楽天プリペイドカード。 楽天バーチャルプリペイドカードの口コミ・評判 | みん評

楽天バーチャルプリペイドカード|楽天カード

楽天プリペイドカード

楽天バーチャルプリペイドカードとは まずは楽天バーチャルプリペイドカードとは一体どんなものなのかという点をしっかりと理解しておきたいと思います。 楽天バーチャルプリペイドカードとは 楽天カード所有者が購入できるバーチャルなプリペイドカードで、 ネット上の決済だけで使えるプリペイドカードが手数料無しで持てるというサービスです。 バーチャルなプリペイドカードなので 実際にカードが発行されることはなく、16桁の番号が記載されたバーチャルなプリペイドカードが発行されるだけです。 楽天をはじめとしたネットショッピングやインターネット上のサービスを利用して、その代金や利用料金を楽天カードで決済をする代わりに楽天バーチャルプリペイドカードを使って決済できるというイメージですね。 使い方はクレジットカード番号を入力する欄に楽天バーチャルプリペイドカードで発行された16桁の番号を入力するだけです。 でも 楽天カードの代わりに楽天バーチャルプリペイドカードを使うメリットって何でしょうか? どんな使い道があるの?メリットは? 楽天カードを持っているのにあえて楽天バーチャルプリペイドカードを使うというのは例えばこういうときがあります。 クレジットカード番号の漏洩が怖いのでネット上で使いたくない• 商品購入やサービス利用で支払った代金を楽天カードの利用明細に載せたくない• 使いすぎを防ぐために上限を決めておきたい もしかしてもっと独特な使い方をしている人もいるかもしれませんが、この3つが大きな使い道でしょう。 クレジットカード番号が漏洩しない たびたび顧客情報の流出がニュースになっていますよね。 何だか個人情報流出のニュースが多くて「もう別に流出してもどうでもいいや」なんて麻痺してしまいそうですが、ただやっぱりそんな個人情報流出のニュースを聞くとクレジットカード番号の漏洩が心配なのでネット上でのクレジットカード決済は怖くてできないという人も多いと思います。 始めて使うサイトだったり、海外のサイトだったりすると特に心配になりますよね。 このようなクレジットカード決済が不安な人がネットショッピングで代金を支払うには銀行やコンビニでの振込や代金引換を使うのが一般的だと思いますが、何だか面倒だったり手数料が必要だったりしますよね。 楽天バーチャルプリペイドカードは楽天カードとは別の使い捨ての16桁の番号を使うので、たとえ ネット上で入力した番号が流出しても 楽天カード自体の番号が流出する恐れは無いですし、もし楽天バーチャルプリペイドカードの番号が流出してすぐに使われたとしても、損失は楽天バーチャルプリペイドカードに登録している金額分だけなので大きな損害にはなりにくいですね。 この楽天バーチャルプリペイドカードだとクレジットカード番号の漏洩を恐れずに、銀行やコンビニに振込に行ったり代金引換で手数料を取られたりすることなく簡単に決済ができるというわけです。 これだけでも十分なメリットですよね。 楽天カードの利用明細には載らない 自分だけで使っている楽天カードだったら気にすることはありませんが、家族カードを作って家族で使っている場合に、「この買い物は請求書に載ってほしくないな・・・」っていうものはありませんか。 家族に知られたくないようなあんな買い物やこんなサービスを楽天カードで購入した場合はもちろんのこと、家族へのプレゼントというのも楽天カードで支払っている場合はどこで買っていくら使ったかというのはあまり知られたくないな、っていう人もいるんじゃないでしょうか。 