グーグル ナビ 動か ない。 グーグルマップ:地図をスマホの向きに合わせる簡単な方法|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

グーグルマップ:地図をスマホの向きに合わせる簡単な方法|タブロイド|オトコをアゲるグッズニュース

グーグル ナビ 動か ない

基本機能を比較すると、有料のナビソフトと遜色ない機能を持つGoogleマップのナビ。 実は有料道路回避や経由地の設定などもちゃんと用意されていて、知れば知るほど無料ということを疑いたくなる優れもののソフトなのだ。 この記事では、そんなGoogleマップのナビを使い倒す各種設定を紹介する。 まずは基本を確認! スマホやタブレットでのGoogleマップの使い方 スマホやタブレットでGoogleマップのナビを使う場合には、まずアプリを立ち上げ目的地をタップしてフラグを立てるか、住所を入力して目的地を決めるところからスタートする。 iPhoneとiPadを例にGoogleマップナビの使い方を解説! 例えばiPadなら、地図を長押ししてフラグを立て、左上の「経路」を押せば即座に経路の候補が表示される。 徒歩で700m、所要時間が10分と表示された経路で問題ないなら、緑の「出発」をタップし、ナビをスタートさせる。 この検索では驚くべきことに、歩道橋の経路まで表示されている。 徒歩でなく車ならば、右下の「車」のアイコンをタップして、車の経路を表示させる。 「車」をタップすると経路の表示が変わり、距離900m、所要時間は6分に変わった。 これ以上ないシンプルさだ。 Googleマップナビはオフラインでは使えない? 例えば外国に行ってローミングをしたくない場合には、あらかじめ地図をダウンロードしておけば、オフラインでもGoogleマップナビを使える。 ただしオフラインの状態で住所検索した場合は、主要な観光地、建物しか目的地に設定できないのでご注意を。 もちろんオフラインでもGoogleマップ上には自分の位置を表示できるので、ナビに頼らず散策するのなら全く問題ない。 ギガ不足が心配! Googleマップナビの通信量は? ナビ中はマップが更新(スクロール)されたり、道路情報等を受信したりするはずだが、Googleマップナビの通信量はどれくらいなのか? ギガ不足がスマホの悩み一位にランキングされる今のご時世では、とても気になるところだ。 実際に測定したところ、高速道路を1時間走行してナビを使っても通信量は数メガバイトのレベルだった。 つまり動画を観ている方が、よほどギガを使うのだ。 多機能すぎるGoogleマップナビ! 工夫次第で有料に匹敵する便利アイテムに スマホやタブレットの登場によって、ナビゲーションは本当に身近なものになった。 Googleマップナビを使いこなすにはちょっとしたコツが必要だが、それさえクリアすれば有料ナビに匹敵する便利さが手に入る。 【参考】 Googleマップナビで、有料道路を回避する方法 車で移動する場合には、渋滞する高速道路や有料道路を使いたくない場合もあるだろう。 その場合には設定から検索経路に有料道路を入れない設定ができる。 経路を表示した画面から「開始」ボタンをタップする前に、設定画面に入り「経路オプション」を選ぶ。 そのメニューの中にある「高速道路を使わない」をオンにすれば良い。 徒歩でも重宝するGoogleマップナビ! 徒歩でGoogleマップナビを使う時も、進行方向に立体表示で進む画面はとてもわかりやすく重宝する。 上からの俯瞰図しか表示しない徒歩用のナビもあるが、立体表示は自分の進む方向を理解しやすい。 Googleマップナビは大通り優先に検索しない? Googleマップナビに裏道や細い道に案内されて困った、という声もある。 Googleマップナビには、大通りを優先したり、細い道の検索を回避させたりする設定はない。 