打 首 獄門 同好 会 junko 仕事。 打首獄門同好会のメンバーを紹介!おすすめの人気曲・アルバムランキング!

打首獄門同好会

打 首 獄門 同好 会 junko 仕事

Contents• 打首獄門同好会 打首獄門同好会(うちくびごくもんどうこうかい)というバンドをご存知でしょうか? 何だかほのぼのとしたアーティスト写真ですよね! ですが… え?何だかバンド名、過激じゃない?ふざけてるの? というリアクションがすぐに返ってきそうです… しかし… 全然ふざけてません! むしろ、 しっかりとした音楽性を持って地に足をつけて活動しているラウドロックバンドだと言えます! 論より証拠、彼らのMVを見てみましょう 日本の米は世界一 うーむ、思わずお米が食べたくなっちゃいそうな素晴らしい曲ですね! という安直な筆者の感想はさておき• 歌詞のコミカルさ• 演奏のタイトさ• 楽曲の完成度 そして何より ラウドロックに影響を受けたその音楽性の高さ がバンドの個性をより引き立てています! 生活密着型ラウドロック だなんて自虐的に名乗ってますけれど はっきり言って何から何までセンスの塊ですよ、この人達 ちょっとおちゃらけた雰囲気に包まれた、彼らのアーティスト魂を色々な角度から検証していきたいなと思います! 最後までお付き合いください! スポンサードリンク メンバープロフィールや代表曲は?• ギター・ヴォーカル:大澤敦史 (左 )• ドラム:河本あす香 (右)• ベース:JunKo (中央) うーむ、この写真も真面目なんだかふざけてるのか分からないですね! しかし… 彼らの代表曲を聴いてみれば納得の理由が分かります デリシャスティック 私を二郎に連れてって 凄いですね! 何が凄いかって? 曲のタイトルをみれば一目瞭然のコミカルさを前面に押し出しつつ タイトでラウドな演奏・その音楽性 で、リスナーの印象を 「カッコいい」という次元まで強引に持っていっているというその1点に尽きるでしょう 想像してみてください こんなタイトルの曲をそこら辺のアマチュアバンドが演奏した場合 「何だかイタイよね… 必死だよね… ダサっ!」 と言われて無視されてしまうのがオチでしょう でも打首獄門同好会はそう感じさせないセンスを持ち合わせているんです! 逆の意味でヤバいですよね 一般的に「ダサい」とされるものを「カッコいい」へ昇華させることができるなんてまるで神様みたいだななんて筆者は思うわけです 大袈裟かもしれませんが、誰にでもできることではないですよね 音楽的な技術やセンス、そして何よりメンバーの熱意に裏打ちされた確かなものがないとこうはなりませんからね! ヘヴィーなサウンドを支える使用機材をチェック! 毎度おなじみ、使用機材の紹介時間がやってまいりました 生活密着型ラウドロック を自称している彼ら ラウドロックに欠かせないもの… それは… 重低音です そしてその重低音を出すのに欠かせないのが• 7弦ギター• 5弦ベース という楽器です 何のこっちゃ?という方のために解説しますと 普通のギター、ベースというのはそれぞれ ギターは6弦、ベースは4弦というのが一般的です しかし、よりヘヴィーな音を求めるミュージシャンのために、低音の弦を1本プラスしたギターやベースが開発されました ギターボーカルの大澤が使用しているのは selvaというブランドの7弦ギター 残念ながら市販されておらず、プロトタイプのような機種を手にいれてそれをずっと使用しているみたいです! ベーシストJunkoの使用ベースは これまた 低音弦を1本プラスした5弦ベースです どのメーカーの5弦ベースなのか、はっきりとした情報は得られなかったのですが 上記の画像よりヘッドのロゴを確認すると Fenderのロゴが見えますね Fenderって5弦ベース出してたんですね! おそらく上記の機種だと思われますが• どのラインナップ・シリーズなのか?• Japanなのか?USAなのか? 詳細は特定できませんでした Fenderの5弦ベースを選ぶっていうのはなかなか渋いチョイスですよね そもそもFenderのジャズベを使おうというミュージシャンは オーソドックスなサウンドを求めて選ぶことが多いように思うんですが 彼女は全く新しいサウンドを求めていたのでしょうか あえてFenderの5弦ベースを選んだみたいですね 5弦ならアイバニーズやシェクターの方が有名だと思うのですが、そこはブランドの信頼感やサウンドの方向性もあったのでしょう まとめ ここまで打首獄門同好会を検証してきたわけですが 最初は 「フザけてるのかな?」なんて思わせておいて… パッと曲を聴いたら「 何だかカッコいいな」なんて思って… 掘り下げていくうちに 「きっと活動自体を楽しんでいるんだろうな」なんて感じるようになりました だって… 最新のアーティスト写真、これですよ(笑) 面白すぎでしょう! 筆者はね、とにかく笑いましたね とあるフェスのHPをチラチラと見ていたんですがね、出演アーティストの中に 何やら漁船に乗っているアーティストがいるぞ! と思ったんです とにかく目を引きますよね、この写真!!! これってとても大事なことだと思います 何千何百とバンドがいる音楽シーンの中で 自分のバンドを他と差別化していかなければいけないわけですから! 漁船に乗って演奏している写真を撮ろうというそのセンスに脱帽です! きっとこれからも• 面白く• 過激に 彼らなりの日常を切り取ってカッコいいサウンドに乗せて楽曲として発表していってくれるのかな?と考えたらかなりワクワクしてしまいますよね 筆者はこれからの彼らの活動が楽しみでなりません! 最後まで読んでいただいてありがとうございました!.

