ケネディ 家 の 呪い。 連鎖する死、終わらない不幸…「ケネディ家の呪い」

ケネディ家の呪い (イースト新書)

ケネディ 家 の 呪い

政治家として人気が高かったことや、1963年に暗殺されてこの世を去ったことから歴代の中でも特に知名度の大統領です。 ケネディはアメリカで20世紀初の大統領であり、就任時に43歳であったため史上最年少の大統領でもありました。 キューバ危機において「第三次世界大戦」を回避したことは今でも高く評価されています。 画像:John F. Kennedy, Oval Office また、人種差別に反対の意を示したことで当時迫害されていた黒人層からの支持も集めることに成功しています。 しかし、ケネディは非常にスキャンダルの多い大統領でもありました。 世界大戦阻止の功績やスキャンダル、暗殺の謎など話題に事欠かないため、現在でもケネディは議論の的になっています。 彼は大統領就任スピーチにおいて国民ひとりひとりに対してアメリカ人としての自覚を求め、関係諸国に対しても協力の体制を求めています。 「同胞であるアメリカ市民の皆さん、国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるかを考えようではありませんか。 また同胞である世界市民の皆さん、アメリカがあなたのために何をしてくれるかではなく、人類の自由のために共に何ができるかを考えようではありませんか。 」 引用: 画像:Senator John F. Kennedy また、ケネディは仲間と助け合い、敵に対してはひるまず立ち向かう姿勢を示したのです。 若き新大統領の表明は国民から厚い支持を集め、さらなるケネディ人気が確立されたのでした。 ここではケネディの功績の中でも特に有名なものをご紹介します。 その内容は人口増加に対する就労問題の解決や経済拡大、社会保障の見直しの他、貧困層への教育制度の充実や差別意識改革など多岐にわたりました。 画像:Abbie Rowe ところがこのニューフロンティア政策はケネディが大統領就任時には中々進行することができませんでした。 保守派の妨害により議会の可決が得られなかったためです。 しかし、ケネディの死後、彼の遺志を継いだリンドン・ジョンソン大統領により政策は進行されることになります。 こうしてをニューフロンティア政策はケネディを代表する政策として後世に語り継がれることになったのです。 しかし、ケネディの功績の中で最も国外に影響を与えたのはキューバ危機での核戦争回避です。 当時のアメリカはソビエト連邦(現ロシア,以下ソ連)と敵対関係にあり、武力を行使しない戦争である「冷戦」状態にありました。 しかし、アメリカの近隣国であるキューバがソ連と協力体制に入り、ミサイルの発射基地を設置したのです。 画像:American Naval Aviation Squadrons Volume 2 隣接する国に敵国のミサイル基地が建てられたことで、アメリカはソ連と核戦争一歩手前の状況に陥ります。 これが有名な「キューバ危機」です。 大国であるアメリカとソ連が戦争になれば世界中を巻き込んで「第三次世界大戦」に発展するのは目に見えていました。 しかし、ケネディは戦争を推進するアメリカ政府内の強硬派を抑えながら、ソ連と平和的交渉を続けたのです。 これによりアメリカとソ連の正面衝突は免れ、第三次世界大戦は未然に防がれたのでした。 宇宙ロケットや衛星を打ち上げる技術が、そのまま核ミサイルの発射技術に結びつくと考えられていたためです。 しかし、ソ連はアメリカに先駆けて人工衛星「スプートニク」の打ち上げに成功し、世界で初めて地球軌道の周回に成功します。 これは軍事的に大きな進歩であり、アメリカ国民に大きな恐怖を与えることになりました。 画像:NASA そこでケネディは人工衛星よりもずっと難易度の高い「月まで人間を送り無事帰還させる」計画を発表します。 これが有名な「アポロ計画」でした。 結果的にアメリカはソ連よりも先に月面着陸と搭乗員の帰還を成功させ、冷戦に勝利することになったのです。 このアポロ計画のために増築された宇宙船発射場は、ケネディの死後「ケネディ宇宙センター」に改名されています。 当時のアメリカではリンカーンが奴隷解放令を出してから100年が経過していたにも関わらず、黒人が差別され続けている状況でした。 彼らは選挙の投票に特異なテストや税金を課せられ、不当に選挙から排除されていたのです。 また、白人のみを雇用する企業も多く、病院や図書館などの公的機関でも差別的な処置がされていました。 