Googleマップナビに、細い道に案内されないためには? では、Googleマップナビに細い道に案内されないためにはどうすれば良いのだろうか? 完全に回避する方法はないのだが、一番効果的な方法は経由地を最初に設定してしまうやり方だ。 Googleマップナビで経由地を設定する 先ほど高速道路の経路オプションを設定した画面には、「経由地を追加」というメニューも用意されている。 このメニューをタップすると、「現在地」と「指定した地点」の間に「経由地」という設定ボックスが現れる。 ここに大通りに沿った経由地を設定していけば、細い道に誘導されることはない。 GoogleマップナビとYahoo! カーナビは連携できる!? Googleマップナビにも一長一短があると説明したが、Googleマップナビで検索した経路や目的地を、Yahoo! カーナビに転送できる。 iPhoneは残念ながら不可! GoogleマップはAndroidならアプリ経由で連携できる Googleマップの検索機能やストリートビューは魅力だが、ナビは使い慣れたYahoo! カーナビがいい! そんな場合には「Map2geo」というソフトを介してデータをYahoo! カーナビに転送できる。 実際、曲がる地点のアナウンスや道路状況の案内に関しては、各ナビでかなりタイミングや内容に差があって「慣れたナビを使いたい!」人も多い。 ただし、今のところこの機能はAndroidのみで、残念ながらiPhoneは連携できない。 【参考】 Googleマップナビで音声が出ない!? そんな時の対処法を見ていこう。 Googleマップナビで、音声案内が聞こえない場合 音量の大小ではなく、音声自体が出ていないという場合は、次の設定を確認して欲しい。 赤枠内にボタンが3つ並んでいるが、左からタップすると「ミュート中」「アラートのみオン」「ミュートを解除済み」と表示される。 チャイムだけも選べる! Googleマップナビの音声案内 「ミュート中」と「ミュートを解除済み」はわかりやすいが、「アラートのみオン」というのは警告音(チャイム)のみを流す設定だ。 この設定にすると曲がるタイミングなどにチャイムが鳴るだけで、音声による案内は行われない(ただし事故や工事、交通状況はアナウンスされる)。 3段階に変更できる! Googleマップナビの音声案内 では、音量についてはどうだろう? ガイダンスの音声が小さくて聞きにくい場合には、設定メニューの「ナビ」から、「ガイダンスの音量」として、小/標準/大を選ぶことができる。 ここで大を選んでもまだ聞きにくい時は、スマホやタブレットの音量ボタンで調節を行おう。 これって故障なの!? Googleマップナビが使えない時 Googleマップを立ち上げても現在地が表示されない、ナビが動かない等々、「故障だろうか?」と疑う場面もあるだろう。 そんな時に試して欲しい方法をいくつか紹介しよう。 Googleマップナビの現在地がおかしい Googleマップを立ち上げた時に、現在地が全く違う場所に表示されるなどの場合は「位置情報サービス」をチェックして欲しい(iPhone・iPadの場合)。 この設定がオフになっているなら「このAppの使用中にのみ許可」もしくは「常に許可」に設定しよう。 Googleマップナビが動かない! これは上記の設定に加えて、GPS情報の不足が考えられる。 Android特有!? Googleマップナビで音声が出ない まれにAndroidだけで起きる現象として、案内の音声が出ない事象が報告されている。 まずは再起動、それでも改善しないなら「システム・アップデート」で、OSを最新バージョンにアップデートするのが効果的だ。 経路設定にコツがあるなど、使いこなすには少しだけ工夫の要るGoogleマップナビ。 Yahoo! カーナビとはライバル関係にあるが、検索やストリートビューといった機能では一歩先んじている印象だ。

