刑事 と 検事 キャスト。 ケイジとケンジキャスト・相関図・原作・あらすじ・主題歌・放送日|みやびカフェ

ケイジとケンジのキャスト相関図に年齢設定や役柄!桐谷健太と東出昌大W主演【木曜ドラマ】|drama papillon

刑事 と 検事 キャスト

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ)で話題沸騰中、土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ-in the sky-』がまもなくスタートする主演・田中圭と、金曜ナイトドラマ『ホリデイラブ』や『凪のお暇』(TBS)で話題の中村倫也。 今年公開された映画『美人が婚活してみたら』など、過去に共演歴はあるものの、ガッツリと直接芝居で絡むことはなかった田中と中村。 そんな彼らがなんと、『不協和音』では事あるごとに顔を突き合わせることに! 時にぶつかり、時に深い絆を匂わせ、時にじゃれあいながら(!? 数々の事件が絡み合う極上ミステリと、複雑な人間模様が交錯する同作の主要人物に、田中と中村が命を吹き込みます。 田中が演じるのは、愚直なまでに真っ直ぐな精神で真正面から事件と向き合う熱血刑事・川上祐介。 そして、中村が演じるのは東大卒のエリート検事で、時に冷徹とも思える冷静沈着さで事件と向き合う唐沢真佐人。 かつて不当な自白強要で冤罪を生み出した刑事の息子として、小学校でイジメの対象にまでなった2人は、父の死後に別々の家庭に引き取られ、新たな人生を歩みます。 そんな2人はやがて刑事と検事になり、ある事件の捜査で再会を果たすことに! それぞれの譲れない信念をぶつけ合いながら、難解を極める事件の真相を解明していきます。 田中と中村は会場となった部屋の後方扉から入場。 記者席の中央に設けられた通路を歩き、前方の座席を目指すことに。 中村が「まさか後ろから登場するとは思わず…。 若干いま新郎新婦の気分です。 ところが中盤に突如、司会の武内絵美アナウンサーから「兄弟役のお2人に共同作業に挑戦していただきたい」と、<春の生け花>への挑戦をムチャぶりされる運びに! しかも…「やってやりましょう!」と受けて立つ田中と、「いよいよ新郎新婦みたいになってきた(笑)」とウケまくる中村は、準備のために一旦退場する際に悪ノリ。 両手をかわいく前で重ねた新婦・中村の肩に、新郎・田中が男らしく手を回して歩き始め、記者が披露宴の招待客さながらにカメラのシャッターを切る…という、もう何が何だかよく分からない状態になったのでした。 さらに、「人生初」だという生け花でも、2人のイチャイチャは止まらない…!? 中村が大きな葉を花器に挿すと、田中が「それ、いいね!」と即座に真似し、「真似すんなよ、兄貴」とたしなめられるなど、何かとふざけて絡みたがる2人。 最後には中村が完成した生け花に「エターナル・ラブ」というタイトルを付け、手をつないで写真撮影にも応じるなど、どこまでもラブラブ設定を楽しんでいました。 取材会でも、田中は中村について「僕がクランクインしてから5~6日後に、ともちんが入って来たんですけど、すごく待ちわびていたのを覚えています。 お芝居を通して会話ができる方なので、すごく気持ちよかったです。 頼もしい弟という感じです」と評し、何度も「単純に楽しかった!」と共演を回顧しました。 かたや、中村も田中に絶大な信頼を寄せていて、「俳優業界では『圭くんは安心安定(の存在)』という触れ込みがあったのですが、今回はそれをすごく感じました。 台本に書かれている以上に豊かなシーンになったな、という印象です」とコメント。 重ねて「圭くんはすごく優しくてフランク。 ただ、これは僕が勝手に思っているだけかもしれないですが、ちょっとシャイな方だと思うんです。 それが見えると、僕はキュンとします(笑)」とも告白し、田中を大いに照れさせました。 田中圭(川上祐介・役) コメント 撮影が半年くらい前で、楽しかった思い出があります。 そして今日は習字をして、生け花をして、倫也と手をつないで…(笑)。 ようやく皆さんに作品を見てもらえるうれしさを感じています。 見ていただいての反応も楽しみですね。 とにかく楽しかったので、それが皆さんにも伝わるといいな、と思います。 しかも、今回は兄弟役です。 お2人でのお芝居はいかがでしたか? 撮影したのは半年くらい前なんですけど、今思い返しても楽しかったなぁっていう感覚がありますね。 僕がクランクインしてから5~6日後に、ともちんが入って来たんですけど、すごく待ちわびていたのを覚えています。 