デンタ フローラ。 デンタフローラ お口の善玉菌

L.ロイテリ菌タブレットの口コミ。ブームの口内フローラ乳酸菌。

デンタ フローラ

L8020乳酸菌など善玉菌でお口ケアと人気のフジッコのデンタフローラの口コミを評価します。 笑顔で楽しい会話を楽しむ為にも、口内ケアは必須ですね。 フジッコのデンタフローラを舐めて溶かすだけで口のエチケットケアは本当でしょうか? 食品会社で知名度の高いフジッコから最近新発売した口のエチケットケアサプリのデンタフローラです。 このサプリ「デンタフローラ」が発売早々からとても人気です。 従来のお口ケアサプリというと、消臭成分シャンピニオンエキスなどが配合されていることが多く、ニオイに蓋をしたり別のニオイでマスキングしたりする方法でごまかすサプリが多かったのです。 でも、 デンタフローラはちょっと違います。 善玉菌でお口ケアの新習慣として歯みがきなどにプラスするだけの簡単ケアなのです。 口内の悪玉菌を抑えるL8020乳酸菌と国産ナタマメ・キシリトール3つの成分配合なのも特徴です。 つまりデンタフローラを舐めて溶かすだけで口のエチケットケアが期待できそうですよ。 気になる方は、人工甘味料のアスパルテームなど無添加で自然な甘さのオーガニックでスプレータイプの洗口液 ルブレンを選ぶと、もっと良いかなとも感じました。 シイクワシャー果実水がメイン成分なので安全性に気を使う人もルブレンうがい液は人気です。 口臭除去トローチがセットのコースも選べますよ。 デンタフローラを実際に使った人の口コミ評価・従来のお口ケアサプリと何が違うのか・成分の特徴などについてです。 長文になるので時間がない場合は、ブックマークなどして後からゆっくりご覧ください。 デンタフローラの口コミ評価! デンタフローラは新聞などのメディアでも紹介され、とても評判ですが、実際に使ってみた人の口コミ評価はどうでしょうか。 ネット上の口コミから詳しく調べてみました。 【著作権上や表現の問題等から、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】 良い口コミ!1粒舐めるだけで実感! <Aさん:男性50代> 私は歯磨きと洗口液のダブルでお口対策をしていました。 そんな時善玉菌を増やして口内環境をよくするという画期的なサプリに魅力を感じて使ってみることにしました。 1粒舐めるだけで洗口液を使う手間も要らなくなるほど効果を実感できたので、このままデンタフローラを続けていこうと思います。 1ヶ月継続でも口の中のネバつきがとれなかったのは、残念ですね。 口内環境が整うには個人差があるのでもっと時間がかかるのかもですね。 良い口コミと悪い口コミまとめ 1粒なめたら口の臭いが気にならなくなったという声もありますが、1ヶ月使っても効果を実感できなかった人もおられますね。 デンタフローラの公式サイトによると、 定期コース3回が推奨されています。 その理由として、「健康維持のために3ヶ月はお続けになることをおすすめします」と記載がありました。 やはり デンタフローラも3ヶ月くらいは継続使用をしないと通常は実感しにくいと言えるようですね。 つまり、悪い口コミの場合、3ヶ月未満で諦めてしまった方がどうかチェックしてから評価するのが良いということですね。 そうすると、他の口コミを探してみても1ヶ月半くらいで効果が実感できた人、2ヶ月目で口ケアできてスッキリした人などがたくさん見つかりましたよ! 諦めずにまずはデンタフローラを3ヶ月使ってみると良さそうです。 フジッコのデンタフローラが舐めるだけで口のエチケットケアは本当? デンタフローラは、舐めるだけで簡単に口のエチケットケアができるのでしょうか。 答えから言ってしまうと、舐めるだけで口のエチケットケアは本当です。 デンタフローラは、爽やかなレモンミント味のタブレット(粒)です。 1日1回1粒を噛まずに舐めて溶かすだけで口内環境を整えることができると評判です。 