間を指定し、参加者の画面にカウントダウンタイマーを表示させることができます。 「ブレークアウトセッション」を選択後、オプションをクリック• 「分科会室は次の時間に自動的に閉じます」を選択し、タイマーを設定• 「時間切れ後に自分に通知」を選択すると、指定時間時に、終了・延長の選択可能• 「分科会室を閉じた後のカウントダウン」を選択すると、参加者の画面にタイマーを表示できる メッセージ機能 ブレイクアウトセッション中はチャットに書き込みをしても、他のルームの人には見れません。 参加者にチャットで伝えたいことがある場合は、「全員宛のメッセージを送信」をクリックし、メッセージを書き込み送信することができます。 ホストの入退室機能 ホストは各ルームに自由に出入りすることができます。 議論状況の確認や説明等をする際に利用いただけます。 参加したいルームの右横にある「参加」をクリックし、参加• 退出時は「ブレークアウトセッションを退出」をクリック ヘルプ機能 トラブル発生時や、質問時にホストにヘルプを求めることができます• 参加者は「ヘルプを求める」をクリック• ホストの画面にヘルプが求められたという内容の通知が来るので、必要に応じ参加 まとめ ブレイクアウトルーム機能は有料版でしか利用できないと思っている方も多いのですが、 無料版でも使える便利な機能です。 是非ご覧ください! セミナー情報: ブログ記事 一例 : また、弊社サービスの予約システム『Coubic クービック 』では、Zoom などと連携したオンラインレッスン・オンラインサービスの予約~決済~レッスン~アフターフォローを一括で実現できます。 無料からお使いいただけるサービスですので、ぜひお試しください!.

次の

【Zoom】無料版の制限と機能まとめ!有料プランとの違いとは?

Zoom ブレイク アウト ルーム 無料

Zoomのブレイクアウトルームとは、Zoomのミーティングルームの中に作れるグループセッションのことです。 Zoomに作成したミーティングルームの中に、いくつかの小部屋を作って、参加者をそちらに振り分けます。 それがブレイクアウトルームの機能です。 Zoomでブレイクアウトルームを活用すれば、仕事なら部署ごとのグループ分けができます。 セミナーなら分科会やグループセッションを、Zoomセミナーの中で設定できます。 学校なら、グループディスカッションや、生徒を個別に呼び出して面談やカウンセリングに活用できます。 ブレイクアウトルームを活用すれば、Zoomでのミーティングの幅がぐんと広がること間違いなしです。 Zoom is the leader in modern enterprise video communications, with an easy, reliable cloud platform for video and audio conferencing, chat, and webinars across mobile, desktop, and room systems. Zoom Rooms is the original software-based conference room solution used around the world in board, conference, huddle, and training rooms, as well as executive offices and classrooms. Founded in 2011, Zoom helps businesses and organizations bring their teams together in a frictionless environment to get more done. Zoom is a publicly traded company headquartered in San Jose, CA.

次の

Zoomのブレイクアウトルームの使い方!作成・設定方法を紹介!