倫也はお芝居を通して会話ができる方なので、すごく気持ちよかったです。 言葉にするのは難しいんですけど…アドリブまではいかないまでも、こっちが何をやっても平気だし、倫也も急に何かやってくる。 そのやりとりが、単純に楽しかったです。 ただ、僕自身はひとりっ子で、兄弟の感覚というものがないから、難しかった部分もありますね。 でも、今回は21年ぶりに出会った兄弟の空気感で演じたんですけど、「時間が経過して、また違った距離感でも対峙したいな」って思える関係だったので、すごくいい2人になったんじゃないかと思います。 完成した作品を見たら、2人の対比もちゃんと出ていましたし…。 とにかく真佐人がめっちゃムカつくんですよ! でも、めっちゃできる人なので、見てくださる方は僕の方(=祐介)にムカつくと思います(笑)。 ホントにステキな弟で幸せでした。 けんかのシーンで実際に殴ったりするので、その形とか角度についてお話したくらいですね。 格闘シーンに限らず、全体的に楽しかったです。 弟っぽいというよりは、ホントに頼もしいんですよね。 頼もしい弟という感じです。 かわいらしいところを敢えて挙げると、(掛け軸のために中村が習字で書いた「音」の最後の画を指差して)ここを、こうやって長く伸ばす感じ。 でも、これも照れ隠しが混ざっている時もあれば、素でやってる時もあって…そのさじ加減が分かりにくいんです(笑)。 別にないなぁ…え~!? 本当にないです(笑)。 倫也くんらしい感じが好きです。 中村倫也(唐沢真佐人・役) コメント 事件に関わる人たちの人情だったり、21年ぶりに再会する兄弟の関係だったり…。 この作品は男性女性も問わず、いろいろな世代の方に楽しんでいただけるのではないかと思います。 見どころとしましては、圭くん演じる祐介の愚直な真っ直ぐさと、寝間着姿のときの腕の筋肉。 真佐人のちょっとツンデレ萌えなところなどを楽しんでいただけたら、と思います。 しかも、今回は兄弟役です。 お2人でのお芝居はいかがでしたか? 圭くんとはこれまでも同じ作品に出させていただくことはあったのですが、そんなに絡むということはなく…。 でも今回は兄弟役ということで、ガッツリでした。 台本に書かれている以上に豊かなシーンになったな、という印象です。 というのも、圭くんは何をやっても受け止めてくれるんです。 俳優業界では、圭くんは「安心安定(の存在)」という触れ込みがあったのですが、今回はそれをすごく感じました。 いびつな兄弟としてスタートした2人が、だんだんちゃんと兄弟になっていく過程において、ひとつの山場だと思っていたので…。 どちらも子どもっぽい瞬間が見えたら楽しいな、と思いながら演じました。 すごく優しくてフランクで、現場を盛り上げるためにスタッフさんともコミュニケーションを取って、いい作品を作ろうという空気作りをしてくださります。 ただ、これは僕が勝手に思っているだけかもしれないですが、ちょっとシャイな方だと思うんです。 それが見えると、僕はキュンとします(笑)。 カッコいいな、と思います。 兄貴の体が心配なので…(笑)。 田中圭と中村倫也、兄弟役で初めて真正面から対峙 主演・田中圭が演じる、愚直なまでにまっすぐに事件と向き合う熱血刑事の兄・川上祐介。 刑事だった父が自白強要で冤罪を生んだことが引き金となり、幼くして生き別れた兄弟が奇しくも難事件の捜査で再会し、譲れない信念をぶつけ合いながら真相を解明していく『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』(原作/大門剛明)。 引く手あまたの人気実力派俳優2人が時にぶつかり、時に深い絆を匂わせ、時にじゃれあいながら(!? )、最高にエキサイティングな芝居合戦を繰り広げる本作が、2020年3月15日(日)午後9:00から放送されることが決定しました。 さらに、田中と中村のコメントも到着! 過去に共演歴はある2人ですが、ガッツリ芝居を交わすのも、兄弟役で向き合うのも今回が初めてです。 そんな2人は撮影初日から深い共鳴を覚えたそう。 田中が「俳優・中村倫也の存在がやっぱり大きい! 台本と違ったニュアンスを出しても、全部対応してくれるので安心安全。 この作品での相性のよさを感じて、それがいい意味でプレッシャーにもなるし、刺激的です。 倫也と芝居でガッツリ絡むべきタイミングは、まさに今だったんだろうなっていう感覚があります」と力強い口調で語れば、中村も「なんかいい匂いがするぞ、という感じ。 