1粒は5分ほどで溶けていきますが、 舐めることで唾液の分泌を促進します。 そして口の中に、虫歯対策のキシリトール成分やお口ケア成分であるナタマメ、口の中の環境を整える働きのある乳酸菌を行き渡らせて、悪臭の原因菌の繁殖を抑えてくれます。 デンタフローラを舐めて口の中のネバネバも解決? 口の中がネバネバするのが気になる人は多いですよね。 特に寝おきはネバネバして口の中も気になるのではないでしょうか。 ネバネバの原因は唾液の分泌不足です。 唾液のせいで口の中がひどくなっていると勘違いする人も多いのですが、 実は唾液には殺菌、抗菌作用があるので、唾液が多い方が口の臭いを抑えることができます。 だから、夜間は唾液の分泌が下がり、口の中が乾燥しがちで口の中が気になりやすいんですよね。 そういった場合にもデンタフローラは役立ちます。 舐めて溶かすタブレットタイプなので、自然と唾液の分泌を促進しますから、口の中のネバネバを解消することができますよ。 デンタフローラの効果的な使い方! デンタフローラの効果的な使い方は、たった2つのことに気をつけるだけです。 一つ目は、 噛まずに舐めることです。 噛んでしまうと唾液の分泌促進がされず、口内環境が整えられなくなってしまいます。 二つ目は、 夜寝る前か朝起きてすぐに1粒舐めることです。 食品なのでいつ飲んでも構わないのですが、より実感するには、 口の中がネバネバする前に口内環境を整えて寝るか、ネバネバを早く解消するために朝舐めるかの2択がオススメです。 はじめは個人差もありますし、どちらの使用スタイルが自分に合っているかわからないでしょうから、両方とも試してみてください。 使っていくうちにどちらの方法がより実感しやすいかわかってくると思いますので、ご自身にあったスタイルで使い続けてみてください。 デンタフローラの全成分は?この成分でお口ケア! デンタフローラを詳しく知るには全成分(原材料)を把握するのが一番です。 ここでは原材料(全成分)をご紹介し、どの成分がお口ケアに良いのかをご説明しましょう。 この成分のうち、 乳酸菌米発酵物というのがポイントです。 正確に言うと、 L8020乳酸菌という種類のものです。 これが 口の中の悪玉菌の繁殖を抑えます。 乳酸菌をサプリ化して舐めることで、お口の中の善玉菌を増やし、口の中の環境を整えることができます。 悪玉菌が減ってきたら、虫歯も減って、口の中も爽やかになりやすいです。 デンタフローラの人工甘味料が気になる!安全性は? デンタフローラには人工甘味料が使われているので、それが気になるという人もおられるでしょう。 甘味料として使われているのは、キシリトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物の2つです。 安全性はどうでしょうか。 調べてみると、まずキシリトールはガムでもお馴染みですし、虫歯の原因にならない甘味料です。 キシリトールは非常に安全性が高く、健康への弊害が比較的少ない人工甘味料です。 次にアスパルテームです。 これもダイエット甘味料としてお馴染みですが、色々危険性について言われている成分ですね。 アスパルテーム・フェニルアラニン化合物も米国FDA(食品安全局)より、 摂取したほとんどが分解も代謝もされて体外に排出される結果が出ているということですので、 1日の摂取目安量を守っていれば特に心配はいらないでしょう。 geefee. wikipedia. 一般の加工食品にも多く含まれるので、 そういうアスパルテームが多く含まれる清涼飲料水やお菓子などを普段から少なめを意識すれば、気にしなくても良いと感じます。 ただ人工甘味料入りのダイエットサプリなどを飲んでいる人は、過剰摂取に注意が必要かもですね。 不安を持ったまま飲んでいると、もしも何か体調を崩したときにデンタフローラのせいじゃないかと疑ってしまうのであれば、無添加のものを選ぶ方がより安心です。 