「あぁ・・・プレゼントでくれたこの高級ブランドの財布って中国の通信販売で激安特価で買ったんだ・・・」なんてまぁ、あまり知られたくないですよね。 そんなときには楽天バーチャルプリペイドカードですね。 楽天カードの利用明細にどこで何を買ったかというのが載らないので安心です。 ただし、 楽天カードの利用明細には「楽天プリペイド購入分 10,000円」というように表示されてしまうので、「これ何?」となった場合はうまく回答しないと変な疑いを持たれてしまうかもしれませんね(笑) クレジットカードの使い過ぎを防ぐ クレジットカードは便利な反面、使い過ぎてしまうという怖さもありますよね。 諸説はあるみたいですが、普段からクレジットカードで支払いをしている人は現金払いをしている人に比べるとお金を浪費してしまって溜まりにくいという調査結果もあるみたいですからね。 ついついネットショッピングなどで使いすぎてしまうという人にも楽天バーチャルプリペイドカードは使えます。 これ以上使わないという金額分の楽天バーチャルプリペイドカードを購入しておくと使いすぎが防げますよね。 「今月は30,000円以上は使わないぞ!」って頭の中で思って自制するだけよりも、30,000円分の楽天バーチャルプリペイドカードを購入しておいて、「これ以上は使わない」とした方がより確実に守れそうですよね。 さらには楽天バーチャルプリペイドカードは申し込むときに「ネットショッピング用」や「ゲーム課金用」といった具合で名前をつけて分けることができるので、このようにすればなおさら良いかもしれませんね。 楽天バーチャルプリペイドカードの買い方 楽天バーチャルプリペイドカードは楽天カード会員であれば誰でも購入できて、もちろん家族カードを使っている家族会員でも大丈夫です。 楽天バーチャルプリペイドカードは楽天カードの楽天e-Naviから購入できます。 楽天e-Naviから購入 楽天e-Naviの上部メニュー(グローバルメニュー)の「お申込み(カード/サービス)」を選択し、その中に「楽天バーチャルプリペイドカード」があるので、そこから購入できます。 こんなメニューの中にあってもほとんどの人は気づかないですよね。 (笑) この「楽天バーチャルプリペイドカード」をクリックすると「カードのご購入」というリンクがあるのでそこから購入スタートです。 「カードのご購入」をクリック まずは楽天バーチャルプリペイドカードのデザインを選びます。 楽天バーチャルプリペイドカードのデザインを選びます 楽天バーチャルプリペイドカードはバーチャル(仮想的)なカードなので、カード自体が手元に届くことは無いのですが、楽天バーチャルプリペイドカードの管理画面にはカードのデザインが表示されます。 やっぱり少しでも自分の好みにあったカードを選びたいですよね。 シンプルなものからかわいい猫ちゃんの写真まで、25種類のデザインが幅広く用意されているので、その中から好きなデザインを選びます。 デザインを選んだら次は購入金額を選択します。 購入する金額を選び、カードに名前をつけます 楽天バーチャルプリペイドカードは金額固定式で種類は次の通りです。 楽天バーチャルプリペイドは複数枚持てるのでそれらを管理しやすくなりますが、用途別に「ショッピング用」や「オンラインゲーム用」など名前をつけるとさらに管理しやすくなりますね。 実際に楽天バーチャルプリペイドカードで物を購入するときに、 ここで入力したカード名を画面に入力することは無いのでどんな名前でも大丈夫です。 楽天カードのセキュリティーコードを入力 楽天カードの裏にある3桁のセキュリティーコードの入力も必要になります。 暗記している人は別ですが、楽天カードを手元に用意しておきましょう。 3桁のセキュリティーコードを入力して「確認画面」へ行きます。 