ヒプマイ bl 独歩。 【癒し】伊東健人が天然かわいい!ヒプマイ独歩の声優は昔ボカロPだった?

【6/30まで】ヒプマイ 同人誌 伊弉冉一二三 観音坂独歩

ヒプマイ bl 独歩

どぼんしました。 独歩君が可愛い毎日。 少し前にどぼんした友人を微笑ましく見ていた自分が懐かしいです…… 話はタイトルの通りです。 仕事のストレスでネガティブ思考になる独歩君…… ひふどが好きです! 大声 今回の話はそこまでひふど感はないかもしれません……。 ほんとに最近ハマった上に勢いで書いたので、口調とか間違ってるかもです…! 既に同じような話を書かれている方がいらっしゃったらすみません…! これからもよろしくお願いします〜!• 今日も終電、昨日も、一昨日も。 そして恐らく明日も明後日も。 デスクの上に溜まった山積みの資料を頭の中に思い起こさせれば、一週間後も同じような気さえした。 休日出勤も待ったなしだ。 はぁぁ…、と深いため息を閑散とした終電の中遠慮がちにつく。 新卒で入社して間もないわけでも、中途で入社して間もないわけでもない。 仕事の流れも要領も分かっているはずなのに、仕事が回らないのは何故なのか。 ハゲ課長だったら「もっと要領よくしろ!」と怒鳴るだろうなと想像しながら、そんなの仕事量が割に合ってないからだろうと当然の答えを出す。 こんなの一日24時間以上あったって終わらない。 ほんの一時期、落ち着きを見せていた業務も、ここ最近またぶり返し、それに伴って生活習慣も荒れてきていた。 いつもは一二三が夕飯を用意してくれているのだが、終電帰りが続く今となっては、食欲より休養を身体が求めるため、帰宅早々寝室へ直行するのが常だった。 そのため最近では一二三に自分の分の夕飯は用意しないでくれと頼んでいた。 しかしそれでも一二三は、そうすると俺が何も食べないと知っているからか、すぐ口に入れられるような、小ぶりの握り飯を必ず用意してくれていた。 帰宅してシャワーを浴びずに寝るため、朝にシャワーを浴びることが多かった。 朝の短い時間でそのようなことをしていては、朝食を取る時間もまともになく、夜食べなかった握り飯を朝に食べるということも、しばしばだった。 相変わらず張り付いたような目の下のクマは濃ゆく、消える時は来るのだろうかと苦笑いをしながら鏡の前でネクタイを結ぶと、いつものようにバタバタと準備する。 休日が被らない限りは、一二三と同居していても顔を合わせることがない。 恐らくこの日も寝室で寝ているだろうが、それでも独歩は「行ってきます」と挨拶をして家を出た。 激務に身体は休養を求めている。 その事実は変わらないが、それに反して上手く身体が睡眠をとってくれないのも事実だった。 今日そこは眠れる。 そう思って布団にダイブするも、瞼が重いと感じるのは最初だけで、また今日も眠れなのか、と悟ってからは、余計に目が冴えてしまうのだった。 眠らなきゃと思えば思うほど眠れなくなるのは知っていたが、意識しないようにと気をつけるのも、結局意識するとのと同じだった。 ゆっくりと時間をかけて睡眠を手に入れても、すぐ朝が来てしまい眠った気がしないまま仕事場へ向かっていた。 「観音坂君!!」 「は、はい!!」 デスクでパソコンに向かっていた中、突如呼びかかったハゲ課長からの呼出し。 ビクリと肩を震わせ勢いよく立ち上がった。 が、その先の視界がグニャリと歪んで黒い霧がかかったようにぼやけた。 その痛みに思わず頭に手を当てるが、また変に課長に言われるのも嫌なので、大丈夫だと言い聞かせて課長の机に向かった。 まだ薄らとした歪みと痛みがあったが、課長の前に立った時には治まっていた。 なかなかここへ来なかった俺に、ハゲ課長は嫌な顔を見せたが、俺はそんなことに構わず、痛みが治まってくれて良かったと思うばかりだった。 いよいよ身体にガタが来たか。 と薄ら笑いを浮かべていると、目ざとくハゲ課長に指摘された。 解放された時には、立ちくらみの時とは違う頭痛を感じた。 30分も時間を無駄にしてしまった。 この時間でどのくらいの仕事が終わっていただろうか。 ため息とともにハゲ課長を恨めしく思い、やっぱり今日も終電決定だとパソコンに向き直った。 [newpage]頭は痛いし、どこかに睡魔は潜んでいるし、目の前に山積みになった仕事はいつになっても減らない。 