人工甘味料のアスパルテームは無添加で自然な甘さですし、うがい液なので、口から吐き出せます。 シイクワシャー果実水がメイン成分なのも安全性に気を使う人もルブレンうがい液は人気です。 冒頭でもご紹介した通り、普通のお口ケアサプリは、消臭効果のあるシャンピニオンエキス配合だったり、ミント味だったりと、口の臭い消しという対症療法的なものが多いのです。 確かに口の中のニオイの原因菌を繁殖させないようにする成分も入っているものもあります。 でも デンタフローラは、それ以外にも口の中の善玉菌を増やし、根本的に口内環境をよくし、原因を作らせないための工夫がなされているサプリです。 だから 口のケアサプリなのに、乳酸菌が配合されているのです。 それが大きな違いです。 デンタフローラは口内の善玉菌を増やすだけ? では、デンタフローラは口内の善玉菌を増やすだけでしょうか。 もちろんそんなことはありません。 先ほどもご紹介した通り、虫歯対策のためのキシリトール、抗菌効果があり、歯周病対策にもなる白ナタマメ粉末も配合されています。 だから、これまでの類似サプリより、 根本原因を対策しつつ、今あるニオイもケアできるサプリとなるわけですね。 デンタフローラで口内や歯も健康になる? ここまでご紹介したように、デンタフローラを使い続けることで、口の中の環境が整いますし、舐めてとかして飲むことで、一部は胃腸まで到達し、腸内環境もよくなっていくでしょう。 口内環境が整えば、虫歯になりにくくなるので、歯も健康になりますし、口の悩みも対策できます。 腸内環境が整えば、内臓の病気の予防にもなりますし、胃腸が原因で起こるお口悩み対策にもつながるので、健康の維持にも貢献していくこととなります。 だからデンタフローラの継続で口内や歯も健康になると言えますね。 デンタフローラは腸内環境には影響なしなの? なんども重なりますが、デンタフローラをお飲みいただくと、口の中だけでなく、 胃腸まで乳酸菌が届きますので、もちろん腸内環境を良い方向に整えるサポートもできることになりますよ。 腸内環境が整うと詰まりケアになって、デトックスもできますね。 だから胃腸の不調が原因で起こっていた気になる体臭も対策に繋がります。 また腸内環境が整うと健康維持しやすいので、アレルギーなど健康の悩みのサポートにもオススメです。 このように、乳酸菌は体にとって良い働きをしてくれる善玉菌を増やし、腸内環境のバランスを整えてくれます。 妊娠中・授乳中でもデンタフローラは使える? デンタフローラは妊娠中、授乳中でも使えるのでしょうか。 乳酸菌については、ヨーグルトなどの乳製品にも入っているので問題ありませんね。 キシリトールなどもガムにも使われていますし、虫歯予防にむしろオススメなくらいですね。 気になるのはナタマメではないでしょうか。 ナタマメは、マメ科の一種でそら豆より少し大きい豆です。 中国ではお口の悩みに良い漢方として人気で、食物繊維とタンパク質が豊富なのが特徴です。 健康茶として市販でも出回っているので、 妊娠中、授乳中の方でもデンタフローラはお使いいただけるのですが、飲みすぎるとお腹がゆるくなる方も稀におられます。 他では先述しましたがアスパルテームが気になる人は、無添加のものを選ぶ方が安心ですね。 デンタフローラは子供は何歳から舐めて良い? デンタフローラはお子さんが食べる場合、何歳から使って良いのでしょうか。 デンタフローラの公式サイトによると、食品なのでお子さんでも食べて大丈夫とのことです。 ただし、喉に詰まってしまう恐れのある小さいお子さんの場合、絶対に大人が目を離さず、 デンタフローラを舐め終わるまで注意してくださいとのことです。 こんにゃくゼリーやお餅などで注意喚起されるものと同じような感じですね。 デンタフローラは市販?ドラッグストア(薬局)で購入? デンタフローラは、口コミも良さそうだし、ちょっとお店に行って現物を見てみよう!と思われる方もおられるでしょう。 