画像:pixabay ケネディはこれらに対して大統領権限で禁止令を出し、迫害されていた人々の住みやすい国づくりを目指します。 また、黒人学生を受け入れない学校に対しては軍隊を導入して差別行動を鎮圧することもありました。 こうしてアメリカの全ての学校で黒人を受け入れる体制を整え、彼らが人間として当たり前に学べる国をつくり上げたのです。 ケネディの改革は現在のアメリカの人種意識に大きな影響を与えており、白人大統領でありながら彼の葬儀の際には多くの黒人が涙を流したといわれています。 これは当時のアメリカにおいてはとても珍しいことでした。 その中でも特に有名なのが女性関係のだらしなさでした。 ケネディは若い頃から性に奔放だったことで知られており、学生時代から娼婦を買い不特定多数の女生と交際していたといわれています。 彼の女性好きは結婚後も変わらず、何度となく不倫を繰り返しています。 画像:Cecil W. Stoughton 彼の不倫相手は部下の妻からマフィアの愛人まで多岐にわたりましたが、その中でも最も有名なのがハリウッドのトップ女優だったマリリン・モンローです。 彼とマリリン・モンローの不倫は公になっており、彼女が来ると知った妻のジャクリーンがパーティをボイコットする騒ぎまで起こっています。 当時人気の高かったマリリン・モンローとの不倫は国民を驚かせましたが、ケネディは彼女と同時に他のハリウッド女優とも関係を持っていたことがわかっています。 大統領就任の前になりますが、ケネディはマフィアと繋がりのあった父の仕事に協力し、酒の密造販売を行なっていました。 彼はこの仕事によって膨大な資金を得ています。 また、各地で影響力のあるマフィアに協力を申し出て、選挙に不正介入させたことも明らかになっています。 画像:pixabay 大統領選挙において共に競い合っていたリチャード・ニクソンはこの不正に気付きますが、ケネディ側から「公にして話がこじれれば世界中にアメリカの恥を晒すことになる。 」と説得され告発を取りやめました。 そして、最終的にはその差わずか0. 17%という僅差で、ケネディが大統領選に勝利することになったのです。 その日、ケネディは演説のためにテキサス州のダラスでパレードを行っていました。 ところがパレードの最中に車に乗っていたケネディの頭を何者かが銃で撃ち抜いたのです。 銃撃は遠方より行われていたため、警備員は直ぐに犯人の姿を確認することはできませんでした。 画像:John F. Kennedy,Victor Hugo King 最終的に3発の銃弾が発砲され、頭を打たれたケネディは即死してしまいます。 このとき同じ車に乗っていた妻のジャクリーンは、「1発目の銃弾で夫は苦しそうに喉を押さえ、次の銃撃で頭を吹き飛ばされた。 」と証言しています。 時の大統領の暗殺を受け、警察はすぐさま周囲の捜査を開始します。 そして、銃撃から3分ほどで狙撃に使われたとみられる建物を割り出し、その屋上でライフルが固定されていた痕を発見しました。 その後の調査で建物で働いていたリー・ハーヴェイ・オズワルドの所在がわからなくなっていることが発覚します。 オズワルドは事件の前後で不審な行動を取っていたという証言があったため、ケネディ暗殺犯として逮捕されることになりました。 まず犯人とされているオズワルドは犯行を否認しており、最後まで「俺はハメられたんだ!」と証言していたことです。 また、暗殺現場を撮影していた当時の映像では、ケネディに致命傷を与えたのは前方からの銃弾でした。 しかし、オズワルドの犯行現場と思われる建物はケネディの後方に位置しており、パレードの観衆からも銃弾は二方向から発射されたという証言が相次ぎました。 そのためオズワルドを利用した真犯人、もしくは共犯者が存在する可能性があるのではないかと噂されるようになったのです。 後に行われた調査委員会の再調査でも、複数犯の可能性について指摘されています。 画像:Howard Leslie Brennan また、ケネディ暗殺事件では多くの関係者が不自然な死に方をしているといわれています。 暗殺の2日後にもマフィアと繋がりのあるジャック・ルビーが殺害されており、事件に関する口封じが行われたのではないかという意見もあります。 ところがアメリカ政府は暗殺は組織的犯行ではなく、あくまでオズワルド単独の犯行であると結論付けています。 そのためアメリカ国民のおよそ60%もが、ケネディ暗殺は彼に消えて欲しい政府一派による陰謀だったのではないかと考えているといいます。 