間違っていないか確認! 3,000円分を買ったつもりが30,000円分になっていないかということや選んだカードデザインが間違っていないかなどをここでしっかり確認しましょう。 かつては楽天バーチャルプリペイドカードを購入するときには手数料が必要でしたが、今は必要ありません。 購入完了です。 利用をするには手続きが必要です。 これで購入手続きは完了です。 とても簡単ですね。 ただ、購入してそのまま使えるというわけではなく、この 購入した楽天バーチャルプリペイドカードを利用するには利用開始手続きが必要です。 購入完了画面からそのまま開始手続きまで完了させてしまいましょう! 楽天バーチャルプリペイドカードの使い方 利用開始の手続き それでは利用開始手続きを行います。 まずはカード名義を入力します。 カードの名義を入力 カードを購入するときに入力した「カード名」とは違って、楽天バーチャルプリペイドカードを使うときに入力する名義です。 クレジットカードで言うところのTAROU RAKUTEN みたいな名義ですね。 別にクレジットカードのように名前でなくても、RAKUTENPANDAのようにニックネームでもなんでも言いそうです。 ただ、サイトによっては購入者とクレジットカード名が同じでないとダメというサイトもあるので、僕の場合は楽天カードと同じ表記(姓名)にしています。 とはいうものの、カード名と同様に カード名義もあとで自由に変更ができるので通常はニックネームを使って、もしサイトで拒否されそうだったら実際の名義に変更するという方法にすれば、より安全ですね。 (僕は面倒なので普通に姓名でしていますが・・) その次はお知らせを受け取るメールアドレスの設定です。 メールアドレスの設定 各種お知らせメールの他に、楽天バーチャルプリペイドカードを利用した場合に利用メールが届くように設定することができるのですが、それらのメールが届くメールアドレスを設定します。 ちなみに500円未満の利用の場合はカード利用メールは配信されないようになっています。 メールアドレスの設定が終わると、あとは確認です。 しっかりと確認 しっかり確認をして、利用開始手続きは完了です。 これで利用できるようになりました。 実際に利用する方法 楽天バーチャルプリペイドカードを実際に使う方法はとても簡単です。 クレジットカードの決済入力画面で、楽天バーチャルプリペイドカードの16桁のカード番号/カード名義/有効期限と必要な場合は3桁のセキュリティコードを入力すればOKです。 通常の楽天カードで買い物をする時と全く同じですね。 ただ、 カード名義が購入者と違うものは使えないというサイトもあるので、その場合は名義を購入者に合わせましょう。 デメリットや注意することは? デメリットというほどでも無いですが、少し気になる点をいくつかご紹介しておきたいと思います。 楽天カード、もしくはMasterCardの加盟店でしか使えない 楽天バーチャルプリペイドカードは楽天カードの加盟店では使えるのですが、カードの国際ブランドはMasterCardになるので、 楽天カードの加盟店ではない場合は決済方法にクレジットカードのMasterCardを扱っていないショップでは利用できません。 とはいっても、MasterCardといえばVISAに次ぐ2位のシェアを持つ国際ブランドなので、それほど困ることは無いんじゃないでしょうか。 楽天バーチャルプリペイドカードは国際ブランドはMasterCardとなりますが、 持っている楽天カードがVISAやJCB、AmericanExpressでも楽天バーチャルプリペイドカードの購入は可能ですよ。 有効期限が1年間 楽天バーチャルプリペイドカードには有効期限があります。 