次の

いまさら聞けないパソコンでの基本ワザ グーグルマップ徹底活用(1) :日本経済新聞

グーグル ナビ 動か ない

最近カーナビを全く使わなくなったのです。 (ここで言うカーナビというのは、車についている純正カーナビのことです。 ) その理由は2つ。 カーナビを更新してないから地図が古いこと 2. グーグルマップのナビが賢すぎること。 私の車は5年前に購入したもので、カーナビは純正オプションでつけたものです。 地図の更新は?というと有料だし、やり方もよくわからないので購入してから一度もやっていません。 5年もたつと新しい道路がたくさんできて、ナビ画面で道がないところを走っているなんてことはよくあることです。 まあ、古くてもナビは目的地を目指してくれますので最終的にはたどり着くことができます。 見知らぬ土地に行くときは多少古くても、時間がかかってもナビを信じて運転していました。 グーグルマップのナビを使い始めたきっかけは、目的地が車のナビではどうしても検索できなくて、グーグルマップでいいかって思って使い始めたら到着時刻も正確だし混んでる道も避けてくれるしで賢すぎるぞってなったわけです。 もちろん検索機能は優秀で目的地の検索で悩むことはほとんどありません。 では、実際にどんなふうに使うのかを紹介します。 グーグルマップをカーナビとして使う方法 上の検索窓に目的地を入力します。 住所を入力することもできます。 検索するとその場所が表示されるので、右下の車のマークのところを押します。 最適なルートが青色で表示されます。 グレーのルートで行きたいときは、その道をタップすればその経路を案内するようになります。 もちろん普通のナビのようにルートを外してもすぐに最適なルートを案内してくれます。 高速を使わないルートや目的地を追加することも 高速道路や有料道路は通りたくない場合 右上の「…」を押して「経路オプション」を押す。 ここで高速道路を使わないのスイッチをオンにしておけばOKだ。 目的地を追加する場合も右上の「…」を押す。 「経由地を追加」を押す。 ここで上の検索窓が増えるので目的地を増やすことができます。 簡単に機能を説明しました。 次にグーグルマップのナビの弱点を紹介します。 ここが残念、グーグルマップのカーナビ グーグルマップのカーナビのイマイチなところ。 実はあります。 ・細い道に連れ込まれる ・高速の分岐が心配 ・トンネルで迷子になる 今のところ私が感じた残念なところはこの2点 細い道に連れ込まれる とにかく早く行けるルートを案内してくれるのだが地元民しか利用しないような細い道を案内してくれることがある。 多少の土地勘がある地域だとそんなに気にならないのだが、旅行とかで遠出したときにすれ違えないような道路を案内されると小心者の私は、不安でしょうがないのだ。 高速の分岐が心配 普通のカーナビなら高速道路の分岐があると矢印なんかが出たりしてこの車線を走ってね、みたいな表示が出るのだがグーグルマップのナビはそれがないんです。 東京や大阪といった大都市の都市高速なんて怖くて走れないよ。 (小心者代表の意見) トンネルで迷子になる 車のナビに比べてGPSが弱いのかトンネルに入ると自分の位置を見失ってしまうのだ。 高速とかでトンネルの出口すぐに降りるインターがあったりするとナビだけを頼りにしていると通過してしまう危険もある。 まとめ。 でもやっぱりグーグルマップのナビが最強 残念な点もあるグーグルマップのカーナビなんだが今のところ最強だと思う。 スマホカーナビはヤフーカーナビとナビローを試してみたのだが目的地や周辺施設の検索でグーグルが秀逸。 ルートも最適で勝手に渋滞を避けてくれる、到着時刻の正確さもグーグルマップのほうがよかった。 ただ、高速を使う場合ヤフーカーナビだと分岐での車線や矢印表示がでてわかりやすかったです。 遠出するときはヤフーカーナビのほうがいいかもと思いました。 細い道を案内してきても無視して大きい道路を走れば再検索をしてくれるし、再検索の処理能力もヤフーより早い気がします。 私の感覚や好みでは、グーグルマップのナビが最強だと感じていますし、実際に使っています。 どれを選んだらいいのかわからなければグーグルとヤフーのどちらかで間違いないと思いますよ。 スポンサードリンク.