次の

打首獄門同好会 junkoさん「人間失格でも、好きなものには妥協しない」

打 首 獄門 同好 会 junko 仕事

本人曰く 「右手では物を扱うことができない」とのこと。 出典:打首獄門同好会公式Twitter こんなにも激しく頭を振って、髪を振り乱しながら格好良く演奏しているのですよ!? ですが、これは事実なのです!!! 2018年12月20日に品川ステラボールという会場で行われた 「junkoさんお誕生日会」において 初めて年齢を公表されていました。 junkoさん曰く 「特に年齢を隠してきたわけじゃないけど、公表していなかった」とのことです。 しかも、このバンドに加入したのは47歳の時! そして、このライブでファンの皆さんに対して 「60歳を迎えます。 メンバーとは親子ぐらい歳が離れています」と挨拶した後、 「髪の毛を切る気はないし、一生ギャル服を着続けます。 あと私がダイブする時は、落とさないように死ぬ気で支えてほしい」とお願いをしたそうです。 この衝撃は大きく、twitterのトレンドではしばらくの間1位だったほどでした。 出典:打首獄門同好会公式Twitter 名前:河本 あすか かわもと あすか 担当:ドラム、ボーカル 出身地:瀬戸内のとある島 身長:158㎝ 好きな動物:猫 打首結成時からのオリジナルメンバーとして主要な役割を担っています。 mixiコミュニティの管理・物販管理・ライブ中の告知CMなども担当しています。 先程、農林水産省にて任命式を終えまして また総理官邸にて、内閣総理大臣を表敬訪問させていただきました。 ・メンバーはjunkoさん他、大澤さんと河本さんの男女3人組のスリーピースバンド。