また、2017年10月にはアメリカのトランプ大統領が、ケネディ暗殺の機密文書を公開すると発表しました。 これによりケネディ暗殺の謎が解けるのではないかと世界中から注目を集めています。 そのためファーストレディの鑑のように語られることもあるようです。 しかし、彼女は事件当時のことを覚えていないため、単にパニックになって逃げようとしただけではないかとの意見もあります。 画像:Jacqueline Kennedy,Cecil W. Stoughton ジャクリーンはケネディ暗殺後、恋人だったギリシャの資産家アリストテレス・オナシスと再婚しました。 浮気を重ねる夫のケネディに対し、妻のジャクリーンも結婚していながら恋人をつくっていたのです。 彼女は暗殺から子どもたちを守るために再婚を決意し、国外に逃れました。 しかし、結果的にはパパラッチなどのマスコミに追い回されることになってしまいます。 また、新しい夫とは中々上手くいかず、ふたりの関係は冷え切っていたといわれています。 ケネディの家族には暗殺以外にも多くの不幸があったことがわかっています。 ケネディは二人の子どもを早産で亡くしており、息子のジョンも38歳の若さで飛行機事故で死亡しています。 また、連邦上院議員だった弟のエドワード・ケネディも飛行機事故に遭い重傷を負いました。 画像:jfklibrary 同じく弟で司法長官を務めたロバート・ケネディは銃により暗殺されています。 ロバートの息子であるデイビッド・ケネディは鎮痛剤の過剰摂取による自殺とみられ、同じく息子のマイケル・ルモアーヌ・ケネディはスキー中の事故で死亡しました。 ケネディ家の呪いと呼ばれる出来事は他にも多数存在していますが、一般的にはマスコミが大げさに報道した結果生まれた都市伝説だといわれています。 しかし、彼らに不幸が続いていることに間違いはないようです。 イルミナティは古くから歴史の裏側で暗躍していると考えられており、アメリカの歴史にも多大な影響を与えてきたといわれています。 画像:Freemason また、歴代の大統領もイルミナティに関係のあるメンバーで構成されていると考えるアメリカ国民も少なくないそうです。 そのため若くして国のトップになり、それまでにない改革を行なおうとした異例の大統領であるケネディを暗殺したという都市伝説が生まれたのです。 しかし、もちろん政府は陰謀論の存在など認めるはずがありません。 それでもイルミナティによるケネディ暗殺は今でもネットで議論の的になっているのです。 秘密結社フリーメイソンとイルミナティについては関連記事にまとめています。 ケネディとリンカーンの不思議な一致は50以上あるといわれていますが、その中でも最も有名なのが暗殺に関係する一致です。 ケネディとリンカーンは両者とも金曜日に銃で暗殺されており、犯人とされる人物は後に射殺されています。 また、夫人と一緒にいるときに暗殺されている点も共通しており、事件後には関係者の多くが謎の死を遂げました。 さらに両者の大統領就任はちょうど100年違いでしたが、暗殺犯とされる人物の生まれ年も同じく100年違いでした。 画像:Alexander Gardner 他にもケネディとリンカーンには子どもの数が4人であることや大統領就任中に息子を亡くしているという共通点があります。 また、40歳以上生きた子どもが一人しかいない点も一致していました。 彼らにはジョンソンという名前の副大統領がサポートについており、暗殺後は両者とも大統領に就任しています。 さらにリンカーンの秘書はケネディという名前であり、ケネディにはリンカーンという秘書がいました。 ふたりの奇妙な一致は現在でも都市伝説の域を出ませんが、非常に興味深い話に違いありません。 ここではケネディの名言・格言をご紹介します。 目的と行き先が正しくなければ。 問題を作ったのは私たちなのですから。 ひとつは「危険」という意味。 そして、もうひとつは「機会」という意味です。 誰もが同じ空気を吸い、 誰もが子どもたちの未来を想っているのです。 でなければ戦争が私たちを終わらせるでしょう。 出典参考: 画像:pixabay いかがでしたか?暗殺されたアメリカ大統領ケネディについてご紹介しました。 ケネディは現在でもアメリカ国内で人気があり、その死の謎の解明を求める声が上げられています。 彼は何故暗殺されてしまったのでしょうか?また、犯人は本当にオズワルドだったのでしょうか?世界にはまだまだ謎が溢れています。