次の

マップ/ナビ「グーグルナビについて」

グーグル ナビ 動か ない

グーグルマップナビが使えない?対処法をご紹介いたします グーグルマップナビはとても便利な機能です。 自宅から目的地まで限りなく性格に案内してくれるのに無料で使用することができます。 しかしながら一時期使えなくなって問題になったことがあるそうです。 実際はどうなのでしょうか。 今回はそんな便利な機能であるグーグルマップナビについて解説いたします。 グーグルマップナビが使えないのはどうして? グーグルマップが使えないよな状況というのはいったいどのような状況でしょうか。 状況別に原因を探って解決を試みましょう。 なぜ過去形かというと、実は現在この問題は解決されているからです。 一応、位置情報の問題を解決してから説明しましょう。 ナビを使うデバイスの設定で位置情報設定をオフにしているとgpsがうまく稼動せずに、スマホがナビのしようがありません。 ですので設定のページから位置情報を設定しましょう。 今回は私の使用しているGalaxyスマホでの説明になりますが、要点はどんなスマホでもある程度同じだと思われます。 設定を開く• googleを選択• 位置情報を選びオンにする これでしっかりと位置情報を送受信することができナビ機能を使うことができます。 ちなみに私は、このような一から設定するのが面倒なタイプで、検索機能を使って一発で設定画面を表示させています。 参考までにどうぞ。 現在では問題が解決されている そして冒頭のgpsの位置情報がオンになっていないという問題ですが、最新のグーグルマップアプリでナビを使おうと思えばしっかりと注意が表示されます。 実際、今でもこのgpsがしっかりと設定されていないからという理由でナビが正常に稼動しないということに心当たりがある場合は、次の項目に進んでみてください。 しかし、ふつうのスマホはアプリがはじめから入っていて、ほとんど100%のひとがグーグルマップをアプリで利用しているのではないでしょうか。 そんな場合、アプリが最新のものになっていない場合はなかなか動作が重くなってしまうという不具合が生じることもあるようです。 ですので定期的に最新のバージョンをインストールすることも重要なメンテナンスです。 ちなみにこのグーグルマップのアプリのバージョンを確認する方法はそうすればよいでしょうか。 方法としては以下の手順で行うことができます。 グーグルマップの左上にあるメニューを開く• メニューから設定を選ぶ• 設定内の概要、利用規約、プライバシーを選択• バージョン確認する この方法で確認することができます。 たとえば、長時間の利用や、速い速度での利用を行うと、しっかりと情報を受け取れなくなってしまうこともあるようです。 そんなときはしばらく待ってみると治るという声もあります。 試してみてはいかがでしょうか。 私もよく使うのですが、一度スマホを休ませる(わけではないですが)ような気持ちで電源を切ります。 再度起動すると一からgpsを拾うので位置情報が戻ったりします。 また、電源を切らないまでも一度位置情報を切って、もう一度オンにすると同じような効果になっています。 ぜひ試してみてはいかがでしょうか。 まずはAppストアやPlayストアにいって新しいグーグルマップを探しましょう。 私の場合はandroidなので後者になります。 今回は私も古いバージョンになっていたので、更新してみました。 更新したら正常にうごくかどうか試してみましょう。 その他グーグルマップナビが使えないときの対処法 wi-fi電波の確認をしてみる 最近ではいろいろな通信手段があります。 bluetoothやwi-fiもそのひとつでしょう。 わたしもよく忘れてしまうのですが、外に出てwi-fiをつなげたままにしていると電波を拾わないときがあります。 勝手に切り替えてくれることもありますがこれが結構不安定で、運転時なんかは絶対にうまくいきません。 なかには突然圏外になっても平気だという意見を耳にしますが、運転中のことなのでできれば安全を考慮し確実な方法をとったほうがよいでしょう。 ですので、このような場合は持ち歩けるwi-fiルーターを使用するようにすることをおすすめします。 しっかりと環境にあわせた電波を利用することでうまく使うことができます。 通信料を確認してみる スマホの契約で通信料の上限を超えていると極端にデータ受信ができなくなり、ナビに影響を与えたりします。 動きが悪いときは通信料が上限を迎えていないだろうかということも確認したほうがよいでしょう。 グーグルマップ自体が使えないときもあった 2018年03月16日にもしかしたら実際にみたひともいるかも知れませんが、実際にスマホやgpsの問題ではなくgoogle自体が不具合を起こしたこともありました。 そのときは地名を検索してもまったく作動しなく、「検索結果はありません」と表示され検索履歴も「接続できません」という結果だけが表示されていたとのことです。 実際にその後17日には復旧をしたとのことですが、使えなくなるときにはそのような場合もあるので、もしおかしいなと思ったらtwitterなどのsnsで情報をまずは仕入れてみるのもよいかもしれません。 グーグルマップナビは便利な機能ですが、運転中にスマホをいじるのは法律違反ですし、実際にとても危険な行為です。 時々変な道に誘導されたときにいじりなおしたりするのは危険なのでやめましょう。 また、車に置いたりして使うと振動で足元に落ちたりしてこれも危険です。 そんなときは専用のホルダーを使うと便利です。 この商品はドリンクホルダーに差し込んで使うことのできる商品です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回はグーグルマップにおけるナビゲーションのサービスについて解説をしてきました。 今回のポイントはいかのようになりますので今一度確認しておきましょう。 グーグルマップのナビはときどき使えないことがある• グーグルマップのナビが使えないのはgpsがうまく受信できていない可能性がある• グーグルマップのナビが使えないときは再起動をしてみるとうまくいく• グーグルマップのナビが使えないときは電波の設定や、契約内容を確認してみる• 単純にしばらく待つとなおりることもある• グーグルマップ自体不具合を起こしたこともある 以上のようなことがポイントになります。 実際に不具合になっても慌てず対処すれば特に問題なく解決できるとおもいます。 ぜひ安全に使ってみてください。

次の