ではデンタフローラは市販されているのでしょうか。 調べてみると、残念ながら ドラッグストアや薬局など、通常サプリを取り扱ってそうなお店ではデンタフローラの取り扱いがありませんでした。 現状は通販のみの取り扱いだそうです。 現物を見られずに通販で購入するのはちょっと勇気がいります。 しかし自宅まで宅配してくれると考えると楽ですし、口コミが良さそうだと思ったなら、この機会にデンタフローラを試してみるのもアリですね。 デンタフローラはアマゾン・楽天など通販でのコスパや最安値の販売店はどこ? デンタフローラは、通販のみの取り扱いとなっているとご説明しました。 では通販ならどこのサイトで購入できるのでしょうか。 通販サイトの大手といえば、やはりアマゾンと楽天ですよね。 さっそく アマゾンで検索してみると、残念ながらデンタフローラの取り扱いがありませんでした。 次に 楽天で検索してみたのですが、現状、こちらも取り扱いがありませんでした。 少し前に見つけた美容ブロガーさんのブログでは楽天でもアマゾンでも売っているけど公式サイトより高かったという情報を見たので、今も売っているだろうと思っていたので残念です。 ただ、 今回のように、アマゾンや楽天では売っているときもあれば、取り扱いのないときもあり、供給が不安定だと言うことがわかりました。 それだけでも収穫があったといえますよね 結局、今のタイミングでは公式サイトの通販でのみデンタフローラを入手可能です。 公式サイトが一番安心ですし、供給も安定的なので継続しやすくメリットも大きいです。 価格についても、 今なら公式サイトは キャンペーン実施中で初回限定価格割引価格で、しかも送料無料で購入できます。 このキャンペーンは 定期コースなので2回目以降も定価より安い値段で購入が続けられます。 初回限定価格は、3回以上の定期コース継続が条件ですが、デンタフローラの良さを実感するには、ちょうど良い期間です。 したがって、デンタフローラを購入するなら、公式サイトの定期コースが最安でコスパ抜群であると言えます。 口の臭いの原因は、食べ物、歯垢、虫歯、内臓の病気、タバコなど色々考えられます。 しかし最も多いのは、やはりお口の中のケアが不十分なせいであることがほとんどです。 その場合、これ以上、口腔内の悪臭の原因となる菌の繁殖を抑えつつ虫歯対策にもなる、善玉菌で口の中の環境を整えることも大切です。 歯磨きをきちんとしているのに口のネバネバなどが気になるという方は、シンプルに歯の汚れが原因だというだけではなく、他に原因があるのかもしれませんよね。 デンタフローラを舐める習慣にすることで、口内でも善玉菌が増えて、口の中がさっぱり笑顔で会話できるような気もします。 *2019年7月7日追記* しかし デンタフローラは、アスパルテームなど人工甘味料の使用が気になるという問い合わせが最近多いので最後にも書き加えます。 確かに舐めるものなので、気になりますよね。 出来るだけ無添加を希望する人や気になる方は、人工甘味料アスパルテームなどが無添加で自然な甘さのルブレンうがい液を選ぶともっと安心できて良いと感じました。 今もお得なキャンペーン中か、公式サイトをチェックしてみてください。

次の

L.ロイテリ菌タブレットの口コミ。ブームの口内フローラ乳酸菌。

デンタ フローラ

「イニオ」と「デンタフローラ」のメリットとデメリットとは? ここでは、「イニオ」と「デンタフローラ」のメリットとデメリットを比較してみます。 「イニオ」のメリットとデメリットとは? ・「イニオ」のメリット 「イニオ」は 菌バランスを整えるという新発想の元開発されたサプリメントです。 2017年11月~2018年1月での モニター満足度95%の生きた乳酸菌を使った新エチケットサプリです。 本当のこの正解は胃の中ではなく 「口の中」だったんです。 口の中の菌バランスに着目した「イニオ」のメリットから見ていきます。 