その 有効期限は購入から1年間、正確にいうと購入した1年後の月末までです。 1年間というのは短いなぁという気はしますね。 1年経てば残額は悲しいことに0円になってしまいます。 1年経過するけれどどうしても使い切れない!という場合は 合算という方法があります。 新しくもう一枚楽天バーチャルプリペイドカードを購入して、期限切れ寸前の楽天バーチャルプリペイドカードと合算することで、期限切れ寸前の古いカード分の残高が新しいカード分の残高に吸収されて、 期限切れ寸前だった楽天バーチャルプリペイドカードの残高が1年間延長になります。 ただ、合算ができる上限は5万円までとなっているのでその点は注意しましょう! 残高を使い切るのが難しい 楽天バーチャルプリペイドカードの残高が100円とか200円といった感じで少なくなってしまった場合どうすればいいのでしょうか。 先ほどご紹介した合算で新しいカードに繰り越すという方法もアリです。 ただ、合算ではなくて使い切りたいと思うこともありますよね。 もちろんぴったり欲しいものが残高額と同じであれば問題ないのですが、なかなかそんなことも珍しいですよね。 そんな場合には 次の方法で使い切ることができます。 楽天スーパーポイントを使って支払い金額をぴったりに調整する• Amazonギフトカードを残高を使って購入する 楽天で使い切る まずはみんなが大好き楽天で使い切る方法です。 楽天で買い物をするときに、 楽天スーパーポイントをうまく使って支払い代金を楽天バーチャルプリペイドカードの残額分にあわせることによって、楽天バーチャルプリペイドカードを使い切ることができます。 とても簡単ですが、これも楽天で欲しいものがどうしてもなければ使えないですね。 Amazonで使い切る AmazonでAmazonギフトカードを購入することによって残高を使い切るという方法があります。 Amazonギフトカードといってもコンビニなどで購入できる3,000円や5,000円といったカードタイプではなくて、Amazonサイトで購入できるオンラインタイプです。 オンラインタイプだと15円から500,000円まで1円単位で指定して購入できるので、 楽天バーチャルプリペイドカードの残高分を購入すればOKです。 もちろん、Amazonが大嫌いで絶対に使いたく無い!!という人は使えない方法ですけどね。 (たまにそんな人いますよね) 不正利用の保証は無い クレジットカードであれば、情報漏えいやハッキングによって不正利用された場合には保証がついています。 しかし、 楽天バーチャルプリペイドカードには不正利用の保証がついていません。 ネットショップに登録した楽天バーチャルプリペイドカード情報が流出して不正利用されたとしても泣き寝入りするしかありません。 とは言っても、1枚の楽天バーチャルプリペイドカードは合算を使ったとしても上限は50,000円なのでクレジットカードの不正利用に比べるとそれほど大きな被害にはなることはないですね。 この点はネットショップにカード情報を登録(保存)しないといった対策で防ぐしか無さそうですね。 では楽天バーチャルプリペイドカードを使った場合は楽天スーパーポイントは貯まるのでしょうか。 まとめ 楽天バーチャルプリペイドカードいかがでしたでしょうか。 まだまだ インターネットでクレジットカード番号を入力することに抵抗のある人は多いですし、まだまだ楽天バーチャルプリペイドカードの存在をもっと知ってもらうべきだと思います。 これだけ楽天バーチャルプリペイドカードについて長い記事を書いたのに「楽天バーチャルプリペイドカードのサービスを終了します」なんてことにならないことを祈るばかりです。