具体的にはうまく説明できないので、言葉よりもっと深いレベルで感知しているのかもしれないです。 祐介と真佐人が初めて一緒に担当する殺人事件で、被疑者の側に立つ弁護士・宇都宮実桜を演じるのは趣里。 犬猿の仲である祐介と丁々発止のやりとりをしつつ、毅然とした態度で弁護活動に励む実桜を、ピュアなエネルギーを放ちながらさっそうと演じます。 また、同事件で被疑者から自白を引き出す警視庁捜査一課の警部補・小寺順平には、杉本哲太をキャスティング。 そして、祐介が尊敬する月島東署佃川交番の巡査長・加藤博行を演じるのは生瀬勝久。 さらに相島一之、岡部たかし、川島潤哉、板倉チヒロ、古河耕史、笠松将、小野寺晃良、木下ほうか、多岐川裕美らも出演。 色とりどりの音色が響き合う豪華競演を、心ゆくまでお楽しみください。 主な登場人物 30歳を過ぎて月島東署刑事課に配属された新米刑事・川上祐介(田中圭)は、妻殺しの被疑者と目される病院経営者・城崎知也(岡部たかし)を取り調べることに。 勾留期限が迫る中、一緒に取り調べを担当した警視庁捜査一課の警部補・小寺順平(杉本哲太)がついに自白を取るが、担当弁護士の宇都宮実桜(趣里)は「大八木捜査法で自白させたのでは?」と、祐介に食ってかかる。 実は祐介がまだ小学生だった頃、大八木は自白強要で冤罪を生んだ刑事として、世間から糾弾されることに…。 やがて、城崎の事件は思わぬ転換期を迎える。 担当検事が倒れた直後、城崎が起訴の決め手となる遺体遺棄現場を教えぬまま、黙秘に転じてしまったのだ。 焦った祐介は必死に捜査を続行。 だが努力もむなしく、城崎は不起訴になってしまう。 しかも、その判断を下した後任検事の名前を聞いた祐介はがく然とする。 だが、真佐人は弁解録取書を読んで取り調べに問題があると判断した、と冷たく一蹴。 しかし、真佐人には考えがあった。 水面下で動いていた真佐人はやがて、城崎の事件に新たな一石を投じることに! そんな中、祐介は連続ボヤ事件との関連が疑われる、大企業の倉庫放火事件を捜査。 社長・丸山与四郎(木下ほうか)の圧力を受けて、警察上層部も捜査に本腰を入れたことで、祐介と真佐人は再び同じ事件に向き合うことになる。 真逆ともいえるやり方を貫き、時に対立しながらも、共に調べを進めていく祐介と真佐人。 だが、事件の全貌は容易にあぶり出すことができないほど複雑で…!? コメント 田中圭(川上祐介・役) コメント 以前は同じ刑事役でも熱血じゃなく、どちらかと言うとインテリや氷のようなキャラクターが多かったんです。 僕自身も熱い人間ではないので、今回は「えっ!? オレ、こっち!? 」と驚く気持ちもありました。 今回は兄弟の物語も劇中の事件も面白く、いろんな見方ができてワクワクする台本。 (中村)倫也とも初めてガッツリ絡めるし、すごく楽しみが増しました。 実際の撮影では、俳優・中村倫也の存在がやっぱり大きい! 一緒に芝居をしていると「あぁ! これだよな、中村倫也の芝居!」という感覚があるし、僕が台本と違ったニュアンスを出しても、全部対応してくれるので安心安全。 この作品での相性のよさを感じて、それがいい意味でプレッシャーにもなるし、刺激的です。 これまでずっとニアミスだった倫也と芝居でガッツリ絡むべきタイミングは、まさに今だったんだろうなっていう感覚があります。 兄弟だから感情的になるシーンもあって、そうやって向き合えるのがまたうれしいし、撮影は本当に楽しいです! 今回は、最終的に「この兄弟をもっと見たい!」と思わせる作品にすることが僕の理想。 倫也と僕の2人だからこそ表現できることもあると思うし、完成作品でそれを確かめるのが楽しみです。 中村倫也(唐沢真佐人・役) コメント 僕は兄弟モノが好きなんですけど、出演したことはあまりないんです。 僕が演じる真佐人はポーカーフェイスで、実は甘えん坊なドM。 そういう分かりづらいところは、自分と似ているかもしれないです。 ただ、実際に演じるとなると…すごくいびつなヤツで、極度のブラコンという一筋縄では行かない役。 そういうキャラクターの言動を演じていく上で、同業者の誰に聞いても「安心安全の共演者」だという(田中)圭さんの存在は、本当に心強いです。 圭さんとの芝居は、なんかいい匂いがするぞ、という感じ。 具体的にはうまく説明できないので、言葉よりもっと深いレベルで感知しているのかもしれないです。 ただ、法律用語の多いセリフに関しては、てんやわんやの毎日です。 男から見ても「かっこいいな」という瞬間もあって、見どころが多いと思います。 あとは編集次第です(笑)! スタッフ.