1つ目の「イニオ」のメリットは、口腔内の原因をケアするために、 口の中で舐めて砕くチュアブルタイプを採用していることです。 チュアブルタイプは飲むタイプのサプリメントと違って、口の中で溶かしている間に成分が全体に行き渡るので、 口腔内が原因の口臭の発生を抑えるのに適しています。 このチュアブルタイプのサプリメントは他にもありますが、「イニオ」の特徴は、乳酸菌の中でも別名 スーパー乳酸菌と呼ばれている ロイテリ菌が使われているところにあります。 2つ目の「イニオ」のメリットですが、初回購入価格が 通常価格の約71%OFFで980円税別送料無料と 格安で購入することができます 2回目以降はやや高くはなりますが、それでも 通常価格の14%OFFとお得です。 3つ目の「イニオ」のメリットは、ニオイ発生の仕組みから逆算した独自の配合バランスで作られているところです。 以下の3つのサポートに着目して「イニオ」は開発されました。 そして、口の中を善玉菌優位にした後にも、善玉菌がさらに住みやすい環境を整えるために ラクトフェリンが配合されています。 また、特有成分 「カナバニン」を含む なた豆茶エキスが口腔内のトラブルを予防し、 月桂樹エキスが口腔内の菌に良い影響を与えてくれます。 細菌は酸素が少ない環境を好むため、唾液によって酸素が多くなると増殖することができません。 ところが、口腔内の唾液の量というのは 25歳頃をピークに減少するので、口の中の悪玉菌が優位になり、その結果悪臭を生み出すことになってしまいます。 その予防として「イニオ」には、口の中の潤いを高めるために納豆由来のアミノ酸である ポリグルタミン酸が配合されています。 「イニオ」は口の中を原因とする口臭をケアする成分を中心に配合されていますが、内側(胃腸など)にある悪臭に対するケア成分もしっかりと配合されています。 酵素のチカラで悪臭をキャッチする デオアタック、体の内側で善玉菌との相性が良い シャンピニオンエキスの2つの成分です。 ・「イニオ」のデメリット 1つ目の「イニオ」のデメリットは、市販のブレスケアなどと比べてみても 値段が高いことですね。 初回はかなり安いです。 ただ、2回目以降はやや高めになりますが、それでも 1日当たりで計算すると約100円です。 いやな口臭を予防できる価格としては、お値打ちではないかなと思います。 2つ目の「イニオ」のデメリットは、チュアブルタイプを採用していて、その味が ペパーミントの1種類しかないことです。 チュアブルタイプは口の中とカラダの内側の両方にアプローチできる優れたものですが、 溶かしている時の味が苦手な場合、デメリットになってしまいます。 「イニオ」の口コミでもペパーミント味が苦手な人もいるので、もう一種類くらい違う味のもので選択できると嬉しいですね。 「イニオ」は通販でしか購入できませんので、お得な定期コースのある公式ページから購入することをおススメします。 1つ目の「デンタフローラ」のメリットは、 フジッコと大学教授との共同開発である点です。 お口は健康の入り口と考えるフジッコと L8020乳酸菌を発見した広島大学歯学部の二川教授がコラボし生まれたのが「デンタフローラ」です。 2つ目の「デンタフローラ」のメリットは、お口のケア商品として、 ランニングコストが非常に安いという点です。 「イニオ」と比較しても、初回こそ「イニオ」の方がやや高いですが、 2回目以降は約25%安く購入できます。 3つ目の「デンタフローラ」のメリットは、他のお口ケア商品には配合されていない虫歯のない子供の口の中から発見した 善玉菌「L8020乳酸菌」が配合されている点です。 ほかにもお口の嬉しい 国産ナタマメや砂糖を使用せず キシリトールが配合されています。 4つ目の「デンタフローラ」のメリットですが、ISO9001を取得した国内の全工場で原料から徹底管理され高い安全性を実現しています。 なんと言ってもフジッコは食品メーカーとして、お客様の安全・安心を第一に製造されているので信頼できますね。 ・「デンタフローラ」のデメリット 1つ目の「息セレブ」のデメリットは、「イニオ」は口腔内へのアプローチに加えてカラダの内側のための成分も配合されていますが、 「デンタフローラ」にはカラダの内側へアプローチする成分は入っていません。 そのため、胃腸などの不調でお口のトラブルが発生した際には対応できませんね。 2つ目の「デンタフローラ」のデメリットは「イニオ」と同様に市販のブレスケアなどと比較するとどうしても高くなります。 ただし、後ほど詳しくお話しますが、長く使うほど 「イニオ」よりもコスパはいいです。 また、カラダの内側へアプローチする成分を 青字で表記しました。 単純に「イニオ」と「息セレブ」を比較すると、お口のケア成分として、 「イニオ」は6種類種類、 「デンタフローラ」は3種類配合されており、 「イニオ」の方が多くの種類の成分が配合されています。 また、「イニオ」は、カラダの内側へアプローチする成分として、コーヒー生豆抽出物・ゴボウパウダー混合粉末から作られる デオアタックと日本を含む世界でも10カ国で特許を取得している シャンピニオンエキスが配合されています。 副作用を起こす心配はないの? 「イニオ」も「デンタフローラ」も、医薬品ではないので、基本的に強い副作用を起こすような成分は入っていません。 ただ、「イニオ」には、乳製品(ラクトフェリン)や大豆などが配合されているので、 アレルギー体質の人は気をつけた方が良いかもしれません。 年齢や性別などのターゲットの違いは? ここでは、それぞれの商品のターゲット層の違いなどについても検証してみました。 「イニオ」は、男性、女性、20~50代までの幅広い層をターゲットにしています。 一方「デンタフローラ」の方も同様に男性、女性ともに30~60代の層をターゲットにしています。 男性も女性もともに使える? お口のケアとして、特に性別に関係なく、「イニオ」も「デンタフローラ」ともに、男性女性にもに利用されています。 もとろん、性別によってケアする内容に違いはありませんから安心して使用できますよ。 ただ、いずれの場合でもデリケートな時期なので、念のためかかりつけの医師や薬剤師に確認してから使うことをおススメします。 お口の不快感が気にならなくなる期間は? 「イニオ」は個人差もあるので、 1ヶ月~3ヶ月ぐらいで効果を実感する人が多いです。 ただ、チュアブルタイプなので、ペパーミント風味で嫌な臭いを マスキングする即効性も期待できます。 それでも口臭の効果が実感できるのは、最大の特徴であるロイテリ菌が、口腔内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えるための時間が必要だからです。 一方「デンタフローラ」も、 3ヶ月程度から効果を実感する人が増えてきています。 価格や返金保証などの違いをチェック! 商品の価格や返金保証の有無などを比較してみました。 まずは価格から見てみましょう。 どこから買うのが良いかと言うと、「イニオ」「デンタフローラ」ともに公式ページからが一番お得です。 もう少し長いスパンで調べた結果を下表に掲載しますね。 期 間 「イニオ」 「デンタフローラ」 初回価格 500円込込 1,580円込込 3ヶ月の合計 7,645円込込 6,140円込込 これを見ると 「デンタフローラ」の方が、3か月以上使うとコスパに優れています。 他にもお口ケアのサプリメントはありますが、その中でも「デンタフローラ」はかなりコスパに優れていますね。 定期コースの「縛り」はどう? 次に、通販の定期コースを利用する際に注意しなければいけない「縛り:何回か継続して使用する条件」を比べてみましょう。 「イニオ」は、初回購入し支払いが終わっていれば、 いつでも解約可能です。 一方「デンタフローラ」も、「健康維持のため定期コースは3回はお続けになることをおすすめします」とありますが、 確認したところ「縛り」ではないことが分かりました。 「イニオ」「デンタフローラ」ともに「縛り」はありません。 返金保証は付いているの? 次は定期コースの場合に安心して購入できる返金保証についてです。 「イニオ」、「デンタフローラ」ともに、 返金保証制度は採用していません。 選ぶ時のコツは? 口腔内・体の内側からお口のアプローチをしたい場合は、「イニオ」が向いています。 販売している会社の知名度とコスパを重視する場合は、「デンタフローラ」が向いていると思います。