Zoom ブレイク アウト ルーム 無料

今回はZoomの「ブレイクアウトルームの使い方」について、お話します。。 ブレイクアウトルームは、ホストだけが使用できる機能です。 ブレイクアウトルームをクリックすると小部屋の割り当てができるので、グループミーティングやグループワークができます。 部屋の割り当ては、自動でも手動でもいつでも切り替えることができます。 最大で50のブレークアウトルームが作成出来る便利な機能です。 ブレイクアウトルームを開始するには Zoomミーティングの詳細が、以下の設定になっていないと開始できません。 ミーティングにて(詳細)確認をします。 ブレークアウトルーム ON• リモートサポート OFF ブレイクアウトルームを開始したいときは、Zoomの画面の下にマウスを移動させることで、各種の利用できる機能が確認できます。 ブレイクアウトルームのボタンをクリックすることで、ブレイクアウトルームの設定画面が表示されます。 それぞれお使いになっているパソコンの画面の大きさによっては、ブレイクアウトルームのボタンが、見当たらない場合があります。 その場合、右端に「・・・」(詳細)をクリックすると、その中でブレイクアウトルームを選択することができます。 また、手動でどの部屋に、誰を割り当てるか、決めることもできます。 参加者をいくつの部屋に分けるか決める。 自動か手動か、どちらかを選択する。 「ブレイクアウトルームを作成する」をクリック 次に進む 自動で振り分ける場合は• 数を決めて数字を入力• 自動を選択する 入力した部屋数に自動で振り分けられます。 どの部屋に誰が入っているのか、部屋の中に入っている人の名前と、その部屋に入っている人の数が表示されます。 以下のような形です。 部屋の名前:ブレイクアウトルーム1• 部屋の人数• 部屋数を決めます• 手動を選びます• 「ブレイクアウトルームを作成する」をクリック 次に進みます。 手動の割り当て画面が出てきたら 手動の割り当て画面が出てきたことを確認したら• 各部屋の割り当てボタンをクリック• 表示された名前のチェックボックスに(レ)をする• メンバーを割り当てます 部屋の名前の変更、削除もできます 部屋の名前も好きな名前に変更できます。 また、削除も可能です。 人数や目的によって、部屋の数は「50個」まで増やすことができます。 急に参加人数が増えても大丈夫です!! 部屋数を増やすことで、各部屋にメンバーを割り当てることができるから、安心してくださいね。 メンバーの変更(移動)と交換 メンバーを移動するときは• 移動させたいメンバーの名前の行のところで「移動先」をクリック• 移動先が表示させる• 部屋を選択し、メンバーの移動を完了させる メンバーの交換 メンバーを交換したいときは• 交換したいメンバーの行で「交換」を選択• どの部屋の誰と交換するかを決める• メンバー同士を交換する 詳細設定 「オプション」をクリックすると、詳細設定をすることができます。 全員参加者を自動で分科会室に移動させることができます。 チェックすると参加者が参加するを押さなくても強制的に小部屋へ移動させることができます。 分科会室は次の時間後に自動的に閉じます。 チェックするとブレークアウトルームのセッション時間を【01~999分】まで設定できます。 カウントタイマーを設定 ブレイクアウトルームを閉じた後にメインルームに戻るまでのカウントダウン秒数【10~120秒】を設定できます。 セッションの開始 「すべてのルームを開ける」をクリックするとセッションは開始されます。 招待させた参加者に「後で」と「ブレークアウトルームに参加する」という2つのボタンが表示されます。 参加者は「ブレークアウトルームに参加する」というボタンを押せば参加できます。 ホストが「強制的に小部屋に移動する」と設定している場合、直接設定された部屋に移動されます。 開始後のメンバーチェンジとホストの参加• ブレークアウトセッションが開始された後から、メンバーの「移動」のみは可能です。 ホストは各ブレークアウトルームに参加することができます。 ホストが参加する時は右側にある「参加」のボタンをクリックします。 任意の部屋に参加ができます。 ホストの参加 ホストは参加している部屋から退出したい時、または他の部屋に移動したいとき、 マウスをZoom画面の下の方にもっていきます。 ブレークアウトルームボタンを表示の「ブレークアウトルームから退出しますか?」をクリックします。 そうすると、ブレークアウトルームのパネルが立ち上がります。 これで、ホストが参加したい部屋を自由に選ぶことができます。 参加者が「ヘルプ」を求める場合 ホストがブレークアウトセッションに参加していない、または別の部屋に参加している時など、参加者はホストに「ヘルプを求める」ことができます。 ただし、すでに他の人がホストの対しヘルプを求めている時は、ホストを招待できません その場合「ホストは現在他のユーザーにヘルプを提供しています。 後でもう一度やり直してください」というメッセージが表示されます。 ヘルプを求めることで「ブレークアウトルームにホストを招待してアシストしてもらうこともできます。 「ホスト招待」のボタンを押すと、ホストを呼べます• パソコンの画面によってはヘルプは詳細の中にある場合がありますのでご確認ください。 ホストがヘルプに応える ホストは参加者にヘルプを求められると、誰がヘルプをしたかわかるようになっています。 ヘルプが来た際には通知されます。 ヘルプを求めた参加者の「ブレークアウトルームに参加する」をクリックする• ヘルプを求めてきた人の部屋に入り参加する。 ホストがルームに参加すると「ホストは現在このルームにいます」と表示されます。 「後で」をクリックします。 ヘルプを求めた参加者に対して「ホストは現在他のユーザーにヘルプを提供しています。 「後でもう一度やり直してください」とメッセージがでます。 ブレークアウトルームの再開と再作成 ブレークアウトルームの再開と再作成をすることで、すべてのメンバーを簡単に割り当て直すことができます。 ブレークアウトルームの再開 以前と同じメンバーで再度ブレークアウトルームを開始する時は「すべてのルームを開く」をクリックします。 ブレークアウトルームの再作成 以前とは違うメンバーでブレークアウトルームを行う場合は「再作成」をクリックします。 ホストが全員にメッセージを送る ホストは各ルームの全員に対してメッセージを送ることができます。 全員宛のメッセージを入力する• 「ブロードキャスト」をクリックする• メッセージが送信される ブレークアウトルームの終了 ブレークアウトルームを終了させるには、「すべてのルームを閉じる」をクリックします。 全ての参加者がルームを退出するか設定してあるカウントダウン時間が経過するとブレークアウトルームは閉じられます。 参加者の画面にも終了までのカウントダウンのお知らせが通知されます。 ブレークアウトルームの中での制限 【チャット】• ブレークアウトルーム内でのチャットはその部屋のメンバーだけ限定で送信することができます• 他の部屋のメンバーにはチャット送信はできません。 【録画】• ホストはクラウドにメインセッションのみ録画が可能です。 ブレークアウトルーム内の録画はすることができません。 ブレークアウトルームの中をパソコン録画することは可能です その場合、• 各ブレイクアウトルームの参加者に録画担当をひとり配置する。 Zoom終了後、ホストが録画担当者からブレークアウトルームを録画したものを回収する。 編集して繋ぎ合わせる 以上の3つのステップで、各ブレイクアウトルームの録画は可能になります。 ホストには全体を見て進行を行うという大切な役割があります。 参加者の部屋の割り振りは人数が少ない時は手動でできても、人数が多くなると手間がかかります。 そのためには、自動振り分け機能を使うと早く振り分けられて、参加者を待たせる時間が短くて済みます。 効率的な方法としてぜひ、ご活用してみてくださいね。

次の