そんな毎日のなか、独歩は、やっと休みを取ることができた。 一体前回の休みから何日ぶりだろうか。 数えようとして、事実に目眩がしそうだったのでやめた。 相変わらず終電で帰り、家に辿り着いたが部屋の明かりはついておらず、靴も無かったので、一二三は出勤したあとだったらしい。 「ただいま……」 常に身体が疲れている気がするが、家に帰れば安心感からなのか、一気に身体が怠くなる。 靴を乱暴に脱ぎ散らかすと、持っていた重い鞄をその場に捨てた。 引きずるような足取りで寝室へと向かいながら、堅苦しいスーツの上着も脱いで捨てる。 ネクタイを引っ張るように緩めると、独歩はそのままベッドに倒れ込んだ。 独歩は何故かステージの上に立っていた。 スポットライトが自分を照らし、思わず目を細める。 独歩の前には一二三と先生の姿があった。 2人がラップを歌っていると気が付いた時、ようやく自分の手にもヒプノシスマイクが握られていることに気が付いた。 ラップバトルなのか。 状況が飲み込めずにあたりを見渡す独歩だったが、スポットライトの眩しさと、その光の逆光になってより大きく見える2人の背中が目に留まった。 マイクを握りしめて懸命に言葉を紡ぐ2人の姿に、一瞬思考を奪われて、思わず見とれてしまった。 頼もしく思える後ろ姿だった。 そして自分がマイクを口に当てなくても、状況が不味いというわけでもない。 …あぁ、すごいな。 そう思うと、急に自分のいる場所が暗くなった。 2人のいる場所は変わらずに明るいのに。 スポットライトが当たっていたはずの自分の場所に当たらなくなっていた。 そうか…。 俺がいなくても2人は十分凄いもんな。 日本で知らない人はいないほどの認知度があり、有名な先生と。 大勢の人がいる大都会の新宿という街で、ナンバーワンのホストをやっている一二三。 それに比べて俺は、毎日毎日仕事に明け暮れる能の無い社畜リーマン。 やっぱり俺は、おれは、おれは…… 「独歩君?大丈夫かい?」 また眩しい。 そう思って目を細めると、そこにいたのは一二三だった。 しかも場所は、自分の寝室。 ベッドの上。 「は…、なんで……一二三?」 「なんでって、僕が帰ってきたら、愛しの独歩君の魘され声が聞こえて、心配して来たんだよ」 「……あ、あぁ……夢か……」 そう一二三に言われて、先ほどまで自分が見ていたものが夢であったと実感する。 違和感しか感じていなかったのにも納得がいく。 はっきりと記憶に残っているその夢を見たからか、まだ疲れが残っている身体を起き上がらせる。 酷く汗を掻いたらしく、シャツは濡れていた。 「とりあえず上、脱げるかな?洗濯するよ」 「あ、あぁ……」 手のひらを出した一二三の前でネクタイを外してシャツを脱いだ。 一二三が帰ってきたばかりということは、今は6時前くらいだろうか。 まだそれほど寝てないんだなと思い、もう一眠りするか考える。 せっかくの休みだが、目が冴えてしまっている。 それに何日かぶりの一二三にも会えた。 脱いだシャツを一二三の手に乗せると、こちらを見つめていた一二三と目が合った。 「?どうしたんだい?独歩君?」 「あ……いや……」 ホストの仕事から帰ってきたというのもあるからだろうが、今の一二三が夢の時のように輝いて見えた。 ナンバーワンホスト。 凄い奴だな。 女性が苦手な自分がいるのに、ホストの時だけとはいえそれを克服した挙げ句、その中でナンバーワンになるのだから。 1番になるということが、どれだけ大変で凄いことは独歩もよく分かっていた。 営業成績の順位をくどくどと課長に言われる独歩には、よく。 「朝ご飯食べるだろう?すぐ出来るからリビングにおいで」 「あぁ…すまない……」 ニコリと笑って出て行った一二三を目で追って、独歩はため息をついた。 仕事から帰って来たばかりだというのに、洗濯を回して朝食まで作ってくれるという。 仕事から帰って、自分のことしか考えず、自分のことで精一杯な俺とは違う。 ……なんて俺はダメなんだ……。 散らかった部屋を見渡してそう思う。 部屋の片付けはできなくて、料理も出来るわけじゃない。 仕事で良い成績を残しているわけでも、高収入の仕事に就いているわけでもない。 休みもまともに貰えない。 