次の

アパタイトとは

デンタ フローラ

口臭が気になって近くで話ができない……• 寝起きは口の中がネバネバ……• ちゃんと歯磨きしてるのに……• お口のケアは今のままでいいの……?• 齢とともに口の中の健康が気になる…… そんなあなたにおすすめなのがフジッコから発売されたデンタフローラです。 デンタフローラは歯磨きなどのいつものケアにプラスするだけで、口の中の常在菌・口内フローラのバランスを整え、すこやかな口内環境をサポートするL8020乳酸菌配合のタブレット。 1粒なめて溶かすだけのお口ケアの新習慣なんですよ。 L8020乳酸菌って? L8020乳酸菌というのは、虫歯や歯周病などになったことのない健康な子どもの口の中から発見されたヒト由来の乳酸菌です。 正式名称を「ラクトバチルスラムノーザスKO3株」と言い、虫歯や歯周病の原因になる菌が増殖するのを抑制する効果を持っている乳酸菌なんです。 L8020乳酸菌という名前は、厚生労働省や日本歯科医師会が推進している、80歳で20本以上自分の歯を持つことを目標とした運動「8020運動」にちなんで名付けられたんですよ。 デンタフローラ3つの成分 L8020乳酸菌 あなたは腸内フローラという言葉をお聞きになったことがありますか? ヒトの腸の中に住みついている善玉菌や悪玉菌、日和見菌などの細菌の集まりのことを腸内フローラと呼んでいるんですね。 実は善玉菌や悪玉菌というのは口の中にも住みついています。 デンタフローラには虫歯や歯周病などの原因になる悪玉菌をやっつけて、お口の健康を維持する働きをする善玉菌 L8020乳酸菌を配合。 お口の健康をサポートします。 国産ナタマメ ナタマメはマメ亜科ナタマメ属の植物で、口内を清潔にし歯周病の予防や改善に良いと言われています。 ナタマメを使った歯磨き粉などもあるので、きっとあなたも名前をご存知なのではないでしょうか。 デンタフローラにはお口にうれしい成分である、国産の白なた豆を配合しています。 キシリトール キシリトールもガムやキャンディーなどによく使われる成分ですね。 人体にも安心・安全な天然の甘味料で、虫歯予防効果があることが知られています。 8kcal、たんぱく質:0. 07g、脂質:0. 02g、炭水化物:0. 85g(糖質:0. 80g、食物繊維:0. 05g)、食塩相当量:0. 0003g、キシリトール:0. 05g この表示値は、目安です。 摂取方法 口の中の細菌は、特に寝ている間に活発に繁殖すると言われています。 まずは1日1回、夕食後、歯みがきの後や夜寝る前に摂取してみてください。 ポイントは噛まずに最後までなめ続けること。 できるだけ長く善玉菌(L8020乳酸菌)の成分を口の中に留めることと、唾液の分泌を促進することが大切だからなんですよ。 デンタフローラは約5分で溶ける設計。 レモンミント風味の爽やかな酸味です。 甘さがありますが、歯みがき後になめても大丈夫なの? 虫歯の原因にならないキシリトール等による甘みです。 歯みがき後になめても問題ありません。 マウスウォッシュと併用しても大丈夫? 問題ありません。 子どもも食べられる? デンタフローラは食品ですので子どもさんが食べても問題ありません。 ただし、小さなお子さんはのどに詰まらせる恐れがあるので、なめ終わるまでは目を離さないようにお願いします。 デンタフローラの通販情報 デンタフローラの内容量・通常価格は、.

次の