次の

【ケネディ家の呪い再び…】ロバート・ケネディの孫娘シアーシャ(22)、オーバードースで死亡。うつ病と拒食症 : 海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

ケネディ 家 の 呪い

概要 [ ] ケネディ家の祖にあたるのは、の出身の農民パトリック・ケネディ(1823年 - 1858年)である。 アイルランドにおけるカトリック教徒への迫害やを背景として、1849年にパトリックは家族とともにアメリカ合衆国ボストンに移民として渡った。 その子として生まれた(1858年 - 1929年)は、港湾労働者として身を起こし、やがて事業に成功してマサチューセッツ州下院・上院議員となった。 その子の(1888年 - 1969年)は投資家として資産を築き、の初代委員長および外交官(駐英大使)として活躍した。 ジョセフ・P・ケネディの子(第三世代)に、第35代アメリカ合衆国大統領(1917年 - 1963年)、司法長官・合衆国上院議員(1925年 - 1968年)、上院議員(1932年 - 2009年)らが輩出した。 ジョン・F・ケネディの娘のは駐日大使を務める。 「第二世代」以降の略家系図を示せば以下の通りである。 切れている先にユニス()がいる。 夫の法律事務所でが働いた。 ロバートはも参照されたい。 (1888年 - 1969年) ジョンとロバート、エドワードのケネディ3兄弟 ジョンの弟はケネディ政権下で司法長官となり、兄ジョンの暗殺後、のの予備選を戦っていた最中、のホテルで遊説中に、不可解な状況下で大学生のに。 なお、この事件についても疑問点が多く、暗殺の背景については現在に至るまで様々な憶測を呼んでいる。 エドワード ケネディ兄弟の末弟は長くを務め一時は大統領候補として取りざたされた事もあったが、に、パーティーからの帰りに飲酒したまま運転中に誤って川に転落し、同乗していた女性秘書を水死させる事件()を起こした。 事件後、警察への通報が9時間以上も遅れるなど不可解な行動に不審が持たれた。 この事件によって事実上大統領への道は閉ざされることになった。 ローズマリー ジョンの妹は、先天性に軽いを患い、体面を気にした父親ジョセフにより、を無理矢理受けさせられた。 結果、手術前よりも寧ろが後退し、性格まで粗暴になってしまった。 その後、マスコミの目を避けさせるかの様に、医療施設へ隔離入院させられてしまう。 結局にこの世を去るまでサナトリウム施設に入ったままという悲劇のヒロインであった。 『ローズマリーには障害があると周りには知らされていたが、それがどういう意味かは分かりません。 いずれにせよケネディ家の理想の娘ではなかったということです。 ダンス好きなローズマリーは男の子にのぼせ易いところがありました。 望まない妊娠でもしたらケネディ家の輝かしい未来が台無しです。 それを恐れた父ジョセフは彼女が23歳の時ロボトミー手術を受けさせました。 当時この手術は心の病に効果的だと言われてしましたが、結果ローズマリーの精神年齢は3歳児程度になってしまったのです』。 キャスリーン ジョンの妹 ()(1920年-1948年)は、1944年に家族の反対を押し切って、プロテスタントのイギリス貴族の第10代のであるハーティントン侯 ()と結婚。 長兄ジョゼフ・P・ケネディ・ジュニア以外の親族は彼女の挙式に参列しなかった。 わずか4ヶ月後、夫ウィリアム侯が第二次世界大戦で戦死。 未亡人となったキャスリーンはイギリスにとどまり、既婚者の第8代フィッツウィリアム伯ピーターの愛人となった。 2人は、フィッツウィリアム伯の離婚後に再婚するつもりであったが、1948年キャスリーンの親族との関係を修復するためアメリカに向かう際、搭乗した飛行機が墜落、2人とも事故死した。 葬儀に参列したのは実父ジョゼフ・シニアのみで、実母ローズを含む親族は、『カトリックであるためプロテスタントの儀式に参加しない』ことを理由に欠席した。 デビッド ロバートとエセルの次男であるデビッド・ケネディ(1955年-1984年)は、父の不慮の死をきっかけに常習的な麻薬中毒になった。 クリニックで治療を受けるものの回復できず、1984年に麻薬の過剰摂取が原因で急死した。 『デイヴィットは亡くなる数年前に次のように書き残している。 「もし祖父が生きていたら、僕もローズマリー伯母さんと同じ目に会っていただろう。 一族の厄介者として一族の写真から消されていたに違いない」』。 マイケル ロバートとエセルの三男であるマイケル・ケネディ(1958年-1997年)は、のスキー場で家族と休暇中、誤って木に激突して事故死した。 ジュニア ジョンの長男のは、に大手出版社のから発行された政治雑誌「GEORGE」の発行人を務めており、これらのことによりマスコミなどからは「将来の大統領候補 」と呼ばれていたが、ケネディ家の別荘のあるハイアニスポートに自家用機を操縦して向かう途中、上で墜落し不慮の死を遂げる。 構成員 [ ] アイルランド時代 [ ]• ジェームズ・ケネディ・シニア(1770年—1835年) - 農夫、ジョン・ケネディ1世 1738年-1803年 の子供としてアイルランドで生誕。 メアリー・ケネディ• ジョン・ケネディ2世 1804年—1864年• ジェームズ・ケネディ・ジュニア 1816年—1881年• パトリック・ケネディ 1823年—1858年 第一世代 [ ]• パトリック・ケネディ• メアリー・L・ケネディ 1851年—1926年• ジョアンナ・L・ケネディ 1852年—1926年• ジョン・ケネディ2世 1854年—1855年• マーガレット・M・ケネディ 1855年—1929年• 1858年-1929年 - 実業家、上院・下院議員 第二世代 [ ]• パトリック・ジョセフ・ケネディ1世• 1888年-1969年 - 実業家、証券取引委員会委員長、駐英アメリカ大使。 