目の前に、夢の中で見た2人の背中がフラッシュバックした。 自分の前に立って輝いている2人の姿。 手を伸ばしても届きそうになくて、その2人の距離がどんどん離れていくような気がして。 そこから走って追いかけても、とうていおいつきそうもない。 俺は、何のために、どうして生きているんだ。 どうして俺は、あの場所に立てるんだ。 俺はシンジュクの代表としてチームにいても良い存在なのだろうか。 一二三の隣に、先生の隣に立って許される人間なのだろうか。 毎日と言って良いほど耳にする、課長の声がどこかから聞こえる。 大体君は雰囲気がよくないんだ!営業をやる雰囲気じゃない! それだからこんな成績なんだ! それはなぜか分かるかね観音坂君!? 君が要領が良くない、ダメな人間だからだよ!! どこまでも頭の中を罵倒する声で支配される。 あぁもう聞きたくない。 うるさいうるさい。 うるさ、い そうだ俺は人間としてダメな人間だから、先生とも一二三とも違うんだ。 同じじゃ無い。 それなのに…なの、に…… 「独歩!!」 不意に口元に柔らかい布と、背中に手が当てられた。 肩が激しく上下し、今までに感じたことが無いくらいに息が苦しかった。 急に聞こえた一二三の声に、現実に引き戻された感覚があるが、焦りが全身を覆う。 「ぅ、る……し、い……っ、ハッ、お、……れは……っ」 「わーったから、どっぽ。 今は俺っちに合わせて呼吸してみ?」 不意にポロポロと涙が溢れてはこぼれ落ちる。 気が付いたら一二三が隣にいて、その声にどこか安心感を覚えて。 それでも身体は苦しくて。 独歩の頭の中は分けもわからず混乱していた。 なぜ今、自分がこのような状態になっているのかも分からなかった。 これもまた夢なのだろうか。 一二三が息を吸うことと吐くことのタイミングを、ずっと隣で言ってくれている。 それでもそれに合わせられない自分に、独歩はさらに焦った。 口を閉じる暇も与えないまま、呼吸を急ぐ独歩の身体。 その口に押さえつけられたタオルは、熱を持ち湿らせていた。 「どーっぽ。 何急いでんの?ゆーっくりでいいんだって」 そう声をかけてくれる一二三だったが、今の独歩にはその言葉を柔軟に受け止めるほどに、頭は回っていなかった。 未だに呼吸が乱れ続け、治まる気配のない現状に独歩はフルフルと浸からなく首を振った。 「だいじょーぶだって、少しずつ俺っちに合わせて?な?」 懸命に声を掛け続けてくれる一二三。 次第に体力が尽きてきたのか、いつの間にか独歩は身体を一二三に預けていた。 包み込むように抱いて、背中に当てた手をさすってくれる。 どのくらいこうやってしていたかは、分からない。 独歩には長い時間が経ったように思えていた。 やっと視界がクリアになり、自分でも呼吸が戻ったと感じる事には、しゃっくりだけが残っていた。 呼吸が治まっても、ぐったりと一二三に身体は預けたまま。 「落ち着いた?」 「……あぁ……」 チラリと一二三の方に視線をやると、困ったように笑った顔が返って来た。 そしてそのまま独歩の頭に手を置く一二三。 「なんで…お前がいたんだ…?」 それは今朝悪夢から覚ましてくれた一二三に向けて言った言葉と似ていた。 確かに部屋を出ていったはずで、気が付いたら自分の隣にいたのだから、不思議に思うのも無理はない。 「んー、なかなか独歩来ねぇなー、って思ってたら何か変な呼吸音?聞こえて」 「…………」 「最初俺っちが話しかけても、全然反応なくって、あれ?って思ったら過呼吸になり始めて、慌ててタオル持ってきたんだよね」 「……すまない……」 「いーって。 独歩、疲れてたんだろ。 俺っちも最近の独歩、大丈夫かなーって思ってたし」 一二三の言う通りかもしれない、と独歩は思った。 最近は仕事のことしか頭が働いていなかったように思う。 「もうこのまま寝ちゃう?独歩も疲れたっしょ」 「俺のベッドでか……?」 「ん。 ダメ?」 「いや、ダメじゃないが……」 「じゃぁ決まりじゃん」 即決した一二三は、すぐに独歩の布団の中に入るなり、「独歩の匂いだー」とはしゃいだ。 最初は狭くて眠れないだろ…と思っていた独歩だったが、何故だかすぐに眠りに落ちた。 それどころか、次に起きた時には「よく寝た」と思えるほど、深くまで眠れたのだった。