次の

【2020年7月最新版】「PayPay(ペイペイ)」に「楽天カード」は登録できない?チャージは可能?

楽天プリペイドカード

「楽天カード」はマイナポイント制度対象! もうマイナンバーカードは準備しましたか? VISA・マスターカードならPayPay(ペイペイ)に登録できる 「楽天カード」のブランドがVISAかマスターカードなら、「PayPay(ペイペイ)」に登録できます。 ただし、PayPay残高へのチャージはできません。 JCB・アメックスはPayPay(ペイペイ)に登録できないが例外はヤフーカード 「楽天カード」のブランドがJCBかアメックスなら、「PayPay(ペイペイ)」には登録できません。 例外的に登録できるのは、ヤフーカードのみです。 本人認証しないと上限は5000円 本人認証されていないクレジットカードの場合は利用上限額は1日5000円、1ヶ月5000円に制限されます。 もしもクレジットカードが登録できたにも関わらず、登録したクレジットカードからの支払いでエラーとなる場合は、この点を確認してみましょう。 3Dセキュアによる本人認証後のクレジットカードでの支払い時の上限金額は、認証前よりもUPします。 「楽天カード」の本人認証(3Dセキュア)については下記の記事で紹介しています。 ・PayPay残高またはYahooカードで支払った場合の、基本となる付与率が0. 5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%) ・前月に100円以上の決済回数が50回以上あった場合、付与率が0. 5%アップし1%(または1. 5%) ・前月の決済金額が10万円以上だった場合は、付与率がさらに0. 5%アップし、最大1. 5%還元率~ Yahoo! 「PayPay(ペイペイ)」でPayPayボーナスをもらえるのは ・PayPay残高 ・ヤフーカード しかありません。 しかもPayPay残高へチャージできるクレジットカードはヤフーカードのみです。 「PayPay(ペイペイ)」へのチャージ方法 PayPay残高へチャージする方法は以下です。 ・銀行口座 ・Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード):本人認証後 ・ヤフオク!の売上金 ・セブン銀行ATMから現金チャージ ・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い 残念ながら「楽天カード」からはチャージできません。 「PayPay(ペイペイ)」はキャンペーンが豊富 「PayPay(ペイペイ)」は、過去に100億円還元など大規模キャンペーンがあったように、キャンペーンが豊富です。 ただし、キャンペーンでお得なのはPayPay残高かヤフーカードです。 もし大規模キャンペーンの時だけお得に利用したいなら、銀行口座か、セブン銀行ATMから現金チャージが手っ取り早くおすすめです。 「PayPay(ペイペイ)」なら「ヤフーカード」 「PayPay(ペイペイ)」なら「ヤフーカード」がおすすめです。 年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 1%~ ポイント Tポイント 付帯旅行保険 なし Apple Pay・Google Pay Apple Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能 「PayPay(ペイペイ)」の強烈なキャンペーンは、PayPay残高や「ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)」しか優遇されていないことも多いので、PayPayキャンペーンでお得を享受したいなら、「ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)」しかありません。 とにかく「楽天カード」にクレジットカード利用を集めたい こんな時は、 「PayPay(ペイペイ)」に「楽天カード」登録はアリです。 例えば、PayPayでしか支払いができない店舗で、「PayPay(ペイペイ)」に「楽天カード」を登録しておけば、間接的に「楽天カード」で支払いができることになります。 「楽天カード」のPayPay支払い分について、今のところポイント付与の対象になっています。 なので、「PayPay(ペイペイ)」に「楽天カード」を登録して使う理由はあります。 「楽天カード」なら「楽天ペイ」がおすすめ 「楽天カード」なら「楽天ペイ」が一番おすすめです。 年会費 無料 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 1%~ ポイント 楽天ポイント 付帯保険 海外旅行保険(自動付帯) Apple Pay・Google Pay Apple Pay:登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能 Google Pay:アメックスブランド以外は登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能 「楽天カード」なら「楽天ペイ」が一番お得です。 楽天ペイ+楽天カードの決済では、クレジットポイントが100円につき1ポイント、楽天ペイ利用でポイントが200円につき1ポイント付くので、合計すると次のような還元率になります。 200円につき3ポイント=1.