フランシス・ベネディクト・ケネディ 1891年—1892年• メアリー・ロレッタ・ケネディ 1892年—1972年• マーガレット・ルイス・ケネディ 1898年—1974年 第三世代 [ ]• ジョセフ・パトリック・ケネディ・シニア• 1915年-1944年 - ジョセフの長男。 アメリカ海軍大尉。 飛行機事故死。 1917年-1963年 - ジョセフの次男。 第35代。 1918年-2005年 - ジョセフの長女。 1920年-1948年 - ジョセフの次女。 夫は第10代の長男で公爵位の法定推定相続人であったハーティントン侯爵ウィリアム・キャヴェンディッシュ。 飛行機事故死。 1921年-2009年 - ジョセフの三女。 創設者。 夫は駐仏米国大使を務めたサージェント・シュライバー。 1924年-2006年 - ジョセフの四女。 夫は(1966年に離婚)。 1925年-1968年 - ジョセフの三男。 第64代、(選出、1965年~1968年)。 1928年-2020年 - ジョセフの五女。 第25代アイルランド駐在アメリカ大使。 夫は金融アナリストのステファン・エドワード・スミス• 1932年-2009年 - ジョセフの四男。 アメリカ合衆国上院議員(マサチューセッツ州選出、1962年~2009年)。 妻は弁護士の。 第四世代 [ ]• ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・シニア• アラベラ・ケネディ 1956年-1956年• 1957年- - ジョンの長女。 第40代 、弁護士。 1960年-1999年 - ジョンの長男。 法律家、政治雑誌編集長。 妻のとともに航空事故死。 パトリック・ブーヴィエ・ケネディ 1963年-1963年• ロバート・フランシス・ケネディ・シニア• (1951年—) - ロバートの長女。 副知事(1995年~2003年)、弁護士。 夫のデビッド・リー・タウンゼントはの教員。 (1952年—) - ロバートの長男。 議員(マサチューセッツ州選出、1987年~1999年)、実業家。 銀行頭取の娘と離婚後部下と再婚。 ロバート・フランシス・ケネディ・ジュニア(1954年—) - 環境問題活動家。 妻は女優の。 前々妻、前妻(離婚後自殺)の間に6人の子がいる。 デビッド・アンソニー・ケネディ 1955年-1984年 - 薬物の過剰摂取により28歳で死亡。 メアリー・コートニー・ケネディ 1956年- - テレビ局員と離婚後、の爆弾事件の容疑者として15年間服役後保釈となったと結婚し娘をもうけた(薬物過剰摂取により22歳で死亡)。 マイケル・ルモイン・ケネディ 1958年-1997年 - 法律家、NPO法人代表。 の元選手フランク・ギフォードの娘と結婚し3児をもうけたが、38歳でスキー事故死。 メアリー・ケリー・ケネディ 1959年- - ロバートの三女。 元夫はニューヨーク州知事で元の。 クリストファー・ジョージ・ケネディ 1963年- - 実業家。 イリノイ生まれの女性と結婚し、4人の子持ち。 マシュー・マクスウェル・テイラー・ケネディ 1965年- - 活動家。 2017年に風俗紊乱と騒音の容疑で娘とともに逮捕。 1967年- - ジャーナリスト。 妻と5人の子がいる。 1968年- - ドキュメンタリー映画製作者• エドワード・ムーア・ケネディ・シニア• カラ・アン・ケネディ 1960年-2011年 - 映画・TVプロデューサー。 心臓発作で急死。 1961年- - エドワードの長男。 弁護士。 1967年- - エドワードの次男。 アメリカ合衆国下院議員(選出、1995年~2011年)。 2008年、父と共に早い段階から候補の支持を表明。 1955年- - ユーニスの長女、ジャーナリスト。 元夫は俳優で元カリフォルニア州知事の。 - ユーニスの次男。 国際本部会長。 - パトリシアの長男で、俳優・作家・政治活動家である。 - ジーンの次男、医師。 1991年に強姦容疑で起訴、のちに無罪判決を受ける。 第五世代 [ ]• ジョセフ・パトリック・ケネディ2世• - アメリカ合衆国下院議員(マサチューセッツ州選出、2013年~)、、。 1993年- キャロラインの息子、学生• メーブ・ケネディ・マキーン(1979 — 2020) - ロバート・ケネディの長女の娘。 息子とカヌー乗船中行方不明になり、2日後母親のみ遺体で見つかる。 脚注 [ ]• 華麗なる「王朝」の嫡流=キャロライン・ケネディ次期駐日米大使 時事通信 2013年7月25日• 2010年フランスProgram33製作のドキュメンタリー番組「There is not such thing as a Happpy Kennedy」のケネディ家養育係の述懐より。 2010年フランスProgram33製作のドキュメンタリー番組「There is not such thing as a Happpy Kennedy」のケネディ家養育係の述懐より。 ジュニアは政治的な野心を自らは表明してはいなかった。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ケネディ家を描いたTVドラマ• - 同じく悲劇続きからよく対比される•