次の

【癒し】伊東健人が天然かわいい!ヒプマイ独歩の声優は昔ボカロPだった?

ヒプマイ bl 独歩

以降処分もしくは中古屋へもっていくものになります。 一度だけ読みました。 目立った汚れやキズはありませんが素人保管の為神経質な方は購入をお控えください。 梱包なし普通郵便予定。 梱包希望の方は別途188円ご負担願います。 コメントからお願い致します。 別媒体でも出品、譲渡募集をかけておりますので在庫切れの可能性があります。 購入の際はコメントお願いします。 以降処分もしくは中古屋へもっていくものになります。 一度だけ読みました。 目立った汚れやキズはありませんが素人保管の為神経質な方は購入をお控えください。 梱包なし普通郵便予定。 梱包希望の方は別途188円ご負担願います。 コメントからお願い致します。 別媒体でも出品、譲渡募集をかけておりますので在庫切れの可能性があります。 購入の際はコメントお願いします。 ヒプマイ ヒプノシスマイク BusterBros MADTRIGGERCREW flingposse 麻天狼 Bad Ass Temple どついたれ本舗 山田一郎 山田二郎 山田三郎 碧棺 左馬刻 入間銃兎 毒島メイソン理鶯 飴村 乱数 夢野 幻太郎 有栖川帝統 神宮寺寂雷 伊弉冉 一二三 観音坂 独歩 白膠木 簓 躑躅森 盧笙 天谷奴 零 波羅夷空却 四十物十四 天国獄 出品者の他の商品.

次の

【6/30まで】ヒプマイ 同人誌 伊弉冉一二三 観音坂独歩の通販 by shop|ラクマ

ヒプマイ bl 独歩

you know my steelo 記憶に刻み込め 2. 6 言わずと知れた最強のmiddle — ヒプノシスマイク-D. B-公式 ヒプマイ hypnosismic ヒプノシスマイク強さランキング11位は、イケブクロディビジョンの「MC. B」山田 二郎&三郎兄弟の同点です。 尊敬する兄、一郎のためにみるみる実力をつけた2人。 情報屋としても有能さを見せている2人ですが、なにぶんまだ若いことから精神的に成熟してない面もあるのでは?とこの順位にさせてもらいました。 ヒプマイ強さランキング 10位 観音坂 独歩 やっと平日のど真ん中 まだまだまだ終わらない だけど今日は当然直行直帰即決 — ヒプノシスマイク-D. B-公式 ヒプマイ hypnosismic ヒプノシスマイク強さランキング10位は、シンジュクデビジョン「麻天狼」の観音坂 独歩を選びました。 現チャンピョンチームではありますが、とにかく寝不足&仕事のストレスを常に抱えているため、精神力やいざという時に倒れてしまいそうなことから10位に。 飄々と嘘をつく幻太郎。 普段は動揺などすることのないげ幻太郎ですが、嘘をつき自分を隠すところに弱さを見いだせること、家族や友人に関することでは激しく動揺してしまう危うさからこの順位に選びました。 ヒプマイ強さランキング 8位 入間 銃兎 結果ロクなことにはならない あまり騒がない方がいい — ヒプノシスマイク-D. B-公式 ヒプマイ hypnosismic ヒプノシスマイク強さランキング8位は、ヨコハマディビジョン「MAD TRIGGER CREW」の入間 銃兎を選びました。 警官でありながらながら、自分の目的のためには悪事も働く、そんな強い意志を持つ銃兎なので精神力も強いはず、と8位に。 ヒプマイ強さランキング 7位 有栖川 帝統 確変突入だぜ! — ヒプノシスマイク-D. B-公式 ヒプマイ hypnosismic ヒプノシスマイク強さランキング7位は、シブヤデビジョン「Fling Posse」の有栖川 帝統を選びました。 どんなにギャンブルで負けても折れない精神力からこの順位に選びました。 ヒプマイ強さランキング 6位 伊弉冉 一二三 今夜は誰にも渡せない 特別なサタデナイ サタデナイ サタデナイ サタデナイ サタデナイ — ヒプノシスマイク-D. B-公式 ヒプマイ hypnosismic ヒプノシスマイク強さランキング6位は、シンジュクデビジョン「麻天狼」の伊弉冉 一二三を選びました。 ・やはり、現チャンピョンチーム所属ということ ・ホストというストレスフルな環境でトップの売り上げを上げている ちなみに、スーツ着用時で考慮しております。 ヒプマイ強さランキング 5位 毒島 メイソン 理鶯 お礼と言っちゃなんだが ちょうどレアモノが 遠慮するな 1番良い状態で そうだ そのままだ — ヒプノシスマイク-D. B-公式 ヒプマイ hypnosismic ヒプノシスマイク強さランキング5位は、ヨコハマディビジョン「MAD TRIGGER CREW」の毒島 メイソン 理鶯を選びました。 理鶯を選んだ理由はこんな感じです。 B-公式 ヒプマイ hypnosismic ヒプノシスマイク強さランキング3位は、碧棺 左馬刻&山田 一郎の同点です。 ・元最強のチームThe Dirty Dawg所属 ・ヨコハマ、イケブクロの各ディビジョンのリーダー それぞれのチームのリーダーを務め、The Dirty Dawg時代には前衛で積極的に仕掛けていた2人。 喧嘩っ早く挑発にも乗りやすい、また兄弟と妹が大事すぎるばかりにムキになりやすいため、寂雷と乱数に比べると精神力が落ちるかと思い同点3位に選びました!.

次の