次の

打首獄門同好会のjunko、60歳でも「死ぬまでギャル服」

打 首 獄門 同好 会 junko 仕事

Contents• 打首獄門同好会 打首獄門同好会(うちくびごくもんどうこうかい)というバンドをご存知でしょうか? 何だかほのぼのとしたアーティスト写真ですよね! ですが… え?何だかバンド名、過激じゃない?ふざけてるの? というリアクションがすぐに返ってきそうです… しかし… 全然ふざけてません! むしろ、 しっかりとした音楽性を持って地に足をつけて活動しているラウドロックバンドだと言えます! 論より証拠、彼らのMVを見てみましょう 日本の米は世界一 うーむ、思わずお米が食べたくなっちゃいそうな素晴らしい曲ですね! という安直な筆者の感想はさておき• 歌詞のコミカルさ• 演奏のタイトさ• 楽曲の完成度 そして何より ラウドロックに影響を受けたその音楽性の高さ がバンドの個性をより引き立てています! 生活密着型ラウドロック だなんて自虐的に名乗ってますけれど はっきり言って何から何までセンスの塊ですよ、この人達 ちょっとおちゃらけた雰囲気に包まれた、彼らのアーティスト魂を色々な角度から検証していきたいなと思います! 最後までお付き合いください! スポンサードリンク メンバープロフィールや代表曲は?• ギター・ヴォーカル:大澤敦史 (左 )• ドラム:河本あす香 (右)• ベース:JunKo (中央) うーむ、この写真も真面目なんだかふざけてるのか分からないですね! しかし… 彼らの代表曲を聴いてみれば納得の理由が分かります デリシャスティック 私を二郎に連れてって 凄いですね! 何が凄いかって? 曲のタイトルをみれば一目瞭然のコミカルさを前面に押し出しつつ タイトでラウドな演奏・その音楽性 で、リスナーの印象を 「カッコいい」という次元まで強引に持っていっているというその1点に尽きるでしょう 想像してみてください こんなタイトルの曲をそこら辺のアマチュアバンドが演奏した場合 「何だかイタイよね… 必死だよね… ダサっ!」 と言われて無視されてしまうのがオチでしょう でも打首獄門同好会はそう感じさせないセンスを持ち合わせているんです! 逆の意味でヤバいですよね 一般的に「ダサい」とされるものを「カッコいい」へ昇華させることができるなんてまるで神様みたいだななんて筆者は思うわけです 大袈裟かもしれませんが、誰にでもできることではないですよね 音楽的な技術やセンス、そして何よりメンバーの熱意に裏打ちされた確かなものがないとこうはなりませんからね! ヘヴィーなサウンドを支える使用機材をチェック! 毎度おなじみ、使用機材の紹介時間がやってまいりました 生活密着型ラウドロック を自称している彼ら ラウドロックに欠かせないもの… それは… 重低音です そしてその重低音を出すのに欠かせないのが• 7弦ギター• 5弦ベース という楽器です 何のこっちゃ?という方のために解説しますと 普通のギター、ベースというのはそれぞれ ギターは6弦、ベースは4弦というのが一般的です しかし、よりヘヴィーな音を求めるミュージシャンのために、低音の弦を1本プラスしたギターやベースが開発されました ギターボーカルの大澤が使用しているのは selvaというブランドの7弦ギター 残念ながら市販されておらず、プロトタイプのような機種を手にいれてそれをずっと使用しているみたいです! ベーシストJunkoの使用ベースは これまた 低音弦を1本プラスした5弦ベースです どのメーカーの5弦ベースなのか、はっきりとした情報は得られなかったのですが 上記の画像よりヘッドのロゴを確認すると Fenderのロゴが見えますね Fenderって5弦ベース出してたんですね! おそらく上記の機種だと思われますが• どのラインナップ・シリーズなのか?• Japanなのか?USAなのか? 詳細は特定できませんでした Fenderの5弦ベースを選ぶっていうのはなかなか渋いチョイスですよね そもそもFenderのジャズベを使おうというミュージシャンは オーソドックスなサウンドを求めて選ぶことが多いように思うんですが 彼女は全く新しいサウンドを求めていたのでしょうか あえてFenderの5弦ベースを選んだみたいですね 5弦ならアイバニーズやシェクターの方が有名だと思うのですが、そこはブランドの信頼感やサウンドの方向性もあったのでしょう まとめ ここまで打首獄門同好会を検証してきたわけですが 最初は 「フザけてるのかな?」なんて思わせておいて… パッと曲を聴いたら「 何だかカッコいいな」なんて思って… 掘り下げていくうちに 「きっと活動自体を楽しんでいるんだろうな」なんて感じるようになりました だって… 最新のアーティスト写真、これですよ(笑) 面白すぎでしょう! 筆者はね、とにかく笑いましたね とあるフェスのHPをチラチラと見ていたんですがね、出演アーティストの中に 何やら漁船に乗っているアーティストがいるぞ! と思ったんです とにかく目を引きますよね、この写真!!! これってとても大事なことだと思います 何千何百とバンドがいる音楽シーンの中で 自分のバンドを他と差別化していかなければいけないわけですから! 漁船に乗って演奏している写真を撮ろうというそのセンスに脱帽です! きっとこれからも• 面白く• 過激に 彼らなりの日常を切り取ってカッコいいサウンドに乗せて楽曲として発表していってくれるのかな?と考えたらかなりワクワクしてしまいますよね 筆者はこれからの彼らの活動が楽しみでなりません! 最後まで読んでいただいてありがとうございました!.

次の