次の

『不協和音 炎の刑事VS氷の検事』キャストとあらすじ・原作情報!主題歌も!

刑事 と 検事 キャスト

『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の基本情報• タイトル:ケイジとケンジ 所轄と地検の24時• ドラマ公式URL• ドラマ公式Twitter• ドラマ公式Instagram• 主演:桐谷健太・東出昌大• ジャンル:刑事ドラマ• 放送局:テレビ朝日系• 放映日時:木曜 21:00 — 21:54• 元体育教師である体育会系の熱血刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)と、頭脳明晰な横浜地検のエリート検事・真島修平(東出昌大)の、性格が真逆なふたりが横浜の街を舞台に事件を解決していく物語です。 キャスト一覧• 仲井戸豪太(なかいど・ごうた):桐谷健太 36歳、元体育教師の異色な刑事、神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事、大阪出身• 真島修平(ましま・しゅうへい):東出昌大 32歳、東大卒の頭でっかちな超エリート検事、横浜地方検察庁みなと支部の検事• 仲井戸みなみ(なかいど・みなみ):比嘉愛未 33歳、横浜地方検察庁みなと支部の立会事務官、豪太の妹• 目黒元気(めぐろ・げんき):磯村勇斗 28歳、仲井戸豪太とバディを組むことが多い横浜桜木警察署捜査課の刑事• 毛利ひかる(もうり・ひかる):今田美桜 26歳、刑事らしからぬ愛嬌もある横浜桜木警察署捜査課の刑事、枯れ専• 大貫誠一郎(おおぬき・せいいちろう):風間杜夫 60歳、神奈川県警横浜桜木警察署の署長、豪太の理解者• 樫村武男(かしむら・たけお):柳葉敏郎 53歳、横浜地方検察庁みなと支部の部長検事、修平の上司• 多胡永吉(たご・えいきち):矢柴俊博 48歳、神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の課長• 桂二郎(かつら・じろう):菅原大吉 55歳、神奈川県警横浜桜木警察署捜査課の刑事、現場主義のベテラン• 日下直樹(くさか・なおき):渋谷謙人 31歳、日下直樹(くさか・なおき)、エリート検事• 森岡奈緒子(もりおか・なおこ):奥山かずさ 26歳、日下直樹検事の立会事務官、みなみの後輩事務官• 持丸栄(もちまる・さかえ):峯村リエ 55歳、横浜地方検察庁みなと支部のベテラン女性検事• 亀ヶ谷徹(かめがや・とおる):西村元貴 30歳、持丸栄検事の立会事務官• 宮沢かほり(みやざわ・かほり):八木亜希子 50歳、豪太・修平・みなみが通う飲食店「OKAZU-YA」の女将、元裁判官• 大野純(おおの・じゅん):ぎぃ子 26歳、「OKAZU-YA」で働く看板娘• 田口健介:湯江タケユキ 桜川橋交番の警察官 1話ゲスト• 滑川秀幸:馬場徹 連続空き巣犯、豪太の元教え子 2話ゲスト• 猫田一也:稲葉友 被疑者と思われるフリーター• 西田高志:小日向星一 引きこもり青年 3話ゲスト• 瀬川大介:薬丸翔 運送会社に勤務• 見城長一郎:池田成志 落としの長さんの異名を取る県警の捜査一課長• 三浦舞:古畑星夏 ガールズバー店員、源氏名ミク• 赤松竜樹:土井よしお バーのオーナー 4話ゲスト• 太郎丸直樹:大東駿介 火事現場にあった原動機付自転車の持ち主、みなみの元カレ• 石田貴理子:阿部純子 太郎丸の元カノ 5話ゲスト• 向谷孝太郎:荒川浩平 路上に倒れ込んでいた男• 源義和:深水元基 向谷の暴行容疑で逮捕された男• 神田川博史:堀井新太 源の弁護士• 伊勢谷徹:池岡亮介 3年前の傷害事件の被害者 6話ゲスト• 半田一郎:長谷川朝晴 コンビニ強盗事件の犯人• 半田二郎:駒木根隆介 ホームレス• とにかく明るい安村 コンビニ店長• 牧野小春:羽瀬川なぎ コンビニの店員 7話ゲスト• 江島陸:永田崇人 集団暴行を受けた大学生• 久保田明:濱正悟 会社員• 宮前幸介:柾木玲弥 フリーター• 黛友之:今井悠貴 専門学校生• 小山きら:森高愛 小悪魔女子、江島の彼女、久保田の元カノ 8話ゲスト• 三崎笑美:渋谷南那 6歳の少女• 三崎真由子:桜井ユキ 笑美の母親• 加瀬沢太一:三村和敬 無職の男• 段田拳四郎:松永拓野 加瀬沢に暴行を受けたフリーター• 澤登大介:木村龍 キャバクラ店員 9話(最終回)ゲスト• 久我山勝也:桐山漣 児童虐待容疑で追っている男、半グレ集団「ベイシャークス」リーダー スタッフ一覧• 原作:なし• 脚本:福田靖• 主題歌:-• チーフプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)• プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、飯田サヤカ(テレビ朝日)、菊池誠(アズバーズ)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)• 演出:本橋圭太(アズバーズ)、及川拓郎• 制作協力:アズバーズ• 制作:テレビ朝日 各話の視聴率 『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』各話の放送後、視聴率がわかり次第情報を追加します。 そんな中、痴漢を現行犯逮捕したことで、県警本部長に表彰された豪太は、念願だった横浜桜木署の捜査課への移動を直訴してみます。 見事強行犯係に配属された豪太は、初日からさまざまな事件の犯人逮捕に邁進していきます。 毎回犯人に感情移入しては熱く説教したり、同僚とぶつかったりと、自分の感情に振り回されながらも熱心に事件解決に取り組んでいく豪太。 そこへ、豪太の妹である仲井戸みなみ(比嘉愛未)に恋する、エリート検事の真島修平(東出昌大)が共通の事件を担当したことで豪太と初対面します。 感情に左右されることなく、事件が起訴されることだけを考える常に冷静な修平は、真逆の性格である豪太と事件の考え方についてたびたび衝突します。 しかし、みなみに好意を持っている修平はあまり強く豪太に当たることも出来ずに、なんとなくバランスがとれるコンビとなります。 性格や取り組み方が真逆でも、最終的な目的、人のために事件を解決するという強い意志は同じふたりはだんだんと互いを理解し、事件についても協力するようになります。 最初は修平と兄・豪太を良く思っていなかったみなみも、ふたりが仲良くになるにつれ、修平への好意もわくようになります。 最終回には、いがみ合いながらもお互いを尊敬しあうバディとなると予想します。 『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』各話のあらすじ 2020年1月16日からテレビ朝日系にて放送開始される桐谷健太・東出昌大さん主演の連続ドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の各話あらすじネタバレを、放送後に随時更新してお届けしていきます。 以下は放送前に公式サイトが公開しているあらすじです。 体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。 県警本部長から表彰される。 しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。 さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。 一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。 強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。 ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。 なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…! 一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。 何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。 そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。 余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。 「HERO」などを手掛けた脚本家・福田靖氏による軽快でユーモア溢れるやり取りをお楽しみください。 その女性が凶行に及んだのには、男性にも原因あり?見解の相違で豪太と修平が対立します。 悪質な半グレ集団を壊滅させるべく、豪太たちが奮闘します! そして、ひかるに片想い中の目黒がさらなるアプローチ。 関連記事.