次の

楽天ポイントギフトカード 楽天ポイント受け取り画面

楽天プリペイドカード

楽天銀行プリペイドカードのメリット 楽天銀行プリペイドカードは、16歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のチャージ式カードですが、一番の魅力はチャージ金額に応じたバリュー(キャッシュバック)のプレゼントと残高不足を自動的に補えるオートチャージ機能の2点です。 チャージ金額に応じてキャッシュバックされるのは楽天銀行プリペイドカードだけ 多くのカードは、利用額に応じてポイント還元やキャッシュバックを行いますが、楽天銀行プリペイドカードはチャージ段階でプレミアムバリュー(キャッシュバック)をプレゼントしてくれます。 チャージ金額 キャッシュバック金額 還元率 5,000円以上 25円 0. 一度チャージしたお金を楽天銀行口座に戻したり、再度チャージを繰り返してもおそらく戻す際に手数料を取られるか、キャッシュバック金額の集計時にチャージ金額の差分計算で対応されるはずなので、サービスの穴は突けないと思いますw オートチャージ機能で残高不足を補える オートチャージ機能は銀行ならではのサービスであり、銀行業で商いをしていないプリペイドカード発行事業者と差別化できるポイントになりますね。 楽天銀行口座にお金が入っていれば、楽天銀行プリペイドカードの残高がある一定水準を下回ったら設定金額に応じて自動でチャージしてくれる便利な機能です。 楽天銀行プリペイドカードのデメリット 補償・保険なし 楽天銀行プリペイドカードをもしも不正利用された場合、補償されないことが商品概要に明記されています。 クレジットカードには当たり前のように付帯されている旅行保険や他社のプリペイドカードによく付帯されているショッピング保険等もありません。 人間の普段の思考は、心理学的な用語で「正常性バイアス」がかかった状態です。 これは、「自分は不正利用に遭わないから大丈夫」という前提が出来上がっている状態です。 カードの不正利用は意外と多いことをご存知でしょうか?そのようなリスクが存在するにも関わらず気にせず申し込む人は多いのが現状です。 カードを発行するのは自分にとって利便性やお得感などメリットがあるからで、不正利用に遭ってしまった人を想像することは皆無です。 ところがいざ自分が不正利用に遭ったとき、どのような行動を取るか申し込む前に一度考えてみてください。 まずは楽天銀行に問い合わせて補償されるか確認しますよね? そこでのやりとりはザッとこんな感じでしょうか。 あなた「不正利用に遭ったのですが、補償はされますよね?」 オペレーター「申し訳ありませんが補償はされません。 」 あなた「冗談ですよね?(ガクガク・ブルブル)」 オペレーター「申し訳ありません。 」 あなた「少しも戻ってこないのですか?(ぐぬぬぬ)」 オペレーター「申し訳ありません。 」 あなた「マジっすか・・・(ぬおぉぉぉ)」 オペレーター「申し訳ありません。 」 あなた「どうにかなりま オペレーター「申し訳ありません。 」せんか?」 あなた「話を遮(さえぎ)らないで下さい。 」 国際ブランドがJCBなのはちょっと・・・ VISAやMasterCardなら世界中で使うことができますが、JCBとなると利用できる地域は限定されます。 ハワイやグアムなど日本人がよく行くような観光地ならJCBは使えますが、やはり世界的にまだまだJCBの加盟店は少ないのが現状です。 海外でも使える楽天プリペイドカードですが、利用するなら国内がメインになると思います。 最後に使った日から13ヶ月経過するとバリュー残高は失効 商品概要を拝見すると1年1ヶ月以上楽天プリペイドカードの残高に変動がなかった場合、バリュー残高は失効すると明記されていました。 (楽天プリペイドカードのバリューとは、チャージされたお金を指しています。 ) ちょっとこれは乱暴だなぁという印象です。 1年1ヶ月以上楽天プリペイドカードを使わずに残高を残す人はほとんどいないと思いますが、チャージしたお金が失効するのは意味が分かりませんw ポイントじゃないんだぞ?と言いたいです。 海外利用時の手数料率とATM利用について 商品概要(PDF)に海外利用時における手数料率は明記されていませんが、カスタマーセンターに問い合わせたところ、楽天銀行デビットカード(Visa)と同じ3. 海外ATMではお金は引き出せないとのことで、JCB加盟店でのショッピング(ネットショッピング含む)利用限定のプリペイドカードとなっています。 海外ショッピングの手数料率も特にお得とは言えないので、楽天プリペイドカードを使うなら国内のみに限定するべきといったところでしょうか。 なぜ楽天プリペイドカードの発行を開始したの? 楽天銀行はクレジットカードやデビットカードを発行しているにも関わらず、なぜ劣化版のプリペイドカードまで広げたのか疑問に思いましたが、理由はシンプルでした。 プリペイドカードは若年層を取り込めるし、クレジットカードを敬遠している人にもアプローチできるからですね。 顧客のお金もしっかり掴めるので、楽天銀行の口座内にお金が還流することで手数料を落としてくれる可能性も考えられます。 いずれにせよ私が妄想したこと以外に本当の狙いがあるのかもしれませんが、楽天銀行としてはやらない理由はない気がします。 楽天プリペイドカードを申し込む前に他のプリペイドカードも検討してみよう 楽天プリペイドカードを使うなら、さらにお得なプリペイドカードがあることも知っておくと損はありません。 そのカードは、還元率2. マネパカードは、楽天プリペイドカードよりも圧倒的に還元率がお得なため、キャッシュバックを目的に楽天プリペイドカードを検討しているならマネパカードがおすすめです。 具体的にキャッシュバックされる金額をシミュレーションしてみると分かりやすいです。 下記の表は、毎月5万円を利用したときのキャッシュバック金額を比較しています。 楽天プリペイドカード マネパカード 還元率 最大1. 同じお金をどうせ使うなら、還元率の高い がイチオシです。

次の