次の

呪われたケネディ家!イルミナティ13血流のケネディ家に起こる悲惨な死【都市伝説】

ケネディ 家 の 呪い

メイヴの夫デイヴィッドのより アメリカ国民にとって王室のような存在のケネディ家。 もともとはアイルランド系の大富豪の名家で、アメリカに渡ってからは政界や法曹界で活躍する者を多く輩出し、「ケネディ家以上に由緒正しい家柄はない」「まさしくアメリカン・ロイヤルファミリー」だと称されることが多い。 その一方で「呪われた一族」としても知られている。 1963年に、第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディ(享年46)が暗殺され、68年には民主党の大統領予備選挙中だったジョンの弟、ロバート・F・ケネディ(享年42)も暗殺される。 69年にはジョンの末弟で政治家だったエドワード・ケネディが自動車事故を起こし、同乗者が死亡。 彼は64年にも飛行機事故に遭い、重傷を負っていた。 73年には当時12歳だった長男エドワード・ケネディ・Jrが、骨肉腫のため右足の一部を切断するという不幸にも見舞われている。 ロバートの子どもたちも悲劇が相次ぎ、84年に第4子デイヴィッド・ケネディ(享年28)が、薬物の過剰摂取で急死。 97年には、第6子で弁護士だったマイケル・ルモアーヌ・ケネディ(享年39)がスキー事故で死亡した。 99年には、ジョンの長男で、将来の大統領候補だと期待されていた弁護士のジョン・F・ケネディ・ジュニア(享年38)が、操縦していた軽飛行機で墜落事故を起こし、同乗していた妻キャロリン(享年33)、義姉と共に死亡した。 11年には、エドワードの長女でTVプロデューサーとして活躍していたカラ・ケネディ(享年51)が、スポーツクラブで心臓麻痺を起こし急死。 12年には、ロバートの第3子ロバート・F・ケネディJrから離婚を求められていた妻メアリー・リチャードソン・ケネディ(享年52)が、アルコール依存と薬物乱用に苦しんだ末に自殺。 19年には、ロバートの孫シアーシャ・ケネディ・ヒルが、薬物の過剰摂取により22歳の若さで急死した。 このように平均寿命よりもかなり前に命を落とす者が多く、「これは一族にかけられた呪いのせいに違いない」といった陰謀説がささやかれているのだ。 そんな「ケネディ家の呪い」を信じる人たちが、「また……」と心を痛める悲劇的な死亡事故が起きた。 ロバートの孫で、人権弁護士として活躍していたメイヴ・ケネディ・マッキーンが、水難事故で命を落としてしまったのだ。

次の