次の

99.9(ドラマ)出演者一覧!検事と弁護士の役に迫る!

刑事 と 検事 キャスト

深山 みやま 大翔 ひろと(34) ・・・ 松本 潤• 佐田 さだ 篤弘 あつひろ(48) ・・・ 香川照之• 尾崎 おざき 舞子 まいこ(31) ・・・ 木村文乃• 明石 あかし 達也 たつや(41) ・・・ 片桐 仁• 藤野 ふじの 宏樹 ひろき(45) ・・・ マギー• 中塚 なかつか 美麗 みれい(36) ・・・ 馬場園梓• 落合 おちあい 陽平 ようへい(28) ・・・ 馬場 徹• 佐田 さだ 由紀子 ゆきこ(37) ・・・ 映美くらら• 坂東 ばんどう 健太 けんた(45) ・・・ 池田貴史• 加奈子 かなこ(25) ・・・ 岸井ゆきの• 尾崎 おざき 雄太 ゆうた ・・・ 佐藤勝利• 遠藤 えんどう 啓介 けいすけ(48) ・・・ 甲本雅裕• 川上 かわかみ 憲一郎 けんいちろう(57) ・・・ 笑福亭鶴瓶• 斑目 まだらめ 春彦 はるひこ(66) ・・・ 岸部一徳.

次の